WIMAXの解約手順と違約金を徹底解説!【キャプチャあり】

そういえば、WIMAX契約してたけど使わなくなったな・・・

仕事で部署異動があったり光回線を契約したり、生活環境の変化でWIMAXの解約を検討する場合、はじめてだと解約手順が分からなくて混乱しますよね。

今回の記事では、私が実際にWIMAXを解約したので、その時の状況を備忘録として残したいと思います。

これから解約を検討している人は、解約前にこの記事をみて実際の解約手順や注意点を確認してください。そうすることで、無駄な費用を払うことになってしまったり、解約手続きで余計な手間を取られることがなくなるでしょう。

WIMAXを解約する前に知るべき重要事項

・更新月以外の解約には違約金が発生する
WIMAXの契約はどこのプロバイダでも基本的に二年契約か三年契約です。(通常は二年契約が多いので、ここからは二年契約として解説します。)

WIMAXの契約は通常二年契約で、無条件に解約できるのがこの二年間経過した後の1ヶ月間のみです。その時に解約を忘れてしまうと、契約は自動で延長され、また二年間の契約が継続されることになります。

では、二年おきにしか解約できないのかというとそうではありません。

二年ごとに設けられている更新月以外の月に契約をしたい場合でも違約金(通常二年目以降は9,500円)を支払うことでいつでも解約が可能です。

高い・・・と思われる方もいるかも知れませんが、WIMAXの契約は基本二年単位なので覚えておいてください。

この制度の中で違約金を絶対に払いたくない!と意地になる人もいますが、違約金を支払うことは必ずしも悪いことではありません。

更新月までの月額使用料と比較して、違約金を支払ったほうが安く解約できるのであれば、支払ってしまった方がお得になりますよね。

ですから、更新月で解約すべきというのはあくまで基本的な考え方で、自分の更新月と見比べて解約時期を決定するのが得策です。

ちなみにWIMAXは4,000円~5,000円/月で使用していると思いますので、更新月まで3ヶ月以上の時間が空いてしまうのであれば間違いなく”イマ”のタイミングで解約してえしまう方が費用的に安くなります。

WIMAXのプロバイダや更新月が思い出せない!【ピンチ】

WIMAXの解約手続きは各プロバイダによって多少異なります。

異なるのですが、WIMAXを何年も使っていると、そもそも自分はなんという名前のプロバイダに契約していたのか、そもそもプロバイダに契約したことすら忘れてしまう人もいるでしょう。それでは、実際に解約や違約金の計算に入る前にプロバイダや更新月の確認をしていきましょう。

まずはプロバイダを思い出そう!

WIMAXのプロバイダはGMOとくとくBBやBIGLOBEWIMAXなどなどたくさんあります。WIMAXの解約自体はプロバイダの公式ページに必ず記載されていますが、そもそもプロバイダの名前を思い出せない人もいるでしょう。

プロバイダ 検索 メール

そんな時は、自分のメール(私の場合はGmail)で「WIMAX」と検索してみてください。そうすると、WIMAX契約時のメールが発掘できるはずなので、そこにプロバイダ名が記載されていると思います。
私の場合は"PEPABOWIMAX"でしたので、以下ペパボを例に解説します。

プロバイダを思い出したら更新月を確認しよう

更新月 220日
プロバイダを確認できたら、次に更新月を確認します。

・更新月のメールは各プロバイダのメールボックに来ているので注意!!

更新月は各プロバイダからあなたに通知されますが、その通知はあなたのプライベートのメールボックスではなく、各プロバイダのメールボックスに送られてきます。

そのため普通に日常生活の中でメールをチェックしていても更新月の通知は受け取れないので、更新月を忘れてしまう人も大勢います。

更新月について確認したい場合は各プロバイダのマイページにログイン後(ログインパスワードは契約メールに記載)、契約内容を確認できるページがありますので、そこから次回の更新日を確認しましょう。

基本的に、プロバイダのメールは確認しないと思いますので、自分で契約内容を確認して更新月を覚えておくのが確実です。

・更新月のリミットは30日ではない場合があるので注意!!!

更新月に解約したいと思い、自分で更新月をチェックしていたとしても更新月の通知メールなどに「更新月の20日までに解約の旨をご連絡ください」などと更新月の中でタイムリミットが定められている場合があります。その場合、21日以降に解約すると更新月に解約したとは見なされずに、違約金が発生してしまいます。

ですから、更新月に解約する場合でも自分都合でスケジュールを立てるのではなく、早めに解約手続きを行うか更新月が近くなったら通知メールを確認してくださいね。

・WIMAX自体は解約後も月末までは使用可能

更新月の早いタイミングで解約して、早く契約が切れてしまうと損した気分になるので月末ギリギリで解約しようかなと思っている人もいるかも知れません。

でも、あなたはその月の料金を支払っているので、月初めに解約した場合でもその月の月末までWIMAXを使用することができます。ギリギリ過ぎて、無駄な費用を取られないように早めに動いても大丈夫ということです。

WIMAXを解約する時の手順を解説します

解約する意志が固まったら、実際に解約の手続きを開始します。私の場合はGMOペパボWIMAXでの契約だったので、その画面で説明します。

WIMAXの解約に必要なものはある?

WIMAXの解約に必要なものはとくにありません。
各プロバイダのマイページから解約の旨をメールで送信するだけです。簡単ですよね。

WIMAXを解約する旨をメールで送信する

解約 メール
GMOペパボWIMAXの場合は、以下のように運営宛てにメールを送信しました。
以下、私が実際に使用した文章になりますので、ご自由にお使いいだいても大丈夫です。

<コピペ用>
---
ご担当者様

お世話になっております。
WIMAXの解約をお願いいたします。

○○
---

WIMAXの解約受付メールを確認する

返信メール 確認
WIMAXの解約メールを送信しても、もし万が一運営が受け取ってなかったケースがあると問題です。送信して解約終わり!ではなく実際に解約が受理されたかどうかをメールで確認しましょう。

解約の受理までは2,3日かかる場合がありますが、解約受付の旨はプライベートのアドレス(私の場合は、プライベートのメールアドレスに送られてきました)に送られてきますので、解約メールの送信後にしっかりと確認しましょう。

この確認ができれば、WIMAXの解約は終了です!

まとめ

今回はWIMAXの解約方法を実際の手順に沿って解説してきました。更新月を把握して、早めに解約すれば難しい手続きは必要ありません。
今回の記事であなたの解約がスムーズになれば幸いです。

  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • ギガ放題
    WIMAXのギガ放題とは?5分で分かる解説と失敗しない知識
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • WiMAX 即日
    WIMAXを即日受け取るには店頭が良い?配送が遅い場合の対処法
  • 出張 旅行 Wi-Fi
    出張(短期・長期)や旅行でネットに接続するWi-FiルーターTOP5
おすすめの記事