「Wi-Fi6」とは?速度・ルーター・対応スマホなど新規格の実力を徹底解説

この記事ではWi-Fiの新規格「Wi-Fi6」について解説します。旧規格と比較して速度はどれくらい速くなるのか。対応するルーターについても具体的に製品をあげて紹介しますので、これから導入を考えている方もぜひ参考してください。

次世代新規格「Wi-Fi6」とは

Wi-Fiの通信規格はIEEE(米国電気電子学会)が策定しています。
その中で、有線LANは「IEEE 802」、無線LANは「802.11」と表しています。
無線LANである「Wi-Fi6」の通信規格名称は「802.11ax」となります。
また、Wi-Fi6という名称となったことにより、現行の「802.11ac」は「Wi-Fi5」、「802.11n」は「Wi-Fi4」と呼ばれるようになります。

Wi-Fi6はいつから?

Wi-Fi6は2020年ごろに策定される予定です。
最新の公式情報は下記のサイトを参考にしてください。

IEEE802 LAN/MAN標準化委員会
http://www.ieee802.org/

Wi-Fi6の速度

Wi-Fi6の速度について解説します。
旧規格と比較した表は以下となります。

規格名 Wi-Fi6 (802.11ax) Wi-Fi5 (802.11ac) Wi-Fi4 (802.11n)
周波数帯 2.4GHz / 5GHz 5GHz 2.4GHz / 5GHz
最大通信速度(理論値) 9.6Gbps 6.93Gbps 600Mbps
実効スループットの上限値 1Gbps 〜 2Gbps以上 約800Mbps 約150Mbps

Wi-Fi6は、通信速度とスループットが改善されていることがわかるかと思います。

Wi-Fi6を使うための費用

Wi-Fi6を利用するためには、まずは新規格としてWi-Fi6の策定が完了し、プロバイダ各社が対応した後に、Wi-Fi6に対応したルーターを設置する必要があります。また、スマホやパソコンもWi-Fi6に対応したものが必要になります。

Wi-Fi6はスマホでも使える?

日本国内では現時点でWi-Fi6に対応したスマホはまだリリースされていません。
今後のアップデートで対応予定のスマホについて紹介します。

Wi-Fi6の対応スマホ

Samsung Electronicsから「Galaxy S10」「Galaxy S10+」が2019年2月に海外でリリースされました。2019年5月にauとドコモから日本向けにリリースされています。
まだWi-Fi6に対応していませんが、今後のアップデートで対応予定となっています。

Galaxy S10/S10+
https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s10/performance/

Wi-Fi6はどんな人におすすめか

Wi-Fi6はオンラインゲームなどの高速通信が必要な人におすすめです。また、今後は5Gなどのインフラが整ってくると通信速度の向上に伴って動画などのコンテンツもより高品質になることが予想されます。一般家庭でもさらに高速通信が必要になってくるケースが増えるかと思うので、Wi-Fi6はますます需要が多くなることでしょう。

新技術「Wi-Fi6」と「5G」は同じもの?

「Wi-Fi6」と「5G」の違いについて解説します。

5Gとは

「5G」とは、次世代のモバイル通信規格となります。
理論上は最大20Gbpsという高速通信となり、実質1Gbpsを超える高速な
モバイル通信を実現します。2021年頃からの普及が予想されています。

「Wi-Fi6」と「5G」の違い

5GとWi-Fi6はどちらも同じ高速通信を実現する技術となりますが、異なる点としては両者の利用される場面と想定されます。5Gは交通機関などの屋外で利用しプロバイダ管理となり、Wi-Fi6は企業などが利用し一般ユーザ管理となることが想定されています。どちらも共存しながら、利用されていくことが想定されます。

Wi-Fi6までの歴史

Wi-FIはこれまで多くの規格が生まれ、改良を重ねてきました。
これまでのWi-FIの歴史を古い規格から順にまとめました。

策定時期 規格名 最大通信速度

(理論値)

周波数帯
1997年6月 IEEE802.11 2Mbps 2.4GHz
1999年10月 11b 11Mbps 2.4GHz
1999年10月 11a 54Mbps 5GHz
2003年6月 11g 54Mbps 2.4GHz
2009年9月 Wi-Fi4 (11n) 600Mbps 2.4GHz / 5GHz
2014年1月 Wi-Fi5 (11ac) 6.93Gbps 5GHz
2020年頃 Wi-Fi6 (11ax) 9.6Gbps 2.4GHz / 5GHz

新技術「Wi-Fi6」と「11ax」の関係

1997年にIEEEで最初に規格統一された無線LAN規格をIEEE 802.11と呼びます。
1999年にはIEEE 802.11bやIEEE 802.11aといった規格が登場し、2020年頃に策定される新規格はIEEE 802.11axとなります。
IEEE 802.11axの名称として「Wi-Fi6」と呼んでいます。

【結論】Wi-Fi6で何が変わる?

来たるべき2020年、新規格のWi-Fi6になり一体何が変わるのでしょうか?

高品質なコンテンツの普及

高速な通信インフラが整うと、それに伴い高画質な動画などの供給も多くなり、高品質なコンテンツが広く一般に普及されることが想定されます。
YoutubeやNetflixなどの動画サービスはより高品質な動画を提供することになるかと思います。

高速通信が安定する

実効スループットの向上に加えて、Wi-Fi6ではマルチユーザー(MU)伝送という技術が採用され、混雑した通信状況でも安定的に利用できるようになります。

Wi-Fi6対応ルーター6選

現在発売されているWi-Fi6対応ルーターについて紹介します。(2019/8/27時点)

日本国内向け

日本国内向けに発売されているWi-Fi6対応ルーターについて紹介します。

ASUS RT-AX88U

ASUS RT-AX88U
https://www.asus.com/jp/Networking/RT-AX88U/overview/

Amazon価格:45,960

ASUSから発売されているデュアルバンドのゲーミングWi-Fi無線ルーターです。
次世代WiFi6(802.11ax)に対応していて、5GHz帯で最大4804Mbps、2.4GHz帯では1148Mbpsの高速通信を実現しています。家中をカバーするメッシュWi-Fiシステム機能「AiMesh」も搭載しています。「wtfast」機能でゲームのpingとラグを最小限に抑えます。また、トレンドマイクロ社の技術を採用したAiProtectionというセキュリティー機能も付いています。

ASUS GT-AX11000

ASUS GT-AX11000
https://www.asus.com/jp/Networking/ROG-Rapture-GT-AX11000/

Amazon価格:58,864円

ASUSから発売されているトライバンドのゲーミングWi-Fi無線ルーターです。
次世代WiFi6(802.11ax)に対応していて、5GHz帯で最大4804Mbps、2.4GHz帯では1148Mbpsの高速通信を実現しています。2.5GのLANポートを1基搭載しています。家中をカバーするメッシュWi-Fiシステム機能「AiMesh」も搭載しています。「wtfast」機能でゲームのpingとラグを最小限に抑えます。また、トレンドマイクロ社の技術を採用したAiProtectionというセキュリティー機能も付いています。

NETGEAR RAX80

NETGEAR RAX80
https://www.jp.netgear.com/home/products/networking/wifi-routers/RAX80.aspx

Amazon価格:44,500円

NETGEARから発売されているデュアルバンドのWi-Fi無線ルーターです。
次世代WiFi6(802.11ax)に対応していて、5GHz帯で最大4804Mbps、2.4GHz帯では1148Mbpsの高速通信を実現しています。最大の特長は、WiFi6のパフォーマンスを最大限引き出すアンテナの配置です。RF (Radio Frequency) 技術で、WiFi6に最適なアンテナ配置を実現しています。64ビット1.8GHzクアッドコアCPUを搭載しています。

NETGEAR RAX120

NETGEAR RAX120
https://www.jp.netgear.com/home/products/networking/wifi-routers/RAX120.aspx

Amazon価格:58,384円

NETGEARから発売されているデュアルバンドのWi-Fi無線ルーターです。
次世代WiFi6(802.11ax)に対応していて、5GHz帯で最大4804Mbps、2.4GHz帯では1148Mbpsの高速通信を実現しています。最大の特長は、WiFi6のパフォーマンスを最大限引き出すアンテナの配置です。RF (Radio Frequency) 技術で、WiFi6に最適なアンテナ配置を実現しています。64ビット2.2GHzのクアッドコアCPU、マルチギガ (1G/2.5G/5G) 対応LANポートを搭載しています。

海外向け

海外向けに発売されているWi-Fi6対応ルーターについて紹介します。

ASUS AX6100

ASUS AX6100
https://www.asus.com/us/Networking/AiMesh-AX6100-WiFi-System-RT-AX92U-2-Pack/

Amazon価格:$399.99(アメリカ)

ASUSから発売されているトライバンドのWi-Fi無線ルーターです。
次世代WiFi6(802.11ax)に対応していて、家中をカバーするメッシュWi-Fiシステム機能「AiMesh」も搭載しています。2つのRT-AX92U間でデータを転送するためのワイヤレスバックホールとして、安定したWiFiによる通信を実現します。また、トレンドマイクロ社の技術を採用したAiProtectionというセキュリティー機能も付いています。

NETGEAR RAX200

NETGEAR RAX200
https://www.netgear.com/home/products/networking/wifi-routers/RAX200.aspx

Amazon価格:$599.99(アメリカ)

NETGEARから発売されているトライバンドのWi-Fi無線ルーターです。
次世代WiFi6(802.11ax)に対応していて、最大10.8Gbpsの超高速通信を実現しています。8本の高性能アンテナを搭載しており、64ビット1.8GHzクアッドコアCPUを搭載しています。

まとめ

・Wi-Fi6は次世代の高速通信規格であり、2020年頃に策定される。
・5Gと共存する形で、高速な通信インフラを提供する。
・Wi-Fi6に対応したスマホやルーターは各社リリースを開始している。

  • Mbps
    「Mbps」とは?読み方・基準・測定方法を5分で解説!回線速度の単位を知ろう
  • Wi-Fi6
    「Wi-Fi6」とは?速度・ルーター・対応スマホなど新規格の実力を徹底解説
  • テザリング
    テザリング設定のやり方(android・iPhone)を3分で解説!【図解】
  • Wi-Fiテザリング
    「Wi-Fiテザリング」のやり方を解説(android・iPhone)!通信料や特長を知ろう
  • Bluetoothテザリング
    「Bluetoothテザリング」とは?設定方法や利用方法を徹底解説
  • USBテザリング
    「USBテザリング」の便利な利用方法とやり方!スマホで安定したネット