【2018年最新版】WiMAXのプロバイダを徹底比較!これだけ見れば全てわかる解説

WiMAXは様々な場所で契約できて、実店舗もそこらじゅうで見かけます。

始めて契約する方は、

・どこで契約するのがお得なのか?
・何が違うのか?
・損をしないか?

など不安に感じてしまうことがたくさんあると思います。

私も始めてWiMAXを契約したときは、できるだけ情報を集めて契約しても不安を感じていました。

今回は、初めてWiMAXを契約する人や乗り換えようと考えている人に向けて、2018年最新のWiMAXプロバイダを徹底的に比較していきます。

この記事さえ読めば、お得で失敗しないプロバイダがすぐにわかりますので是非ご一読ください。

・読者が悩んでいることへの問いかけ
・この記事は何をする記事なのか
・この記事を読んだら検索者はどうなれるのか

プロバイダは必要なの?

WiMAXは、回線事業者のUQ WiMAXと直に契約もできますが、プロバイダを通したほうがお得になる変わったネット回線です。

通常のネット回線は、回線事業者が通信回線のインフラを整備して、プロバイダが契約者の通信を管理しています。

車に例えると、道路を整備する国土交通省が回線事業者、走っている車を販売・整備・交通整備するのがプロバイダの役目です。

WiMAX以外のネット回線をプロバイダを通して契約すると、回線の使用料とプロバイダ料金が請求されています。

ですがWiMAXは、すべての通信を回線事業者のUQ コミュニケーションズが管理しています。つまり、WiMAXのプロバイダは契約後の通信管理はまったくしていません。

UQ コミュニケーションズからWiMAXの販売とカスタマーサポートだけを委託されているかたちです。

ここまで言うと、WiMAXを契約するときはプロバイダを通さずにUQ コミュニケーションズと直で契約したほうが得なように感じます。

ですが、UQ コミュニケーションズから販促費を受取れる各プロバイダは、経費がかからない分を契約者に新規契約キャンペーンなどと評して還元しています。

上記のような理由から、WiMAXはプロバイダは特に必要ありませんが、通したほうが月額料金が安くなっています。

WiMAXのプロバイダ全種一覧

 

WiMAXが契約できるプロバイダ一覧
プロバイダ名 概要と特徴
UQ WiMAX WiMAXの本家UQ コミュニケーションズの会社、すべての通信を管理
GMOとくとくBB インターネットサービスプロバイダ、常に最安値をキープ
BIGLOBE インターネットサービスプロバイダ、稀に高額キャッシュバック
So-net インターネットサービスプロバイダ、月額割引が安い
@nifty インターネットサービスプロバイダ、キャッシュバックが短期受取可
Broad WiMAX インターネット接続サービス、違約金負担など多彩な特典が魅力
3 WiMAX Broad WiMAXの別会社、2年契約を主に取り扱う
DTI WiMAX インターネットサービスプロバイダ、WiMAX利用でポイントが貯まる
カシモ WiMAX USB型のWiMAXが契約できるプロバイダ
ASAHIネット WiMAX 2+ 朝日新聞社より派生したネット事業、格安SIM、WiMAX、光などを扱う
hi-ho WiMAX 2+ 格安SIMを提供しているIIJmio傘下の事業者、永年割引がある
楽天ブロードバンド WiMAX 楽天スーパーポイントが毎月もらえるWiMAX
クラウドモバイル WEB制作会社が運営しているWiMAX、端末を分割払いで購入必須
Drive WiMAX クラウドソーシング、ネットインフラ事業者が運営
DIS mobile WiMAX OA機器販売している商社が運営、使いきりの年間パックプランを販売
novas WiMAX WiMAX製造元プロバイダ、HOME+CAは無料で2年保証
エディオン WiMAX 家電量販店EDIONで契約できるWiMAX
ワイヤレスゲート WiMAX 家電量販店ヨドバシで契約できるWiMAX
BIC WiMAX 家電量販店ビッグカメラで契約できるWiMAX
KT-WiMAX 家電量販店ケーズデンキで契約できるWiMAX
ヤマダ電機 WiMAX 家電量販店ヤマダ電機で契約できるWiMAX
ozzio WiMAX PCデポで契約できるWiMAX
advent WiMAX PCのVAIOを販売している企業のWiMAX
J:COM WiMAX 2+ ケーブルテレビのJ:COMで契約するWiMAX
LifeCARD WiMAX 2+ LifeCARDカード会員のみが契約できるWiMAX
苫小牧モバイル WiMAX 2+ 北海道ケーブルテレビ事業者が運営、事務手数料0円
ネスクWiMAX 石川県・富山県のみの契約

WiMAXの申込窓口(プロバイダ)は上記のようにたくさんありますが、適用される割引・追加できるオプションなどは申込窓口ごとに違っています。

WiMAXが契約できるプロバイダは、光回線や格安SIMなどのインターネットサービスプロバイダが申込窓口になっているもの、ネット上のサービスを提供している会社が自社の商品と一緒に提供しているもの、実店舗で契約できるものなどが存在しています。

各プロバイダでは、WiMAXの契約自体が特別割引で安くなっているものや、WiMAXと自社の商品をセットで契約すると安くなるものなど様々な方法で割引が適用されます。

プロバイダ選びで何が変わるか

プロバイダが違うことによって変わるのは、

・選べるオプション
・カスタマーサポートの充実度
・新規入会キャンペーンの内容

などに差が出てきます。なかでも一番重要なポイントは新規入会キャンペーンの内容です。

例えば、エディオンやワイヤレスゲートといった家電量販店がプロバイダのWiMAXは、契約時に「まとめてプラン」などの名称の有料オプションを追加すると、店舗で販売されている対象商品を5万円引きで買えるオプションなどが追加できます。

オプション料は月々1,670円(税込)× 24回ですので、オプション料だけで40,800円必要になり、実際に割引されるのは9,200円の有料オプションです。

上記のような、独自のオプションがそれぞれのプロバイダに用意されていますが、特におすすめしたい独自のオプションなどは現在のところ見当たりません。

プロバイダのカスタマーサポートは、対応人数が多いプロバイダと少ないプロバイダでは電話の繋がりやすさに違いがあるのは確かです。

ですが、WiMAX自体が単純な端末ですので、技術的なサポートの面では特に気にする必要はないとも感じます。

速度は変わらない

先に説明したとおり、WiMAXのすべての通信はUQ コミュニケーションズが一括で管理しています。

どのプロバイダと契約しても、通信を管理しているのはUQ コミュニケーションズですので、通信速度・通信エリア・通信の安定性に違いはありません。

これは、WiMAXサービスの普及を第一に考えたUQ コミュニケーションズの方針であり、利用者が増えてきた現在ではプロバイダごとに通信を管理するような体制に移行する可能性もあります。

ですが現在の段階では、どこのプロバイダと契約しても同じ品質のWiMAXが利用できるようになっています。

WiMAX2+で使える3種類の回線

WiMAXは3つの通信モードに分かれています。

・ノーリミット = WiMAX 2+の旧式回線で無制限通信が可能(最大速度13.3Mbps)
・ハイスピード = WiMAX 2+を使った通信モードで無制限通信が可能
・ハイスピードプラスエリア = LTE回線を利用するモード、全プランで月/7GBまで

上記のうち、ノーリミットモードは2020年に廃止が決まっている通信モードであり、現在新規契約で手に入るような機種では選択できません。

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードは、WiMAXの端末を操作して「通信モード」という項目からいつでも変更できます。

ですが、3年契約をしていない場合はハイスピードプラスエリアモードに切り替えると月額1,005円のLTEオプション料金が請求されてしまいます。

ハイスピードプラスエリアモードは、通常のハイスピードモードの電波が届かない場所で利用するような緊急的な回線です。

月に7GB以上LTEオプション回線で通信してしまうと、どのようなプランを契約していてもすべての通信回線が月末まで128kbpsに制限されてしまいますので注意してください。

WiMAXの通常通信で使う回線はハイスピードモードになっています。

月額やキャッシュバックが変わる

プロバイダの大きな違いは、新規契約キャンペーンを適用した時の月額料金です。

新規契約キャンペーンは、契約から数ヵ月後にもらえる高額キャッシュバックか月額割引として契約者に還元されます。

高額キャッシュバックを受取れるプランは、契約期間のトータル料金が安くなる傾向がありますが、受け取りを忘れてしまうと一気に高額なプロバイダに変わってしまいます。

月額料金はプロバイダごとに様々に設定されていて、なかには月額割引と高額キャッシュバックを同時に受取れるプロバイダも存在しています。

WiMAXのプロバイダを選ぶポイント

WiMAXはどこで契約しても同じ品質ですので、プロバイダを選ぶポイントは契約期間全体で支払うトータル金額が重要です。

トータル料金で考える

 

 

WiMAXプロバイダの最安プラン トータル料金比較(円/税抜)
プロバイダ名 トータル料金 実質月額 契約期間 キャンペーン内容
GMOとくとくBB 69,954 2,915 2年 34,050円CB(W04)
BIGLOBE 73,750 3,073 2年 3万円CB(WX03)
ネスクWiMAX 79,800 3,325 2年 石川県・富山県のみ
カシモ WiMAX 80,120 3,396 2年 月額割引(USB型機種)
So-net 124,680 3,463 3年 月額割引
クラウドモバイル 124,800 3,467 3年 Amazon商品券1万円
@nifty 128,140 3,559 3年 30,100円CB
Broad WiMAX 130,941 3,637 3年 月額割
ASAHIネット WiMAX 2+ 131,700 3,658 3年 6ヶ月間月額無料
LifeCARD WiMAX 2+ 134,256 3,729 3年 LifeCARD会員のみ
3 WiMAX 179,710 3,744 4年 月額割引(4年契約)
DTI WiMAX 136,020 3,778 3年 月額割引
novas WiMAX 138,320 3,842 3年 2ヶ月間月額0円
hi-ho WiMAX 2+ 93,720 3,905 2年 永年割引(月額3,780円)
Drive WiMAX 94,980 3,958 2年 3ヶ月月額無料
UQ WiMAX 150,112 4,170 3年 1万円の商品券
J:COM WiMAX 2+ 101,712 4,238 2年 J:COM会員割
楽天ブロードバンド WiMAX 155,680 4,324 3年 光同時で3ヶ月無料
DIS mobile WiMAX 159,138 4,421 3年 1年間のパックプラン有
エディオン WiMAX 159,312 4,425 3年 商品セット割
ワイヤレスゲート WiMAX 107,552 4,481 2年 商品セット割
BIC WiMAX 107,552 4,481 2年 商品セット割
KT-WiMAX 107,552 4,481 2年 商品セット割
ozzio WiMAX 107,552 4,481 2年 商品セット割
advent WiMAX 107,552 4,481 2年 商品セット割
ヤマダ電機 WiMAX 109,120 4,547 2年 商品セット割
苫小牧モバイル WiMAX 2+ 165,726 4,604 3年 初期費用0円

 

 

※CB = キャッシュバック

WiMAXを扱っているプロバイダの最安プランを比較すると、上記のように大きくトータル料金が異なります。

全体的にインターネットサービスプロバイダが提供しているWiMAXが、割引キャンペーンを引いた後のトータル料金を契約月で割った、実質的な月額料金が安くなっていますね。

全国規模でWiMAX以外のサービスも扱っているようなプロバイダは、様々な商品のカスタマーサポートを一括で取り扱っていますので、応対サービスの品質などはそこまで気にする必要はありません。

WiMAXのおすすめプロバイダ厳選5社

WiMAXのおすすめプロバイダは、トータル料金が安いプロバイダ上位のなかで全国的に契約できるところで違約金などが変わっていないところです。

ネスクWiMAXは料金は安いですが、石川県・富山県のケーブルテレビサービスに加入している必要がありますので、すべての方におすすめできるとはいえません。

対象の地域にすんでいてケーブルテレビを一緒に契約しても問題ない方であればおすすめできる内容となっています。

また、トータル料金が安いクラウドモバイルも、違約金が最大68,400円必要であったり、キャッシュバックがAmazon商品券であったりと、使う人を選ぶプロバイダですので今回はおすすめしません。
他のプロバイダの初年度違約金は、GMOとくとくBBが24,800円な他、ほとんどのプロバイダで19,000円となっています。

・1位 常にWiMAXが最安のGMOとくとくBBについて

GMOとくとくBBは、常に高額なキャッシュバックキャンペーンを開催しており、割り引き金額が毎月調整されています。

契約月によって割引金額が変わりますが、これまで常にWiMAXの最安プランを提供してきています。

現在の最安プランはW04を契約した時の実質月額2,915円ですが、最新機種のWX05やW05を契約したい場合は3年契約で利用できます。

GMOとくとくBBの3年プランにも42,000円のキャッシュバックがあり、トータル料金は113,160円(実質月額 3,143円)と非常に安くなっています。

最新機種を契約する場合でもGMOとくとくBBが一番安いです。

GMOとくとくBBで最安でWiMAXを契約するには、契約から11ヶ月後にもらえるキャッシュバックを忘れずに受取る必要があります。

受け取りを忘れた場合は高額なプロバイダになってしまいますので注意が必要ですが、受取った場合のトータル料金はWiMAXのプロバイダのなかで最安ですよ。

・2位 高額キャッシュバックが開催されていることがある BIGLOBE

BIGLOBEのWiMAXは、キャッシュバック金額が15,000円の時と30,000円のキャンペーンを開催している時で順位が大きく変わります。

さらに、上記の金額は2年契約のものであり、2年契約では旧型機種のWX03しか契約できない特徴があります。

WX05やW05といった最新機種を契約する場合は3年契約のみです。

BIGLOBEの3年契約は、トータル料金126,310円(実質月額 3,509円)ですので、おすすめできる順位が若干変わりますね。

・3位 USB型のWiMAX2が安い カシモWiMAX

カシモWiMAXは、USB型のWiMAX(Triprouter)が安く契約できるプロバイダです。

最大通信速度は110MbpsとWiMAXの最新機種と比較すると非常に低速ですが、USB型でノートパソコンに指しながら通信できますし、2500mAhのバッテリーも付属しているので外での通信でも問題ありません。

USB型ではないW05を契約する場合の料金は、トータル料金84,520円(実質月額 3,522円)となっています。

・4位 月額割引で必ず安くなる So-net

So-netのWiMAXは、もらい忘れる可能性があるキャッシュバックではなく、契約したときから安い月額割引がメインのキャンペーンです。

時期によっては月額割引+高額キャッシュバックを開催していることもあります。

WiMAXのプロバイダは、GMO とくとく BBが不動の1位をキープしていますが、それ以外のプロバイダは開催しているキャンペーンによって大きく順位が変わります。

So-netは、月額割引によって安値上位のプロバイダになっていますし、開催しているキャンペーンによってはさらにお得になっていることもあるプロバイダですので、契約先を探している時は、毎月チェックしたいプロバイダです。

・5位 キャッシュバックが契約から5ヶ月でもらえる @nifty

@niftyは、月額割引とキャッシュバックを組み合わせたキャンペーンが魅力のプロバイダです。

さらに、他のプロバイダではキャッシュバックが契約から11ヵ月後程度なのに対し、@niftyは契約から5ヵ月後にキャッシュバックが受取れます。

WiMAXの月額料金を抑えるには高額キャッシュバックを忘れずに受取ることが重要ですので、早めに受取れる@niftyはそれだけ安全なプロバイダといえます。

キャッシュバックの受け取りを忘れない方であれば、GMOとくとくBBが一番おトクでおすすめできるプロバイダですが、受け取りに不安がある方は、カシモWiMAXやSo-netなどの月額割引がメインのプロバイダを選択するのもおすすめです。

プロバイダを選んだ後はどうするの?

プロバイダを選んだ後は、各プロバイダのキャンペーンページなどから契約するプランと機種を選択して、個人情報や支払い方法を入力すればそのまま契約できます。

WiMAXの契約は圧倒的にネットから申し込むほうが安くなっていますので、キャンペーンページなどからそのまま申し込みを行いましょう。

プラン選び

WiMAXのプランは、

通常プラン = 月間データ通信量に7GBの上限があるプラン
ギガ放題プラン = 無制限通信できるプラン(3日/10GB以上で短期通信制限有)

の2種類があります。

すべての方におすすめなのは「ギガ放題プラン」です。

ギガ放題プランでも3日で10GB以上の通信をしてしまうと、翌日の18~26時まで8時間のみ、最大通信速度が1Mbpsに制限されてしまいます。

ですが、3日で10GB以上とは、1日中ネット通信するような人でなければ使い切ることは難しい通信量ですし、使ってしまったとしても制限されるのは8時間が一回限り、それ以外の時間は制限無しの使い放題です。

モバイルルーターでこのようにゆるい通信制限の無制限プランは他には存在しません。

一方の通常プランは、ワイモバイルのポケットWi-Fiのほうが条件がよくなっています。

WiMAXの通常プランを契約しようとしている方は、一度情報をチェックしてみましょう。

WiMAXを契約するのに通常プランを選択する意味は非常に少ないと思います。(無いと言い切りたいほどです。)

機種選び

WiMAXは、ほとんどのプロバイダで端末代金が0円や1円になっています。(UQ WiMAXは端末代金800円必要)

最新機種はこれから開発される新技術でも、ある程度サポートしてもらえる可能性が増えますので、特別な理由がないのであれば最新機種を選択するのがおすすめです。

ですが、最近発売されたWX05の取り扱いが無いプロバイダや料金が安い代わりに旧式機種しか選べないプロバイダもあります。

そのような場合は、他のプロバイダで最新機種を契約するか値段と相談して選べる中で一番最新のものを契約しましょう。

まとめ

WiMAXの2018年最新プロバイダを徹底的に比較しました。

WiMAXはどこで契約しても同じ品質のネット回線です。契約している期間で支払うトータル料金でプロバイダを選ぶのが賢い方法です。

常に安いGMOとくとくBBなどのプロバイダや、キャッシュバックをもらい忘れる心配が無いSo-netなど、プロバイダの特徴ごとにおすすめを紹介しています。

この記事に目を通せば、契約で失敗することがなくなり、お得なプロバイダがわかりますので参考にしていただければ幸いです。

  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • ギガ放題
    WIMAXのギガ放題とは?5分で分かる解説と失敗しない知識
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • WiMAX 即日
    WIMAXを即日受け取るには店頭が良い?配送が遅い場合の対処法
  • 出張 旅行 Wi-Fi
    出張(短期・長期)や旅行でネットに接続するWi-FiルーターTOP5
おすすめの記事