ソフトバンク光の料金完全ガイド!契約前に知るべき基礎知識

昨今のインターネット事情は、スマホの普及とともに、私たちの生活にピッタリとフィットし、なくてはならない存在になりつつあります。
その中でも自宅の固定インターネット(自宅設置型インターネット)には、様々な業界や業者が参入しています。その結果、情報があふれ、提供されるサービスの多さに各社の違いや自身に適したサービスなのかを判断するには非常に難しい状況となったといえるでしょう。
今回は現在提供されている固定インターネットの中で、大手通信キャリア「ソフトバンク」が提供する「ソフトバンク光」について詳しく解説していきたいと思います。

ソフトバンク光とは

ソフトバンク光とは、大手通信キャリア・ソフトバンクが提供する固定インターネットサービスの名称で、MM総研が調査する「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2018年3月末時点)」固定ブロードバンド契約数・ISPシェアの調査において1位を獲得するなど、光回線の契約では選ばれている通信サービスとなっております。

ソフトバンク光のプランを知ろう

ソフトバンク光のプラン

ソフトバンク光には主に2種類のプランがあることを覚えておきましょう。
・ソフトバンク光(戸建て住宅用プラン)
・ソフトバンク光(集合住宅用プラン)
ソフトバンク光には主に2種類のプランが展開されており、大抵の方は上記のいずれかを契約するかと思います。この2種類の違いは、お住まいの建物がどのような造りをしているかで決まります。例えば、一軒家にお住まいであれば、戸建て住宅用プラン、マンションにお住まいなら集合住宅用プランとなります。なお、集合住宅用のプランは、その建物の世帯数に応じて変わります。NTT東日本の定義では4世帯以上が同じ建物に住めるのであれば、集合住宅用のプランが適用できるとされています。ご自身の住居がどちらのプランに加入可能かはソフトバンク光総合窓口にて、確認をしてみましょう。

ソフトバンク光の料金

ソフトバンク光を利用する上で、最も気になる要素のひとつとして、月々の利用料金があります。月々の利用料金を知るためには、契約の種類と概要について抑えておく必要がありますので詳しくご説明します。
ソフトバンク光の利用料金は主に2種類の種別(戸建・集合住宅)と契約期間の有無によって分かれています。

 

 

契約プラン名称 月額料金 途中解約金 備考
ソフトバンク光(戸建)
2年契約ありプラン
5,200円 9,500円
ソフトバンク光(戸建)

2年契約なしプラン

6,300円
ソフトバンク光(戸建)
5年契約ありプラン
4,700円 15,000円 別途

ソフトバンクTV契約

ソフトバンク光ファミリー

ライト2年契約ありプラン

3,900円~5,600円 9,500円 3GBまでは3,900円
ソフトバンク光ファミリー

ライト2年契約なしプラン

5,500円~7,200円 3GBまでは5,500円
ソフトバンク光(集合住宅)
2年契約ありプラン
3,800円 9,500円
ソフトバンク光(集合住宅)
2年契約なしプラン
4,900円

 

主には上記プランに分かれます。
では、それぞれの基本料金について解説していきます。

【ソフトバンク光(戸建て用プラン)2年契約ありプラン】 ※プロバイダー料金込み
最もメジャーな契約プランで、月額5,200円(税抜き)で利用することが出来ます。
特徴としては、2年毎の自動更新プランとなっています。

【ソフトバンク光(戸建て用プラン)2年契約なしプラン】 ※プロバイダー料金込み
いつでも契約期間を気にせず解約できるプラン。
月額6,300円(税抜き)で利用することが出来ます。

【ソフトバンク光(戸建て用プラン)5年契約ありプラン】 ※プロバイダー料金込み
5年間の契約期間を推奨するプラン。
月額4,700円(税抜き)の基本料金プランですが、こちらはソフトバンクTV(500円税抜き)の加入が必須なプランとなっており、実質5,200円(税抜き)となっております。

【ソフトバンク光ファミリー・ライト2年契約ありプラン】 ※プロバイダー料金込み
ソフトバンク光ファミリー・ライトプランとは、データ通信料をあまり使わない方という向けのサービスとなっています。月額3,900円(税抜き)~最大5,600円(税抜き)で利用することが出来ますが、3,000MB(3GB)以上の利用で金額が変動するというプランです。

【ソフトバンク光ファミリー・ライト2年契約なしプラン】 ※プロバイダー料金込み
ソフトバンク光ファミリー・ライト2年契約ありと同じ内容です。
月額5,500円(税抜き)~最大7,200円(税抜き)で利用することが出来ます。

【ソフトバンク光(集合住宅用プラン)2年契約ありプラン】 ※プロバイダー料金込み
集合住宅用のソフトバンク光で最もメジャーな契約。
月額3,800円(税抜き)で利用することができます。

【ソフトバンク光(集合住宅用プラン)2年契約なしプラン】 ※プロバイダー料金込み
2年契約を伴わない契約プラン
月額4,900円(税抜き)で利用することができる。

以上が主なソフトバンク光を契約した際の利用料金と概要になります。上記の通り、契約種別や利用用途、環境によっても契約する内容が異なりますので、基本プランと特徴を覚えておくことをお勧めします。

ソフトバンク光の回線速度はどれくらい?

ソフトバンク光を利用する上では、速度がどれくらい出るか、快適に使えるのかという点は契約する前に確認しておく方が良いといえるでしょう。

ソフトバンク光の通信スピードは国内最高峰?

ソフトバンク光は最大通信速度1Gbps(1ギガ)を謳っております。1ギガの通信スピードと言われてもピンとこない方がいるかと思いますので、簡単に説明すると、例えば、高画質の映画DVD(5GB)のデータ量を、たった50秒でダウンロードすることができる。というようなスピード感です。もちろん最大通信速度であるという点を忘れてはなりません。実測では自宅環境や契約プラン、障害物や周辺環境によって左右しますので速度は落ちますが、それでも不便に感じるというようなことはまずないと言えるでしょう。
通信には「上り」と「下り」という考え方があります。一般的に「上り」を指す内容としてはアップロードが上げられます。例えば、Facebookに写真をアップする等はこの「上り」の通信を使用します。逆に写真をFacebookからダウンロードする等は「下り」を指していることになります。
では、ソフトバンク光の場合、この「上り」と「下り」はいったいどちらが1Gbps(1ギガ)を指しているのでしょうか。
答えは、「上り」も「下り」も1Gbps(1ギガ)通信に対応しています。アップロードもダウンロードも快適利用していく上では、どちらも高速通信に対応していなければ意味を成しません。その点ではソフトバンク光は快適な通信を提供してくれることは間違いないでしょう。

プロバイダーはYahoo!BBになるってホント?

ソフトバンク光に加入すると、対象となるプロバイダーはYahoo!BBのみになります。その他のプロバイダー契約ではご利用いただけませんのでご注意ください。なぜならソフトバンク光はNTT東日本が提供する「フレッツ光」などとは、異なり自社でプロバイダー事業者(Yahoo!BB)をすでにもっているので、あえて、他社を挟む必要がないのです。それにソフトバンク光自体に既にプロバイダー料金が含まれているので、回線とISP契約を別途で行う必要がないので、通信契約の管理をする際は分かりやすい利点があります。

プロバイダーメール(パソコンメール)はどうすればいいの?

今まで他社(ソフトバンク系)のインターネットを利用していた方は、パソコンで使用するプロバイダーメールを使用していた方も多いのでは?もちろんソフトバンクでもプロバイダーメールは利用できますのでご安心ください。
まずは契約上、無料でパソコンメールを使用したという方は、YahooIDから発行される「@yahoo.co.jp」を利用いただくとよろしいかと思います。
無料メールではなく、プロバイダーの提供するサービスや補償、セキュリティ性を重視したいという方は、ソフトバンク光申込時に「Yahoo!BB基本サービス」の申し込みをすれば、「@ybb.ne.jp」のアドレスを使用可能となります。
こちらは有料となっており、スタンダードプラン月額300円(税抜き)かプレミアムプラン月額550円(税抜き)に加入することで利用可能となります。

ソフトバンク光に変えた後も、元々のプロバイダーメールを使いたい!

仕事や会員情報上パソコンメールで情報登録をしている方も少なくないのではないでしょうか。パソコンメールが変わってしまうと大変だと感じる方は、一部プロバイダーに限りますが、メールアドレスだけを残すプランというものも存在しているので、一度ご自身の契約しているプロバイダー事業者に「メールアドレスのみ残したい」とご相談してみると良いかもしれません。

ソフトバンク光の料金をお得にするための知識

ここまでソフトバンク光の基本料金や基本体系を説明してきましたが、ソフトバンク光には様々なサービスや特典が存在しています。少しでもお得に使う為の知識を覚えましょう。
ソフトバンク光の契約方法は主に3つあります。

・ソフトバンク光を新規契約をする。
・ソフトバンク光に契約変更をする。
・ソフトバンク光に乗換えをする。

それぞれの特徴についてみていきましょう。

【ソフトバンク光を新規契約する】
これは今まで光回線を入れたことのない自宅や建物が対象となる申込種別になります。こちらは工事費や立ち合いが発生しますので覚えておきましょう。
工事費については後述します。

 

 

月額料金 工事費 手数料
5,200円/3,800円 24,000円 3,000円

 

 

【ソフトバンク光に契約変更する】
これは既にソフトバンクが提供するインターネット契約(YahooBB ADSL)に契約中の方が、ソフトバンク光に変更することを指します。
主な概要については新規契約と一緒ですが、今までのメールアドレスを引き継ぐことができる点や工事費が免除されることがメリットと言えます。

 

 

月額料金 工事費 手数料※初回のみ
5,200円/3,800円 0円 3,000円

 

 

【ソフトバンク光に乗換えする】
これは今まで利用していたインターネット回線をそのままソフトバンクで利用するという方法。専門用語では「転用サービス」と言うことが多いです。
主にはNTT東日本が提供する「フレッツ光」を「ソフトバンク光」に変更するという内容になります。
メリットとしては、回線工事は既に行われているので、工事費が不要な点や使用されている固定電話の番号も引継ぎすることができる点。通信速度が変わらない点などがあげられます。

 

 

月額料金 工事費 手数料※初回のみ
5,200円/3,800円 0円※ 3,000円

 

品目変更等により工事費が発生する場合あり

光コラボレーションを知っておこう!

ソフトバンク光を契約する際には何が行われているのかを知ることにより、契約内容が理解しやすくなると思います。特に光コラボレーションについては抑えておく必要があります。下記にて詳しく説明します。
まず、光回線について知っておきましょう。元々、光回線とはNTTのみが提供するサービスを指していました。回線自体はNTTが独占し、メールアドレスやネット接続のプロバイダー業は別の会社が行うという形態で運営していましたが、おそらく運営上の理由で、各事業者に光回線を拡販・運営してもらう方向へシフトしたようです。

光コラボレーションとは

光コラボレーションとは、各事業者がNTTから光回線の取り扱い認定を受けたことにより、各社のユーザーへの還元や新規ユーザー契約促進につなげる為のサービス展開となっています。
前述のとおり、各事業者が光回線の取り扱いを始め、各社のサービス競争が激化しているのが現状です。最も多い例として挙げられるのは、フレッツ光の利用料金よりも安く利用できるようになる点。割引額などは各社によって変わることや契約に内容によって変化しますので、ご注意ください。

下記は光コラボレーションを利用した場合の比較一例です。

 

 


光回線サービス
料金
(戸建て)
料金
(マンション)

セット割引
必要

オプション

合計

(戸建て)

合計
(マンション)
フレッツ光×YahooBB 6,200円 4,200円 なし なし 6,200円 4,200円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 おうち割適用無し 500円 5,700円 4,300円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 おうち割適用
スマホ50GB×1台
500円 4,700円 3,300円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 おうち割適用
スマホ50GB×2台
500円 3,700円 2,300円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 おうち割適用
スマホ50GB×3台
500円 2,700円 1,300円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 おうち割適用
スマホ50GB×4台
500円 1,700円 300円

 

 

フレッツ光をYahooBBのプロバイダーで使用していた場合とソフトバンク光に変更後、おうち割引を適用した際の実質料金です。フレッツ光で利用していただくより、明らかに割引が大きくなっているのがお分かりになると思います。光コラボレーションを利用することでお得に自宅用インターネットを利用することができるようになります。

ソフトバンクユーザーはおうち割を知るべし

上記の通り、ソフトバンクでもNTTのフレッツ光を利用し続けるよりも遥かにお得に利用することができるようになります。ソフトバンク光そのものの利用料金にはフレッツ光と利用時と比べて、さほど大きな差はありません。
ですが、その真価はソフトバンクのスマートフォンをもっていることで発揮されるのです。それでは、ソフトバンク光を契約した上でソフトバンクのスマートフォンをもっているとどんなメリットがあるのでしょうか。

おうち割とは

ソフトバンクでは、自宅のインターネット回線と同時にソフトバンクのスマートフォンを利用している方を対象に、スマートフォン側の利用料金を値引きしてくれる「おうち割」というサービスを展開しています。

このおうち割の割引にはスマートフォンの割引はもちろん、家族がスマートフォンを利用している場合にも適用となります。つまり家族4人でスマートフォンを利用していれば、4人すべてに割引が適用できるという大胆なサービスとなっているのです。さらには、同グループであるY!mobileを利用している場合にも同様に割引を適用してくれます。

おうち割でどれくらいお得になる?

おうち割の適用によってお使いのスマートフォンの利用料金が下がることは前述した通りですが、実際いくら安くなるのか。
これは一概には述べることができないが、2018年11月現在でのおうち割適用時の割引額は500円(税抜き)~1,000円(税抜き)となっている。これは料金プランによって割引額が上下するというもので、ソフトバンクのスマートフォンで現在適用している料金プラン次第で変動します。例えば、ソフトバンクで有名な50GB+で加入している場合、割引額は1,000円(税抜き)となるが、旧プランである「ホワイトプラン」が適用になっている場合、割引額は500円(税抜き)となっています。
もし家族がみんなソフトバンクを利用しているのであれば、一度ショップ店頭にて割引額の診断を受けてみることをお勧めします。
※おうち割の割引金額は利用中のスマホ通信料からの値引きになります。ソフトバンク光からの割引ではないので注意

Softbankユーザーの割引額は?

ソフトバンク光を最もお得に利用する為には利用中のスマホがソフトバンクの方がお得になります。ソフトバンク光は最大10回線までのおうち割の割引を適用してくれますのでソフトバンク光を契約するなら、お使いのスマホを見直すのが良いと言えるでしょう。

 

 

データ定額50GBプラス/ミニモンスターの場合

ソフトバンク

スマホ利用者

家族1人の場合 家族2人の場合 家族3人の場合 家族4人の場合

1ヶ月の割引額

1,000円

2年で

24,000円割引

2,000円

2年で
48,000円割引

3,000円

2年で

72,000円割引

4,000円

2年で

96,000円割引

 

 

ソフトバンクユーザーの場合、適用となるプランの種類がとても多いので、自身のプランがいくらの割引になるのかというのは気になると思います。
2018年9月から新プランの発表があったので、新プランと旧プランの割引額について見ていきましょう。

まずは新プランの割引率ですが、データ定額50GBプラスおよびミニモンスターの割引額はいずれも1,000円(税抜き)となっています。

 

 

通話基本プラン
料金サービス 割引額/月
データ定額50GBプラス 1,000円
ミニモンスター

 

 

続いて、旧プラン:スマ放題の割引額です。こちらは主に5GBや20GBなどデータ定額の基本料を選べるプランですが、基本の割引額は変わらず1,000円(税抜き)となっています。それ以外の2GBや1GBプランや3Gケータイで定額パケットプランに加入中の方は500円(税抜き)となっています。

 

スマ放題/スマ放題ライト
対象料金サービス 割引額/月
データ定額 50GB/20GB/5GB 1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)

データ定額ミニ 2GB/1GB

データ定額(3Gケータイ)

500円

 

 

最後に上記以外のプランを利用中の方ですがスマホ用のプランは1,000円(税抜き)の割引額。シンプルスマホなどは500円(税抜き)の割引額になっています。

 

上記以外の料金プラン
対象料金サービス 割引額/月
パケットし放題フラット for 4G LTE

パケットし放題フラット for 4G

パケットし放題フラット for スマートフォン

パケットし放題MAX for スマートフォン

4G/LTEデータし放題フラット

4Gデータし放題フラット+

1,000円

パケットし放題フラット for シンプルスマホ

(iPad 専用) ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE

(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G

500円

 

 

ソフトバンクを既にご利用中であれば、自身のプランはMYソフトバンクで確認することが出来ます。ソフトバンク光をご検討中であれば、事前に利用中のプランへの割引額を確認してみましょう。

Y!mobileユーザーの割引額は?

ソフトバンク光の割引サービスは、ワイモバイル利用者にも特典がある。おうち割の適用によって格安の通信料を誇るワイモバイル回線でさらにお得に利用することができるようになります。

 

 

おうちのネット
対象サービス
Softbank Air

Softbank 光

 

ワイモバイル
対象プラン 割引額/月
スマホプランS 500円
スマホプランM 700円
スマホプランL 1,000円
データプランL/Pocket Wifiプラン2 500円

 

 

ワイモバイルの場合、プランがS・M・Lの3種類しかないので、割引額の計算は非常にシンプルです。
プランS→500円(税抜き)
プランM→700円(税抜き)
プランL→1,000円(税抜き)

↓ワイモバイル基本料への適用イメージ↓

 

 

基本プラン 月額基本料 おうち割 割引額 割引適用後
スマホプランS 2,980円 500円 2,480円
スマホプランM 3,980円 700円 3,280円
スマホプランL 4,980円 1,000円 3,980円

 

 

なお、注意が必要なのは、既に家族割引が適用となっている場合、おうち割の割引と併用が出来ない点です。詳しくはワイモバイルのHPでご確認ください。
☆ワイモバイル公式HP☆
https://www.ymobile.jp/plan/discount/hikarisetwari/

おうち割の適用後は割引に期限はなく、永年(ソフトバンク利用中であれば)割引を実施してくれるものになっています。一度、ご自身の割引額や見積もりを確認してみてください。

キャッシュバックキャンペーンを利用しよう

ソフトバンク光を契約する際にはおうち割のような割引サービスの他に、キャッシュバックなどの特典が用意されている場合があります。なお、キャンペーンについては一過性のものの多く、申込になるタイミング次第では、キャンペーンが少ない時期もあるので注意が必要です。その中でも2018年11月現在実施されているキャンペーン内容について、一部記載します。

【Softbankあんしん乗り換えキャンペーン】
このキャンペーンは他社光(フレッツ光除く)からソフトバンク光へ切り替えをされた方向けに他社光解約時にかかった費用をソフトバンクが負担するというものです。他社光解約時に発生した解約金や撤去費用などがわかる明細書を専用用紙にてソフトバンクに送付すると後日現金でキャッシュバックされるというもの。基本的に他社光解約時に発生した金額は満額でソフトバンクが負担してくれるので、あんしんして変更を検討できると思います。
ただし、解約時に発生した費用で還元の対象とならないものもあります(ソフトバンク系列のインターネット解約費用や分割購入したタブレットなど)、事前に確認される方が吉といえるでしょう。
☆キャンペーン概要URL☆ ※ソフトバンク公式HP
https://www.softbank.jp/ybb/campaigns/list/anshin-norikae01/

【Softbank光乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン】
ソフトバンク光に切り替えた際に最大24,000円をキャッシュバックもしくは通信料からの割引(1,000円(税抜き)×24ヵ月間)を実施してくれるキャンペーンです。主にキャッシュバックというよりも、新規申し込みで発生する工事費の負担金に充たるイメージです。
☆キャンペーン概要URL☆ ※ソフトバンク公式HP
https://www.softbank.jp/ybb/campaigns/list/sbhikari-norikae-03/

【おうち割光セットスマホ違約金還元キャンペーン】
ソフトバンク光申込と同時にソフトバンクのスマートフォンに乗換えをおこなった際に、もし他キャリアで解約金が発生した場合に、そのかかった費用をソフトバンクが還元するというもの。還元額は1,000円(税抜き)×10ヵ月間の最大10,000円分相当を還元してくれます。こちらも専用用紙に解約金が発生した事実の分かる書類を添付しソフトバンクに送れば、スマートフォンの利用料金から割引を受けることができるようになります。
☆キャンペーン概要URL☆ ※ソフトバンク公式HP
https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/ouchiwari-hikari-start/

ソフトバンク光のオプションを知ろう

ソフトバンク光には魅力的なオプションが意外と多いのをご存知でしょうか。オプションと聞くと、必要なものだけで充分だと感じられる方もいるとは思いますが、ここではソフトバンク光を契約時にお勧めのオプションについて解説します。

おうち割を適用する際に必要なオプション

ソフトバンク光を契約時に、おうち割を申込になる際は、必須オプションというものが存在します。オプション自体は必須加入ではありませんが、おうち割引を適用する上では必要になるものが多いので、一緒に確認していきましょう。
【必須オプション】
① 光BBユニットレンタル→467円(税抜き)
② Wi-Fiマルチパック   →990円(税抜き)
③ 電話サービス※1   →467円(税抜き)
合計1,924円(税抜き)

おうち割を適用する為には上記3つのオプションに加入する必要があります。ですが、さすがにオプション加入だけで約2,000円程度利用料金が上がってしまうのは困りますので、ソフトバンク光加入時にはセット割引というものが用意されています。
セット割引を使用した場合の金額がこちら

【必須オプション】
① 光BBユニットレンタル→467円(税抜き)
② Wi-Fiマルチパック   →990円(税抜き)
③ 電話サービス※1   →467円(税抜き)
合計1,924円(税抜き)→ 500円(税抜き)
おうち割適用時の負担軽減の為、セット割引もしっかりと用意されています。
なお、セット割引は3つのうちいずれかを廃止してしまうと通常料金に戻ってしまうので注意が必要です。
※1 ホワイト光電話・光電話(N)・BBフォンいずれかの契約が必要となります。

それでは、上記3つのオプション内容を確認していきます。

【光BBユニットレンタル】
こちらはソフトバンク光を快適に利用する上で最も相性の良いルーターを使用しており、自宅でのWi-FiやPC等との有線接続をする為の役割を果たします。
この光BBユニットを介すことで、回線混雑を緩和し、快適に通信を行うことができるとされています。

【Wi-Fiマルチパック】
ソフトバンク光と光BBユニットの契約だけではWi-Fi無線通信は利用できません。このWi-Fiマルチパックを契約することで、様々な端末やデバイスにソフトバンク光の通信を提供することが可能となります。

【電話サービス】※ホワイト光電話・光電話(N)・BBフォン含む
固定電話を利用中の方にはとても便利なオプションです。現在利用中の固定電話を光電話に変更することが出来ます。もし現在アナログ電話のまま使用しているのであれば毎月1,200円程度節約になるでしょう。ただし、現在既に他社で光電話をご利用中でNTTの加入権がない場合は、電話番号を引き継ぐことが出来ませんのでご注意ください。

加入できるオプションの内容と料金

その他にもソフトバンク光には様々なオプションサービスが展開されています。
ここで取り上げるのは、一部サービスとなります。もちろんこれ以外にも利用に応じた様々なオプションサービスがありますが、詳しくはソフトバンク光HPにて確認しましょう。
【映像系オプションサービス】
・ひかりTV 月額1,500円~
光回線でアンテナ・工事不要の様々な番組が楽しめるサービス
https://www.hikaritv.net/cp/twomonth/?cid=sem_yss_pc_shame_B2_000007972&utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=yss_nm_name&utm_id=YSSPC00000513

・スカパー!月額1,833円~
無料期間2週間ありの番組放映サービス
https://www.skyperfectv.co.jp/

・ネットフリックス月額800円~
スマホやタブレットでも視聴可能なオンラインストリーミングサービス
https://www.softbank.jp/ybb/option/netflix/

【インターネット関連オプションサービス】
・BBセキュリティ月額570円~
ありとあらゆるセキュリティ対策が可能
https://bbsecu.jp/service/service_360.html

・ヤフープレミアムプラン月額550円
1,000以上のヤフーサービスを利用可能に!
https://bbpromo.yahoo.co.jp/premium/

・とく放題(B)月額500円
120万件以上の割引や優待特典がつかえる!
https://www.softbank.jp/ybb/option/tokuhodai/

【電話関連オプションサービス】
・番号表示サービス 月額400円
ソフトバンク版ナンバーディスプレイ
https://tm.softbank.jp/consumer/white_hikari/option/

・着信転送サービス 月額500円
固定電話にかかってきた番号を指定番号へ転送
https://tm.softbank.jp/consumer/white_hikari/option/

・着信お断りサービス 月額200円
迷惑電話を撃退できる
https://tm.softbank.jp/consumer/white_hikari/option/

【サポート関連オプションサービス】
・光セットアップサポート 月額375円(分割24回払い)
光回線開通後の接続設定までサポート
https://www.softbank.jp/ybb/setup-support/

・BBサポートワイド 月額500円
電話で24時間365日パソコンのお困りごとをサポート
https://www.softbank.jp/ybb/option/bbsw/

ソフトバンク光の導入時にかかる費用を解説

ソフトバンク光を利用するにあたり、知っておきたい初期費用の面の確認をしていきます。

必ずかかる事務手数料

ソフトバンク光を契約時には必ず発生するのが、この事務手数料。費用は3,000円(税抜き)が初回の請求に合算されます。こちらは1回限りですが、初回請求が高くなる要因ですので抑えておきましょう。

ソフトバンク光回線の工事費用

ご自宅にて、過去に光回線の利用がない方や、過去に引いていたが、配線を撤去してしまった方はこの工事費用が発生します。この場合の工事費は24,000円(税抜き)となっています。この金額は一括払い又は分割払い(24回36回48回60回の中から選択可能)となっています。
ちなみにこの費用は、現在利用できるキャンペーンにて実質相殺してくれるようです(Softbank光乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン)
続いて、既に光回線が自宅に引かれていた場合の工事費用ですが、こちらは2,000円(税抜き)で済みます。これは立ち合い工事が不要で、回線の開通処理を行うだけという場合です。

ソフトバンク光の工事は平日が良い?

ソフトバンク光は工事に際して、平日の方が良いとされています。なぜなら土日祝日になると工賃が+3000円割り増しになってしまうからです。これは工事業者や管理部署が余分に稼働する為とされています。費用を抑えるのであれば、平日に工事を設定しましょう。

固定電話利用の場合にも費用が発生する

固定電話の工事費は「ホワイト光電話」と「光電話(N)」で分かれています。
現在利用している番号を利用する場合の工事費は「ホワイト光電話」は3,000円(税抜き)「光電話(N)」が7,500円発生します。なお、こちらも分割での支払いが可能となっています(24回36回48回60回から選択可能)
番号を継続せず、新規で発番する場合は、「ホワイト光電話」は1,000円(税抜き)「光電話(N)」は2,000円(税抜き)の工事費が発生しますので注意しましょう。

光テレビを利用する場合の工事費

ソフトバンク光を申込と同時にソフトバンクテレビを申込になると、光の工事代金とは別途でひかりテレビの工事費用が発生します。テレビ視聴可能とする台数にもよりますが、1台分で12,000円(税抜き)の工事費が発生します。ですが、テレビ工事が2台の場合は3台目までの料金がセットで24,000円(税抜き)となるので、同時にもう一部屋分頼んでしまう方がお得と言えます。こちらも一括または分割(24回36回48回60回から選択可能)となっています。

ソフトバンクの料金支払方法について確認しよう

ソフトバンク光の支払い方法について確認していきます。ソフトバンク光には大きく分けて3つの支払い方法があります。
① 口座振替
② クレジットカード払い
③ ソフトバンクケータイ料金合算

原則、請求書払いには対応していません。
また、ソフトバンク光の支払いサイクルは月末締めとなっていますので、現在ソフトバンクでモバイル回線をお持ちの方で、支払いを合算処理される場合、支払いサイクルが1ヶ月ずれる可能性がありますのでご注意ください。

ソフトバンク光を契約した後に引っ越しをする場合の費用

ソフトバンク光を開通後、引っ越しなどが発生した場合、工事費はまた発生するのか?この項目について解説していきたいと思います。

違約金の発生有無

ソフトバンク光を契約中に様々な理由で引っ越しを余儀なくされるケースは意外とあり得ると言えます。ソフトバンクの定義では引っ越しを伴う移転とは、回線契約を継続するという扱いとなる為、違約金は発生しません。
つまり契約自体はそのまま引っ越し先で利用することができるので、解約扱いとはならないので、違約金が発生することはありません。

移転手続きと費用

ソフトバンク光を移転する場合、引っ越し先が決まったのちに引っ越しの申請を総合窓口に電話もしくはソフトバンクショップにて行うのが良いでしょう。
引っ越し先がきまっていない(住所不明)と正しく住所変更が行えない可能性が生じる為、住所が確定してからの手続きを行ってください。移転に伴う別途手数料などは発生しません。

移転先に工事費用はかかるか

ソフトバンク光を契約中の方は「会員様限定・Softbank光お引越し工事無料キャンペーン」というサービスを利用できます。こちらは既にソフトバンク光を契約中の方が、ソフトバンク光を引っ越し先でも継続利用を希望されている方が利用できる内容となっています。キャンペーン適用には諸条件ありますが、主には引っ越しから90日以内に引っ越し先で工事・開通処理が完了していれば対象となります。
キャンペーンの内容は、引っ越し先で発生する可能性のある光回線開通工事・宅内工事費・開通処理手数料などが無料となるキャンペーンで最大24,000円(税抜き)の工事費が無料となります。
ただし注意が必要なのが、光回線の工事費が無料という点。つまり加入電話を継続利用されたい場合や、ソフトバンクテレビを利用する場合などは別途で工事費が発生しますので注意しましょう。
↓↓詳しくはこちらのHPから確認できます↓↓(ソフトバンク公式HP)
https://www.softbank.jp/ybb/moving/sbhikari/

まとめ

いかがでしたでしょうか?ソフトバンク光を申込するにあたり、様々な注意点をまとめてきましたが、自宅の固定回線を最もお得に使いたいのであれば、現在利用されているスマートフォンのキャリアも一緒に乗換えを検討された方が良いと言えるでしょう。様々なサービスや提供情報を知ることで、少しでも皆様の参考になれたのであれば幸いです。

  • アパート マンション インターネット
    アパート・マンション(賃貸)向けインターネット完全ガイド!大家に聞くこと
  • bnrスピードテスト
    bnrスピードテストの使い方・結果の見方を解説!快適なネットの目安は?
  • ビジネスコミュファ光
    ビジネスコミュファとは?コミュファ光との違いを担当者向けに解説!
  • auひかり マンションタイプ
    auひかりのマンションタイプ導入マニュアル!失敗しないための全知識
  • auひかり 料金
    auひかりの料金プランを徹底解説!契約して後悔しないために知るべきこと
  • auスマートバリュー
    auスマートバリュー(mine)を完全解説!5分で分かる通信費を安くする方法
おすすめの記事