ドメインとは?初心者でも5分でわかる解説

まとめサイトや商品紹介、インターネットで情報を発信する為にウェブサイトを立ち上げることは大事ですよね。
でもいざサイトを立ち上げようとすると、聞いたこともない専門用語があふれ心折れてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
特に、ドメインに関する説明は抽象的なものばかり。
ドメインってURLじゃないの?どうやって決めればいいんだろう?気軽に決めて大丈夫?この記事ではそんな疑問にお答えしようと思います。
ドメインの基礎を理解して、皆さんにアクセスしてもらえるサイトを作りましょう。

ドメインとは?

ドメインとは
ドメイン
とは、インターネット上で場所を示すための住所です。
例えばあなたが[https://blog.myspace.co.jp]というブログを立ち上げようとしているとします。
URLの[blog.myspace.co.jp]の部分がドメインです。

この世に存在しているウェブページは、皆様が使っているパソコンと同じように、世界のどこかのコンピューター上に存在しています。
ドメインは、世界に一つしかないコンピューターを示す文字列です。

ウェブサイトのURLの他にも、メールアドレスの@から後ろの文字(○○○○@myspace.co.jp)もドメインと呼ばれます。
どちらも広いインターネット上で「どこ」にアクセスするか、「どこ」にメールを送るか、指定するための住所のことなんです。

ドメイン各部の名称

ドメイン 名称
ドメイン構成する文字には、住所としての深い役割があります。
[https://blog.myspace.co.jp]を例にしてみましょう。

ドメイン 住所

URLでは[blog.myspace.co.jp]の部分が、ホームページを示すドメイン部分です。
ドメインはドット(.)で区切られた文字ごとに意味と名称があります。

トップレベルドメイン(TLD)

ドメインは右から順に所属する組織を示していて、一番右にある[jp]はトップレベルドメイン(TLD)と言います。
TLDはドメインの一番大枠の所属を示しています。

セカンドレベルドメイン(SLD)

トップレベルドメインの次にある[co]の部分はセカンドレベルドメイン(SLD)です。
SLDは、TLDの配下にある所属を示しています。

サードレベルドメイン

セカンドレベルドメインの次にある[myspace]の部分がサードレベルドメインです。

セカンドレベルドメイン サードレベルドメイン

次に、実際に[blog.myspace.co.jp]のblogの部分ですが、これはフォースレベルドメイン…という訳ではありません。

サードレベル以下にある文字にもいくつかの種類があります。

ホスト名

[https://blog.myspace.co.jp/]の[blog]の持つ意味の1つ目はホスト名です。
myspaceに所属するコンピューターが複数台あった場合、[blog]に接続すると指定する部分です。
現在存在するホスト名は、殆どが[www(World Wide Web)]で、ウェブサイトであることをわかりやすくする為に使われています。

サブドメイン

ホスト名の他に、[blog]の部分はサブドメインとしても扱われます。
myspaceとして運用するサービスの中に、ブログやニュース等、複数のウェブページを持ちたい場合、別のサイトだと明示的に示す事ができます。
1つドメインを取得するとサブドメインはいくつでも追加できますので、ドメインを取得する際は今後展開したいサービスを想像して、ドメイン名を決めることがおすすめです。

サブドメイン

ホスト名とサブドメイン

ホストとサブドメインは同じ位置にあるので見た目では判断できません。
ほとんどの場合ホスト名は[www]で、サブドメインは[blog]や[news]等、サイトが提供するサービスやカテゴリを示す為に利用されています。

また、URLの中にはホストとサブドメインがどちらも付随されていることがあります。
ドメインは右から順に所属を示していますので、https://ホスト名.サブドメイン.サードドメイン...となります。

例)[https://www.blog.myspace.co.jp/]
myspace.co.jpに所属するblogサービスの中のwwwというコンピューターのURL

※2つの違いは後ほど「もっと知りたい!ドメインの必要性」でもご説明します。

ドメインとURLの違いは?

ドメイン URL 違い
ドメインがインターネット上の住所なら、URLもドメインと呼んでしまいたくなりますが、この2つには明確な違いがあります。
違いを理解する為に、URLの構成も見てみましょう。

プロトコル(スキーム)

[https]や[http]など、URLの先頭にある文字はプロトコル(スキーム)と呼ばれる文字です。
これはブラウザからコンピューターへアクセスする際の通信方法を指定する部分で、「今から接続するコンピューターからはウェブページが返却される」ことを示しています。

FQDN

FQDNは[Fully Qualified Domain Name(完全修飾ドメイン名)]の略で、ホスト名とドメイン部分を合わせた「全て」を指します。
URLはプロトコルの後にホスト名、サードレベルドメイン、セカンドレベル…と続いていくのですが、その全体を指す呼称が「ドメイン」ではどの部分をさしているのか分かりづらいですよね。
FQDNにはURLのドメインとホスト名が含まれているので、接続先のコンピューターを特定する際に必要となります。

URL

URLはプロトコルと、FQDN、さらに閲覧するファイルの場所を合わせたウェブページの住所です。
ブラウザからウェブページを閲覧する際に、特定のコンピューターにあるどのファイルを閲覧するのかまで指定する為に必要になります。

プロトコル FQDN

[https://www.blog.myspace.co.jp/xxxx]というURLを分解すると、

・https://
→WEBサイトにアクセスします
・blog.myspace.co.jp
→[myspace.co.jp]の[blog]サイトに接続します
・xxxx
→[xxxx]というファイルを閲覧します

ということを表しているとわかります。

ドメインはURLとメールアドレスの二種類ある?

ドメインはメールアドレスとしても登場します。
しかしURL用、メール用のドメインがある訳ではありません。

これから開設するウェブサイトを複数人で運営したり、アクセスしてきた方のお問い合わせに答える為、メールを返信したりすることもあるかもしれませんよね。
ドメインはインターネット上の住所ですので、メール送受信の宛先としても利用されます。

メールアドレスは[○○○○@myspace.co.jp]といった文字になっています。
@以降の部分がドメインで、セカンドレベル、トップレベル…と続く構成は変わりません。
@以前の部分はユーザーIDやアカウント名を示していて、[myspace.co.jp]に所属する○○○○さん宛にメールする為の住所として利用されます。
ドメインを使ってウェブサイトを公開するコンピューターをウェブサーバー、メールをやり取りするコンピューターをメールサーバーと言います。

・ウェブサーバー
→URLを使って、ドメイン配下にあるウェブページを公開する
・メールサーバー
→メールアドレスを使って、ドメインに所属するユーザのメールを送受信する

エックスサーバーやさくらインターネット等のレンタルサーバーでは、同一ドメインのウェブサイトとメールアドレスを管理できるサービスがありますので、必要な方はメール機能もチェックしてみて下さい。

さくらインターネット サービス一覧
https://www.sakura.ad.jp/services/

エックスサーバー 機能一覧
https://www.xserver.ne.jp/functions/

ドメインの種類はたくさんある

ウェブサイトの作り方を調べていく内に、ドメインに色々な種類がある事に気付いた方もいらっしゃるかと思います。
例えば「独自ドメイン」「日本語ドメイン」「サブドメイン」こういった用語は特によく目にしますよね。
ドメインの基礎を踏まえた上で、各用語が何を指しているのか理解していきましょう。

独自ドメイン

独自ドメインとは、企業名やサイト名等、自分で決めた文字をドメインとして利用することを言います。

例) google.com、yahoo.co.jp 等

独自ドメインがあなたの作るブログ名と一致していれば宣伝効果もありますし、アクセスしやすい住所であると言えます。
しかしドメインは世界で唯一の文字ですから、既に他の人が利用していると取得ができません。
また、ドメインを専有する為には使用料もかかります。
取得するタイミングや専有できる期間、費用は慎重に決めなければなりません。

サブドメイン

サブドメインとは、コンピューターの住所を示すドメインの配下に、アクセスするコンピューター名を付加したドメインのことです。
FC2ブログ等の簡易的なウェブページは[blog.fc2.com]の前にサブドメインとして、利用しているユーザーIDが付加されます。

例) http://○○○.blog.fc2.com/

サブドメインはドメイン保持者が自由に増やす事ができるので、個々に費用が発生する事はありません。
独自ドメインを取得しなくてもウェブサイトが開設できるサービスがありますが、覚えやすさや宣伝効果では独自ドメインに劣ります。

大手企業は独自ドメインを取得した上で、ブログ、通販、ニュース等、サービスによってサブドメインを分けています。

新規ドメインと中古ドメイン

これまで一度も利用されたことのない独自ドメインのことを新規ドメインと言います。
誰かが利用したことのあるドメインは中古ドメインと言い、ウェブサイトの閉鎖や別ドメインへの移行の際に専有権が手放されたドメインのことです。
ウェブサイトを立ち上げる際は、Google等の検索サービスに見つけてもらいやすくするのも大きな課題です。
中古ドメインは見つけてもらいやすいメリットがある一方、前のサイトが悪い評判を受けていたり、悪用されていたりすると悪い評価まで引き継いでしまいます。
独自ドメインを取得するタイミングでは、過去に利用された事のあるドメインか否かチェックするのも大きいポイントと言えるでしょう。

日本語ドメイン

日本語ドメインとは、その名の通りドメインに日本語を使えるサービスのことです。
本来ドメインは、半角の英数字といくつかの記号しか利用できません。
日本語で入力されたドメインは、ウェブブラウザがPunycode(ピュニコード・プニコード)という変換規則に沿って、xn--から始まる半角英数字のドメインへ変換しています。

参考) 日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換
https://punycode.jp/

実態は、言葉を成さない半角英数字の羅列です。

日本語ドメインはぱっと見で覚えてもらいやすいメリットがありますが、日本でしか通用しない事、Punycode変換機能を持たないメールアプリからでは利用できない等のデメリットも持っています。

ドメインの末尾の種類と意味

独自ドメインを取得するメリットやデメリットについてお伝えしましたが、ではどこまで自分の好きな文字を指定できると思いますか?
実はトップレベルドメインだけは、個人で好きな文字を指定する事ができません。

トップレベルドメインには、いくつかの種類が存在しています。

ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)

gTLDは、IANAというインターネット技術の標準を定める組織が、トップレベルに指定して良いと定めたドメインです。
誰でも取得できますが、取得するにはIANAが定めたガイドラインに従う必要があります。
例) [.com(企業)][.edu(学校)][.gov(政府)] 等

スポンサーつきトップレベルドメイン(sTLD)

sTLDは、ジェネリックトップレベルドメインのうち、特定の業種や分野向けに割り振られたドメインです。
管理自体を特定事業者(スポンサー)に委任している為、取得方法やガイドラインも様々です。
例) [.aero(航空事業)][.coop(共同組合)][.mobi(モバイル事業)] 等

国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)

ccTLDは、全世界の国に割り当てられた国コードを利用したドメインです。
基本的にその国に在住する個人や企業しか利用する事ができません。
一部、人気の高い国コードは外貨取得の為に販売されている事もあります。
例) [.jp(日本)][.us(アメリカ)][.tv(ツバル)]等

テレビ業界がこぞって利用する.tvドメイン、実はツバルの国コードだったのです。
あなたが作ろうとしているサイトのテーマに沿って、取得するドメインも様々な選択肢がありますね。

もっと知りたい!ドメインの必要性

ブログやウェブサイトの名刺とも言えるドメイン。様々な選択肢とチェックポイントがありましたが、そもそもの所を理解しないとピンとこないかもしれません。
ドメインが必要とされた理由を解説していきます。

ここまで以下をご説明してきました。

・ドメインはコンピューターにアクセスするための世界で唯一の住所
・ドメインは標準機構や国が管理している

ではどうやってあなたのサイトへ他の方がアクセスしてくるのでしょうか。

世界中のコンピューターにはIPv4またはIPv6という番号が割り振られています。
IPは[172.217.161.67]といった数字の羅列です。
Googleにアクセスしたい時、Yahooにアクセスしたい時も、本来はこの番号でアクセスしなければ接続先のコンピューターを特定することができません。

【試しにブラウザへ入力してみて下さい】
Google → 172.217.161.67
Yahoo  → 182.22.59.229

GoogleやYahooのサイトにアクセスできるはずです。
でも、数字の羅列ではとてもわかりにくいですよね。

IPのわかりにくさを解消するのがドメインネームシステム(DNS)です。
DNSはIPの数列とドメインの紐付けを行い、「○○ドメインにアクセスする時は、××にIPを問い合わせて!」という案内を行っています。

URLを入力すると、ブラウザはまずルートDNSサーバーに問い合わせを行います。

ルートDNSサーバー

ルートDNSサーバーはトップレベルドメインのDNSサーバへ問い合わせを行うように案内します。
トップレベルドメインのDNSはセカンドレベルドメインのDNSサーバへ…と、最終的にコンピューター(ホスト)のIPが特定できるまで問い合わせを繰り返します。

先程サブドメインとホストの違いが見た目ではわからないとご説明したのは、両者の違いがDNSへの登録状況のみのためです。
DNSサーバが管理するのはドメインまで。ホストがDNSに登録されていればそれはサブドメインですし、登録されていなければただのホスト名ということになります。

まとめ

ドメインの意味から仕組みまで全体を通して解説させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
扱うテーマや読者層によって、考えなければいけないことがたくさんありますね。
新しくブログを立ち上げる時、あなたは独自ドメインを取得しますか?
この記事を読んで、自分に合ったサーバーやドメインが選べるようになっていれば、サイト開設はもう目の前です!

  • .htaccessとは
    .htaccessとは?できることと設定手順を初心者でもわかるように解説
  • リダイレクト redirect
    リダイレクト (redirect)とは?意味・設定方法を5分で解説
  • ネームサーバー DNS
    ネームサーバー(DNSサーバー)とは?意味と設定方法
  • USENスピードテスト
    usenスピードテストの"級"の種類やドラゴン級とは?使い方や目安を解説
  • 「Bluetooth」とは?Wi-Fiとの違いや製品・接続方法まで完全ガイド
  • fast.com
    「Fast.com」でインターネットの通信速度を計測しよう
おすすめの記事