無制限ポケットWi-Fiを最安値で購入する完全ガイド!コスパ最強で使い放題

動画を観ていても通信制限で止まってしまうとイラッとしますよね。そんな人は通信制限なしのWi-Fiを探しましょう。今回の記事では無制限のモバイルルーターの紹介や選び方と、固定回線を引いたほうがいい人について解説します。この記事を読めば、”無制限”の考え方が分かるようになり、失敗しない機種・プロバイダ選びができるはずです。

今の時代は無制限が当たり前

無制限 普及
昨今のインターネット環境は、アニメーションやCGを使ったリッチコンテンツや、リアルタイムで視聴者とチャットできるオンデマンド配信など、どんどん利用者に直感的に分かりやすくなっています。

その他、高画質動画やオンラインゲームなど、利用者に便利なコンテンツは快適ですがその分データ通信量を多く消費しているんです。

今後もどんどんインターネット環境は便利になっていき、比例してデータパケット量も増えていきます。

この記事をご覧の方は、現在データ通信量に上限がある回線をご使用中の方もいらっしゃると思います。以前は通信量が有限のプランでも問題なかったかもしれません、ですが、今後は無制限が当たり前になります。現在でもそうなっていますので、、、

モバイルWi-Fiのwimaxは、今大変人気があります。売れている理由は、データ通信量が無制限だからです。wimaxの人気はすさまじく、利用者数は2500万人以上、実に日本人の5~6人に一人はwimaxを所持しています。

今の時代に最も適しているのは、データ通信量無制限のネット回線です。

無制限のWi-Fiならモバイルルーターか固定回線

 

 

持ち運びできるwimaxと固定回線の特徴 一覧
wimax 固定回線
月/通信量 無制限
短期制限 翌日18~26時制限

 (3日/10GB以上利用)

なし
通信速度 リッチコンテンツやオンデマンドも可能な速度 株取引や10GB以上のデータ通信でも余裕の速度
月額料金 3,000~4,000円前後 4,000~6,000円前後
初期費用 事務手数料 3,000円 工事費その他 18,000円~40,000円前後
適した用途 ネット観覧などが主な用途 大容量データ送受信・同一回線多数利用・商業利用
通信エリア 人口カバー率90%以上 2015年から年々拡大中 有線回線を引き込んだ付近限定

 

データ通信量無制限のネット回線は、現在wimaxか固定回線が一般的です。

スマホと同じ通信エリアでネットできる、4G/LTE回線を利用しているポケットWi-Fiもありますが、通信量に制限があり、wimaxと比較して条件があまりよくありません。

4G/LTE回線のモバイルWi-Fiの場合、月の通信量上限を超えると最大通信速度128kbpsの厳しい速度制限が月末まで続きます。

 

 

ストレスを感じない通信速度の目安
メールやLine,Twitterなど 100kbps~1Mbps
ホームページ観覧 200kbps~2Mbps
テレビ、動画視聴 3Mbps~5Mbps
Youtube視聴(低画質) 500kbps~2Mbps
Youtube視聴(高画質) 3Mbps~5Mbps
4K画質動画やゲーム遅延無 5Mbps~

 

 

4G/LTE回線を無制限で利用できるプロバイダもありますが、現状は、一般的なネット利用(ホームページ観覧や動画視聴)をストレスなく利用するのが難しい内容ばかりです。

wimaxと固定回線の違いは、wimaxは料金が安く、ホームページ観覧や動画視聴などが主な目的の一般利用者の方向けです。

光回線はデータ通信量が大きいデータ送受信を良くする場合、株取引など一瞬の通信づまりも損失になる場合、家族全員で同時にガンガンネット利用する場合などが向いています。

無制限ポケットWi-Fiはwimaxしかないといって良いほど、月額料金や条件がその他のモバイルWi-Fiと差があり、持ち運びできる無制限モバイルWi-Fiならwimaxです。

wimaxは3日で10GB以上データ通信すると、翌日の18時~26時まで最大通信速度1Mbps程度の速度制限が適用されます。ですが、制限は1日のみでホームページ観覧や低画質動画であれば、ストレスをあまり感じないゆるい速度制限です。

モバイルルーターの無制限プランが安い

無制限プラン お得
ネット通信を無制限で利用したい方はモバイルルーターを利用する方法が安いです。

いったいどのように安いのか詳しく解説していきます。その他、利用料金が安い以外にも、モバイルルーターには様々なメリットがありますので、順を追ってご説明します。

モバイルルーターを選択するメリット

モバイルルーターのメリットは

・電波の届く場所ならどこでもネットできる
・パスワードを教えれば友達も一緒に利用できる
・工事不要・最短即日利用可能
・月額料金が安い

上記の利点がモバイルWi-Fiにはあります。

モバイルルーターは、wimaxで人口カバー率90%以上、4G/LTE回線で人口カバー率99%以上の場所で、有線ではなく無線でネット通信できます。

自分だけ一端末だけでなくノートPCやスマホ、タブレットなど複数台を同時接続できますし、回線のパスワードを教えれば外出先でも、最大10人前後まで一つの端末で同時接続できます。

モバイルルーターは、家電量販店や取り扱い店舗で契約すれば即日から利用できます。固定回線は、契約から利用できるまでが、約3週間~1ヶ月前後、繁忙期の場合は2ヶ月以上かかることもあります。

月額料金もモバイルルーターのほうが、固定回線よりも安いプランばかりになっています。

誇大広告に騙されない!

 

 

2018年5月 モバイルWi-Fi広告と実質料金 一覧
プロバイダ名 Y!mobile Yahoo! Wi-Fi GMO とくとく BB So-net カシモWiMAX BIGLOBE
広告内容 お得なPocket WiFi 業界最安級WiFi

が更にお得に‎

キャッシュバック

最大40,500円

月額料金が、

なんと980円~

ギガ放題プラン

が月額1,380円~

最大30,000円

キャッシュバック

通信量上限 5GB 5GB 無制限 無制限 無制限 無制限
契約年数 3年 3年 2年 3年 2年 2年
トータルコスト

(最安プラン)

92,280円 102,912円 70,904円 112,660円 75,360円 76,750円
実質月額料金

(最安プラン)

2,563円 2,859円 2,954円 3,129円 3,140円 3,198円

 

計算式(初月割引 × 適用月) + (他の月額 × 適用月) + 事務手数料 + 加入必須オプション料 - キャッシュバック等割引金額

モバイルルーターはすでに一般的なものになっていて、日本での普及率は緩和状態に近いところまで来ています。

「ここで申し込めば○○円安い!」「最安値級」など、誇大広告とはいえないまでも、信用に値する情報を配信していると簡単に思い込むのは損をする紛争状態です。

信頼の置けない誇大広告ばかりを見ていると、wimax自体、モバイルルーター自体の性能を疑ってしまいますが、製品自体は確かなものです。

モバイルルーターを選択するときは、信頼がおけると自身が納得できる場所から購入することをおすすめいたします。

プロバイダではなく、価格ランキングサイトなどが独自に行なっている、「Webページ限定キャンペーン」なども、トータルコストが高いものも多くありますので、プロバイダ公式情報と比較するなど注意しましょう。

二年間のトータル料金で比較しよう

モバイルWi-Fiの契約には契約年数(自動更新)が存在します。2018年のモバイルWi-Fi広告の主流は3年契約ですが、月額の実質料金が最安のプランは2年契約です。

さらに、2年契約のなかでも「月額○○円から始められる!」「○万円キャッシュバック」などの広告はほぼすべてのプロバイダで見かけられます。

プロバイダの公式ページだけを見て、安い○○円などに惑わされないでください。注意してほしいのは契約する時の費用よりも、「契約期間全体の実質トータル金額」です。

モバイルルーターに真の無制限は存在しない!

モバイルルーター 制限あり

モバイルルーター 各種条件と速度制限について
サービス種類 wimax ポケットWi-Fi スマモバ
通信量上限 無制限 5GB,7GB 無制限
通信量を超えた 制限なし 月末まで128kbps制限 制限なし
短期制限 3日で10GB以上利用

最大速度1Mbps制限

なし 3日で3GB以上利用

最大速度200kbps制限

使用回線 au回線 Softbank回線 docomo回線

 

モバイルルーターで利用できるネット回線は、提供しているすべてのプロバイダで何かしらの速度制限があります。

wimaxはモバイルルーターのなかで最もゆるい制限内容です。制限がかかる条件もゆるいですし、適用される速度制限も短期間で、制限時の最大通信速度も他のモバイルルーターと比較して高速です。

気をつけたい!10GBを超えてしまう使い方

3日で10GBを超えてしまうような使い方には下記のようなことがあります。

・オンラインゲーム (ソフトやゲーム機のアップデート時)
・高画質動画の再生
・オンライン会議 (ビデオ通話など)

オンラインゲームは、ゲームの種類によって通信量が大きく違い、PS4などのゲームでは、1時間で100MB~300MB以上のような通信量が一般的です。10GBで33~100時間はプレイできるデータ容量です。

ですが、ゲーム機のアップデートやソフトの更新などが最近のオンラインゲームにはとても多く、データをアップデートする際には、1回で10GB前後、通信量を消費することもあります。

オンラインゲームをwimaxでするには、ソフトやゲーム機のアップデート(更新)に注意しましょう。

 

 

10GBで視聴できる 高画質動画の再生時間 一例
Youtube

(1080p 高画質)

約6.5時間 Hulu

(最高画質)

約5.5時間 Amazonプライムビデオ (最高画質) 約1.7時間
Youtube

(720p HD画質)

約12時間 Hulu

(高画質)

約9時間 Amazonプライムビデオ (高画質) 約5.5時間
Youtube

(480p 標準画質)

約32時間 Hulu

(中画質)

約15時間 Amazonプライムビデオ (中画質) 約16,5時間

 

オンラインの動画は、各オンライン配信サービスによって設定されている画質が違います。

低画質のキメが粗い動画であれば長時間視聴できますが、キメ細かい綺麗な動画を見る場合は、10GBはすぐに消費してしまいます。

ビデオ通話やオンライン会議もサービスを提供している会社によって、使用する通信料に大きな差があります。

サービスを提供している会社の公式ページには、1時間で使用するデータ通信量などが記載されていますが、実質の通信量はその何倍にもなっている会社も存在していますので注意しましょう。

10GBでできるオンライン会議の大体の目安は、約30時間程度です。

上記の10GB以上利用するケースは、ソフトアップデートやビデオ通話をしすぎてしまった場合など、うっかり超えてしまう場合もありますが、大抵は注意しながら利用すれば問題ないことばかりです。

仮に超えてしまっても、wimaxは制限時の速度が1Mbpsで、低画質動画であれば視聴できる通信速度です。

やっぱりwimaxの無制限プランがおすすめ

モバイルルーターに真の無制限は存在していませんが、wimaxは限りなく無制限に近いといえるモバイルルーターです。モバイルルーターを選択するならwimaxをおすすめします。

無制限プランはwimaxの他でも、スマモバというプロバイダで利用できます。ですが、スマモバは、実質4年契約(実質月額3,918円)で通信速度がかなり遅く、3日で3GB以上利用すると200kbpsのきつい速度制限があります。

wimaxとスマモバを比較して、唯一スマモバをおすすめできる点は通信エリアです。

スマモバはdocomo回線(LTE)を利用していて、人口カバー率99%以上の通信エリアで利用できます。一方のwimaxは人口カバー率90%以上と、LTE回線と比較して通信エリアがすこし劣ります。

ですが、wimaxは2015年から年々通信エリアを拡大し続けて、現在は日本人の5~6人が利用している端末です。通信エリアの問題だけでwimaxとスマモバの優劣性は変わりません。

双方の通信エリアは下記の公式ページで確認できます。

→ WiMAXサービスエリアマップ

→ docomoサービスエリアマップ

さらに、LTE回線はwimax回線と比較して障害物に強い性質があります。周りに障害物が多くwimax電波の強弱が気になるような方は、15日間無料でwimaxが試せる「Try WiMAX」というサービスを利用してみると安心して契約できます。

→ 15日間無料でwimaxが試せる「Try WiMAX」

wimaxを最安値で使用できるプロバイダ

 

 

2018年5月 WiMAX最安ランキング  実質月額料金 比較
順位 プロバイダ名 契約年数 トータルコスト 実質月額料金 キャンペーン
1位 とくとくBB 2年 70,904円 2,954円 CB31,300円
2位 So-net 3年 112,660円 3,129円 CB30,000円
3位 カシモWiMAX 2年 75,360円 3,140円 月額割引
4位 BIGLOBE 2年 76,750円 3,198円 CB30,000円
5位 Broad WiMAX 3年 130,941円 3,637円 月額割引

 

※計算式 (月額料金 × 契約月 + 初期費用 - キャンペーン割引など ÷ 契約月)

wimaxはすべてのプロバイダで通信速度や通信品質に違いがありません。どこのプロバイダと契約しても回線は同じ品質です。様々な条件を考慮する必要が無く、簡単に最安のプロバイダを選択できます。

現在、wimaxの最安のプロバイダ・プランは、「GMO とくとく BB」の「2年契約キャッシュバックキャンペーン」プランです。

3年契約ではSo-netが安くなっています。So-netは1ヵ月ごとにキャンペーンが更新されるか変更されていますので、今の契約金額は今後も変わらないとは限りません。

wimaxは2年間の契約期間中に必ず新しい機種やサービスが生まれていますので、あまり3年契約はおすすめいたしません。

GMOとくとくBBがおすすめ

どこで契約しても品質に変わりない、wimaxの最安プロバイダはGMO とくとく BBです。

 

 

GMO とくとく BB 最安値
利用端末 WX03 W05
通信速度 下り最大440Mbps 下り最大708Mbps
契約年数 2年
初期 月額 7218 =3,609×2 7218 =3,609×2
月額 93786 =4,263×22 93786 =4,263×22
事務手数料 3000
キャンペーン 33,100 31,300
実質総額 70,904 72,704
実質月額 2,954 3,029

 

GMO とくとく BBでは、機種の種類によってトータルコストが変化します。最安値の契約はWX03という機種を使ったプランです。最新機種のW05のプランでも、最安の契約ですのでどちらを契約しても問題ありません。

GMO とくとく BBは、キャッシュバックと月額割引の2つのキャンペーンから1つを選んで契約します。最安はキャッシュバックキャンペーンです。

GMO とくとく BBでは、契約する際に「安心サポート」と「公衆無線LAN」という2つの有料オプションに加入しなければいけません。

ですが、2つのオプションは2ヶ月間無料ですので、最安値で契約したい方は、2ヶ月以内にGMO とくとく BBに連絡してオプションを解約するように注意してください。

有料オプションの解除など一手間掛りますが、現在の無制限wimax最安プランはGMO とくとく BBです。

通信量が有限のモバイルWi-Fiを利用されている方や、これからwimaxを契約しようとお考えの方には、GMO とくとく BBをおすすめいたします。

完全無制限で使いたいなら固定回線を引こう

固定回線 無制限
wimaxでは短期通信速度制限に引っかかってしまう方、すこしの通信遅れでも損失を生んでしまうようなビジネスをされている方は光回線にしましょう。

固定回線のメリット

固定回線のメリットは

・通信量上限がない
・短期的な速度制限がない
・通信速度が速い
・ping値が低く、情報更新が早い
・同時利用者数がモバイルWi-Fiよりも多い
・1日を通して回線品質が安定している

などのメリットがあります。

固定回線は、月額料金が他の回線よりも高額ですが、短期的な通信制限や通信量による速度制限はありません。通信速度もポケットWi-Fiやwimaxよりも速く同時接続数も多いです。

ping値という、「情報更新の早さ」もポケットWi-Fiよりも早く、一瞬の判断が必要な株取引やオンラインシューティングゲームなどを自宅で良くされる方は、wimaxよりも固定回線がおすすめです。

固定回線もモバイルWi-Fiと同様に、地域の利用者の数で通信速度が変化しますが、元々の通信速度が非常に高速です。夜間など利用者数が多い時間帯でもモバイルWi-Fiよりも回線速度(回線品質)を保てます。

一般利用ではどちらの回線も問題ない通信速度ですが、自宅で何GBもあるファイルを送受信されるような方は、固定回線を選択してください。

家族全員がネット利用者で、自宅で毎日ネットするようなご家庭には、通信量が多くなっても問題ない固定回線がおすすめの場合があります。

光回線がおすすめ!最安値のプロバイダはどこ?

 

 

2018年5月 光回線ランキング  実質月額料金 比較 (新規契約の場合)
順位 プロバイダ名 契約年数 一戸建て マンション 工事費
1位 BIGLOBE光 3年 3,856円 2,898円 無料キャンペーン中
2位 ソフトバンク光 2年 3,992円 2,592円 24,000円
(スマホを他社からSoftbankに乗り換える場合無料)
3位 ドコモ光 2年 5,325円 4,125円 最大18,000円
工事費無料(5月7日まで)

 

※「BIGLOBE光」はauひかりで光コラボレーションではありません。

光回線を所有しているのは「フレッツ光」や「auひかり」「NURO光」といった会社ですが、提供元から回線を買い取ってサービスを提供しているプロバイダで契約したほうが、お得な場合が多いです。

auひかり回線の「BIGLOBE光」では、auのスマホを「BIGLOBE光」の回線と一緒に契約していると、最大2,000円がスマホ利用料金から割引されます。

フレッツ光回線を買い取った「光コラボレーション」には、ソフトバンクやドコモがあり、それぞれ同じキャリアのスマホを利用していると、auと同じように割引サービスが利用できます。

ソフトバンクの場合は、Softbankスマホとソフトバンク光同時利用で、2年間スマホの料金から1台/最大1,000円割引(家族が利用しているものも)可能です。

ドコモでも、ドコモのスマホと同時利用で最大3500円まで割引されるセット割など、各スマホキャリアに用意されています。

光回線を選択するならば、一戸建ての場合、スマホをauに変更して「BIGLOBE光」で契約するのがおすすめです。

マンションの場合は、現在利用しているスマホキャリアからSoftbankに契約を変えて、「ソフトバンク光」を契約する方法がおすすめの方法になります。

まとめ

無制限のポケットWi-Fiを購入するためのガイドを、ポケットWi-Fiの無制限の定義と最安値の契約方法についてご紹介しました。

コスパ最強の使い放題モバイルWi-Fiを希望するならwimax一拓です。現在、通信量が有限のポケットWi-Fiを利用されている方は、記事を読んで各プロバイダをよく見比べてから契約することをおすすめします。

データ通信量でお悩みの方の中には、自宅に固定回線を引いたほうが便利な方もいらっしゃいます。家でネットをすることが多い方に向けても最適な方法をご紹介していますので、是非参考にしていただければ幸いです。

  • Speed Wi-Fi HOME L02
    UQ「HOME L02」をレビュー!L01sとの比較や速度・使い方を徹底解説
  • 縛りなし ポケットWi-Fi
    しばりの無いWiMAX・ポケットWi-Fiはある?違約金を払いたくない人向け解説
  • Speed Wi-Fi NEXT W06
    W06とWX05どっちを契約?実測値・評判の比較と最安キャンペーン
  • WiMAX クレジットカードなし
    クレジットカードなしのWiMAXの契約!5分でわかる解説|デビットカードも
  • wimax 口座引落
    WIMAXの口座引落・口座振替を徹底解説!プロバイダ選び~審査手順まで
  • wimax キャッシュバック 受け取り方
    WiMAXのキャッシュバックの受け取り方は?主要プロバイダまとめ
おすすめの記事