WiMAXのキャッシュバックの受け取り方は?主要プロバイダまとめ

WiMAXのプロバイダはキャッシュバックキャンペーンを開催しているプロバイダのほうがお得に契約できて人気が有る傾向があります。

ですが、キャッシュバックの受け取り方はプロバイダによって方法や期限に大きな違いがあります。

注意しないと受取り忘れもあるキャンペーンですので、事前に具体的な内容を知っておくのは重要です。

今回は、これからWiMAXを契約しようと考えている人やWiMAXの更新をしようと考えている人に向けて、キャッシュバックの受取り方をプロバイダごとにまとめて紹介します。

キャッシュバックの受取り忘れが不安な方は是非ご一読ください。

GMOとくとくBBの場合

GMOとくとくBBは、初回契約時にもらえるキャッシュバック金額が高額で、常に契約期間中に支払うトータル料金が最安値をキープしている優れたプロバイダです。

キャッシュバックを受取るには、契約月を含めた11ヵ月目にメールが届いた時点で、口座情報をプロバイダに伝える必要があります。具体的な内容と共に注意点を紹介します。

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額

 

 

GMOとくとくBB キャッシュバック金額まとめ(2018年12月)
端末名 キャッシュバック
ルーター +クレードル
Speed Wi-Fi NEXT WX05 41,500円 37,600円
Speed Wi-Fi NEXT W05 41,500円 38,000円
Speed Wi-Fi NEXT WX04 提供無し 42,200円
Speed Wi-Fi HOME L01s 38,100円 提供無し

とくとくBBでは、2018年11月まで2年プランが提供されていましたが、12月より廃止されてすべてのプランが3年契約となります。2018年12月のキャッシュバック金額一覧は上記のとおりです。

契約する端末によって割引料金が変わり、WiMAX専用の充電ステーションであるクレードルを同時購入すると金額がさらに変化します。

月額料金・事務手数料・オプション料金などはすべての端末で同じ金額です。

とくとくBBでは毎月割引金額が更新されていますが、これまでWiMAXのなかで最安の料金を保ち続けているプロバイダです。

2018年12月の最安プランは、WX04とクレードルのセットで42,200円のキャッシュバックを利用するプランが最安になっています。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは受け取りづらい?

キャッシュバックを受取るにはいくつかの注意点があります。

申請は11ヶ月目にならないとできない
申請期間はメールを受取った日から翌月末日まで
メールは「基本メールアドレス」に送信される
広告に埋もれて見つけにくい

など、申請を忘れてしまったり申請メールが見つからなかったりした場合には受取ることができません。

キャッシュバック金額は高額ですが、必ず割引される月額割引や契約から数日~数ヵ月後に受取れるプロバイダと比較すると、受け取りやすいとは言えない内容です。

キャッシュバック受け取りの手順

キャッシュバックは、端末発送月(契約した月)を含む11ヵ月目に届く振込先口座の指定メールに返信することで受取れます。

契約後11ヶ月目にメールが来る

口座指定メールは、契約した時に自動作成される「基本メールアドレス ○○@gmobb.jp」に届くようになっています。

契約時に連絡用として登録したメールアドレスではなく、契約時に作成した新しいアドレス宛に届きますので注意してください。

また、届いているメールは会員ページ「BB Navi」でも確認できますので、見当たらない場合は会員ページから確認しましょう。

メールが来たら口座情報を入力しよう

口座指定メールが届いたら、メールに記載されているURLをクリックして「口座情報入力フォーム」にログインします。

ログイン後は、「ゆうちょ銀行」もしくは「それ以外の銀行」を指定して、情報を入力しましょう。

入力が完了し決定ボタンをクリックすれば、銀行選択画面にあなたの口座情報が追加されますので、最終確認を行い問題なければOKを押しましょう。

最後に送信をクリックすれば「info@gmobb.jp」から銀行振込受付のお知らせメールが届きます。

受け取りはいつになる?

キャッシュバックの受け取りは、口座情報を指定した日から見て翌月の末日(営業日)に振り込まれます。

例えば、1月にWiMAXを申し込んだ場合は11月に口座の指定メールがとどきます。

11月中に情報を登録すれば振込み日は12月の末日(営業日)です。申請を12月にした場合は1月の末日(営業日)が振り込み日になります。

期限切れはあるの?

GMOとくとくBBのキャッシュバックには期限切れがあります。

「振込先口座の指定メール」は、届いた日から見て翌月の末日までに受取り口座を登録しないと有効期限が切れてしまいます。

受取り口座を入力し忘れた場合は、キャッシュバックを受取る権利はなくなってしまいますので最大限の注意が必要です。

例えば、3月に契約したWiMAXは、1月にメールが届きますので、2月の末日までに情報を登録しないと期限切れになります。

さらに、1月に届いたメールでも2月に登録を行った場合は、振込み日が3月の末日になりますので注意しましょう。

メールが来ないときはどうする?

口座の指定メールは「GMOとくとくBBからのお知らせ」という題名で届きます。わかりにくいタイトルになっていますので見つけにくいと思います。

GMOとくとくBBの基本メールアドレスに届くメールを他のアドレスに転送設定している場合は、メールツールによって「迷惑メール」に収納されている恐れもあります。迷惑メールフォルダも確認してください。

メールが見当たらない場合は、会員ページ「BBNavi」でも内容が確認できます。

会員ページのトップページメニューアイコン下部「WEBメールはこちら」からメール一覧を確認してみましょう。

間違って口座の指定メールを削除してしまった場合は、お問い合わせフォームから、「削除してしまった」「再送信してほしい」など連絡を取りましょう。

期限内であれば、必要な手続きを踏むことでキャッシュバックは受取れます。

2回目はキャッシュバックをもらえないので注意

GMOとくとくBBのキャンペーンは初回契約のみの特典です。

継続契約する時や同じ名義人が一度解約してから再契約する場合でも、2度目の利用はできませんので注意してください。

また、以下に該当する場合、キャッシュバックは受取れません。

口座登録期限(11ヵ月後メール受信から翌月末日まで)に登録しなかった場合
特典対象プランを解約・変更した場合
料金未納によるサービスの一時停止または強制解約
その他、GMOとくとくBBが振込困難と認めるものがあった場合

キャッシュバックをもらい損ねないための注意点

キャッシュバックを忘れずにもらうためには、契約から11ヶ月目に届く振込先口座の指定メールからキチンと申請をすることが重要です。

メールを見逃さないためには、

いつも使っているカレンダーアプリなどに情報を記載しておく
やることリストを作って予定表にメモしておく
使っているメールアドレスでとくとくBBのメールを受取る設定をする

などの工夫が必要です。

カレンダーアプリなどに情報を記載しておく

普段使っている携帯のアプリやPCの予定表などに、WiMAXを契約した時点でキャッシュバックの申請スケジュールを入力しておくとメールの見逃しが圧倒的に少なくなります。

キャッシュバックは契約から11ヵ月後と期間がありますが、大変高額な金額ですので見逃さない一手間を加えてでも契約する意味があります。

やることリストを作って予定表にメモしておく

スケジュールをメモする時は、

申請期限・入金日・受取り金額
入力する情報の詳細
メールが見当たらない場合の対処法

などを一緒にメモしておくと便利です。今理解していることでも申請するのは約1年ほど先ですので、必要な情報を必ずチェックできる場所にメモしておくのがおすすめです。

使っているメールアドレスでGMOとくとくBBのメールを受取る

申請メールは契約時に作成した専用アドレスに届きます。

すでに使っているメールアドレスがある場合は、わざわざ新しいアドレスを確認するのは面倒ですので、とくとくBBのメールを普段のアドレスでも見れるように転送設定を行いましょう。

とくとくBBの基本メールアドレスに届くメールを転送する設定は、会員ページ「BBNavi」から行えます。

ログイン後のトップページメニューアイコン「メールの転送設定」から、普段使っているメールアドレスを入力すれば転送設定ができますので設定しておくのがおすすめです。

So-net wimaxの場合

月額割引を行なっているSo-netでは、現在はキャッシュバックは開催していません。

一時期開催されていたキャンペーンでは、端末到着後12ヶ月目にキャッシュバックが受け取れました。

現在はキャッシュバックを受取らなくても比較的安価なWiMAXとして、プロバイダのなかで人気があります。

So-net wimaxの月額割引金額

 

So-netとGMOとくとくBBのトータル料金比較(無制限 ギガ放題プラン)
プロバイダ名 So-net GMOとくとくBB
利用端末 WX05/W05/L01s/L01 WX05/W05
契約年数 3年(36カ月)
初月料金 無料 3,609円 日割り計算
短期 月額 - 7,218円 3,609円*2カ月
月額料金 121,680円 3,380*36カ月 144,942円 4,263円*34カ月
事務手数料 3,000円
キャッシュバック - 41,500円
キャッシュバック申込月 申し込みから11ヵ月後の15日 契約月含む11ヵ月目
実質総額 124,680円 113,660円
実質月額 3,463円 3,157円

※初月料金は計算から除外

上記の表は、GMOとくとくBBでキャッシュバックを受取った時とSo-netで月額割引を受けた時のトータル料金・実質月額の違いです。

So-netはとくとくBBよりも若干トータル料金が多いですが、割引が確実に受けられるメリットがあるプロバイダです。

キャッシュバックの受取り忘れや面倒な申請をしなくても確実に安い料金ですので、受け取りに不安がある方におすすめになります。

So-net wimaxでは過去にキャッシュバックもやっていた

2018年12月現在では月額割引のみのSo-netですが、過去には2~4万円の高額キャッシュバックがもらえるキャンペーンを開催していることもありました。

今後のSo-netでもWiMAXのキャッシュバックを開催する可能性がありますので、当時の受取り条件について解説していきます。

キャッシュバック受け取りの手順

So-netのキャッシュバックは、申し込みから11ヵ月後の15日に届く、ご案内メールから手続きをすることで受取れます。

申し込みから11ヶ月後にメールが来る

受取手続きご案内メールは、契約時に自動作成されるSo-netの「(○○@so-net.ne.jp」というアドレスに送信されます。

契約時に連絡用として登録したアドレスではなく、契約時に作成した新しいメールアドレス宛に届きますので注意してください。GMOとくとくBBと同じ仕組みです。

また、So-netのキャッシュバック受取り期間は、会員ページから「キャンペーン適用状況 (割引・キャッシュバック等)」に進むことでも簡単に確認できます。

メールが来たら口座情報を入力しよう

メールが届いたら記載されているURLをクリックして入力フォームから必要情報を入力しましょう。

So-netの会員ページからでもキャッシュバック受取先の指定はできますので、申し込みの時期になったら確実に必要情報の入力を行ってください。

受け取りはいつになる?

So-netのキャッシュバックは、振込先の情報を登録してから3~4日後には口座に振り込まれます。

例えば、WiMAXを8月に契約した場合は、7月の15日に振込先口座の指定メールがとどきます。

7月の15日に口座情報を登録すれば、三井住友銀行と提携した「ソネットde受取」というサービスから3~4日以内に送金される仕組みです

振込みが完了するとウェルネット株式会社「co-info@kessai.info」から振込み完了のお知らせが届きます。

期限切れはあるの?

So-netは、受取ったご案内メールから45日以内に指定口座を登録しなければキャッシュバックが受取れない仕組みでした。

GMOとくとくBBと同じ様な条件です。違いはメールが来る日が明確なことですね。

45日以内に口座を指定しなかった場合は、キャッシュバックを受取る権利は無効です。

メールが来ないときはどうする?

So-netから届く受取手続きご案内メールは「【重要】キャッシュバック 受取手続きのご案内」というわかりやすい題名で届きます。

メールはSo-netのトップページから「メール」という項目を確認すれば見つけられます。

メールが見つからない場合は、会員ページから「キャンペーンの確認」に進み、「キャッシュバックキャンペーンについて」のタブから「キャッシュバック受取手続き」
を選択すれば手続きは可能です。

受取手続きご案内メールの再送信は行っていませんので、なくさないように注意してください。なくした場合は会員ページから手続きを行ないましょう。

2回目はキャッシュバックをもらえないので注意

So-netのキャッシュバックは初回契約のみの特典です。過去にSo-netのWiMAXのキャンペーンで何かしらの特典をもらっている人は利用できませんので注意しましょう。

また、キャッシュバックは以下に該当する場合、受取不可もしくは返金する必要がありますので注意してください。

口座情報登録期限(メール受信から45日間)に登録しなかった場合
キャッシュバックの受取り前にコース変更や退会した場合
契約から24カ月以内に解約した場合(キャッシュバック返金の可能性)

キャッシュバックをもらい損ねないための注意点

So-netのキャッシュバックも契約から12ヵ月後の振込みですので大変期間が空きます。

送られてくるメールを見逃して申請を忘れると受取不可になりますので注意が必要です。

カレンダーへのメモや受取るメールアドレスの転送設定などをしておくのがおすすめです。

So-netのキャッシュバックは現在開催されていませんが、開催されている時はメモを取ったりメールを管理したりといった工夫が必要になります。

@nifty wimaxの場合

@niftyのWiMAXは、3年契約に限り30,000円キャッシュバックが2018年12月1日~25日まで開催されています。

キャッシュバックは、機器発送月を含む9カ月目に事前登録した口座に振り込まれる仕組みです。口座の登録は会員ページからいつでもできますのでもらい忘れる心配はほとんどありません。

@nifty wimaxのキャッシュバック金額

 

@niftyとGMOとくとくBBのトータル料金比較(無制限 ギガ放題プラン)
プロバイダ名 @nifty GMOとくとくBB
利用端末 WX05/W05/L01s WX05/W05
契約年数 3年(36カ月)
初月料金 無料 3,609円 日割り計算
短期 月額 7,340円 3670円*2カ月 7,218円 3,609円*2カ月
月額料金 147,900円 4350円*34カ月 144,942円 4,263円*34カ月
事務手数料 3,001円 3,000円
キャッシュバック 30,000円 41,500円
キャッシュバック申込月 機器発送月を含む8カ月目まで 契約月含む11ヵ月後
実質総額 128,241円(119,441円) 113,660円
実質月額 3,562円(3,318円) 3,157円

※初月料金は計算から除外 カッコ内 @nifty他サービス利用時の料金

@niftyのWiMAXはなんのキャンペーンも開催していない時もありますが、2018年の12月には上記のような30,000円キャッシュバックが開催中です。

@niftyのサービスを契約するには、通常の月額料金の他に@nifty基本料金250円/月が必要です。上記の表のカッコ内の料金は、他の@niftyサービスをすでに利用している人のWiMAXの料金が記載してあります。さらに@niftyでは端末代金1円が契約時に必要です。

@nifty wimaxのキャッシュバックは受取りやすさが最大のメリット

キャッシュバックは、契約月を含む9ヵ月後に事前登録してある口座に振り込まれます。

口座の情報は契約してすぐに会員ページから登録することが可能ですので、契約と一緒に受取口座も登録しておけばもらい忘れる心配はありません。

公式ページには、「機器発送月を含む4カ月目に @nifty入会時に発行されたメールアドレス宛にメールにて改めてご連絡いたします」との記載がありますが、送られてくるメールは、銀行口座情報を登録してくださいなどの注意勧告が主な内容です。

@nifty は以前まで口座振替でもWiMAXが契約できるプロバイダでしたが、現在は、WiMAXだけの契約では口座振替が利用できないようになっています。

WiMAXを口座振替で支払いたい場合は、@niftyの他サービスも合わせて契約する必要があります。

キャッシュバック受け取りの手順

契約してからキャッシュバックの振り込み期限までに口座情報を会員ページから登録すれば、契約から9ヵ月後に振り込まれる仕組みです。

申し込みから4ヶ月後にメールが来る

@niftyのキャッシュバック受取方法は、契約から4ヵ月後に「○○@nifty.com」宛に届きます。

上記のアドレスは、契約時に@niftyが新規で作成するメールアドレスですので注意してください。他のプロバイダと同等の条件です。

WiMAXを契約したら口座情報を入力しよう

@niftyの口座情報は、いつでも会員ページから入力が可能です。会員ページにログイン後に、「お受取口座情報の参照・変更」という項目から登録しましょう。

契約から4ヵ月後に届く受取方法が記載されたメールは必ず確認してください。メールの内容に沿って再度登録情報を確認しましょう。

受け取りはいつになる?

@niftyのキャッシュバックは契約月を含む9ヵ月後に口座に振り込まれます。

登録者の登録状況や利用状況によっては、振り込みの時期が遅れる場合がありますので、登録をしっかりとしているのに入金されていない場合は、カスタマーサポートなどから連絡を取ってください。

期限切れはあるの?

@niftyは1回目の振込みが失敗に終わっても、翌月に2回目の振込みを行ってくれます。

ただし、振込みが2階失敗した場合は、受取る権利がなくなってしまいますので注意してください。受け取りの前に正確な口座情報の登録をしていれば問題ありません。

2ヶ月間(契約月を含む9ヶ月目・10ヶ月目)に渡り口座情報が登録されていない場合は、キャッシュバックが受取れない可能性があります。誤った情報が記載されている場合も同じですので、登録している情報はしっかり確認しましょう。

メールが来ないときはどうする?

キャッシュバックに関する内容は、@niftyの会員ページ内「キャンペーン / 月額料金など」という項目からも確認可能です。

どうしてもメールが見当たらない場合、キャッシュバックの受け取り方法に不安がある場合は、@nifty WiMAXの質問メールフォームから質問してみましょう。

@niftyのキャッシュバックは再契約でももらえる

@niftyのキャッシュバックも新規契約者向けのキャンペーンですが、再契約するときに新しいnifty IDを発行すれば同一名義人でも再度受取れます。

WiMAXの他プロバイダは新規契約1回限りのキャンペーンが多い中で、@niftyは複数回キャッシュバックがもらえるプロバイダとなっています。

ただし、下記の条件では受取れません。

現在利用しているnifty IDを使って再契約・プラン変更をした場合
機器発送月を含む6カ月目までに解除(初期契約解除を含む)した場合
機器発送月を含む6カ月目までに契約プランを変更した場合
キャッシュバックの振り込みが完了する前に@niftyを解約した場合
契約が法人の場合

解除とは、WiMAXや光回線などのコンテンツを停止することです。一方の解約とは、@niftyのサービスすべてを停止することを言います。

キャッシュバックをもらい損ねないための注意点

キャッシュバックをもらい損ねないための注意点は、受け取り先の口座情報を必ず登録しておくということです。

登録は契約後にいつでもできますので、契約と同時期にするのがおすすめです。

他のWiMAXプロバイダと比較して大変良い条件ですが、登録を忘れてしまってメールも確認できないような状態ではもらい忘れることもあります。

@niftyでWiMAXを契約するなら、契約後すぐに口座情報を会員ページから入力するようにしましょう。

BIGLOBE wimaxの場合

BIGLOBEのキャッシュバックは、WiMAXの支払い方法によってもらえる期間が変わっています。

クレジットカード支払いの場合は契約から13ヵ月後、口座振替の場合は契約から7ヵ月後がキャッシュバックの申請・振込期間になっています。

クレジットカード支払いの場合は、キャッシュバック金額・もらえるまでの期間が他のプロバイダよりも良いとはいえませんので、口座振替でWiMAXを契約したいならおすすめできるといえるプロバイダです。

BIGLOBE wimaxのキャッシュバック金額

 

BIGLOBEとGMOとくとくBBのトータル料金比較(無制限 ギガ放題プラン)
プロバイダ名 BIGLOBE GMOとくとくBB
利用端末 WX05/WX04/WX03/W05/L01s WX05/W05
契約年数 3年(36カ月)
初月料金 無料 3,609円 日割り計算
短期 月額 7,340円 3,695円*2カ月 7,218円 3,609円*2カ月
月額料金 147,900円 4,380円*34カ月 144,942円 4,263円*34カ月
事務手数料 3,000円
キャッシュバック 30,000円 41,500円
キャッシュバック申込月 契約翌月から6ヶ月目・12ヶ月目 契約月含む11ヵ月後
実質総額 129,310円 113,660円
実質月額 3,592円 3,157円

上記の表はBIGLOBEでキャッシュバックを受取った場合とGMOとくとくBBで受取った場合の料金比較です。

BIGLOBEでは、月額割引とキャッシュバックの2つのキャンペーンが開催されていますが、どちらの料金も安いとはいえない料金になっています。

BIGLOBE wimaxのキャッシュバックキャンペーンは受け取りづらい?

BIGLOBEは口座振替でWiMAXの料金を支払うなら、他のプロバイダよりも早くキャッシュバックが受けとれる特長があります。

さらに、口座振替に関するお知らせメールは、契約時に入力した連絡用のメールアドレスと自動作成される「○○@○○.biglobe.ne.jp」に2通送られてきますので、見逃しは少ないといえなくもありません。

ただし、キャッシュバックを受取ってもトータル料金が高く、キャッシュバックの受取りやすさも特に他のプロバイダとの違いがありませんので、口座振替でWiMAXを契約したい方以外はBIGLOBEを選択する意味はあまり無いといえます。

キャッシュバック受け取りの手順

BIGLOBEのキャッシュバックは、契約した月の翌月から12ヵ月目に届くキャッシュバック振込先口座の指定メールから必要情報を入力することで受取れます。(クレジットカード支払いの場合)

口座振替でWiMAXの料金を支払う場合は、契約した月の翌月から6ヶ月目にメールが届く仕組みです。

契約の翌月から6ヶ月目・12ヶ月目にメールが来る

BIGLOBEの振込先口座の指定メールは、「キャッシュバック対象月」(申請を行う月)の初月1日目に手元に届きます。

ただし、口座情報登録はメール到着日にはまだ登録できません。初月2日目以降(メールが届いた翌日)になると会員ページから登録できるようになりますので、忘れずに登録しましょう。

キャッシュバック対象月の初月2日目以降に情報を登録する

「キャッシュバック対象月」(申請を行う月)の初月2日目以降にはBIGLOBEの会員ページから口座情報の登録が行えるようになっています。

会員ページ「特典一覧(値引き・キャッシュバック)」の項目から口座指定の手続きをすればキャッシュバックが受取れます。

登録に必要な情報は、BIGLOBEのID・パスワード、金融機関名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義になっていますので、登録前に準備しておきましょう。

受け取りはいつになる?

BIGLOBEのキャッシュバックは、口座情報の登録を終えてから数日以内に指定口座に振り込まれます。

期限切れはあるの?

BIGLOBEのキャッシュバックは、登録申請月の初月2日目から45日以内に登録を行わないともらえる権利がなくなってしまいます。

キャッシュバックをもらうためにBIGLOBEから送られてくるメールが必要になることはありませんが、会員ページからの口座情報登録を忘れてしまった場合は、受取不可ですので最大限に注意を払いましょう。

クレジットカード支払いの場合は、契約月を含めて13ヵ月後がキャッシュバックの申し込み月になっており、契約から非常に期間があきますので注意してください。

メールが来ないときはどうする?

キャッシュバックに関する各種連絡メールは、口座情報申請月の1日目に最初に登録した連絡用のメールアドレスと自動作成される「○○@○○.biglobe.ne.jp」に2通送られてきます。

メールがこなかった場合でも、対象の月にBIGLOBEの会員ページから申請を行えば問題ありません。

キャッシュバックに関する情報は会員ページからいつでも確認できますので、特にメールが必要になることも無いと思います。

ですが、契約期間中に使っているメールアドレスを変更した方などは、BIGLOBEからのメールを受取れるように設定変更を忘れないでください。

2回目はキャッシュバックをもらえないので注意

BIGLOBEは、一度解約してから再契約すれば複数回キャッシュバックがもらえるWiMAXのプロバイダです。

ただし、BIGLOBEでWiMAXを契約すると月額200円のベーシックコースという契約も同時にする仕組みになっています。

ベーシックコースの月額200円はWiMAXの月額に含まれていますのでWiMAXを契約している時は問題ありませんが、WiMAXだけを解約すると、ベーシックコースだけは残るようになっていますので注意してください。

ベーシックコースの契約が残っていても、新たにBIGLOBEでWiMAXは契約できますが、ベーシックコース月額200円という料金が新たに契約したWiMAXの料金とは別に請求されることになります。(ベーシックコースの2重契約)

BIGLOBEのWiMAXを解約する時は、ベーシックコースの解約も忘れずにするように注意しましょう。

キャッシュバックをもらい損ねないための注意点

BIGLOBEはキャッシュバックのお知らせメールが2通届き、申請もメールがなくても会員ページから行えるWiMAXのプロバイダです。

カレンダーや予定表などにメモさえしておけば、キャッシュバックをもらい損ねる事はほとんどなくなるといってもいいかもしれません。

ですが、クレジットカード支払いの場合はキャッシュバックがもらえる期間が他のプロバイダよりも長期間です。

メモを必ず取るようにして、使っているメールアドレスを変更した場合は、BIGLOBEで利用しているメールアドレスも新し物に変更することを忘れないようにしてください。

UQ WiMAXの場合

UQ WiMAXで開催されているキャッシュバックは、総額13,000円と比較的低い金額ですが、契約から4ヵ月後に受取れる特徴があります。

UQ WiMAXは、WiMAXの通信をすべて管理しているUQ コミュニケーションズのグループ会社です。新しい機能などが実装された際には、よい条件でWiMAXが利用できる可能性もあるプロバイダといえます。

料金以外の機能面などでUQ WiMAXを選択するなら、開催されているキャッシュバックについても知っていたほうがいいと思います。

UQ WiMAXのキャッシュバック金額

 

UQ WiMAXとGMOとくとくBBのトータル料金比較(無制限 ギガ放題プラン)
プロバイダ名 UQ WiMAX GMOとくとくBB
利用端末 W05/WX04/L01s WX05/W05
契約年数 3年(36カ月)
初月料金 3696円/日割り

(利用開始または発送から10日後)

3,609円 日割り計算
短期 月額 7,392円 3,696円*2カ月 7,218円 3,609円*2カ月
月額料金 148,920円 4,380円*34カ月 144,942円 4,263円*34カ月
事務手数料 7,800円 3,000円
キャッシュバック 13,000円 41,500円
キャッシュバック申込月 契約月含む4ヵ月後 契約月含む11ヵ月後
実質総額 151,112円 113,660円
実質月額 4,198円 3,157円

キャッシュバックを含めたUQ WiMAXの料金とGMOとくとくBBの料金を比較した表が上記のものです。

UQ WiMAXは、他のプロバイダでは実質0円の端末代金が4800円必要なプロバイダです。

キャッシュバック金額も3年契約プランで1万円、さらにクレジットカード支払いの場合3,000円プラスという非常にさびしい内容となっています。

キャッシュバック金額を含めた料金を比較すると、他のプロバイダよりも高額になってしまい魅力は薄いといわざるを得ないプロバイダといえます。

UQ WiMAXのキャッシュバックキャンペーンは早期受け取りが可能

UQ WiMAXのキャッシュバックは、契約月を含めた4ヵ月後に届くメールから必要情報を入力することで、指定した口座に振り込まれる仕組みです。

さらに、WiMAXの支払い方法をクレジットカードにして、キャッシュバックが受取れる4ヶ月目まで支払い方法を継続することでプラス3,000円のキャッシュバックが受取れます。

4ヶ月目に届くメールは、契約時に自分で指定したメールアドレス宛に届きますので見逃しも少ないプロバイダです。

WiMAXの月額料金が高額でキャッシュバック金額は少ないですが、他のプロバイダよりも早くキャッシュバックが受取れる特徴があります。

キャッシュバック受け取りの手順

UQ WiMAXのキャッシュバックは、契約月を含めた4ヵ月後に契約時に指定したメールアドレスに届く、連絡メールに記載されたURLから必要情報を入力することで受取れます。

契約後4ヶ月目にメールが来る

登録時に指定したメールアドレスに不備があった場合はメールが届きませんので最大限に注意してください。さらに、口座情報を入力する際にも不備があった場合はキャッシュバックは受取れませんので注意しましょう。

メールが来たら口座情報を専用ページで入力しよう

口座情報の入力ページは通常の公式会員ページとは違うページです。メールを紛失した場合はキャッシュバックの受取申し込みができませんので注意してください。

訂正のお知らせなどは一切なく、メールを紛失した場合、入力情報に誤りがあった場合はキャッシュバックは無効になります。

契約から4ヵ月後にしっかりとメールを受取って、誤りなく口座情報を入力する必要があります。

受け取りはいつになる?

UQ WiMAXのキャッシュバックは、契約から4ヵ月後に届く連絡メールから申請を行えば翌営業日までに入金されます。ただし、利用している金融機関によっては数日かかることもあります。

期限切れはあるの?

UQ WiMAXのキャッシュバックは、連絡メールを受取ってから30日間の間に申請をする必要があります。

メールを受取って30日以上経過した場合は、キャッシュバックの受け取りは無効になりますので注意してください。他のプロバイダよりも申込期間は非常にシビアです。

メールが来ないときはどうする?

UQ WiMAXのキャッシュバックは、公式会員ページから移動できない特設ページで必要情報を入力します。

もしも、契約時に指定したメールアドレスに誤りがあった場合やURLが記載されているメールを紛失してしまった場合は、キャッシュバックは受取れません。

届いているはずのメールが無い場合でもキャッシュバックが受取れない可能性がありますので、契約から3ヶ月以内に複数回、指定したメールアドレスにUQ WiMAXからメールが届いているか確認するようにしましょう。

2回目はキャッシュバックをもらえないので注意

UQ WiMAXでは、同一名義人でキャッシュバックを2回受取ることはできません。再契約はできますがキャッシュバックは一回限りですので素直に他のプロバイダを利用しましょう。

WiMAXはすべてのプロバイダで同じ品質の回線ですので、料金が高いUQ WiMAXに固執する必要は無いといえます。

キャッシュバックをもらい損ねないための注意点

UQ WiMAXは、キャッシュバックがもらえるまでの期間が短く、申請するためのメールが届くアドレスも契約者が指定できます。

ですが、指定したメールアドレスに誤りがある場合や申請した口座情報に誤りがある場合は、キャッシュバックが無効になりますので他のプロバイダよりも厳しい条件といわざるを得ない内容になっています。

UQ WiMAX自体の月額料金も高額でキャッシュバック金額も小額ですので、どうしてもUQ WiMAXで契約したい理由が無い限り、他のプロバイダで契約するほうがおすすめです。

UQ WiMAXでキャッシュバックを受取るなら、契約時に指定したメールアドレスは4ヶ月たつまでにキチンとUQ WiMAXのメールを受信していることを確かめた上で、入力する口座情報を何度もチェックして間違えないように注意しましょう。

まとめ

WiMAXのキャッシュバックを受取る方法を主要プロバイダごとに紹介しました。

GMOとくとくBBは高額なキャッシュバックが魅力の最安プロバイダですが、受取りやすさは平均的な難易度になっています。

一方、2018年12月に開催されているキャンペーンでは、@niftyのキャッシュバックキャンペーンが受取りやすく、トータル料金も安めなWiMAXのキャンペーンです。

その他の主要プロバイダについても具体的な受取り方が一つ一つまとめてありますので、WiMAXの契約を考えている方は参考にしていただければ幸いです。

  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • ギガ放題
    WIMAXのギガ放題とは?5分で分かる解説と失敗しない知識
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • WiMAX 即日
    WIMAXを即日受け取るには店頭が良い?配送が遅い場合の対処法
  • 出張 旅行 Wi-Fi
    出張(短期・長期)や旅行でネットに接続するWi-FiルーターTOP5
おすすめの記事