UQwimax(公式)のメリットは?本家で契約するメリット・デメリット

UQWiMAXとその他のプロバイダの違いを知っていますか?
その違いはUQWiMAXが公式(本家)でその他のプロバイダはUQWiMAXから通信設備を借りている関係にあるのです。

この貸し借りの関係からUQWiMAXはMNO、Broad WiMAXなどのその他のプロバイダはMVNOと呼ばれます。プロバイダが増えすぎて複雑化する一方ですが、wimaxの公式・本家はやっぱりUQwimaxです。どんな会社か分からないプロバイダを契約するよりは安心感のある本家で契約したいと考える人もいます。今回の記事ではUQの魅力とおすすめのプランや機種を解説します。この記事を読めばあなたは、失敗せずにwimaxを契約できるでしょう。

公式UQWiMAX(MNO)と他プロバイダ(MVNO)の違いは?

UQ 他プロバイダ 違い
wimaxやスマホの通信回線を自社で設置し、運用している会社のことをMNO(Mobile Network Operator)といいます。

一方、MNOが設置した回線をレンタルして、消費者に向けて通信サービスを提供する会社のことをMVNO(Mobile Virtual Network Operator)といいます。

wimax回線はauで有名なKDDIグループのUQコミュニケーションズが設置している通信回線で、UQ WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているサービスです。つまりwimaxのMNOはUQ WiMAXのみになります。(UQコミュニケーションズはauがモバイルルーターを展開するためにauのサブブランドとして設立されたブランドなのです。)

それ以外のプロバイダはMVNO会社で、回線はUQコミュニケーションズからレンタルしている状態です。

UQ WiMAXは、2015年から拡大を続けるwimax回線を、大きな障害無く運営し続けている実績があり、UQ WiMAXにはサービスの安定性と抜群のサポート体制があります。

他のMVNOは、通信設備の増強や保全に費用をかける必要が無く、MNOよりも安くサービスが提供できる強みを生かして、wimaxの新規加入者の獲得に貢献しています。

実は公式UQwimaxはパンク気味とも言われている?

UQ 安全性
MVNOの増加やサービスの向上によって、現在ではwimaxは一般的なネット通信方法になっています。

基本的にネット回線には、回線を利用する人数や通信するデータ容量が大きくなると、比例して通信速度が低下する特徴があります。(速度制限とは別)

wimax利用者数の増加により、wimax回線の混雑状況は以前より込み合っており、現在でもパンク気味の回線という推測もされています。

ですが、UQコミュニケーションズは通信速度1Gを目指すと公言しており、事実、下り最大速度110Mbps(2013年)、220Mbps(2015年)、2016年(440Mbps)、2017年(590Mbps)とサービスを向上させています。

今後、回線の仕様やwimax自体のサービス変更によって、通信速度や品質に変化があった場合、一番最初に適用されて一番良い状態で回線が利用できるのは本家のUQ WiMAXです。

その他のMVNOは仕様変更があった際には、UQ WiMAXのサービスに追従する形になりますので、現在のようにUQ WiMAXと同等のサービスが利用できるとはいいきれません。ちなみに3日間10GBの速度制限はどのプロバイダでも必ずかかります。この速度制限は、上記の理由で回線がパンクするのを避けるために速度制限を設けているためです。

本家UQwimaxを選んだほうが良い人

UQ WiMAXは、2015年から成長を続けるWiMAXの本家ということもあり、抜群の消費者サポートが魅力です。今後、様々な仕様変更があっても、一番品質が良い契約はUQ WiMAXの申込みになる可能性が高いです。

金額は設備投資の必要が無いMVNOのほうが有利になることが多いですが、UQ WiMAXにはWiMAX全体のサービスを向上させていく責任感と理由があります。

WiMAXなどのルーターやその他のWi-Fiを利用する機器にあまり詳しくなく、機械操作に慣れていない方でも、UQ WiMAXなら品質の高いカスタマーサポートが利用できて、安心してWiMAXルーターが利用できる利点があります。

高齢のご両親やネット回線の仕組みなどに詳しくない方は、UQ WiMAXの「おまかせサポート」オプションに加入すれば、オペレーターに遠隔操作で設定してもらうことも可能です。その際には、Wi-Fiを利用するスマホやノートPCの操作も一緒に相談できます。

多少の金額よりもWiMAXの操作やサポートが重要、長く使う時に安定して品質の高いサービスを受けたいとご希望の方に、UQ WiMAXはおすすめのプロバイダです。

公式UQWiMAX(MNO)にあって他プロバイダ(MVNO)にないオプション

UQ おすすめサービス
UQ WiMAXの申込みはwimaxの本家だけあって、wimaxを快適に使うためのオプションや、知識がない方でも安心して利用できるようサポートしてくれるオプションが、他のプロバイダよりも充実しています。キャンペーン実施のお知らせも受け取れます。

UQ WiMAXの申込みで特徴的なオプションは以下のようなものがあります。

UQWi-Fiプレミアム

UQ WiMAXは、WiMAX 2+を契約している方に向け、無料で街中にある公衆無線LANサービスが利用できる、UQWi-Fiプレミアムというサービスがあります。

UQWi-Fiプレミアムは、通信速度下り約10Mbpsの回線を通信料無料、通信量無制限で利用できます。このサービスはUQでは無料ですが、それ以外のプロバイダでは362円の有料サービスです。プロバイダの中には、利用自体ができないプロバイダもあります。

UQWi-Fiプレミアムは、モバイルルーターを忘れたとしても、Wi-Fiが利用できる端末(スマホ・タブレット・ノートPC)などを持っていれば、専用のアプリやネットページ経由で接続することでネット通信が可能になります。

Wi2というサービスも同時に利用できて、全国7000箇所以上、東海道新幹線や成田エクスプレスでもWiMAXが利用できます。

wimax電波が弱く、通信できない場所でも、UQ WiMAXなら無料で公衆無線LANが使い放題ですので、通信できないという問題は他のプロバイダと比較できないほど少なくなります。

おまかせサポート

おまかせサポートは月額350円のオプションに加入すると、wimaxに何かしらのトラブルがあった際に、専用ページから連絡を取ることで専門家がwimaxを遠隔操作して問題を解決してくれます。

さらに、wimax機種だけではなくwimaxに接続する周辺機器(デジタルカメラやプリンター等)もサポート対象です。インターネット接続なども遠隔操作で簡単にサポートしてもらえます。

遠隔操作で問題が解決しない場合は、別料金になりますが自宅に専門家が出張してくれるサービスも付随しているオプションです。

端末保証

UQでは下記のような原因で、wimaxが利用できない場合に保証してくれるオプションがあります。

・自然故障
・部分破損
・全損
・水濡れ
・火災による焼失
・盗難
・紛失

オプション料金は月額380円と他のプロバイダと比較して安く、故障の場合は初回3,300円、2回目5,300円を自己負担する形です。

他のプロバイダでは盗難や紛失が保証されておらず、UQのほうが端末保証の内容が充実していますので、もしもの時の安心感はUQ WiMAXがダントツといえます。

公式UQwimaxで選べるプラン!おすすめは?

UQ プラン選び

UQ WiMAXの申込みは、月間通信量が無制限の「ギガ放題プラン」と、月間のデータ通信量上限が7GBまでの「UQ flatツープラス」というプランから選択して契約できます。
2通りのプランはそれぞれ

通常プラン→3670円(税抜)
ギガ放題プラン→4380円(税抜)

おすすめは断然「ギガ放題プラン」です。そもそもWiMAXを選ぶということは、月間のデータ通信量に上限が無いプランを選ぶということと同義語です。

契約前は7GBあれば十分と思っても、契約期間2~3年の間にネット通信になれて、通信量が膨大に膨れ上がることも十分にあります。

3年契約では、WiMAX 2+回線とは通信方法が違うLTE回線が利用できる「LTEオプション料」が無料になります。WiMAXの回線は4G LTE回線を利用しているのでハイスピードプラスエリアモードを使うと高速なインターネットも可能です。

ハイスピードプラスエリアモードの詳細は以下にまとまっています。

WiMAX ハイスピードエリアモード
WiMAXのハイスピードプラスエリアモードって何?3分で理解できる活用法
2018-11-01 18:18
WiMAXは無制限で通信できるモバイルWi-Fiとして有名ですが、WiMAXの通信モードにはノーリミットモード、ハイスピードモード、ハイスピードプラスエリアモードなどたくさんの種...

注意点として、LTEオプションはデータ通信量が7GBまでに制限されていて、7GBを越えて通信してしまった場合は、WiMAX 2+回線も合わせた全回線が、月末まで最大通信速度128kbpsに制限されてしまいます。

正直に言うと、WiMAXを契約している方は、LTEオプションを利用しない方がほとんどですので、特に必要なオプションではありません。

UQ WiMAXのキャンペーンは、最大1万円のキャッシュバック特典があるキャンペーンが最安の契約方法です。期間限定のキャンペーンですので、UQ WiMAXで契約される際はお知らせ情報などチェックしましょう。

Webページ限定 最大10,000円キャッシュバック「UQ WiMAX」

公式UQwimaxで選べる機種と性能

UQ 機種性能

UQ WiMAX 取り扱い機種スペック一覧
機種名 発売日 最大通信速度

(上り・下り)

連続使用時間 バッテリー サイズ 重量
W05 2018年1月 708Mbps・75Mbps 約540分 2,750mAh 約W130×H55×D12.6mm 約131g
WX04 2017年11月 440Mbps・30Mbps 約690分 3,200mAh 約W111×H62×D13.3mm 約128g
W04 2017年2月 708Mbps・37.5Mbps 約540分 2,750mAh 約H130×W53×D14.2mm 約140g
WX03 2016年12月 440Mbps・30Mbps 約600分 2,890mAh 約H62×W99×D13.2mm 約110g
WX01 2015年3月 220Mbps・10Mbps 約520分 2,500mAh 約H66×W109×D9mm 約97g
HOME L01s 2017年2月 440Mbps・30Mbps -- -- 約H180×W93×D93mm 約450g
Home

+CA

2016年10月 220Mbps・10Mbps -- -- 約H130×W69×D162mm 約317g

 

UQ WiMAXの申込みでは、モバイルルーターと据置型Wi-Fiルーターの2種類が契約できます。

他のプロバイダは機種代金が0円の場合が多いですが、UQ WiMAXの申込みでは、旧機種のWX01を除き機種代金800円が必要になります。(WX01は機種代金1円)

モバイルルーターと据置型Wi-Fiルーターの違いは、モバイルルーターは持ち運びできて外出時でも電波のある場所でWi-Fi通信が可能です。

据置型はコンセントに電源をさして固定の場所でWi-Fi通信ができます。特徴として、モバイルルーターは同時接続が11台ですが、据置型Wi-Fiルーターは、+CAが18台、L01sが42台になっています。

一つの端末で10人以上が同時にネット接続する場合は、据置型Wi-Fiルーターがおすすめになります。

一番おすすめはSpeedWi-Fi NEXT W06

UQ WiMAXで扱っている機種で一番おすすめなのはSpeedWi-Fi NEXT W06です。2019年1月25日にw04,w05の後継機であるSpeedWi-Fi NEXT W06が発売されました。
システム上の理論速度で1,2GB超えで理論上は光回線を超えた現在最速のモバイルルーターになります。

SpeedWi-Fi NEXT W06の前身である、W05はW04と同様に、ハイスピードプラスエリアモード(オプション)と通常のWiMAX 2+回線を同時利用することで、最大下り通信速度708Mbpsの高速通信が可能な機種です。通常のWiMAX 2+回線の最大下り通信速度もW04が440Mbpsなのに対し、W05は558Mbpsでした。

最大通信速度は完璧な状態で通信した時の理論値で、実際は最大速度が出るような環境ではWiMAXを利用できませんが、今後の回線品質の変更やサービス内容の変更に対応しやすいのは最新機種です。

UQ WiMAXでは、契約金額も最新機種と以前の機種で金額が変わりませんので、契約するなら最新機種のSpeedWi-Fi NEXT W06がおすすめです。

ただし、月額料金はBroad WiMAXでの申込みが一番安くなっていますので申込みは公式はオススメしません。
Broad WiMAXは以下から。

公式UQWiMAXは口座振替で購入できるプロバイダ

UQ WiMAXでは、クレジットカードと口座振替から支払い方法を選択できます。他のプロバイダでは、wimaxの契約はクレジットカードが必須になる場合が多くなっています。

クレジットカードの場合は契約時に必要事項を入力すれば、支払い方法が設定されて毎月株式会社ファミリーネット・ジャパンからwimaxの月額代金が請求される形です。

口座振替の場合は、登録時に口座振り替えを選択すれば、口座振替依頼書の記入、捺印、送付は不要です。

利用できる銀行は下記になっています。

・都市銀行(三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行)
・ゆうちょ銀行
・地方銀行
・信用金庫
・その他の銀行

毎月26日(金融機関休業日の場合は翌営業日)に、指定した口座からwimaxの月額料金が引き落とされる形です。

さらに、支払い方法は契約期間中にネットから変更することも可能です。

My UQというサイトにアクセスして、ログイン後にお支払い方法を「クレジットカードに変更」か「口座振替申込手続き」をすることで変更できます。

「口座振替申込手続き」は、下記の銀行のみネットから申し込めます。

・都市銀行(三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行)
・ゆうちょ銀行
・地方銀行の一部
・一部を除く信用金庫

ネットで申し込んだ後は、必要書類をサイトからダウンロードしてUQコミュニケーションズ株式会社 登録センターまで送付すれば口座振替に変更できます。

口座振替やクレカなしでWiMAXを契約する方法は以下にも詳しくまとまっています。

wimax 口座引落
WIMAXの口座引落・口座振替を徹底解説!プロバイダ選び~審査手順まで
2019-01-03 11:17
WiMAXはモバイル回線でシェアNo.1を独走する人気サービスです。 ギガ放題プランが魅力的でポケットWi-Fiよりも利用者が多く、2018年10月時点で2,500万人を超えている...

WiMAX クレジットカードなし
クレジットカードなしのWiMAXの契約!5分でわかる解説|デビットカードも
2019-01-03 11:27
WiMAXをクレジットカードなしで契約したい人もいますよね。 「クレジットカードを持ちたくない・・・」 「高校生なのでクレジットカードを持てない・・・」 など理由は様々だと思います...

商品の受け取りやお届けまでの日数

UQ WiMAXでは契約した時間にもよりますが、最短当日発送、最短翌日到着でモバイルルーターが手元に届きます。

これは、クレジットカード支払いのほうが最短で使えると公式には書いてありますが、口座振替支払いでも契約から2日で利用可能になった方もいて、ほぼ変わらない到着速度(3〜4日)で利用可能です。

wimaxルーターは、端末に刺すSIMと一緒に届き、SIMを端末に刺せば利用可能になります。到着後すぐにネット通信が可能です。

商品に不具合がある場合はどうする?

→返品制度、TRYwimax、事前のエリアチェック

wimaxは購入から1年間はメーカーが端末の保証をしています。購入した商品に不具合がある場合は、契約した店舗に連絡を取り症状や交換の希望を伝えれば、適切に処理してもらえます。

UQ WiMAXに限らず、wimaxの契約には2年プラン、3年プランなど期間の縛りがあり、途中解約には違約金が必要です。

UQ WiMAXは、課金開始月を1ヶ月目と計算して、26ヵ月目(2年契約)、38ヶ月目(3年契約)の更新月に解約しない限り、途中解約違約金が必要になります。

UQ WiMAXの解約違約金は下記のようになっています。

・解約月13ヶ月未満 19,000円
・解約月14〜25ヶ月未満 14,000円
・27ヶ月目以降 9,500円

契約したは良いが、自分の家や普段wimaxを利用する場所が電波が弱く、思ったように通信できないという問題もありますので、いきなりwimaxを契約するのはおすすめできません。

UQ WiMAXではそのような心配がないように、無料でwimaxがお試しできる「Try WiMAX」というサービスがあります。

WiMAX15日間無料お試し「Try WiMAX」

このようなサービスはUQ WiMAXでしか行なっておらず、使用者に優しいサービスが揃っているさすがWiMAX本家のUQ WiMAXと感心します。

無料お試しサービスは、WiMAXの使用できるエリアを確認してから申し込むようにしましょう。WiMAXの人口カバー率は90%以上になっており、ほとんどの場所はWiMAX電波の範囲内ですが、確認は怠らないようにしてください。

→ UQ WiMAX WiMAXサービスエリアマップ

まとめ

wimaxの本家UQ WiMAXについて、その他のプロバイダとの違いや失敗しないための選び方、契約の種類や特徴などをご紹介しました。

UQ WiMAXは、wimaxというサービス自体に責任があり、サービスの向上と品質にこだわりがあります。

成長を続けるwimaxは、今後プロバイダによって回線品質や料金に今とは違う差が出ることも考えられます。そのような場合でも、UQ WiMAXは一番品質がよく安心して契約できるプロバイダです。

WIMAXの関連記事
  • WiMAX ポケットWi-Fi 比較
    WiMAXとポケットWiFiは何が違う?エリア・料金・機種を徹底比較
  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WiMAX エリア
    WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • 出張 旅行 Wi-Fi
    出張(短期・長期)や旅行でネットに接続するWi-FiルーターTOP5
  • Speed Wi-Fi HOME L02
    UQ「HOME L02」をレビュー!L01sとの比較や速度・使い方を徹底解説