wimaxのパソコンセットは買うな!キャンペーン一覧と戦略的な買い方

新生活を始める、ちょうどパソコンが必要などの理由でwimaxと一緒にパソコンも必要になることもあります。たしかにいくつかのプロバイダではパソコンのセット割などが展開されているのですが、実はこうしたキャンペーンに乗っかると損をしてしまいます。

今回の記事では、各プロバイダのPCセット一覧と機種性能の紹介を行った後に、パソコンセットで購入する時の基本戦略を紹介します。この記事を読めばあなたは、自分が本当に買うべきパソコンを知り、一番安くwimaxとパソコンを揃えることができます。

2018年PCセットがあるプロバイダとスペック一覧

PCセット プロバイダ一覧
2018年4月現在、wimaxとパソコンのセット販売を行なっているプロバイダは「Broad WiMAX」だけです。

以前は「Broad WiMAX」以外でも、「UQ WiMAX」「GMO とくとく BB」などで、セット販売が行なわれていましたが現在では受付を終了しています。

どのような内容なのか以前の契約も含めて、同時購入できるパソコンの価格やスペックと共にご紹介していきます。

Broad WiMAX PCセット購入契約

 

 

Broad WiMAX セットPCスペック表 (2018年4月)
機種代金 ideapad320 W6S90PA-AAAB
製品名 Lenovo(レノボ) HP (ヒューレット・パッカード)
メーカー 72,000円(3,000円 × 24回) 52,800円(2,200円 × 24回)
カラー プラチナシルバー ホワイト
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Celeron N3350 AMD E2-7110 APU
CPUスコア※ 1124 1362
メモリー 4GB
記憶容量 500GB(HDD)
モニタサイズ 15.6インチ(1920×1080)
駆動時間 最大5時間 最大6時間
製品サイズ 378x22.9x260 mm 384×255×23.5mm
重量 約2.20Kg
価格.com 順位 933位
現在の価格 41,969円(価格.com) 43,000円前後(ネットショップ)

 

※CPUスコアとは、特定のツールで計ったCPU性能を示す数値です。

Broad WiMAXには、2種類のパソコンと同時購入できる契約があります。

Lenovo ノートPC ideapad320 + WiMAXセット(3,000円 × 24ヶ月)
HP ノートPC HP W6S90PA-AAAB + WiMAXセット(2,200円 × 24ヶ月)

Broad WiMAXのセット購入は、一緒に購入するパソコンの頭金が0円になり、その代わりに月々の月額料金にセット購入専用のオプション料金が加算されます。

Lenovo ノートPC ideapad320は、72,000円(3,000円 × 24ヶ月)で支払う契約です。ですが、価格.comでの現在の最安値は41,969円のノートPCです。

Lenovo ノートPC ideapad320という端末番号でも、利用しているCPUやハードディスクによって金額が大きく変わり、Amazonで「ideapad320」で検索すると7万円から8万円台の「ideapad320」が見つかりますが、Broad WiMAXの商品は38,980円のものです。

HP ノートPC HP W6S90PA-AAABは、 Broad WiMAXでは52,800円(2,200円 × 24ヶ月)ですが、他では43,000円前後で販売されている機種になります。

現行機種の同価格帯ノートPCとCPU、ハードディスク、メモリなどを比較しても、お得なノートパソコンとはとてもいえないスペックです。

 

UQ wimax PCセット購入契約

 

 

UQ WiMAX セットPCスペック表 
製品名 VivoBook E200HA
メーカー ASUS(エイスース)
機種代金 38,448円
カラー 白、黒
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Atom x5-Z8350
CPUスコア※ 1287
メモリー 4GB
記憶容量 32GB(eMMC)
モニタサイズ 11.6(1,366×768)
駆動時間 約9.5 時間
製品サイズ 286x17.5x193.3 mm
重量 約0.98Kg
価格.com 順位
現在の価格 28,039円(価格.com)

 

※CPUスコアとは、特定のツールで計ったCPU性能を示す数値です。

UQ wimaxでは以前まで、wimaxを契約する際に「ASUS VivoBook E200HA」というノートPCを一括払い(38,448円)で購入すると、最大10,000円がもらえるキャンペーンを行なっていました。ですが現在は受付を終了しています。

UQ wimaxは、wimaxの月額料金も他のプロバイダより高額で、同時購入できるPCの値段も価格.com(28,039円)などと比較すると1万円程度高額な料金でした。

キャンペーン開催時でもお得な契約とは言えない内容です。

GMOとくとくBB まとめてパック

 

 

GMOとくとくBB セットPCスペック表 
製品名 EeeBook X205TA TransBook T90CHI
メーカー ASUS(エイスース)
機種代金 100円
カラー 白、黒、赤 ダークブルー
OS Windows 10 Home 32ビット
CPU Atom Z3735F Atom Z3775
CPUスコア※ 907 1253
メモリー 2GB
記憶容量 32GB(eMMC) 64GB
モニタサイズ 11.6(1,366×768) 8.9(1280x800)
駆動時間 約11.3 時間 約10.3時間
製品サイズ 286×193.3×17.5mm 241×137×16.5mm
重量 約0.98Kg 約0.4Kg+0.35Kg(キーボード)
価格.com 順位

 

現在価格 36,720円(ネットショップ) 新品販売無し

 

 

GMO とくとく BBでは2種類のノートPCがセット販売価格100円で、wimaxと同時購入できましたが現在は受付を中止しています。

購入できるノートPCは2015年に発売されたモデルですので、現在の同価格帯PCと比較してもスペックがいい端末とはいえません。

GMO とくとく BBのPCセット購入もUQ WiMAX同様に、開催中でもオススメできる内容ではありませんでした。

 

PCセットは購入しない!基本的な戦略を知ろう

PCセット 戦略
wimaxとPCのセット購入では、購入するパソコンを限られた中から選ぶ必要があります。価格も安いとはとても言えない内容でした。

結論として、自分に合ったパソコンとwimaxを安くそろえたいとお考えの方であれば、同時購入は候補から外すべきです。

パソコンは自分で選んでAmazonや価格comで購入すべし

Amazonや楽天などには、高性能で安価な人気PCがたくさんあります。パソコンと一言で言っても、記憶容量や利用するソフト、処理速度などが大きく違います。

 

 

価格.com ランキング上位機種スペック
機種代金 Inspiron 15 3000 スタンダード HP x360 11-ab051TU
製品名 Dell(デル) HP(ヒューレット・パッカード)
メーカー 43,979円 39,960円
カラー ブラック、グレー スノーホワイト
OS Windows 10 Home 64bit Windows 10 Home 64bit
CPU Core i3 6006U Celeron Dual-Core N3060
CPUスコア※ 3156 996
メモリー 4GB 4GB
記憶容量 1TB(1000GB:HDD) 128GB(SSD)
モニタサイズ 15.6 (1,366×768) 11.6 (1366x768)
駆動時間 約4.5時間(公式情報無し) 約9時間
製品サイズ 380×260.3×23.65 mm 300x205x20mm
重量 約2,25K g 約1.4 kg
価格.com 順位 4 5
現在の価格 41,980円(Amazon) 39,990円(Amazon)

 

上記の表左側「Inspiron 15 3000 スタンダードモデル」は、CPUが高性能で情報処理速度が同価格帯のPCと比べて高速です。代わりにバッテリー性能が他のノートPCより劣ります。

自宅などでコンセントに繋ぎながら利用することを考えたノートパソコンです。

右側「HP x360 11-ab051TU」は、外出時に利用することが想定されたスペックで、セット品と使用用途がかなり似ているパソコンです。

セット品との大きな違いは、記憶容量に使っている部品がSSDというもので、情報の出し入れが高速で行なえます。

パソコンの起動時やソフトのインストールなどをする時に大きく速度が変わります。SSDには他にも衝撃に強い、駆動が静か、低発熱などの利点もあります。

CPUはセット品と変わりませんが、外でPCを起動して作業を高速で行ないたい人には、セット品よりも向いている製品です。

わざわざ安くも無いセット品を購入するよりも、自分の目的に合ったPCをお得な価格で購入したほうが断然オススメです。wimaxは単体で、大変お得な契約方法がありますので、wimaxとPCは別々に購入しましょう。

一番安いプロバイダを選んで高額キャッシュバックをもらうべし

wimaxはすべてのプロバイダでau回線を利用しています。auグループは自社以外に通信回線をレンタルもしていて、どのプロバイダでも回線品質や通信速度に違いはありません。

回線を借りているプロバイダは通信設備にお金を使う必要が無いため、本家より低額でサービスを提供できるんです。

どのプロバイダと契約しても通信速度や回線品質は変わりませんので、一番安いプロバイダと契約するのが正解といえます。

wimaxには月額料金割引プランやセット販売プランもありますが、最安値は高額なキャッシュバックがもらえるキャンペーンです。お得に契約するなら高額キャッシュバックキャンペーンを利用しましょう。

GMOとくとくBBで契約して高額キャッシュバックを受け取ろう

プロバイダのキャッシュバック一覧

 

 

WiMAXキャッシュバックキャンペーン 安値ランキング (2018年4月)
プロバイダ名 契約年数 使用機種 キャンペーン 実質月額料金
GMO

とくとく BB

2年 WX03

(W05)

CB3,3100円

(31,300円)

2,954円

(3,029円)

GMO

とくとく BB

3年 W04

(W05)

CB39,900円

(39,900円)

3,127円

(3,202円)

So-net 3年 W05 CB30,000円 3,129円
BIGLOBE 2年 W04 CB30,000円 3,198円
UQ WiMAX 2年 W05 CB10,000円 4,161円

 

「GMO とくとく BB」は、もらえるキャッシュバック金額がダントツ一位で、長期間にわたり実質月額料金も最安値のプロバイダです。

2018年4月現在では、3位の「So-net」も3年契約が安くなっています。ですが、短期的なキャンペーンでいつ開催されるかは不定期です。契約したいと思った時に高額キャッシュバックキャンペーンがやっているとは限りません。

「GMO とくとく BB」は本家「UQ WiMAX」と比較して月額1,000円以上お得で、年間を通して短期間のキャンペーンを含めたとしてもすべての方にオススメできるプロバイダです。

2年間トータルではGMOとくとくBBが一番お得

 

 

Broad WiMAX セット購入 GMO とくとく BB 最安値 キャッシュバック
利用端末 W05 WX04 L01s WX03 W05
契約年数 3年 2年
短期 月額 8,178円 =2,726×3 7,218円 =3,609×2 7,218円 =3,609×2
中期 月額 71,631円 =3,411×21 93,786円 =4,263×22 93,786円 =4,263×22
長期 月額 48,132円 =4,011×12
事務手数料 3000円 3000円
キャンペーン PCセット購入

(72,000 or 52,800)

キャッシュバック -33100円 キャッシュバック -31300円
実質総額 130,941 +(72,000 or 52,800)円 70,904円 72704円
実質月額 3,637円 2,954円 3029円
1年実質料金 43,647 + (36,000 or 26,400) 35,452 36,352
差額 43,647 ×2 +(72,000 or 52,800) -88,390円 or -69,190円 -86,590円 + -67,390円

 

「GMO とくとく BB」の最安値キャッシュバックキャンペーンを「Broad WiMAX」のPCセット販売と比較すると、実質料金が67,390~88,390円ほど違いがあります。

パソコンは付いてきませんが、88,390円もあればセット品と比較して1、2段上位性能のPCが購入できます。発売された世代も1世代は新しいパソコンが買えるんです。

比較するまでもなく、パソコンがほしいならセット販売ではなく「GMO とくとく BB」の最安値キャッシュバックキャンペーンを利用しましょう。

wimaxとパソコンを別に購入すれば、自宅でパソコンを使うことが多いのか、カフェやレストランなど公共の場所か、外で使うのか、自分に合った性能のPCを選べます。

基本PCセットで購入する人のチェックリスト

PCセット 注意点
1.PCのスペックが十分か確認

PCを選ぶ時は、パソコンを使って何をするのかを良く考えてから購入しましょう。セット販売品は、基本的にセットになっている理由がありますので、よく考えてから購入したほうが安全です。

ネットサーフィンがしたいからPCを購入するのであれば、数多くのアプリやソフトを余裕を持って同時起動できる「メモリー」があると便利です。

分かりやすく言うとパソコンのCPUは頭の回転力、記憶容量は引き出しの数、メモリは作業できる場所の大きさです。すべての性能がそれぞれ重要ですが、いろいろな作業を並列して行ないたいなら、セット販売品のメモリー数は少ないと感じることはあるはずです。

パソコンいなれていない方でも、スマホなどでアプリを消し忘れていくつも起動すると、動作が遅くなったと感じたことはありませんか?

PCのスペックはなれた分だけ必要になると感じますので、少なくとも購入後にメモリーを増設できるノートPCを選択することを強くオススメします。

メモリーを増設できるのは当たり前という認識がありますが、安いパソコンの中には増設できないものもありますので注意しましょう。

2.しばりがきつくないか

現在、wimaxとPCをセットで購入できるのは「Broad WiMAX 」だけです。wimaxとPCのセット販売はPCの支払いが2年、wimaxの契約は3年です。

wimaxの安い契約は2年契約に集中していて、3年契約は割引が少ない契約が多いです。

wimaxは高速回線で通信エリアも年々拡大していますが、自分の思っていた使用感と誤差がある場合もあります。

すでにwimaxを利用している方なら問題ないでしょう。ですが、そうでない方の場合は、2年契約でさえも、途中で契約変更したいと考える方もいらっしゃると思います。

セット販売を契約する前に、契約期間のしばりが本当にきつくないか確認しましょう。

3.特典違約金などが高額にならないか

wimaxの契約は途中解約すると違約金が必要になります。通常の違約金は、消化した契約期間によって9,500~25,000円前後ですが、パソコンをセット購入している場合はPCの残額もあわせて支払うことになります。

さらに、現在は開催されていませんが、「0円タブレットプレゼント、0円PCプレゼント」などのキャンペーンも行なわれていました。

タダ(0円)で手に入ると思ってキャンペーンで契約したら、解約した時にプレゼント特典違約金として、1万円前後多く取られたということもあったんです。

セット購入やプレゼントキャンペーンで契約をお考えの方は、特典違約金などが高額にならないかもう一度確認してみてください。

特殊な例として、保証外の故障で途中解約せざるを得ない場合も無いとは言えませんので、セット販売よりもwimax単体契約のほうが安全ではないでしょうか。

今後開催される無料プレゼントキャンペーンやセット販売についても、すぐ契約はせずに、特典違約金や契約期間の内容には十分注意してから契約するようにしましょう。

まとめ

wimaxのパソコンセットについて、セット購入の方法と過去に行なわれていたキャンペーンをご紹介しました、

wimaxはプロバイダによって品質の優劣がありませんので、高額キャッシュバックキャンペーンが最安の方法でPCを購入する場合でもオススメです。

PCを購入される方に向けて戦略的に購入する方法も解説しています。非是、記事を読んでご自分に合ったパソコンを後悔の無い買い方で購入してください。

  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • ギガ放題
    WIMAXのギガ放題とは?5分で分かる解説と失敗しない知識
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • WiMAX 即日
    WIMAXを即日受け取るには店頭が良い?配送が遅い場合の対処法
  • 出張 旅行 Wi-Fi
    出張(短期・長期)や旅行でネットに接続するWi-FiルーターTOP5
おすすめの記事