WIMAXを即日受け取るには店頭が良い?配送が遅い場合の対処法

電波が届く場所でどこでも通信できて、光回線のように工事不要のWiMAXは、高速回線が端末を手に入れるだけで利用可能な便利なネット回線です。

WiMAXの契約を考えている方の中には、

・引っ越し直前ですぐにでも使えるネット回線が契約したい。
・最短で利用できるWiMAXの契約先が知りたい。
即日配送のWiMAXを契約したけど、まだ届かない。

など、WiMAXの契約からネット開通までの期間を短縮したいと考えている方は多いと思います。

契約から短期間でネット回線が利用できることはWiMAXの大きな特徴ですので、今回は最短でネット開通できるWiMAXの契約方法やお得ですぐに受取れるプロバイダの他に、配送が遅れた時の対処法などもあわせて紹介していきます。

WIMAXを当日・即日受け取りたい!

WiMAXといえば、契約後すぐに送られてくる通信端末を設定するだけでネットに接続できる便利なモバイルWi-Fiですが、契約から通信機器が手元に届くまでには数日間の期間があることが一般的です。

これは、ネット上で契約情報を入力してWiMAXを郵送で受取るネット契約が、WiMAXではお得で一般的な方法になっているからです。

通常は何日くらいで届くの?

WiMAXを取り扱っているプロバイダのなかには、契約した日の即日配送を売りにしている会社が多数ありますが、それでも郵送期間を考慮すると契約から約2日ほどはWiMAXは手元に届きません。

さらに、WiMAXは支払い方法をクレジットカードにするか口座振替にするのかによって、手元に届くまでの期間が約1週間ほど変わってしまいます。

・支払い方法がクレジットカードの場合 = 約2日~1週間程度で手元にWiMAXが届きます。
・支払い方法が口座振替の場合 = 約4日~2週間後に手元にWiMAXが届きます。

このように手元にWiMAXが届くまでの期間に違いが出るのは、契約者の支払い能力をプロバイダ側が審査していることが原因です。

クレジットカード支払いの場合は、クレジットカードを所持していること自体が契約者の支払い能力を証明しているため、申し込んですぐに契約が受理されてWiMAXの発送業務に移行します。

一方、口座振替の場合は、契約をする前にWiMAXの料金を満期まで支払う能力があるのかどうかをプロバイダが審査する時間をとられてしまいます。

ただし、審査期間が必要な口座振替でも、Web上で銀行情報の登録ができるUQ WiMAXでは約3日ほどで審査が終了しますので、クレジット支払いとあまり変わらない日数でWiMAXを手に入れることは可能になっています。

現在口座振替でWiMAXが契約できるプロバイダは、UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXの3社があります。

このうちUQ WiMAXでは最短4日ほどでWiMAXが入手可能となっており、他の2社では1週間から2週間ほど期間がないとWiMAXを入手できないというデメリットがありますので口座振替支払いには注意しましょう。

即日・当日受け取りで料金的に損はあるか

WiMAXはビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店でも取り扱いがあり、契約したその場でWiMAXを受取ることも可能なプロバイダが存在しています。

ただし、家電量販店などで即日に受取れるWiMAXのプロバイダは、総じてネット上で契約できるプロバイダよりも月額料金が高額で、お得なキャンペーンも少ない特徴があります。

ネット上で契約できるWiMAXのプロバイダは、実店舗の地代や人件費を減らすことで、高額キャッシュバックや月額割引などのキャンペーンを通してWiMAXの料金を契約者に還元しています。

実店舗を全国にそろえているプロバイダはどうしても経費がかかりますので、最安級の料金でWiMAXを提供しているネット上のプロバイダよりも料金的に損な契約になります。

引っ越し前に確認したいWIMAXの配送の知識

引っ越し前にWiMAXを契約するなら、まず始めに引っ越し先のWiMAXの電波状況を確認するのが重要です。

WiMAXは電波が届く場所であれば、どこでもネット通信できる便利な回線ですが、高層ビル街などの周りに障害物が多い場所では電波が弱くなる特徴があります。

引っ越し先でWiMAXを利用しようとしても電波が弱くては不便ですので、契約の前には15日間WiMAXを無料でお試しできる「Try WiMAX」を利用して、引っ越し先の環境でも通信できるのかを確認するのがおすすめです。

無事、引っ越し先でもWiMAXが通信できると確認できた後は、申込後の工程に沿ってWiMAXを手に入れれば、すぐにネット通信が楽しめます。

申込み後の工程を確認

WiMAXの申し込みから開通までの工程は、クレジットカード支払いの場合は単純で簡単です。

①各プロバイダの申込ページからWiMAXを申し込む
②申し込みを行ったプロバイダからWiMAXが郵送される
③届いたWiMAXを説明書にそって設定する
④ネット開通

という非常に簡単な工程でWiMAXが利用可能になります。

口座振替の場合は、

①各プロバイダの申込ページからWiMAXを申し込む
②口座情報をWebまたは送付されてくる専用書類に記載してプロバイダに送付する
③口座の審査が終わるのを待つ
④申し込みを行ったプロバイダからWiMAXが郵送される
⑤届いたWiMAXを説明書にそって設定する
⑥ネット開通

という口座情報の登録と審査終了を待つという2つの工程がプラスされます。

支払い方法のほかにも、申し込みを行なうプロバイダごとに申し込みからWiMAXの発送までのスケジュールがちがいますので、確認していきましょう。

各プロバイダの配送スケジュール

 

 

WiMAX主要プロバイダの配送スケジュール 一覧
プロバイダ 発送日 即日発送の〆切 口座の審査期間
UQ WiMAX 即日 時間帯や年末年始など

条件によって異なる

Webで口座登録後

審査に約3日程度必要

Broad WiMAX 即日 平日 13:00

土 電話確認・日祝 不可

書類のやり取りを含む

審査に約1週間程度必要

GMOとくとくBB 即日 平日 15:30

土日祝日 14:00 まで

不可
BIGLOBE 翌日 - 書類のやり取りを含む

審査に約1週間程度必要

So-net 翌日 - 不可
ASAHIネット 3日程度 - 不可
@nifty WiMAX 3日程度 - 不可
DTI WiMAX2+ 4日程度 - 不可

 

上記のように、ネットで申し込みができるプロバイダの中でも即日配送ができるところは限られています。

ネットからの申し込みでいち早くWiMAXを入手したい場合は、即日配送可能なプロバイダとクレジットカード支払いで契約しましょう。

ただし、WiMAXには無料で15日間お試しレンタルできる「Try WiMAX」という制度があります。

Try WiMAXは、Webから申し込みを行えば最短翌日には手元に通常通り利用できるレンタルのWiMAXが届きますので、本契約を終えてWiMAXが届くまでのつなぎに利用すれば、配送スケジュールをそこまで気にする必要はありません。

当日・即日開通で受け取りたい人におすすめのプロバイダ

現在のWiMAXは、どのプロバイダと契約してもUQ コミュニケーションズが通信を管理しており、毎月の料金に違いがありながらも同じ通信品質でネットが楽しめる変わったネット回線です。

WiMAXを契約するなら、契約期間のトータル料金が一番安いプロバイダで契約するのが賢い方法といえます。

契約からWiMAXが手元に届くまでの期間は、Try WiMAXなどを利用すればネット環境に困ることも少なくなりますので、ここでは料金が安くWiMAXの到着も早いプロバイダを紹介していきます。

即日発送可能で料金も最安値級「GMOとくとくBB」

 

 

最短発送日 即日
受取日 申し込みの翌日~約1週間程度
契約年数 3年
月額料金 3,609円(1~2ヶ月目)

4,263円(3ヶ月目以降)

キャンペーン 37,000円キャッシュバック
実質料金 118,160円
実質月額 3,282円

 

WiMAX業界で常に最安級の料金をキープし続けているGMOとくとくBBでは、申込時に即日発送を選択することで翌日にWiMAXを受取ることも可能になっています。

ネットで契約しても比較的早くWiMAXが手元に届き、料金も最安値級ですので、すべての方におすすめできるプロバイダといえます。

ただし、申込時に「通常発送」を選択すると最短で4日後の配送になります。申し込みの際はルーターの発送方法を間違えずに即日発送を選択しましょう。

クレジット支払いなら翌日発送可能で安い「BIGLOBE WiMAX」

 

 

最短発送日 翌日
受取日 申し込み後3日~約1週間程度
契約年数 3年
月額料金 3,695円(1~2ヶ月目)

4,380円(3~24ヶ月目以降)

キャンペーン 30,100円キャッシュバック
実質料金 129,310
実質月額 3,592円

 

クレジットカード支払いであれば、最短で申込日の翌日にWiMAXを発送してくれるBIGLOBE WiMAXは、最安値のGMOとくとくBB同様に高額キャッシュバックがもらえる安くておすすめのプロバイダです。

WiMAXが届くまでの期間や料金は1位のGMOとくとくBBには及びませんが、それでも両方の基準が非常に高い水準であるといえます。

BIGLOBE WiMAXでは、クレジットカード以外にも口座振替を支払い方法として選択できますが、口座振替の場合は一気にWiMAXの到着が遅れてしまいますので注意してください。

すでにGMOとくとくBBでWiMAXを契約したことがあるような方におすすめのプロバイダになっています。

即日発行可能で実は店舗受け取りも可能な「Broad WiMAX」

 

 

最短発送日 即日または店舗受取可
受取日 当日~約1週間程度
契約年数 3年
月額料金 2,726円(1~2ヶ月目)

3,411円(1~24ヶ月目)

4,011円(25ヶ月目以降)

キャンペーン 月額割引
実質料金 130,941
実質月額 3,637円

 

これまでに紹介した2社とは違いキャッシュバックキャンペーンがないBroad WiMAXは、その分月額の割引額が他社より大きく安いWiMAXのプロバイダです。

クレジット支払いであれば最短で即日発送が可能で、実は東京2店舗、埼玉1店舗、大阪1店舗のBroad WiMAX 受取センターに行けば即日受け取りも可能なプロバイダとなっています。

即日受取可能なWiMAXのプロバイダは、実店舗を全国的に展開している家電量販店系プロバイダがほとんどですが、料金が安く店舗受取も可能なプロバイダはBroad WiMAXが唯一といっていいほど他社との違いがあります。

ただし、店舗数が少なく、取りにいけない場所に住んでいる方は通常の発送にてWiMAXを受取ることになりますし、口座振替でWiMAXを申し込んでしまうと受け取りまでに長い期間がかかりますので注意してください。

先にお伝えしたとおり、早くWiMAXを利用したいのであれば、Try WiMAXなど簡単に申し込みができるキャンペーンを利用すれば数日間や1週間程度WiMAXの到着が遅れても問題はありません。

さらに、数日間WiMAXがレンタルできるWi-Fiレンタル会社などもあります。WiMAXの契約は3年契約など長期間のものですので、当日に受取りたいからといって料金が高いプロバイダを選択するのはおすすめできません。

WIMAXは店頭で購入すれば当日受け取れる?

契約期間中の料金を気にすることなく、あくまでも当日受け取りにこだわるのであれば、

・全国に約120店舗あるWiMAXの本社が運営する「UQ スポット」で契約する
・全国のauショップで扱っているWiMAXを契約する
・全国のビックカメラ・ヨドバシ・ケーズデンキなどの家電量販店で契約する

という方法であれば、当日の内に在庫があるWiMAXを持ち帰ることは可能です。

ただし、WiMAXの契約は本社のUQ WiMAXやグループ会社のauよりも他プロバイダのほうが圧倒的に安く、店舗の維持費が必要な家電量販店系プロバイダもネットで契約するより高額な料金設定になっています。

契約はWeb申し込みがお得

 

 

契約先 月額料金 キャンペーンの内容
UQ WiMAX 3,695円(1~2ヶ月目)

4,380円(3~24ヶ月目以降)

最大10,000円

キャッシュバック

au 4,380円 なし
ビックカメラ

ヨドバシカメラ

ヤマダ電機 など

3,695円(1~2ヶ月目)

4,380円(3~24ヶ月目以降)

最大50,000円の商品券

月額1,670円の有料オプションに

24カ月間加入必須

GMOとくとくBB 3,609円(1~2ヶ月目)

4,263円(3ヶ月目以降)

最大37,000円

キャッシュバック

BIGLOBE WiMAX 3,695円(1~2ヶ月目)

4,380円(3~24ヶ月目以降)

最大30,000円

キャッシュバック

Broad WiMAX 2,726円(1~2ヶ月目)

3,411円(1~24ヶ月目)

4,011円(25ヶ月目以降)

月額割引

 

上記の表は、本社であるUQ WiMAXとグループ会社のauの他、家電量販店系プロバイダなど当日受取可能な会社と、ネットから申し込む最安級のプロバイダの月額料金・キャンペーン内容を比較したものです。

実店舗が豊富なUQ WiMAXやau、家電量販店の月額料金は一律でネット系のプロバイダよりも高額になっており、auでは割引のキャンペーンも存在していません。

さらに、家電量販店系のプロバイダは50,000円の商品券がもらえてお得なように感じますが、キャンペーンを適用するには毎月1,670円の有料オプションに24ヶ月間も加入しなければいけない内容になっています。

オプション料として40,080円が必要になりますので、UQ WiMAXよりも損をする契約です。総じてネット系のプロバイダよりもトータル料金が高額になります。

WiMAXを安く契約するならネットから申し込みをするのが断然おすすめです。

Broad WiMAXなら店舗受取りも可能

 

 

東京 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7

新大宗ビル1階(パソコン修理工場内) Broad WiMAX 受取センター

10:00~19:00(平日・土曜受付/日祝休み)

〒101-0021 東京都千代田区外神田3-11-2

ロック2ビル1F(RGUILD内) BroadWiMAX 受取センター

11:00~19:00(平日・土曜受付/日祝休み)

埼玉 〒330-0854埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目1-5

山中ビル4F(スマホスピタル大宮西口)Broad WiMAX 受取センター

11:00~19:00(平日・土曜受付/日祝休み)

大阪 〒 531-0072 大阪府大阪市北区豊崎3-17-9 豊崎旭ビル2階

(スマホスピタル梅田2号店内)BroadWiMAX受け取りセンター

10:00~19:00(平日・土曜受付/日祝休み)

 

即日受取可能なおすすめプロバイダのなかでも紹介しましたが、Webから簡単に申し込みができて料金も安い
Broad WiMAXでも、上記の4ヶ所であればWiMAXの当日受取が可能です。

Broad WiMAXで当日受け取りを希望する場合は、通常のWeb申し込みの際に「店舗受取希望」にチェックを入れて各店舗にいけばWiMAXが手に入ります。

他の実店舗で契約するよりも料金的にかなり差がありますので、どうしても当日受け取りを希望するのであれば、Broad WiMAXが断然おすすめです。

携帯があればテザリングで対応できる

引っ越しからWiMAXの到着までの短期間であれば、Try WiMAXキャンペーンの利用やレンタルWi-Fiを契約しなくてもスマホのパケット通信だけでネット回線をまかなうことも可能です。

スマホのテザリング機能とは、スマホのデータ通信パケットパックを利用して、ノートパソコンやタブレットなどの通信機器をネットに接続する方法のことです。

スマホのパケットパックは、Wi-Fi専門の回線よりもデータ通信量が高額になる傾向がありますが、現在利用しているスマホの契約でネット回線をまかなえる便利な方法です。

わざわざ新しいネット回線を契約しなくても手軽にネットができるメリットがあります。

テザリングの方法

ドコモやau、Softbankなどのスマホキャリアで契約している方は、テザリングオプションというものに加入していないとテザリング機能は利用できませんので注意してください。

テザリングオプションの加入や現在のパケットパックの容量変更は、各会社の会員ページからすぐに変更できますので、テザリングを希望する際は変更しましょう。

また、古いスマホの中にはテザリング機能が利用できない機種があります。各機種の説明書やWebサイトのスペック表などでテザリング機能について調べてください。

iPhoneでもAndroidでも、契約先のプロバイダにテザリング機能について質問すれば、使える状態かどうか確認できます。

無事、テザリング機能が使える状態にスマホを調整したら、

①USBケーブルを利用してスマホと通信機器を接続する
②Wi-Fi接続でネットワーク名とパスワードを入力して通信機器を接続する
③Bluetoothでスマホと通信機器を接続する

という3種類の方法から選んでスマホと通信機器を接続します。接続の方法はスマホの設定画面「インターネットの共有」「テザリングとポータブルアクセス」などの項目で設定していきます。

テザリングの設定さえ終了すれば、ノートパソコンやタブレット等がスマホのデータパックを消費して通信可能になります。

ただし、スマホのデータパックはスマホのデータ通信を基準に料金設定されていますので、他の通信機器で回線を利用すると通信量が高額になることは注意してください。

スマホのテザリング機能は、ネット回線が他にないときの緊急手段的な方法です。

WIMAXの配送が遅れている場合の対処法

ここまで説明してきた中で、WiMAXの配送期間が2日~1週間とかなり差があることに疑問を感じている方もいると思います。

WiMAXの各プロバイダでは、毎月のように割引キャンペーンを更新しており、特に新生活が始まる4月などは一つのプロバイダに注文が殺到することがあります。

そのような場合、即日配送を売りにしているプロバイダといえど、在庫管理や配送業務に支障が出ることがあるのが現状です。

注文が殺到する時期によって、プロバイダの都合や宅配会社の都合により配送が遅れることはあると考えておきましょう。

発送が遅くれているか確認する方法

WiMAXの各プロバイダでは、契約を覆えた際やWiMAXを発送する際に登録時に記載したメールアドレス宛にお知らせメールを送信しています。

「出荷手配完了」や「機器配送手配完了」などのお知らせメールがプロバイダから届いていれば、すでにWiMAXはプロバイダを離れて契約者の元へ配送済みになっている状況です。

機器を発送した旨のお知らせメールを見つけた場合は、同じメールのなかに配送会社の検索サービス用の問合せ番号が記載してありますので、配送会社に問い合わせれば現在の配送状況が確認できます。

発送メールが届かない時の対処法

発送メールがプロバイダから届かない原因には、

・プロバイダのメールが迷惑フォルダに収納されている
・申込時に「申し込み完了ボタン」を押し忘れて申し込みが完了していない
・ネット接続が不安定で申し込みが完了していなかった
・登録したメールアドレスが間違っていた

など様々な理由が考えられます。

まずは、登録したメールアドレスの迷惑フォルダを確認してプロバイダから送られてきているメールがないかチェックしてください。

プロバイダからのメールが一切ない場合は、登録を行ったプロバイダのサポートセンターに連絡を入れて、必要事項に回答し、自分の契約が成立しているのか、メールアドレスは間違っていないかを確認しましょう。

申込自体が何かの理由で成立していない時は、いつまで待ってもWiMAXは届きませんので、届くのが遅いと感じたらすぐに各種確認をするのが大切です。

まとめ

引っ越しなどですぐにWiMAXを使いたい方や、WiMAXを契約してもなかなか端末が届かないと疑問を感じている方に向けて、WiMAXを即日受取で契約するおすすめの方法と配送が遅い場合の対処法を紹介しました。

どうしても即日からネット回線が利用したい場合には、すぐに通信できるWiMAXを短期間レンタルすることも可能です。

料金が高い実店舗で即日受け取りするのであれば、サクッとレンタルしましょう。契約期間のトータル料金を考慮するとネットから契約するのが断線おすすめです。

契約したWiMAXが届かない時は、何か契約情報に不具合が起きている可能性があります。気づいた時にサポートセンターに問い合わせを行いましょう。

  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • ギガ放題
    WIMAXのギガ放題とは?5分で分かる解説と失敗しない知識
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • WiMAX 即日
    WIMAXを即日受け取るには店頭が良い?配送が遅い場合の対処法
  • 出張 旅行 Wi-Fi
    出張(短期・長期)や旅行でネットに接続するWi-FiルーターTOP5
おすすめの記事