WAKWAK光の料金・評判まとめ!違約金や解約方法は?

インターネット上で様々な評判のあるWAKWAK光ですが、その実際はどのような光回線なのでしょうか?

親会社はNTT東日本というビックネームのWAKWAKですが、家電量販店などでも見かけることはほとんどなくイマイチよくわからないという人も多いと思います。

そこで、WAKWAK光はどのような光回線であるかということから、気になる料金や実際の利用者の評判までをまとめて解説していきます。
他の光回線との違いや解約方法まで、これを読めばWAKWAK光のポイントをしっかりと押さえて検討することができる内容になっています。

WAKWAK光とは

WAKWAK光 プロバイダ
インターネットに詳しい方には馴染みのあるWAKWAK光ですが、得意ではない方にとってはau光やOCN光のように超メジャー級ではないWAKWAK光はあまり詳しく知られていないと思うので、まずはWAKWAK光とはなんなのかということを確認しておきましょう。

そもそもWAKWAKって?

WAKWAKは国内に数ある大手プロバイダの1つです。大手としている理由は私の個人的な見解ではなく、その経営母体にあります。

WAKWAKを運営しているのはNTT-MEという会社で、その名でわかる通りNTTグループの企業で、NTT東日本の子会社です。
光回線サービスの基礎を提供しているNTT東日本の子会社ということで、WAKWAKは信頼性の高い大手プロバイダといえます。

ちなみに、上記の通りWAKWAKはNTT東日本の子会社ですが、西日本の地域でも問題なく契約ができます。

WAKWAK光とはどんな光回線?

WAKWAKでは、「プロバイダ」サービスのみの提供を行っています。インターネットを利用するためにはこのプロバイダの他に「回線」が必要となります。
WAKWAKはその回線を持っていないため、親会社のNTT東日本やグループ会社のNTT西日本が提供する「フレッツ光」とセットでインターネットの提供を行っています。
これが一般的にWAKWAK光と呼ばれる「WAKWAK光 with フレッツⅡ」です。

つまり、WAKWAK光の料金形態や回線速度はフレッツ光が基本になるということです。

WAKWAK光のメリット・デメリット

WAKWAK光の仕組みがわかったところで、利用する上で起こるメリットとデメリットを確認してみましょう。

WAKWAK光のメリット

・信頼性が高い
プロバイダが数多くある中で、やはりNTT東日本の子会社が提供しているプロバイダことで、信頼の置けるプロバイダといえます。NTTの子会社のプロバイダは複数あるのでその中で特別に信頼が高いとまではいえませんが、やはり大小さまざまなプロバイダがある中で、NTTブランドは安心感が強いと言えるでしょう。

・サポートがしっかりしている
WAKWAKでは年末年始を除く10時〜19時まで利用できるサポートセンターが用意されていて、通話料金も無料で利用できるのが特徴です。

・IPv6対応
WAKWAKは最新の規格である「IPv6」に対応したプロバイダです。
従来の「IPv4」との違いを専門的に説明すると長くなるで、簡単にいうと混雑しにくく速いということです。
これによってWAKWAK光は従来のIPv4にしか対応していないプロバイダよりも快適にインターネットを利用することができます。

WAKWAK光のデメリット

・最低利用期間がある
WAKWAKには最低利用期間の定めがあるプランと、ないプランがあります。
最低利用期間がないプランでは月額利用料金が高くなるのであまりおすすめはできず、最低利用期間が定められているプランでは、期間内の解約で違約金が発生します。

・メールサービスが最低限
WAKWAKではメールアドレスを無料で1つ利用することができますが、プロバイダの中には複数のメールアドレスを無料で利用することができるものもあるので、2つ目以降有料となるのはデメリットといえます。

複数のメールアドレスを利用することができないわけではありませんが、追加のアドレス1つあたりに月額210円が費用としてかかるので、複数のアドレスを利用したい方にとっては大きな出費となります。

・工事費の実質無料キャンペーンがない
フレッツ光では、その他の光回線でみられる工事費が実質無料になるキャンペーンを行っていないため、全額負担する必要があります。

WAKWAK光がおすすめの人・おすすめでない人

メリット・デメリットを踏まえた上で、WAKWAK光はどのような人におすすめで、どのようなひとにはおすさめでないのかを確認してみましょう。

WAKWAK光がおすすめの人

・低価格でサポートが充実したプロバイダを利用したい人
WAKWAKは大手プロバイダサービスの中で料金が安く、サポートがお値段以上という評価が多く見られるためおすすめです。

・セット割で割引が受けられない人
携帯電話のプランや格安スマホを利用していて、インターネットとセットで割引が受けられない人、はキャリアコラボ光を利用するメリットが少ないため、サポートなどを重視してWAKWAK光を利用することも選択肢の一つといえます。

WAKWAK光がおすすめでない人

・メールアドレスをたくさん使いたい人
WAKWAKではメールアドレスが2つ目以降有料となるため、複数利用したい人は無料で持てるメールアドレスが多いプロバイダをおすすめします。

・短期解約の可能性がある人
WAKWAKには23ヵ月の最低利用期間が定められているので、短期間で解約する可能性がある人にはおすすめではありません。

・セット割対象スマートフォンを利用している人
docomo、au、SoftBank、Ymobileなどのセット割引対象のスマートフォンを利用している人は、対象のインターネットを利用した方がランニングコストが安くなるためおすすめではありません。

他の光回線との違いは?

10年ほど前のフレッツ光全盛期には上記のような「with フレッツ」という申し込み方法が主流となっていましたが、光回線の多様化によって複数の光回線が混在する現在では、それぞれの光回線で違いがあるので確認しておきましょう。

WAKWAK光 with フレッツ

WAKWAK光を利用するためには下記の契約を行う必要があります。
・東西NTTとフレッツ光の契約
・WAKWAKとプロバイダ契約
申し込み自体はWAKWAKから同時に申し込むことができますが、2つの会社と契約を行うこととなります。

そのため料金は[フレッツ光料金]+[WAKWAK料金]となり、提供エリアはフレッツ光の提供エリアとなります。

光コラボレーション・その他光回線

◼︎各種プロバイダ光コラボ
各プロバイダが提供する光コラボは、So-net光やBIGLOBE光、OCN光というように各プロバイダ独自の光回線サービスとなっています。

プロバイダ光コラボでは、プロバイダと回線が一体型のサービスとなっているため、料金は回線料金とプロバイダ料金が合わさった料金となっています。
そのため、他のプロバイダを選択することはできません。

ただし、光コラボはフレッツ光の回線を各プロバイダが借りて独自の光回線サービス提供しているので、回線速度や提供エリアはフレッツ光と同様になります。

◼︎各種キャリア光コラボ
各キャリアの光コラボもプロバイダコラボ同様に、フレッツ光の回線を借りて独自の光回線サービスを提供しているので、提供エリアや基本的な回線速度はフレッツ光と同様になります。

ただし、プロバイダコラボと違いプロバイダの選択に関しては、各キャリアによって下記のように違いがあります。

・ドコモ光
WAKWAKを含む26社のプロバイダとセットプランを提供(その他のプロバイダも選択可能)

・ソフトバンク光
子会社のプロバイダのYahoo!BBのみ利用可能

◼︎その他コラボ光
プロバイダやキャリア以外にも光コラボを提供する事業者は数多くあり、その中にはWAKWAKを利用することができたり、プロバイダを自由に選択することができる光回線もあります。

例えばdocomoの一次代理店業務を行なっている丸紅商事が提供するMarubeni光はプロバイダにWAKWAKを選択することができます。

◼︎独自回線
基本的に独自の光回線を利用してサービスを提供しているのがauひかりやNURO光、各種電力系の光回線サービスです。

独自回線ではさらに各サービスごとの違いが大きくなっていて、フレッツ光を基本とする上記のサービスとは違い、提供エリアや回線速度はそれぞれのサービスごとに違います。

また、プロバイダに関しても下記のような違いがあります。

・auひかり
プロバイダ:提携する7社のプロバイダから選択可能

・NURO光
プロバイダ:提供元であるSo-netのみ利用可能

・電力系光
プロバイダ:基本的に回線とプロバイダの一体型サービス

光回線の基本的な仕組み

WAKWAK光がどのような光であるかを知るためには、光回線の基本的な仕組みを理解する必要があるので、あまり詳しくない人ために光回線の基本的な知識も紹介しておきましょう。

◼︎基礎知識
光回線を利用するためには、通り道である「回線」と接続を行うための「プロバイダ」の2つが必要となります。
現在この2つが一体化したサービスも多いため、わかりにくくなっていますが、基本的にはこの2つのサービスを契約することによって、インターネットを利用することができるようになります。

◼︎回線
回線とはインターネット信号の通り道で、電話線を使ったADSLや光ファイバーケーブルを使った光回線などがあります。
WAKWAK光の場合は光回線がこの回線にあたります。

◼︎プロバイダ
実は、光回線が電柱と自宅でつながっているだけではインターネットを利用することはできず、プロバイダをかいすことでインターネットを利用することができます。
プロバイダは光回線を通って伝わる信号を、インターネットの世界へつなげる役割を果たしているのです。

簡単に言うと高速道路のインターチェンジのようなものです。自宅の中のWi-Fi環境を一般道とするならば、インターネットの世界へ行くための料金所がプロバイダというわけです。

このプロバイダは大小合わせると国内に数千社あるといわれていていますが、大手とされるプロバイダでも40社程度あります。

WAKWAK光の料金プラン

WAKWAK光 料金プラン
WAKWAK光の内容や他の光回線との違いがわかったところで、肝心の料金プランや費用を確認しておきましょう。

WAKWAK光 with フレッツの導入費用

◼︎契約事務手数料
NTT東日本:800円
NTT西日本:800円

契約にあたっての契約事務手数料は東日本と西日本で違いはなく、全てのプランが一律となっています。
また、契約事務手数料はフレッツ光のみ発生し、WAKWAKは初期費用0円となっています。

◼︎工事費用

 

プラン名 東日本 西日本
ファミリー(戸建) 18,000円 18,000円
マンション(集合住宅) 15,000円 15,000円

 

フレッツ光を導入するための費用は東日本と西日本での違いはありませんが、いずれの場合もマンションプランの方が3,000円安くなっています。
支払い方法は基本的に分割払いとなっていて、内訳は以下の通りになります。

・ファミリープラン工事費内訳
【初回】3,000円【2回目以降】500円×30回=18,000円

・マンションプラン工事費内訳
【初回】3,000円【2回目以降】400円×30回=15,000円

WAKWAK光 with フレッツの月額料金

WAKWAK光 with フレッツの料金は基本となるフレッツ光の回線料金とWAKWAKのプロバイダ料金の合計が月々の基本料金となります。
この基本料金は東日本と西日本、そして住居タイプによっても違いがあるのでそれぞれを確認してみましょう。

フレッツ光料金プラン

◼︎東日本
・戸建タイプ料金表

 

プラン名 通信速度 月額利用料金
ギガファミリー・スマートタイプ 下り最大1,000Mbps 5,700円
ファミリー・ギガラインタイプ 下り最大1,000Mbps 5,400円
ファミリー・ハイスピードタイプ 下り最大200Mbps 5,200円
ファミリータイプ 下り最大100Mbps 5,200円

 

上記のように戸建タイプでは速度の違う4種類からプランを選択することができます。ギガファリー・スマートタイプとファミリー・ギガラインタイプの通信速度は同じですが、ギガファリー・スマートにはレンタルの無線ルーター付いているだけの違いです。

・集合住宅タイプ料金表

 

プラン名 通信速度 月額利用料金
ギガマンション・スマートタイプ 下り最大1,000Mbps 3,350〜4,350円
マンション・ギガラインタイプ 下り最大1,000Mbps 3,050〜4,050円
マンション・ハイスピードタイプ 下り最大200Mbps 2,850〜3,850円
マンションタイプ 下り最大100Mbps 2,850〜3,850円

 

上記のように集合住宅ではプランが4つに分かれていますが申込者が選ぶことはできず、申し込みを行う建物に導入されている設備によってあらかじめ料金が決められています。

◼︎西日本
・戸建タイプ料金表

 

プラン名 通信速度 月額利用料金
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼 下り最大1,000Mbps 5,400円
ファミリー・ハイスピードタイプ 下り最大200Mbps 5,400円
ファミリータイプ 下り最大100Mbps 5,400円

 

西日本でも東日本同様に通信速度によってプランを選択することができます。

・集合住宅タイプ料金表

 

プラン名 通信速度 月額利用料金
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼 下り最大1,000Mbps 3,200~4,500円
マンション・ハイスピードタイプ 下り最大200Mbps 3,200~4,500円
マンションタイプ 下り最大100Mbps 3,200~4,500円

 

西日本でも東日本同様に、申し込みを行う建物によって料金プランが決められていて、申込者が選択することはできません。

WAKWAK料金プラン

上記のフレッツ光料金に下記のプロバイダ料金を合わせたものが、月々の基本料金となります。

◼︎WAKWAK料金表

 

プラン名 東日本 西日本
ファミリー(戸建) 950円 950円
マンション(集合住宅) 800円 800円

 

上記のように、WAKWAKの利用料金は東日本と西日本で違いはなく、サービスを利用する住居タイプによって料金が分かれています。

WAKWAK光の「速度が遅い」の真相は?

WAKWAK光 速度
次に紹介するWAKWAK光の評判でもあるように、WAKWAK光は速度が遅いという口コミが目立ちます。
光回線の速度は、どのプロバイダを利用しても同じというのが基本的な考え方です。ではなぜこのような口コミが多くあげられているのでしょう?

速度が遅い原因

WAKWAK光の速度が遅いという口コミに対して、考えられる原因は下記のように大きく3つあります。

・プロバイダのネットワークが混雑

・IPv6を利用していない

・利用環境が悪い

プロバイダのネットワーク混雑

まずはじめにプロバイダのネットワークの混雑ですが、これはインターネットを利用するために通るプロバイダの入り口や通路が混雑している状態です。

これは、多くの人がインターネットを利用する夜の時間帯に入場整理が追いついていないようなもので、例えるならゴールデンウィークの高速道路の状態と似ています。

それなら混雑しないような設備を作ればいいのでは?と思いますが、高速道路を広く大きくするためには費用や土地など問題があるのと同じように、プロバイダも設備増強には費用がかかりますし、政治的要因もあわさって簡単に増強ができないというのが現状です。

では夜に遅くなるのは我慢するしかないのでしょうか?
そこで登場するのが2つ目のIPv6です。

IPv6

現在、多くの人は「IPv4」という規格を利用してインターネットを利用していますが、これを次世代の「IPv6」に変えることで、混雑を回避できる可能性が大きくあります。
長くなるためここでは専門的な説明は省略しますが、IPv6を利用するとこれまでの混雑した入場口とは別のルートを通ってインターネットを利用することができるのです。
そしてWAKWAKはこのIPv6サービスを無料で提供しているので、IPv6接続機能を利用することで通信速度の向上が見込めます。
逆に利用していない人は、IPv4が原因で混雑時間に速度が低下している可能性があるということになります。

利用環境

詳しく確認すると、速度が遅いという口コミをあげている人のほとんどは、別の回線やプロバイダから切り替えて利用した人です。
ということは、使える設備などはそのまま利用している人がほとんどではないでしょうか?

インターネットを利用するためにはルーターやLANケーブルなどの設備が必要となりますが、それぞれの規格が回線速度にあっていなければ最大のパフォーマンスを出すことはできません。そのため、以前のインターネットを長く利用していた人などは注意が必要といえます。

WAKWAK光の評判

WAKWAK光 評判
実際の利用者が投稿しているWAKWAK光の評判をまとめてみましたので、参考までに確認してみましょう。

悪い評判

まずは、WAKWAK光について良くない評判を確認してみたところ、他のプロバイダではよく見かける料金面の不満やサポート体制に対する酷評はあまりなく、下記のように速度に対してのものがほとんどでした。

◼︎速度
・ライトなネットサーフィンにおすすめな光。

・auひかりの時より速度がかなり遅い時間帯がある。

・日中は問題なく使えるのですが、夜にYoutubeを見ていると止まることも多いです。

・オンラインゲームをしていても夜は反応が遅いような気がします。

良い評判

次に、比較的良い評判を集めてみたところサポート面、料金面での高評価が多くあげられていました。
また、気になる速度についてですが遅いという評判が多かった反面、問題なく利用できているという評価も投稿されていました。

◼︎サポート
・セキュリティやサポート体制がしっかりしていて、この値段なら満足

・NTT系列なだけあって会員へのサポートがしっかりしていて、問い合わせもフリーダイヤルから行えました。

・NTT系だけあってサポートはしっかりしてますね、電話もすぐに繋がりました。

◼︎速度
・速度は早いときもあれば遅いときもあります。しかし普通に使う分には問題ない程度です。

・au one netより軽くなりました。常時70~100は出てます。

・何やらネットでは、遅いやら、ネットゲームには不向きやら書かれていましたが、現在プレイしているゲームには全く問題はありません。

◼︎料金
・料金も24か月は格安でその後もauoneの約半額。大満足です。

私は乗り換えで23ヶ月間割引がきくためこの値段なら許容範囲だと思っています。

・料金については決して安くはありませんが、ネットゲームをポケットWi-Fiでプレイして、凄まじいぐらいに画面がカクカクするくらいならマシな値段です。

評判をまとめると?

WAKWAK光に対するネット上の評判をまとめると、回線速度に不満を持っている人が多くみられ、特に夜に速度が遅くなるという意見が多い反面、サポート体制や料金には満足している人が多いという結果になりました。

速度に関しては、満足している人もいるのでWAKWAK光=遅いとはなりませんが、少しでも速い回線を求めている人はフレッツ光を利用していない他の光回線を選択する方が良いと言えるでしょう。

WAKWAK光のキャンペーン情報

WAKWAK光 キャンペーン

キャンペーン一覧

 

特典内容 適用条件
新規契約 ・戸建:450円×23ヵ月間割引

・マンション:300円×23ヵ月割引

東日本エリア:2019年11月30日

西日本エリア:2019年8月31日 までに開通

他社乗り換え

(プロバイダ)

・戸建:450円×23ヵ月間割引

・マンション:300円×23ヵ月割引

東日本エリア:2019年11月30日

西日本エリア:2019年8月31日 までに開通

上記のようにWAKWAK光を利用するには、新たにフレッツ光と同時に契約する新規契約と、既にフレッツ光を利用している人がプロバイダのみを乗り換える他社乗り換えがあります。
いずれの場合も上記のように23ヵ月間の割引を受けることができます。

WAKWAK光を検討している人におすすめの光コラボは?

WAKWAKでは独自の光コラボは提供していませんが、プロバイダを選択できる各種光コラボとセットでの契約をすることができます。

ドコモ光

ご存知NTT系の光コラボであるドコモ光では、推奨プロバイダにWAKWAKも入っているためプロバイダセットでお得に利用することができます。

WAKWAK光 with フレッツ光との大きな違いは2つあり、1つは回線料金とプロバイダ料金がセットになっていて安い、2つ目はdocomo携帯電話とセットで割引が受けられるという点です。

◼︎ドコモ光料金表

 

プラン名 工事費 月額料金
タイプB(戸建) 18,000円 5,400円
タイプB(集合住宅) 15,000円 4,200円

 

◼︎工事費
ドコモ光の工事費はフレッツ光と同じ金額になっていますが、分割回数は12・24・36・48・60回から選択が可能です。

◼︎月額料金
・戸建タイプ
フレッツ光では回線料金だけで5,200円〜5,700円の月額料金なのに対し、ドコモ光はプロバイダ料金込みで5,400円とランニングコストが安くなっています。

・マンションタイプ
フレッツ光では導入されている設備によって月額料金に違いがありますが、ドコモ光では4,200円一律となっていてほとんどの場合はドコモ光の方がランニングコストが安くなっています。

WAKWAK光の解約方法や違約金

WAKWAK光の解約方法

WAKWAK光を解約する場合は、フレッツ光とWAKWAKの2ヵ所の解約が必要となります。
解約は問い合わせフォームや会員ページからも行えますが、電話での解約が一番確実といてるでしょう。
問い合わせ先は下記のようになっています。

◼︎フレッツ光(東日本・西日本共通)
電話番号:0120-116-116
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)

◼︎WAKWAK
電話番号:0120-309-092
受付時間:10:00〜19:00(年末年始を除く)

WAKWAK光の違約金

上記で記載したように、WAKWAK光を解約する際はフレッツ光とWAKWAKの両方を解約する必要があり、解約金の扱いにも違いがあるので、それぞれで確認しておきましょう。

◼︎フレッツ光の解約金
・東日本 にねん割
にねん割に加入している場合は2年ごとの自動更新となり、更新月以外の解約の場合は下記の解約金が発生します。

戸建タイプ:9,500円
マンションタイプ:1,500円

・西日本 光はじめ割
光はじめ割に加入している場合は2年ごとの自動更新となり、更新月以外の解約の場合は下記の解約金が発生します。

戸建タイプ:10,000円
マンションタイプ:7,000円

・東西共通工事費残債
戸建タイプ:500×30ヵ月に対しての残数
マンションタイプ400×300ヵ月に対しての残数

◼︎WAKWAKの解約金
・最低利用期間
WAKWAKは23ヵ月の最低利用期間が定められていて、期間内の解約には4,500円の解約金が発生します。

まとめ

◼︎WAKWAK光とは?
WAKWAKはNTT東日本の子会社が提供しているプロバイダサービスです。このプロバイダとNTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光の回線サービスをセットで契約する「WAKWAK光 with フレッツ」がWAKWAK光です。

◼︎WAKWAK光の料金は?
WAKWAK光の月額料金は、フレッツ光の回線料金とWAKWAKのプロバイダ料金の合計となります。

・NTT東日本 フレッツ光
戸建タイプ:5,200〜5,700円
マンションタイプ2,850〜4,350円

・NTT西日本 フレッツ光
戸建タイプ:5,400円
マンションタイプ:3,200〜4,500円

・WAKWAK
戸建タイプ:950円
マンションタイプ:800円

◼︎WAKWAK光評判をまとめると?
下記のようにオンラインゲームや動画視聴などの回線速度を必要とするサービスでは不満の意見が多く、料金やサポート面では満足しているという評価が多くありました。

 

 

項目 評判
インターネット検索
オンラインゲーム
動画視聴
料金
サポート

 

◼︎WAKWAK光のメリットは?
・NTTグループで信頼性が高い!
・サポート体制がしっかりしている!
・最新のIPv6に対応している!

◼︎WAKWAK光のデメリットは?
・最低利用期間がある!
・メールアドレスが1つしかない!
・工事費の実質無料キャンペーンがない!

◼︎WAKWAK光はこんな人におすすめ!
・低価格でサポートが充実したプロバイダを利用したい人
・セット割で割引が受けられない人

◼︎WAKWAK光はこんな人にはおすすめできない!
・メールアドレスをたくさん使いたい人
・短期解約の可能性がある人
・セット割対象スマートフォンを利用している人

◼︎WAKWAKの光コラボでおすすめは?
WAKWAKはプロバイダを選択できるコラボ光と合わせて契約することができますが、プロバイダセットでコストパフォーマンスがいい「ドコモ光」がおすすめ!

さらに、ドコモユーザーは携帯電話の月額料金からセット割で割引が受けられます。

◼︎WAKWAK光を解約は?
・解約先
東西NTT:0120-116-116
WAKWAK:0120-309-092

※上記の2ヵ所に連絡が必要

・解約金
NTT東日本:にねん割解除料金(2年間の自動更新)

 

プラン にねん割違約金 工事費残債
戸建タイプ 9,500円 500円×残数月
マンションタイプ 1,500円 400円×残数月

 

NTT西日本:光はじめ割解除料金(2年間の自動更新)

 

プラン 光はじめ割違約金 工事費残債
戸建タイプ 10,000円 500円×残数月
マンションタイプ 7,000円 400円×残数月

 

WAKWAK:最低利用期間(2年)以内の違約金4,500円

光回線の関連記事
  • メガエッグ光
    メガエッグ光の料金・評判まとめ!プロバイダとしての実力は?
  • wakwak光
    WAKWAK光の料金・評判まとめ!違約金や解約方法は?
  • ピカラ光
    ピカラ光の料金・評判まとめ!四国限定のプロバイダの実力は?
  • 光回線 撤去工事
    光回線の撤去工事はいくらかかる?原状復帰義務の対応法も解説
  • アパート マンション インターネット
    アパート・マンション(賃貸)向けインターネット完全ガイド!大家に聞くこと
  • bnrスピードテスト
    bnrスピードテストの使い方・結果の見方を解説!快適なネットの目安は?