【2019年3月】持ち運びWi-Fiルーターの厳選ベスト3と安く契約する方法

wimaxやポケットWi-Fiなどの持ち運びWi-Fiルーターは、外出先や仕事先で使用可能で便利。ギガ放題プランやキャッシュバック特典を利用すれば無制限プランを安く使用できるので購入を検討している人も多いのではないでしょうか。モバイルルーターは年々新しい機種が発売されてどの機種を選べば良いか分かりにくいと感じる人も多いのが事実・・・。

今回は、2019年最新の機種を含めたおすすめWi-Fiルーターを、選ぶポイントや購入方法を比較してご紹介します。
この記事を読めば今イチオシの最新モバイルルーターとそれを最安値で契約する方法がわかりますよ。自分に合ったWi-Fiルーターが選択できるようになりますので契約する前にご一読ください。

【2019年】持ち運びWi-Fiルーターの選び方

持ち運ぶ 基礎知識
最新のWi-Fiルーターをご紹介する前に、持ち運びできるWi-Fiルーターの基礎知識について解説いたします。機種を選択する前に知っておいたほうが良い情報ばかりですので目を通しておきましょう。

持ち運びWi-Fiルーターの選び方1:通信速度

持ち運びできるWi-Fiルーターでは、スマホキャリア、スマホキャリアの子会社の契約が1日を通して安定して通信できる契約になっています。

持ち運びできるWi-Fiルーターで、1日を通して動画視聴やネット観覧をストレスなく利用したい方は、

・WiMAX
・ポケットWi-Fi(Y!mobile、Yahoo! Wi-Fi)
・モバイルWi-Fi(docomo)

等を契約するのがおすすめです。

持ち運びできるWi-Fiルーターの通信速度は、基地局からの距離、回線を利用している人数、回線全体で通信しているデータ量、周辺の障害物の有無による電波状況などによって変化します。

格安SIMのデータ通信では、利用者数が増えるお昼、夕方、夜間などは1Mbps以下の通信速度になることもあり、一般利用に耐えられる通信速度があるとは言い切れない契約です。

持ち運びWi-Fiルーターの選び方2:速度制限

メイン回線としてモバイルルーターを選択するなら、月のデータ通信量に上限があるLTE回線はおすすめできません。もしも、通信量の上限を超えてしまうと月末まで128kbpsの厳しい速度制限があるからです。

WiMAXなら、月のデータ通信量に上限がない無制限プランがありますし、3日で10GB以上利用した時の短期制限も最大速度1Mbpsと大変ゆるい速度制限です。

メイン回線で契約するならwimax、固定回線などと併用する場合は、wimaxかポケットWi-Fiなどから選択するのがおすすめです。

持ち運びWi-Fiルーターの選び方3:通信エリア

サービスエリアマップ

参考:UQ WiMAXサービスエリアマップ 

wimaxは無制限で利用できる回線で人口カバー率が90%以上です。

月のデータ通信量が無制限のプランは、wimaxのプランの他にポケットWi-Fiのオプション回線でも利用できます。

ですが、wimax以外のモバイルルーターは、基本的にスマホと同じLTE回線を利用していて、LTE回線には月のデータ通信量上限が設定されています。無制限通信ができる回線はオプション回線として用意されていますが、通信できるエリアは非常に狭くなっています。

エリアマップ

参考:UQ WiMAXサービスエリアマップ Y!mobileサービスエリアマップ(603HW)

wimaxはKDDIグループが提供している回線ですが、auのスマホとは別の回線を利用しています。独自に回線基地局を建てており無制限通信はwimaxが最大の通信エリアです。

その他モバイルルーターは上記画像のような通信エリアでしか無制限通信はできません。

持ち運びできるWi-Fiルーターを選ぶ時は、利用する回線から選んでいくのが正しい方法です。Wi-Fiルーターの利用用途に合った回線をまずは選択してください。

Wi-Fiの持ち運びは無料でできる?

持ち運びができるモバイルルーターと固定回線などをあわせたインターネット回線は利用するのに基本的にお金がかかります。街中には無料でWi-Fiが使える無料Wi-Fiスポットがありますが、各お店が用意しているサービスというだけで、お店側がネット回線料金を支払っています。つまり、インターネットを使う方法には以下のような方法があります。

1.光回線などの固定回線→自宅のみで持ち運び不可
2.マックなどの無料Wi-Fiスポット→対象エリアのみ、無料
3.モバイルWi-Fiルーター→持ち運び可能

Wi-Fiなどのネット回線で通信するモバイルルーターを持ち運ぶためには、回線を契約する必要があり、Wi-Fiを無料で持ち運ぶことはできません。

持ち運びできるモバイルWi-Fiルーターはこんな人にオススメ

持ち運びできるモバイルルーターがおすすめな人は、学生さん、外回りが多い社会人、出先でも高速通信が必要な自営業の方など、身の回りに常にネット回線があると便利な方です。

持ち運びできるモバイルルーターのメリットは

・どこでも通信できる
・ルーターの電源を入れるだけで回線とつながる
・初期費用・月額料金が安い

というメリットがあります。

決まった場所でネット通信する時間よりも、1日を通して移動していることが多い方、移動中でもネット通信をすることで利益がある方はモバイルルーターを選択するべきです。

月額料金が固定回線よりも平均して1,000円以上安いこともモバイルルーターの魅力です。

現在では、ネット観覧や動画視聴などの一般的なネット通信は、モバイルルーターで1日を通してストレスなく行えます。

固定回線は家族全員ネットを使う大家族や、大容量データ通信をする趣味やビジネスを持っている方、株取引・FX・高度で高速なオンラインゲームをしている方等の特殊な理由がない限り、必要にならない場合が多い回線です。

持ち運びWi-Fiルーターの速度・安定性の決め手は回線提供会社

回線提供会社 比較
持ち運びできるWi-Fiルーターを選ぶ際に回線の速度や安定性が気になる人も大勢いると思います。モバイルルーターは機種ごとに○○Bpsなどとスピードを宣伝していることも多いのでどれを選べばよいか迷ってしまう人も多いでしょう。しかし、機種性能も大事ですがそれ以上に利用する通信回線の提供会社が重要になります。どのようなことが重要なのかご説明していきます。

2019年使われているモバイルルーターの回線は4種類のみ

持ち運び可能なモバイルルーターの速度や安定性は機種以上に使われている回線のスペックが重要になります。

回線1:WiMAX・WiMAX2+(au)

wimaxは、WiMAX 2+回線というKDDIグループが提供している回線を利用するモバイルルーターです。利用している回線はauのスマホとは別回線になっていて、UQコミュニケーションズという会社が独自に回線基地局を建てています。

特徴は月のデータ通信量が無制限で月額料金が安価なこと、auではなくUQ WiMAXが本家でどこのプロバイダと契約しても回線品質が変化しないことです。
現在、データ通信量上限、月額料金、通信速度、通信エリアどれをとってもコスパ最強で一番おすすめなのはWiMAX 2+回線になります。

回線2:softbank

Softbank回線は、モバイルルーターを使ってSoftbankスマホと同じ通信方法でWi-Fi通信ができる回線です。Softbank子会社のY!mobile(ワイモバイル)やYahoo! Wi-Fiで契約する方法が通信回線の品質がよくおすすめです。

特徴は、月のデータ通信量に上限がある、Softbank回線をレンタルしてる格安SIMは通信回線品質が安定しない等になります。

回線3:docomo

docomo回線は、Softbank回線同様にスマホと同じ通信方法でWi-Fiモバイルルーターが使える回線です。現在は、docomo自社でモバイルWi-Fiサービスを行なっている他、格安SIMに回線をレンタルしています。

docomo回線の特徴は、月のデータ通信量に上限がある、月額料金が他回線の2倍以上、回線品質が高い、回線をレンタルしている格安SIMは通信品質が安定せず制限が厳しい等があります。

回線4:キャリア回線をレンタルしている格安SIM

docomo、au、ソフトバンク等のスマホキャリアから回線をレンタルしてWi-Fi通信サービスをしている格安SIMは、全体的に、キャリア、キャリアの子会社よりも通信品質が劣っています。

特徴は、料金が安価、時間帯による通信速度の変化が激しい、使いたい時に低速度のことが多い、月のデータ通信量に上限がある、短期速度制限も厳しいなど、おすすめできる内容ではありません。

【2019年3月】おすすめのモバイルルーターBEST3

持ち運びWi-Fiルーター ベスト3

1.おすすめはだんぜんwimax!

持ち運びできるWi-Fiルーターのおすすめは断然wimaxです。

メインのネット回線として必須といえる月のデータ通信量が無制限なこと、月額料金が安いこと、誤って短期速度制限を受けてもすぐに解除されて、速度制限がゆるいこと等を考慮すると、持ち運べるWi-Fiルーターはwimax一拓といっても過言ではありません。

最近では、wimaxの基地局数が増えており、地下鉄の駅のホームや改札外でも電波がつながりやすくなっています。UQコミュニケーションズでは、WiMAX 2+回線が利用できる地下鉄路線や駅を公表していますので、通信エリアに不安がある方は確認してみましょう。

2.固定回線と同時利用などサブ回線ならポケットWi-Fiがおすすめ!

ポケットWi-Fi(Y!mobile、Yahoo! Wi-Fi)は、月のデータ通信量上限が5GBや7GBと制限がありますが、持ち運びできてスマホと同じ通信エリアで利用できる利点があります。

仮に、光回線等を自宅に引いている場合は、ソフトのアップデートや動画の送受信など大容量データ通信は自宅で行い、外出時はポケットWi-Fiを利用するといった使い方がおすすめです。

5GBや7GBという通信量は、メインの回線として利用するには不安がある通信量です。

特にスマホ以外の端末(タブレットやノートPC)を使ってネット通信するとデータ通信量は跳ね上がりますので、メイン回線としてポケットWi-Fiを利用するのはあまりおすすめできません。

ポケットWi-Fiを利用するならサブ回線としての運用がおすすめです。

3.回線品質が重要なら断然docomoのモバイルWi-Fi

docomoの持ち運べるWi-Fiルーターは月額料金が5GBで7,025円と、Y!mobileの5GBプラン(2,563円)の2倍以上の実質月額料金になっています。

大変高額な月額料金ですが、その代わり、通信速度の実測値(実際にネットを利用する時の速度)や時間帯による回線品質の低下が他の回線よりも少ない特徴があります。

現在、docomoでスマホを利用されている方なら、モバイルルーターを追加で契約すると、スマホとWi-Fiルーターをあわせて月5GBまで1,900円でルーターが使えますので、docomoスマホユーザーの方であれば選択の内に入る回線です。

docomoのスマホを使っている方におすすめできる回線ですが、それ以外の方は他の回線を契約するのがおすすめです。

ある一定の速度(10Mbps)まで通信速度が出ていれば、ネット観覧や動画視聴はストレスなく利用できますので、月額料金が高いdocomo回線を選択する理由としては、回線品質のクオリティーは若干弱い理由になります。

【2019年3月】持ち運びWi-FiのイチバンおすすめはSpeed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06
2019年1月25日にWiMAXを提供するUQコミュニケーションズから新機種であるSpeed Wi-Fi NEXT W06が発売されました。
W06は理論上の最高速度で1,2Gbpsという光回線を超える速度を叩き出したイチオシの機種で、月額料金もBroad WiMAXやGMOとくとくBBを使えば最安値に抑えることができるので現在、持ち運びのモバイルWi-Fiを利用する人には最もおすすめしたい機種です。

W06について詳しくは以下にまとまっています。

Speed Wi-Fi NEXT W06
W06とWX05どっちを契約?実測値・評判の比較と最安キャンペーン
2019-01-29 20:30
近年の高速化によって家でも外でも高速通信が楽しめるようになったモバイル回線ですが、その中でも国内シェアNo.1のWiMAXから最新のWi-Fi機種が2019年1月25日に発売となり...

W05はクレードル(専用充電器)が使える

W06の登場に伴い前身であるW05やW04はお払い箱になってしまったのかというと必ずしもそうではありません。
W05やW04にはクレードルという専用の充電器がついていて、自宅で据え置き型Wi-Fiルーターや電波の拡散器として使用することができるのです。プロバイダによってはW05やW04だけの取扱の場合もあるのですがこちらも使いやすい機種になっています。

おすすめ最新機種W05と前機種W04 性能比較
機種名 W05 スペック一覧 W04 スペック一覧
WiMAX 2+回線

最大通信速度

下り558Mbps・上り30Mbps 下り440Mbps・上り30Mbps
最大通信速度

(オプション利用時)

下り708Mbps・上り75Mbps 下り708Mbps・上り37.5Mbps
連続使用時間 約540分 約540分
バッテリー容量 2,750mAh 2,750mAh
サイズ 約W130×H55×D12.6mm 約H130×W53×D14.2mm
重量 約131g 約140g

 

wimaxの最新機種であるW05は、前機種W04と比較して最大通信速度が向上しています。最大通信速度は理論値で到達することはほとんどありませんが、急成長を続けているWiMAX 2+回線が今後どのように変化するのかは予想できません。

バッテリー容量も前機種と同じでなおかつ軽量化、スマートな機種になっていますので、特にW05を選択しない理由がない方以外は、W05が断然おすすめです。最新機種を契約しておけば、今後のアップデートにも長い間対応できる可能性が増えます

持ち運びWi-Fiルーターを最安値で契約する方法

モバイルルーター 契約方法
断然おすすめのWiMAXは、どこのプロバイダから契約しても回線品質が変わらないWi-Fiルーターです。

契約するプロバイダを選ぶ時は、月額料金が安いところを選択するのがおすすめです。

どこで契約できるのか?やおすすめ機種、最安のプロバイダ等をご紹介していきます。

ネットと実店舗などの種類を解説

◯ネット上の契約ページ

ネットからの契約はクレジットカードが必要になる場合が多く、契約から2~4日でWi-Fiルーターが手元に届きネット通信ができるようになります。

回線を提供している本家よりも、同じ商品を扱っているプロバイダのほうが月額料金が安くなる場合もありますので、回線ごとに最安のプロバイダをチェックするのがおすすめです。

◯実店舗

各回線を提供しているキャリアショップや子会社のショップ、その他家電量販店でもWi-Fiルーターは契約できます。

ですが、実店舗での契約は、開催されているキャンペーンがネット上のものよりも劣っている場合が多く、店舗ごとに余計なオプションに加入させられることがあります。

実店舗のメリットは、契約する機種が現地にある場合、持って帰れて即日からネット通信が利用できることです。

対面で商品説明を受けられることもメリットと感じるかもしれませんが、お店側にも販売ノルマがありますので、消費者に本当に役に立つ情報とは限りません。余計なオプションを付けられて出費が多くなる場合もあります。

持ち運べるWi-Fiルーターを契約するなら、少なくてもネット上で最安で契約できるプロバイダ情報をチェックしてから店舗も調べるようにしてください。

機種は最新を選べば大丈夫

各回線は年々通信品質が向上していて、新技術もぞくそく開発されています。契約する機種ごとに大きな料金の違いもありませんので、契約する時におすすめなのは、新技術に対応しやすい最新機種になります。

今後も、新型機種はどんどん発売されますが、現行最新機種を契約しておけば、利用できる機能が他機種よりは多くなりますので、特に他機種を選ばなければいけない理由がない方には、最新機種をおすすめします。

wimaxを最安プロバイダで契約しよう!

2018年5月 WiMAX最安ランキング  実質月額料金 比較
順位 プロバイダ名 契約 機種 トータルコスト 実質月額料金 キャンペーン
1位 GMO とくとく BB 2年 WX03、W04 71,004円 2,959円 CB31,300円
2位 GMO とくとく BB 2年 W05 71,904円 2,996円 CB32,100円
3位 So-net 3年 W05 112,660円 3,129円 CB30,000円
4位 カシモWiMAX 2年 W04 75,360円 3,140円 月額割引
5位 BIGLOBE 2年 WX03、W04 76,750円 3,198円 CB30,000円

現在のwimax最安プロバイダは「GMO とくとく BB」の2年間キャッシュバックキャンペーンです。最安値で利用できる機種はWX03、W04ですが、W05の契約もGMO とくとく BBが最安ですので、wimaxを契約するならおすすめです。

「GMO とくとく BB」のキャッシュバックキャンペーンは、契約時に「安心サポート」と「公衆無線LAN」という有料オプションに強制加入しなければいけません。

ですが、2つのオプションは2ヶ月間無料になっていて、無料期間中に解除すれば涼気は掛りません。最安を狙って「GMO とくとく BB」で契約される際は、契約後に有料オプションを解約するようにしましょう。

契約月を含む11ヵ月後に登録したメールに届くキャッシュバックのお知らせメールに返信することで3万円以上のお金が返ってきますので忘れないように注意しましょう。

注意しなければいけない点がありますが、それは他のプロバイダにもそれぞれあります。wimaxはどのプロバイダと契約しても同じ品質ですので、契約は「GMO とくとく BB」を強くおすすめいたします。

wimax最安プロバイダ GMO とくとく BB  料金詳細
プロバイダ名 GMO とくとく BB 最安値
利用端末 WX03、W04 W05
契約年数 2年
短期 月額 7218 =3,609×2ヶ月 7218 =3,609×2ヶ月
中期 月額 93786 =4,263×22 93786 =4,263×22
事務手数料 3000
キャンペーン 33,000円 32,100円
実質総額 71,004 71,904
実質月額 2,959 2,996

【おまけ】持ち運びモバイルルーターにもデメリットはある

モバイルルーター デメリット
持ち運びできるモバイルルーターのデメリットは

・データ通信量に何かしらの制限がある
・大容量データ送受信には向かない
・高速なページ更新が必要な作業には向かない

などのデメリットがあります。

月の通信量が無制限で利用できるWiMAXでも、3日で10GB以上通信してしまうと、翌日18~26時までの8時間ゆるい短期制限(1Mbps)があります。

持ち運びできるWi-FiルーターのなかではWiMAXが一番ゆるい制限で、制限時でもネット観覧などはできる速度ですが、モバイルルーターの回線には何かしらの速度制限があります。

短期速度制限もない無制限通信は固定回線のみです。

持ち運びできるWi-FiルーターでPCソフトやオンラインゲームのアップデート(機能更新)などすると、大量のデータを通信する必要があり、場合によっては1回のアップデートで3~6GBは普通に消費します。

その他、株取引やFX、オンラインシューティングゲームなど一瞬の判断が必要なことは、回線のping値というものが低い回線ほど有利です。

持ち運びできるWi-Fiルーター回線(ping値60ms程度)と固定回線(ping値15ms程度)を比較すると、固定回線のほうが1000分の45秒ほど早い特徴があります。

特に機械操作で一瞬の判断を行なうような場合は、1000分の45秒でも大きな差になると感じる方もいますので、そのような方は固定回線を選択しましょう。

まとめ

2018年最新版おすすめWi-Fiルーターを持ち運びできるWi-Fiルーターからご案内しました。Wi-Fiルーターの基礎知識、メリット・デメリットもご紹介しています。

現在では、一般利用に使う回線は圧倒的に持ち運べるWi-Fiルーターがおすすめです。固定回線をおすすめできる利用者は以前より限られています。固定回線とモバイルルーターの違いも詳しく解説していますので、契約する前に一度ご確認ください。

WIMAXの関連記事
  • WiMAX ポケットWi-Fi 比較
    WiMAXとポケットWiFiは何が違う?エリア・料金・機種を徹底比較
  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WiMAX エリア
    WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • 出張 旅行 Wi-Fi
    出張(短期・長期)や旅行でネットに接続するWi-FiルーターTOP5
  • Speed Wi-Fi HOME L02
    UQ「HOME L02」をレビュー!L01sとの比較や速度・使い方を徹底解説