ソフトバンクエアーのエリア確認は1分!圏外の対策も解説【画像付き】

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)は光回線と違い工事不要で簡単に始められ、複雑な設定もいらず、混雑回避の速度制限もなく、有線でもWi-Fiでも使える機器です。

サービス提供開始から時間が立ちいい評判も聞こえているので導入を検討している人も増えていると思いますが、実はソフトバンクエアー(SoftBankAir)は事前にエリアチェックをし、提供エリア内でないと契約できないようになっています。事前にエリアの確認が必要なインターネットサービスはあまりないので果たして自分の住んでいる地域がエリア内なのか、どうやって調べたらいいのかわからないですよね。

今回はソフトバンクエアー(SoftBankAir)のエリア確認方法をわかりやすく解説します。

またエリア検索の方法に加えて以下の不安も解消します。

「エリア検索でOKなら誰でも加入できるのか」
「加入したけど実際に届いてみたら電波が悪かった場合はどうするのか」
「もうすぐ引っ越す予定だけど引越し先でも使えるのか」
エリア圏外だった場合は諦めて工事をするしかないのか

この記事を読めばあなたはソフトバンクエアー(SoftBankAir)を一点の不安もなく使い始めることができますよ。

それでは参りましょう。

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)は事前のエリアチェックが必須!

ソフトバンクエアー エリア確認

まずはエリアを確認しよう

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)の加入には事前のエリア確認は必要ですが、実は公式のMAPは存在していません

SoftBankAirはガラケー・スマートフォンの電波の一部を使ったサービスです。イメージとしては、障害物には弱いが遠くまで届く電波と、近距離しか飛ばないが混雑回避ができる強い回線どちらも受信できるようになっている、といったところです。

そもそも事前にエリアチェックが必須なのかというと、もちろん未提供なのに契約しても仕方ないところはあるのですが、ソフトバンク側でも地域的に契約できる台数を調整しているためです。

多くの人が集中的に接続してしまうと、回線が混み合い従来出せる速度すら出なくなってしまう恐れがあるためです。
つまり、エリア確認は高速回線を維持するために必要なことなのです。

SoftBankAirに公式なMAPはありません。
そこで参考になるのは子会社のWireless City Planning株式会社のサイトです。
こちらより確認してみましょう。
http://www.wirelesscity.jp/area/map/ソフトバンクエアー エリアマップ

確認方法は、まず、「地名・キーワードで探す」をクリックし展開します。そうすると住所や施設名から探すという項目があるので、ここに住所を入力し検索をクリックします。
赤くなっているところがエリア内です。まずはここで確認してみましょう。

視覚的にはわかるもののピンポイントの住所で調べて欲しいといった場合には、ショップに行くと無料で確認してくれますし、電話でも問い合わせ可能となっております。

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)の最大速度に2種類ある?

このSoftBankAirですが、なんと、地域によって最大速度が異なっているので注意が必要です。
最大下り350Mbpsの速度がでるSoftBankAirですが、まだ一部の地域でしか対応されておりません
下記の公式サイトで地域別の最大通信速度が確認できます。確認方法は、ご自身の地域、市区町村を選ぶだけです。
https://www.softbank.jp/ybb/air/area-list/?pref=01

最大速度 住所

上記のように住所を入力すると大雑把ですが、最大速度に対応しているかがわかります。
※入力した住所に意味はランダムです。

地域だけでなく、最大下り350Mbpsに対応しているのは「Airターミナル3」という機種です。
ターミナル(機種)を申込時に指定することはできないのですが、これから契約される方は自動的にAirターミナル3での契約になるので特に問題ないと思います。以前から利用されている方の中には「Airターミナル1」や「Airターミナル2」を利用されている方もいらっしゃると思います。

Airターミナル1は最大下り110Mbps、Airターミナル2は最大下り261Mbpsまでの対応となっています。
Airターミナル3以外ですと最大下り350Mbpsエリア内でも最大350Mbpsの通信はできませんので注意しましょう。

あくまで、この最大下り350Mbpsという数値は理論上の数値で、SoftBankAirはベストエフォート型を採用しています。
ベストエフォート型とは何かと言うと、最大限ここまで出るように努めるが、保証はできませんという意味です。
最大350Mbpsまで出るようにしているが、正直実際に使うとそこまでの速度数値は出ないでしょう。

動画をよく見るため、速度を気にされている方もいると思います。
だいたいスマートフォンなら3~5Mbps出れば問題なく閲覧できますし、テレビの場合でも5~6Mbps出れば閲覧できるので、最大下り350Mbpsのエリア圏外だからといって落ち込まなくて大丈夫ですよ。

SoftBankの携帯が使えるならSoftBankairも使える?

冒頭でもお伝えしましたが、SoftBankAirはガラケー・スマートフォンの一部の電波を使ったサービスですが、先ほど解説したとおり、エリア圏内でも障害物の多さによっては繋がらない場合もありますし、ソフトバンク側で地域的に契約できる台数を調整しているため、一概に携帯の電波が入るからSoftBankAirも使えるわけではないようです。

また、勘違いしてしまう場合もありますが、携帯電話がドコモやauのユーザーでもこのSoftBankAirは申し込み可能なのでSoftBankユーザー以外でも安心してエリア検索をしてくださいね。

アパートやマンションなど高層階でも使用できるか

まず、電波を発するアンテナについて先に解説すると、例えば、テレビを見るのに屋根の上にアンテナをつけると思います。携帯電話も同じで、建物の上にアンテナを設置し、斜め下に向かって電波を発しています。

ということは、アンテナよりも下にいれば電波を受信することができます。しかし、そうなると高層階に住んでいる場合は電波がそもそも届きにくい環境ということになります。大体、11階以上になると電波が弱くなるのでエリア圏外の判定が出ることが多いようです。

11階以下に比べて受信状態が多少悪くなるというくらいのようですから、使ってみて判断するしかないようです。

では、低階層に住んでいれば電波が入るのかというと、そうでもありません。周りが高層マンション、ビルに囲まれているアパートについては電波状況は悪くなる傾向です。

というのも、SoftBankAirの電波は比較的直進性が高い周波数を使っています。ですので、高層マンション、ビルに囲まれてしまうと遮られてしまい、電波状況は悪くなり速度も遅くなってしまうようです。

ここも後述しますが、設置後に電波が悪い場合に対処法があるのでご安心を。

【注意】エリア圏内でも提供できない場合がある

では、2つのサイトでエリア内判定が出ればソフトバンクエアーを導入できるのでしょうか?

答えはNOです。

ピンポイントの住所で調べると「ここの家はダメだが、隣の家や向かい側の家はOK」ということがあり、申込したものの使い物にならなかったこともあります。その逆もあり、エリア圏外の場所に置いてみたら普通に使えるということもあります。

なぜそのようなことが起こるのかというと、「障害物の多さ」です。障害物が多いと基地局から発せられる電波が遮られてしまい、弱くなってしまう特性があります。傾向的に多いのは、鉄道や高速道路の付近、高層マンションやビルに囲まれた場所等は電波が弱くなり、エリア圏内でも提供できない場合があります。

申込時に、ソフトバンク側でこの住所の何階部分で使うというところまで詳細にエリアチェックができているそうです。
しかし、正直置いてみないと実際にどのくらい電波が入るのかはわからない部分になっています。

後述しますが、設置後に電波が悪い場合に対処法があるので安心してください。

つまり、エリア確認でOKが出れば申込みはできるけど
詳細のエリアチェックは申込みをしてSoftBank側とのやり取りではじめてわかる
ということです。

エリア検索でエリア外だった場合はすでに現段階でソフトバンクエアーを諦めるしかないのですが
エリア検索で提供エリア内だった場合は、以下のサイトから実際に申し込んで登録を進めてOKです。

【SoftBank Air】カンタン挿すだけで使える、超お手軽インターネット!

エリア外だった場合でも下で代替案を紹介しますから、エリア外でもこのまま読み進めてください。

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)は置き場所によって電波強度は変わる?

ソフトバンクエアー 置き場所
ソフトバンクエアー置き場所も重要です。ソフトバンクエアーは光回線などの有線ケーブルを用いたインターネットと違い、無線電波を使用します。そのため置き場所によって多少電波強度が変わると言えるでしょう。

先述したとおり、障害物が多い程電波は悪くなる傾向ですから、置き場所は部屋の奥よりかは窓側の方がいいでしょう。
コンセントがあればどこでも置けるので、一番電波の入りがいいところを見つけて置いてみたらいいと思います。

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)がエリア外だった時の対処法まとめ

ソフトバンクエアー エリア外
ソフトバンクエアーのエリア確認で圏外だった場合や実際に申し込んでみて、提供できないと言われてしまった場合は残念ながら現段階で申込みを諦めるしかありません。

では、面倒な工事をして普通に固定回線を引くしかないのでしょうか?

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)の今後の拡大予定は?

順次拡大しているようですが、予定地域やスケジュールに関しては公表されておりません。
ショップに行っても店員さんも知らない情報ですので、待つしかありません。

ただ、確実に拡大しており、数ヶ月前は未提供でも260Mbpsの地域に入った方もいらっしゃいます。
定期的にチェックするといいかもしれません。他社回線の違約金補填のキャンペーンを行なっているので、エリアに入るまではWiMAX2+などの他社ポケットWi-Fiを使い、エリアに入ったら切り替えるというのもひとつの手段かもしれませんね。

ただ、何度も乗り換えるのは手間やお金がかかりますからこの方法は現実的ではないでしょう。

WiMAX2+と比較した時のエリアはどう?

同じく電波を使ったサービスで、持ち運びができるのWiMAX2+があります。WiMAX2+も工事不要で高速のインターネットに定評があります。

エリアに違いがあるのか気になるところですが、こちらでエリア確認ができます。ソフトバンクのエリアと比べてみましょう。

WiMAX2+のエリア確認
https://www.uqwimax.jp/area/wimax/
Wireless City Planning株式会社(ソフトバンク)
http://www.wirelesscity.jp/area/map/

提供エリアを確認してみるとあまり大差はないように見受けられますが、比較的WiMAX 2+の方が地方でもエリアに入っている印象を受けます。もともとWiMAXは有線によるインターネット接続が提供できない地域に向けた通信手段です。そのため特に地方ではSoftBankAirよりもWiMAX2+の方がエリア圏内になっている範囲が広いようです。

WiMAX2+はau(UQコミュニケーションズ)の電波を使っているので、SoftBankAirとはまた別の電波帯になります。比較的WiMAX2+の電波の方が障害物に弱いため、遮られてしまい接続が悪くなることが多いようです。

どちらも使ってみないと実際のところはわからないのですが、WiMAX2+が使えなくてもSoftBankAirなら使えたという場合もあるようです。これは、SoftBankAirはWiMAX2+よりもキャッチできる電波が多いため起きる現象で、WiMAX2+よりも電波が強いと感じる方が多くなるのでしょう。

ただしソフトバンクエアーがコンセントの据え置きタイプなのに対して、WiMAX2+は持ち運びができるモバイルルーターです。

基地局がなくてまったくのエリア外、固定回線も引けないという状況であれば自宅がエリア外でも外で使用できる可能性がありますので、WiMAX2+も検討の価値アリです。
WiMAX2+の最安プロバイダはこちら→GMOとくとくBB WiMAX2+月額2,590円(税抜)~

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)の端末が届いた後に電波が悪かった場合

ソフトバンクエアー 電波悪い
またもう一つ怖いのが、提供エリア内と判定されて実際に申し込んで、端末が届いた後に電波が入らなかった場合です。

その場合は、おとなしく据え置きにして放置しておくしかないのでしょうか?
いいえ、実はソフトバンクエアーにはWeb申込みならではのありがたい制度があります。

8日以内のキャンセルが可能

設置後8日以内であれば初期契約解除というクーリングオフのようなものでキャンセルができます。置く場所を窓際に変えたりしても電波が入りにくければ、この初期契約解除制度の対象ですからこちらを使い解約しましょう。カスタマーセンターに電話するのが一番手っ取り早く解約ができます。この期間内の解約は違約金9,500円はかからないので無料で解約できますし、月額費用もまだ起算されてません。早めに連絡を入れましょう。

ソフトバンクエアーをエリア圏内で申し込んだけど、実際に使えなかったらどうしよう・・・という不安は解消できますね。

キャンセルのお問い合わせ窓口→
http://ybb.softbank.jp/support/inquiry/select_inquiry.php?service=air&id=10

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)の引っ越した後のエリアは?

ソフトバンクエアー 引っ越し エリア
エリア確認と自宅登録が必要なソフトバンクエアー(SoftBankAir)ですが、引っ越しを予定している場合など設置場所の変更は自由にできるのでしょうか。

引越し先がエリア圏内確認する

工事が不要のため、そのまま持って行ってまた電源にさせば使えるSoftBankAirですが、先述したエリア圏内か確認してから持っていきましょう。
ただ、やはり公式でピンポイントで検索できるページはありませんのでWireless City Planning株式会社(http://www.wirelesscity.jp/area/map/)のMAPで見るか、再度ショップで確認してもらいましょう。
エリアに問題なければ、そのまま引っ越し先へ持っていきましょう。

移転手続きや費用

では、引っ越し先もエリア圏内で移転するとなった時、必要な手続きと費用について解説します。

まずは引っ越しする前に住所変更を申請しましょう。
ショップもしくはWEB、カスタマーセンターへ電話で申請ができます。
必要な情報は

①契約者の名前、生年月日、登録携帯番号
②引っ越し先住所
③引っ越し予定日 の3点です。
WEBから申請をする際はS-IDやYahoo! JAPAN IDも必要になります。こちらから手続きができます。
https://www.softbank.jp/ybb/moving/air/

電話の場合は、電話番号:0800-1111-820(通話料無料) 受付時間:10:00?19:00(年中無休)まで連絡をしましょう。

 

注意点は、設置場所変更前に申請をあげないといけません。なぜかというと、自宅での利用を目的としているSoftBankAirは、地域毎に契約できる台数を調整しています。一定の台数を超えると速度が出なくなるため、把握をしているそうです。勝手に設置場所を変えて接続されてしまった場合、他の人が利用できなくなる恐れがあります。
移転の費用は、工事があるわけではないためかかりませんが、登録住所以外で利用し続けると不正利用と見なされ強制解約になるケースもあります。必ず移転前にあらかじめ申請しましょう。

引越し先がエリア外の場合

では、仮に引っ越し先がエリア外だった場合はどうしたらよいのでしょうか。
SoftBankAirは解約となりますので、光回線などに新規加入しなければインターネットは使えません。

電波都合の解約に関しては基本的に、違約金はかかりません。

つまり引っ越し先でソフトバンクエアーが使えなくなった場合の解約方法は下で解説します。

しかし、解約の際にかかってくる費用は違約金以外にも機器をレンタルしていたのか、購入したのかによって変わってきます。

そもそもSoftBankAirには機器をレンタル、もしくは、購入するという2パターンの契約形態があります。申込時にどちらにするか選べるのですが、解約時にかかる費用のことも踏まえ、どちらを契約時に選択した方がいいのか併せて解説します。(分かりやすいようにSoftBankAirのみの場合で計算しております。)

<レンタルの場合>
・月額
基本料金 4,880円 + レンタル料 490円 ー はじめようSoftBankAir割 1,080円(24ヶ月目まで)= 4,290円 *25ヶ月目からは5,370円

・解約金
解約時は、機器を返却すれば終了です。
本来、2年毎の更新月以外の解約は9,500円が発生しますが、エリア外だった場合はこの違約金9,500円はかかりません。よって、解約金は0円となります。

<購入>
・月額
基本料金 4,880円 + 機器割賦金 1,620円 ー 月月割 1,620円 ー はじめようSoftBankAir割 1,080円(24ヶ月目まで)= 3,800円 *25ヶ月目からは4,880円

・解約金
解約時に機器の返却は不要です。
本来、2年毎の更新月以外の解約は9,500円発生しますが、レンタルの場合と同じくエリア外だった場合は違約金9,500円はかかりません。
ただし、本来は36回分割で機器割賦金が発生しているため、契約して3年以内に解約の場合は機器残債の請求が発生します。引っ越し先がエリア外だったとしても、この残債は解約時に支払わないと行けません。残債はひと月あたり1,620円です。
仮に、契約後2年で解約の場合、
36ヶ月ー24ヶ月=12ヶ月 あと12ヶ月分の機器残債があります。
12ヶ月×1,620円=19,440円
よってこの場合、19,440円を支払うことになります。

購入の方が月額料金は安いですが、エリア外であってもこの機器残債は支払い対象ですので、”3年以内に引っ越しがあり、引っ越し先がエリア外の可能性がある方”は契約時にどちらにするのかよく考えた方が良さそうです。

引っ越した後に電波が入らなかった場合

まず、引っ越し後8日以内にSoftBankに電波が入らない旨を申請します。この場合の申請方法はカスタマーセンターに電話がショップに行きましょう。SoftBankがこの申請を認めると違約金はかからずに解約できます。
連絡先は、186+0800-1111-820(営業時間10:00?19:00)です。
そして光回線など新しいインターネット環境を探さないと行けません。光回線はだいたい受付して3?4週間くらい開通までにかかりますので、早めに行動しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
WiMAXとはまた別の電波を使っているSoftBankAir。電波もWiMAX2+よりも比較的強く、混雑回避の速度制限も設定がありませんので魅力的ですよね。
申し込み前には事前にエリア判定を行いましょう。その際はMAPを見るか、ピンポイントで調べたい時にはショップに行き診断してもらえます。
実際、使ってみないとわからない部分がありますので、もし電波が入らない場合は8日以内にキャンセルしましょう。
引っ越しの場合は、引っ越し日前にあらかじめ移転の申請をしておき、不正利用だと思われないようにしましょう。仮に引っ越し先で電波が入らなければ8日以内に解約連絡を入れましょう。ただ、解約時注意しないと行けないのは機器の残債は発生するということです。3年以内に引っ越しがあり、もしかすると引っ越し先がエリア圏外の可能性がある地域という方であれば、そもそもレンタルプランで契約しておいた方が安心ですね。

インターネット環境は自分のライフスタイルに合わせたもので契約しておいた方が良いと思います。有線もWi-Fiも使いたい、混雑回避の制限もなく、工事も必要ありませんからまずはレンタルプランで始めてみたらいいかもしれませんね。

  • ビジネスコミュファ光
    ビジネスコミュファとは?コミュファ光との違いを担当者向けに解説!
  • auひかり マンションタイプ
    auひかりのマンションタイプ導入マニュアル!失敗しないための全知識
  • auひかり 料金
    auひかりの料金プランを徹底解説!契約して後悔しないために知るべきこと
  • auスマートバリュー
    auスマートバリュー(mine)を完全解説!5分で分かる通信費を安くする方法
  • auひかり キャンペーン
    auひかりのキャッシュバック徹底比較!損しない注意点と受け取り方法
  • ドコモ光 プロバイダ
    ドコモ光のプロバイダ26社比較!2019年のおすすめはどれ?
おすすめの記事