W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは

インターネット回線を持ち運んで、自宅以外でも利用できることで人気のモバイルルーターですが、興味があっても種類が多くよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、モバイルルーターの中で日本国内シェアがNo.1のWiMAX、その中で人気の機種である「W05」と「WX05」を紹介したいと思います。
2つの機種の違いを徹底的に解説し、評判や最新機種のW06との違いも交えて比較していきます。

実際に利用する際の使い方なども、実機の写真をもとに解説していきますので、WiMAXやモバイルルーターを検討してい方は必見の内容となっています。

W05とWX05は何が違う?

W05 WX05
W06の発売まで、WiMAXの人気を担ってきたWXシリーズの最新端末「WX05」とW06の前身の機種である「W05」ですが、メーカーが違う以外にいったいどのような違いがあるのでしょうか?

今回はそれぞれの実機を用意したので、まずは写真で違いを確認してみましょう。
※それぞれの特徴的なカラーではなく、比較用に同色のホワイトを用意しました。

W05

【W05 正面】
W05 正面

【W05 上部】
W05 上部

【W05 下部】
W05 下部

WX05

【WX05 正面】
WX05 正面

【WX05 上部】
WX05 上部

【WX05 SIMカード挿入口】
WX05 SIMカード挿入口

【WX05 下部】
WX05 下部

「W05」と「WX05」の違い

写真では若干W05の方が大きく見える2つの機種ですが、写真でそれぞれの機種のイメージがつかめたところで、公式サイトに掲載されているスペックをもとに注目すべきポイントと違いを詳しく確認してみましょう。

スペック表

 

  WX05 W05
メーカー NECプラットフォームズ HUAWEI
本体カラー ソニックレッド ブラックライム
ピュアホワイト ホワイトシルバー
サイズ 幅(mm)111×62×13.3 幅(mm)130×55×12.6
重さ 約128g 約131g
ディスプレイ 2.4インチタッチパネル式
バッテリー 3200mAh 2750mAh
(交換可能) (交換不可)
連続通信時間 ハイスピード

モード

通信速度を優先:約486分 ハイパフォーマンス:約390分
スタンダード:約690分 ノーマル:約540分時間
バッテリ-持ちを優先:約840分 エコモード:約630分
Bluetooth接続:約1,080分 Bluetooth接続:約900分
ハイスピードモード

プラスエリアモード

通信速度を優先:約480分 ハイパフォーマンス:約260分
スタンダード:約630分 ノーマル:約390分時間
バッテリ-持ちを優先:約798分 エコモード:約550分
Bluetooth接続:約1,008分 Bluetooth接続:約650分
連続待受時間 休止待受:約700時間 デフォルト:約850時間
ウェイティング:約50時間 クイックアクセスモード:約38時間
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/n/ac(5GHz) IEEE802.11a/b/g/n/ac
IEEE802.11b/g/n(2.4Ghz) (2.4GHz/5GHz対応)
同時接続台数 Wi-Fi 10台
Bluetooth 3台
SIMサイズ nano
外部接続端子 Type-C USB3.0

製造元

■W05
製造元はHUAWEI(ファーウェイ)となっているため、W05は中国製となります。

■WX05
製造元はNECプラットフォームズとなっています。NECプラットフォームズはNECの子会社なのでWX05は日本製となります。

サイズ

W05 WX05 サイズ
上記の写真では左側がW05、右側がWX05となっています。
並べてみるとわかりますがW05方が横長でWX05よりもかなり幅広となっています。スペック表でサイズを確認すると縦幅と厚さは若干W05の方が小さくなっていますが、逆に横幅は約2センチW05の方が大きくなっています。

重さもW05の方が3g重い程度の差しかないため、形状は違いますがサイズと重量を見る限りさほど違いはなく、若干W05の方が大きいという程度といえます。

バッテリー

どちらもモバイルルーターであるためバッテリーを搭載した機種となっていますが、実はW05とWX05で大きく違いがあるポイントとなっています。

まずはバッテリーの容量ですがW05が2,750Ah、WX05が3,200AhとなっていてW05の方がバッテリー容量が小さくなっています。
そのため、スペック表でもすべてのモードでWX05の方が連続通信時間が長くなっています。

また、バッテリーの仕様ですがW05は内蔵バッテリーなのに対しWX05は取り外し可能なバッテリーパックとなっています。
そのためW05はバッテリー交換ができず修理扱いで交換が必要となりますが、WX05は公式のオンラインショップで販売されているバッテリーパックを購入することで交換が可能となります。

インターフェース

■USB、SIMカード
充電やパソコンとの通信に使用するUSBポートですがW05、WX05ともにType-C USB3.0となっています。また、対応しているSIMカードのサイズもnanoSIMと同じ仕様になっています。
ただし、WX05は下記の写真のようにSIMカードの挿入口が外側ではなくバッテリーパックを収める内側についています。

【WX05 SIMカード挿入口 閉】
WX05 SIMカード挿入口 閉

【WX05 SIMカード挿入口 開】
WX05 SIMカード挿入口 開

■リセットボタン
W05は本体下部にリセットボタンが搭載されていて、SIMピンなどで長押しすることで初期化ができますがWX05にはリセットボタンがないため、端末操作でのみ初期化が可能となっています。

W05とWX05の内容物

まずは、本体の違いについて確認しましたが続いては内容物の違いについて確認してみましょう。

【W05 内容物】
W05 内容物

上記の写真が実際にW05の箱の中に入っているすべてのものです。
本体、SIMカード、USBケーブルが主な同梱品でそれ以外は保証書や設定ガイド、お知らせとなっています。
ACアダプタは同梱されていないので、コンセントで充電を行う場合は別途購入する必要があります。

【WX05 内容物】
WX05 内容物

上記の写真が実際にWX05の箱の中に入っているすべてのものです。
W05よりも若干パーツが多く見えるのは、バッテリーパックと裏蓋が別になっているためです。基本的な内容物は本体、SIMカード、USBケーブルとなっていて、それ以外は同じく保証書や設定ガイド、お知らせとなっています。
WX05もACアダプタは同梱されていないので、コンセントで充電を行う場合は別途購入する必要があります。

W05とWX05の速度を比較

W05とWX05の仕様や内容物の違いが分かったところで、次はインターネット回線ではとても重要な速度についての比較を行ってみましょう。
W05とWX05では、それぞれ独自の機能で高速化を行っているので、まずは各機種の高速通信の仕組みを確認してみましょう。

W05 キャリアアグリゲーション

W05では上記のように[4×4MIMO][キャリアアグリゲーション][256QAM変調方式]の3つの通信の仕組みを同時に利用することで、下り最大758Mbpsとなっています。
それぞれの仕組みを確認してみましょう。

・4×4MIMO
基地局とルータそれぞれに4本のアンテナを搭載し、WiMAX 2+エリアでの通信時に複数のデータを同時に送受信することで、高速通信を実現する技術です。

・キャリアアグリゲーション
キャリアアグリゲーションは[au 4G LTE]で取り入れられている技術です。キャリアは「電波」、アグリゲーションは「集める」という意味です。
その名前の通り、複数の電波を集めて通信速度の高速化を実現する仕組みです。

・256QAM変調方式
データ送信するときの密度を高めることで、一度に送信できるデータ量を増加できる技術です。
この技術によって4×4MIMOで440Mbpsとなった速度を558Mbpsまで向上することができます。

WX05

WX05 キャリアアグリゲーション
・4×4MIMO
W05同様の仕組み

・キャリアアグリゲーション
W05同様の仕組み

・WiMAXハイパワー
WiMAX2+の通信電波が弱い際に自動的に通信時の送信する電波の強度を上げてくれる機能です。
この機能によって電波が弱い場所での通信速度が約20%向上する機能です。

比較

それぞれの高速通信の仕組みを確認しましたが、各機種の最大通信速度はどのくらいになっているのでしょうか。
スペック表から抜粋してみましたので、確認してみましょう。

スペック

 

 

最大通信速度
通信モード 上り/下り W05 WX05
ハイスピード

モード

下り 558Mbps 440Mbps
上り 30Mbps 30Mbps
ハイスピード

プラスエリアモード

下り 758Mbps 440Mbps
上り 112.5Mbps 75Mbps

 

それぞれの最大通信速度を確認すると、スペック表ではW05のハイスピードプラスエリアモードが下り758Mbps/上り112.5Mbpsと一番早くなっています。
ただし、ハイスピードプラスエリアモードは7GBが通信上限となるので、WiMAXで最も重要となるのは上限なしで利用できるハイスピードエリアモードでの通信速度となります。

ハイスピードモードでは上り速度はどちらも30Mbpsとなっていますが、下り速度ではWX05が440Mbpsなのに対し、W05では558MbpsとWX05を上回る数値となっています。

「それなら速度はW05の方が速い!」

と、決めるにはまだ早いのです。ここで紹介しているのはあくまで理論上の最大通信速度の数値です。
実際に通信を行うときには、さまざまな要因によって速度が低下する可能性があるため、実測値を確認してみましょう。

実測値

今回はW05とWX05の実機を使って以下の条件で実測値を測定しました。

・測定デバイス:iPhone 8
・測定ツール :スピードテストマスター
http://onelink.to/899w9f
(APPスピードテストマスター参照)
・測定場所:屋内2階
・測定条件:同一条件でiPhoneとルーターを並べて測定
・通信モード:ハイスピードモード、2.4GHz、ハイパフォーマンス(通信速度優先)

それでは気になる実測値を確認してみましょう。

■WX05実測値
WX05 実測値

【測定結果:下り67.5Mbps、上り4.5Mbps】

■W05実測値
W05 実測値

【測定結果:下り68.6Mbps、上り9.1Mbps】

◼︎結果
実測値では屋内での測定ということもあり、下り速度では若干W05の方が早いという結果となりましたが、上り速度ではW05の方が約2倍の速度という結果となっています。

この後も複数回計測を行いましたが、下り速度に関してはあまり差はないという結果となりましたが、上り速度では明らかにW05の方が早いという結果となりました。

ただし、WX05のクレードルにはWウィングというアンテナの強度を上げる装置が搭載されています。
このクレードルを利用することで、WX05の速度は約20%向上するとされています。

実際にクレードルを使ってWX05で実測値を確認したところ、20%とまではいかないものの下り速達が平均で10Mbpsの速度の向上が見られました。

また、今回は上限なしで利用できるハイスピードモードに焦点を当てて比較を行いましたが、W05のハイスピードプラスエリアモード(最大758Mbps)では平均で約100Mbpsの計測結果となりました。

結論

・スペックではW05の方がすべてのモードでWX05よりも上回っている

・ハイスピードモードの実測値では、下り速度がほぼ同等で上り速度はW05の方が上回っている

・WX05はクレードルを利用することで、ハイスピードモードの実測値が10Mbps程度向上してW05を上回る

・W05はハイスピードプラスエリアモードを利用することで、今回の測定の中で最速の約100Mbpsを計測

W05とWX05の評判を比較

どちらも人気機種のW05とWX05ですが、実際に利用した人の評判はどのようになっているのでしょうか?
ネットでの声と、私が実際に両方の機種を利用した感想を合わせて紹介します。

W05の評判

まず初めに先に発売されたW05の評判を確認してみましょう。

いい評判

・Wi-Fi電波が強い
・電波飛ぶ距離長い
・受信感度がよくてスピードとも安定している
・スマホアプリで細かな設定が出来るのがいい
・カラフルな液晶で視認性が高い
・タッチパネルの動きがいい

Wi-Fiの強度や飛距離に関しての高評価が多くあり、それに伴って通信速度に関しても従来の機種よりも速いという評価が多くありました。
また、タッチパネルの画面がカラーで見やすく動作もスムーズで動きがいいとの意見も多くあります。

よくない評判

・思っていたよりスピードが出てる感はしない
・田舎に行くと少し遅い
・質感は安っぽくなった
・思っていたより色が黄色っぽい
・大きいくて少し横に長い
・ちょっと電池の減りが早いかな
・バッテリー%表示がのは不便

デザインに関しての評価が意外と多く寄せられていたのが印象的です。個人的には好きなデザインですが、大きすぎるという意見や安っぽいという意見など低い評価が目立ちます。

また、バッテリーに関しては前回のW04より向上はしているものの、持ちがあまり良くないという意見が見られます。

気になる点としては、スピードが速い高評価に対して「田舎に行くと少し遅い」や「思ったよりスピードが出ている感じはしない」という意見があることです。

田舎での速度が遅いというのに関しては、首都圏で利用している人が郊外で利用した場合、最高速度が低下するため田舎では速度がイマイチというのは、ある意味仕様もとづいた評価といえます。

そして、思ったよりスピードが出ないという速度に関してのマイナス意見ですが、通信速度は利用環境などに大きく左右されるため、口コミでは速いという意見と遅いという意見が混在している結果となりました。

WX05

次にW05よりも後から発売されたWX05の評判を確認してみましょう。

いい評判

・クレードル接続時のアンテナ表示が大きくてみやすい
・クレードルの利用で抜群の安定性
・クレードル仕様で自宅利用での速度が速くなった
・赤い色がカッコいい
・地下鉄で動画がスムーズに見れるようになった

評価の中で一番多くあげられているのは、WX05の売りでもあるクレードルについての評価です。
クレードルを利用する事で電波の本数が多くなったという意見や、屋内での安定性や速度が良くなったという評価が多くあげられています。

また、W05とは違いデザインに関する評価が高く、特にソニックレットの高評価が多くがあげられています。

よくない評判

・クレードルを付属品にしてほしい
・SIMカードを挿すのが大変
・公表値通りの時間は使えない
・本体が熱を持つ
・タッチパネルの反応が鈍い

仕様に関しての評価では、クレードルの評判がいい反面、付属品としてつけてほしいという意見が多くあげられていました。
また、SIMカードがWX03、WX04同様に差し込みタイプではないので、少し入れにくいという意見があげられています。

気になる点としては、「公表値通りの時間は使えない」や「本体が熱を持つ」「タッチパネルの反応が鈍い」という意見です。

まず、公表値通りの時間は使えないというのばどういう事でしょうか?

これは、バッテリーの推奨充電方法が原因です。
WX05で推奨される充電方法は、[設定]→[ECO設定]で「ロングライフ充電」をONにする方法です。
これは、充電池の満充電による負荷を軽減するために、充電池の充電を約70%で停止する機能です。

この推奨設定に従うと、充電を70%に抑えることとなるので、連続通信できる時間も約7割となってしまうのです。

次に、本体が熱を持つという気になる意見ですが、WXシリーズは05以前の機種でも発熱に関する情報が確認できています。
ただし、今回から搭載されたハイパワー機能がより電池に負荷をかけるため、発熱がしやすくなってしまっているようです。

公式のQ&Aでは、「安全設計はしていますが、若干熱くなるがあるので、長時間肌には触れないように注意してください」との回答がされているので、ポケットに入れる場合などは注意が必要です。

最後にタッチパネルについての評価ですが、実際に使用した私も動作に関しては鈍いと感じています。
W05の方がスムーズに動くため、WX05 の方が操作性が悪いという評価になっています。

W05とWX05の料金(キャンペーン)を比較

人気のW05とWX05ですが、実際に利用する場合の月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーンはどのようになっているのでしょうか?

WiMAXはMVNOという仕組みを利用しているため、提供元が下記の写真のように数多くあります。
基本的にどのプロバイダを選んでも速度などの性能に違いはありませんが、それぞれで料金形態や特典に違いがあるので、お得に申し込みができる窓口を確認しておきましょう。

【WiMAX主要提供元一覧】
WiMAX主要提供元一覧

W05、WX05料金比較

 

 

お得度ランキングベスト3(ギガ放題3年プランの場合)
順位 プロバイダ 月額料金 特典内容 トータル費用
参考 UQ WiMAX 4,380円 3,000円 152,628円
1位 GMOとくとくBB 4,263円 31,000円キャッシュバック 124,769円
2位 BIGLOBE 3,620円 30,000円キャッシュバック 126,310円
3位 So-net 4,380円 36ヵ月間3,620円に割引 130,320円

 

◼︎計算条件
・ギガ放題3年プラン
WiMAXには7GBプランとギガ放題プランがありますが、今回はWiMAXの長所である上限なしのギガ放題プランで比較しています。

また、ギガ放題では、2年間と3年間の自動更新プランが選べますが、3年プランではハイスピードプラスエリアモードの使用で毎月発生する1,005円が無料になるメリットがあるので、今回は3年プランで各種プロバイダ料金を計算しています。

ただし、このトータル費用はあくまで3年間利用した場合の金額となっているので、期間内に解約した場合は解約料金が発生するとこになり、トータルの金額は変動します。

・税別
消費税率の引き上げを控えているため、全て税別で計算しています。

◼︎算出方法
参考としてUQ WiMAX公式サイトから申し込んだ場合の料金を記載しましたが、3年間利用した場合のトータル料金が155,628円となり、特典の3,000円のキャッシュバックを加味して実質トータル費用が152,628円となります。

◼︎トータル費用
W05とWX05は機種によって月額料金に違いはありませんが、申し込むプロバイダによって上記のように月額料金や特典に違いがあります。
それでは、お得なプロバイダベスト3の詳細を確認してみましょう。

GMOとくとくBBキャンペーン

GMOとくとくBBキャンペーン
・申し込み先
https://gmobb.jp/wimax/
(GMOとくとくBB公式サイト参照)

・特典内容
GMOとくとくBBではW05、WX05ともに31,000円のキャッシュバックが受けられます。

・キャッシュバック受け取り方法
キャッシュバックには下記のように手続きが必要となり、商品の発送月を含む11ヵ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールが届きます。
返信を行った翌月末日(営業日)に指定の口座に振り込みが行われます。
キャッシュバック受け取り方法

BIGLOBEキャンペーン詳細

BIGLOBEキャンペーン
・申し込み先
https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/campaign/rm/cre/?ls=1&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=brand&utm_conte
(BIGLOBE公式Web広告参照)

・特典内容
BIGLOBEでは通常15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、上記のようにWeb広告限定でクレジットカード支払いのみ30,000円のキャッシュバックが受けられます。
だだし、W05は販売終了となっているため2/27日現在W05の申し込みはできなくなっています。

36ヵ月間の月額値引き総額に関しては、割引後の料金で4,380円と公式などの基本料金と同等になっているため特別大きな割引とはなっていません。

・キャッシュバックの受け取り方法
キャッシュバックの受け取りには手続きが必要となっていて、その期間は特典適用月(サービス開始から13ヵ月)の翌日(月初は2日目)から45日間となっています。
手続きの方法は受け取り月にメールでお知らせが届きますが、下記のURLでも確認ができます。

https://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/paychg/kouza_cashback.html
(BIGLOBEサポートWeb参照)

So‐netキャンペーン詳細

BIGLOBEキャンペーン
・申し込み先
https://www.so-net.ne.jp/access/mobile/wimax2/?SmRint=nav_isphd#top
(So‐net公式サイト参照)

・キャンペーン内容
下記の図のようにWX05が36ヵ月間月額料金が3,620円になる割引が受けられます。もともとはW05も対象となっていましたが、販売が終了となっているため2/27日現在W05の申し込みはできなくなっています。
キャンペーン 内容

W05とWX05はW06に劣るのか

W05 WX05 W06
最新機種であるW06は従来のW05やWX05よりも後から発売されているわけで、もちろん改良などがされています。そのため、従来の機種はW06に劣るかと単純に聞かれると、結論としては劣るという答えになります。

ただし、全てが劣るわけではなく逆にW06ではなくなっている機能や仕様の違いもあるため、従来の機種の方がメリットがある場合もあります。
そこで、あえて最新機種のW06ではなく既存のW05やWX05を契約するほうがいい場合とは、どのような人なのかを確認してみましょう。

W05とWX05を契約した方がよい人

基本的には最新機種であるW06の方がスペック的にも優れていますが、下記のような人はW06以外の方がおすすめできる、もしくはW06以外もおすすめできるといえます。

◼︎クレードルについて
①パソコンやテレビで有線LAN接続もしたい人
→W06の有線接続はUSBのみとなるためです。

②クレードルで簡単に充電して利用したい人
→W06ではクレードルが発売されていないためです。

上記の人はW06以外の機種がおすすめ。

・おすすめ機種
W05 、WX05
→どちらもクレードルが別売りで発売されていて、有線LAN接続も可能です。

◼︎バッテリーについて
①バッテリーの駆動時間を重視する人
→スペック比較ではW06よりもバッテリー持ちのいい機種があります。

②予備のバッテリーを用意して利用したい人
→W06は内蔵バッテリーのため予備を用意して交換することができません。

③バッテリーの劣化が心配な人
→同じく内蔵バッテリーのため交換時は修理対応となります。

上記の人はW06以外がおすすめ。

・おすすめの機種
WX05
→UQオンラインショップで電池パックを購入することが可能です。

◼︎電波について
①速度より安定して繋がるほうが良い
②周辺にビルなどの障害物が多く電波が安定しない
③WiMAX対応エリアマップでギリギリの場所に住んでいる
→①②③共に電波の強度を重視するケースです。W06も電波を上げるための高性能ハイモードアンテナを搭載していますが、他にも電波の強度が売りの機種があります。

上記のの人はW06以外もおすすめ。

・おすすめの機種
WX05 +クレードル
→W06も電波強度は高い仕様ですが、発売からの期間が短いためあまりレビューが多くありません。
WX05は発売から数ヵ月経っているので、クレードル利用での電波強度に関する高評価が多くみられます。

W06の最大の売りである約1.2Gbpsの通信速度は、東京、埼玉の一部のエリアでしかでないため、それ以外で利用する人はWX05+クレードルもおすすめです。

W05とWX05の特徴的な使い方を解説

W05とWX05は見た目や速度以外にも、特徴的な機能などがあります。
それぞれの機能の詳細や使い方を確認してみましょう。

W05の特徴的な機能

クレードル

W05 クレードル
W05には別売りで購入できるクレードルが3,290円で販売されています。
クレードルの背面にはUSB typeCのポートがあり、ケーブルを接続することで卓上充電器の役割を果たします。

クレードルの機能はそれだけではなく、背面にはLANポートも搭載されていてモバイルルーターには無いLANケーブルでの有線LAN接続が可能となります。

これによりパソコンとLANケーブルで接続したり、LANポートしかないテレビなどとの接続が可能となります。

NFCタッチ設定

NFCタッチ設定
W05は[NFC通信]に対応しています。
NFCを簡単に説明するとおサイフケータイのように、かざすことで通信ができる規格です。

W05と何を通信するかというと、上記の写真のように設定に必要な情報を通信を通信します。
これによってNFC対応のスマートフォンなどをかざすだけで、Wi-Fi設定が完了します。

NFC機能はWX05にはなく、W06でもこの機能はなくなっています。

Bluetooth

w05 Bluetooth
※WX05 有り、W06無し

音楽を送信したり、ワイヤレスイヤホンなどに多く使われているBluetoothですが、W05にもこのBluetoothが搭載されています。
W05ではWi-Fiの代わりにこのBluetoothを使って通信をすることができます。
BluetoothはWi-Fi接続と比べて消費電力が少ないため、バッテリーで駆動するモバイルルーターには嬉しい機能となっています。

WX05の特徴的な機能

クレードル

WX05 クレードル
WX05でも別売りで購入できるクレードルが3,980円で販売されています。
W05のクレードル同様に背面にはUSB typeCのポートがあり、ケーブルを接続することで卓上充電器の役割を果たすとともに、有線LANでの接続も可能となります。

さらにWX05 のクレードルには、側面の透明に特殊なパーツが付いています。このパーツはWウィングと呼ばれ、ルーターに搭載したビームフォーミングとの組み合わせにより、Wi-Fi通信の受信速度が最大約30%向上します。(公式発表)

電波インジケータ

電波インジケータ
WX05では端末の画面上で、電波の強度を確認することができる機能が搭載されています。
このインジケータでは、20秒前までの電波レベルを12段階で確認することができます。
この機能を使うことで、電波の強度を確認しながらより良い場所にルーターを設置することができます。

ビジュアルステータス

ビジュアルステータス
Wi-Fi電波にはチャンネルが存在し、WX05では1、6、11の3チャンネルに対応しています。
この機能では3つのうち空いているチャンネルを画面で確認することができ、さらにそのチャンネルに変更することができます。

Wi-Fi電波はスマホやモバイルルーター、家電などでも使われているため、実は読み込みが遅い時などは他の電波と被ってうまくデータの送受信ができていないこともあります。
それを解消することができるのがこの機能です。

WiMAXハイパワー

WiMAXハイパワー
WX05にはWiMAXハイパワーという機能が搭載されていています。
この機能は、電波が弱い時に送信パワーを上げて通信速度を約20%改善させる技術です。

WiMAXハイパワーを利用すると、従来の機種と比べて自宅内や建物内などの電波が届きにくいエリアで通信速度の改善が見込めます。

この機能は初期値で常時オンになっていますが、写真のように充電時のみオンにしたり、オフにすることが任意で変更することができます。
これは、WiMAXハイパワーの電力消費が大きいことを意味しています。

おまかせ一括設定

おまかせ一括設定
上記のWiMAXハイパワー機能もそうですが、WiMAXルーターでは通信のパフォーマンスを上げる設定や、消費電力を減らすためのエコモードなどの設定が備わっています。
WX05では、これらの設定を個別に変更するだけではなく、利用シーンに合わせて一括で変更するための[おまかせ一括設定]という機能があります。
これは、スタンダード、通信速度優先、バッテリー持ちを優先の3タイプから選択することで、詳細な設定を優先する内容に合わせて変更してくれる機能です。

これによって、バッテリーが心配な時は省エネの設定といったように簡単に切り替えが行えます。

まとめ
W06の発売までWiMAXの人気を牽引してきた、W05とWX05について解説を行いましたが、まとめると以下のようになります。

◼︎主なスペックの違いは?
・製造元
W05→HUAWEI(中国メーカー)
WX05→NECプラットホームズ(日本メーカー)

・バッテリー
W05→2,750Ah
WX05→3,200Ah

WX05の方が大容量となっていて、連続通信時間や連続待受時間はWX05 の方が長くなっています。

・最大通信速度
W05→上り112.5Mbps/下り758Mbps
WX05→上り75Mbps/下り440Mbps

理論上の最大通信速度はW05の方が上り下りともに高速となっていますが、ハイスピードプラスエリアモードでさらに一部地域という条件付きでの速度となります。

・同時接続台数
Wi-Fi接続→最大10台まで、Bluetooth→最大3台まで

W05、WX05で同時に接続できる最大の台数に違いはなく同様となっています。

◼︎特徴的な性能や機能の違いは?
・クレードル
W05→充電、有線LAN接続
WX05 充電、有線LAN接続、アンテナ強化機能

・NECタッチ設定機能
W05にはかざすだけでWi-Fiの接続設定が行えるNECが搭載されています。

・電波インジケータ
WX05では画面上で電波の強度が確認できる機能が搭載されています。

・ビジュアルステータス
WX05Wi-Fi電波の混み具合の確認とチャンネル変更ができる機能が搭載されています。

・WiMAXハイパワー
WX05には電波が弱い時に送信のパワーを上げてくれる機能が搭載されています。

・おまかせ一括設定
WX05には[通信速度優先][スタンダード][バッテリー持ちを優先]の3タイプを選択することで、詳細設定をまとめて変更できる機能が搭載されています。

◼︎実際の速度の違いは?
同じ場所で2つの機種でスピードチェックを行った結果、下記のような結果が出ました。

・ハイスピードモード(クレードルなし)
上り→W05の方が速い
下り→W05、WX05で大きな違いなし

・ハイスピードモード(クレードルあり)
上り→W05、WX05で大きな違いなし
下り→WX05の方が速い

・ハイスピードプラスエリアモード(クレードルあり)
上り下りともにW05の方が速い

◼︎実際の評判のわかるおすすめポイントは?
・W05
速度に関しての評価は高いものの、バッテリー持ちや見た目に対してのあまり良くない意見が見られます。
→速度重視の人におすすめ!

・WX05
クレードル使用時での電波強度に関する高評価や、バッテリーが交換できることに対する評価が高い反面、タッチパネルの動作の鈍さや本体の発熱に関しての良くない意見が見られます。
→電波の安定性やバッテリー交換重視の人におすすめ!

◼︎一番お得に申し込める窓口は?
W05もWX05も【GMOとくとくBB】から31,000円キャッシュバックキャンペーンを利用して申し込むのが一番お得です。

W05は、後継のW06が発売されたこともあり販売終了となっているプロバイダも多いので、利用したい方は早めの申し込みがおすすめです。

  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • ギガ放題
    WIMAXのギガ放題とは?5分で分かる解説と失敗しない知識
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • WiMAX 即日
    WIMAXを即日受け取るには店頭が良い?配送が遅い場合の対処法
  • 出張 旅行 Wi-Fi
    出張(短期・長期)や旅行でネットに接続するWi-FiルーターTOP5
おすすめの記事