固定のWi-Fiで大丈夫!?新生活を失敗しないための無線VS有線の徹底比較

新生活を始める方やすでにポケットWi-Fiを契約している方の中には、モバイルWi-Fiのデータ通信量に不安や不満を持っている方が大勢いらっしゃいます。またネット回線を契約して以内方は、モバイルルータで大丈夫なのか心配ですよね?今回は、固定回線と固定Wi-Fi、モバイルルーターを比較して、それぞれにあっている人を具体的に解説します。さらに、固定回線の仕組みやメリット・デメリット、契約者の条件によっておすすめできるプロバイダも紹介しますので、是非ご一読ください。この記事を読めばあなたは、自分が契約するべき回線が理解できて、固定回線のお得な契約方法も分かります。

固定のWi-Fiだけじゃない!インターネットを自宅で使える4つの方法

固定 Wi-Fi 方法
自宅でインターネットを楽しみたい人は、まずこれから説明する4つの選択肢を覚えておきましょう。

1.固定回線(光回線)

固定回線
固定回線は、固定の場所に光ファイバーなどの有線ケーブルを配線し、ネットを利用する端末もしくは無線通信をするためのルーターに有線接続することで、ネットが利用できるようになる回線のことです。特徴は契約できる通信速度が高速なこと、電波を使った通信ではなく有線で通信するため通信品質の変化が少ないことです。月の使用量が無制限で利用できますが、他の回線に比べ月額料金は高額で4,200円~5,300円程度になります。また、開通には工事が必要なので少々面倒です。

2.モバイルWi-Fiルーター(持ち運び可能)

モバイルWi-Fiルーター
モバイルルーターは持ち運びできる機器で電波を使いネット通信します。電波の届く場所ならどこでも使えて便利ですが、契約できるプランには、利用したデータ通信量によって何かしらの速度制限が付いています。最低でも3日で10GB以上使用すると通信制限がかかります。月額料金は3,000円程度です。

3.据置型ルーター(固定と無線の中間)

据え置き型ルーター
据置型Wi-Fiルーターは、最近登場した新しいネットのスタイルです。WiMAXやポケットWi-Fiと同じ契約プランを持ち運べるルーターではなく、自宅に配置する無線ルーターで契約する方法です。自宅でしか使えませんが、工事は不要ですぐに使用できます。

契約プラン自体はモバイルルーターと同じもので、代表的な機種だと月額5,000円程度で使用できます。月のデータ通信量によって何かしらの速度制限があります。一つの機器(ルーター)で同時にネット通信できる人数が、モバイルルーターは10人程度)、据置型Wi-Fiルーターは18~42人程度という違いがあります。固定の場所で大人数で同時にネット通信する場合などは、モバイルルーターよりも据置型ルーターがオススメです。

4.テザリング(携帯を使う)

テザリング
スマホや携帯などをルーターの代わりにして、スマホのデータ通信でその他のノートPCやタブレットでネット通信することをテザリングといいます。テザリングはスマホの契約とは別にネット回線を契約する必要がなく手軽ですが、スマホのデータ通信パケットを利用します。そのためスマホの利用料が高額になりやすいです。設定は簡単なので、今すぐに使用できる手軽な方法です。

結局、固定のWi-Fiと無線のWi-Fiルーターはどちらがいいの?

モバイル 固定

時代はモバイルルーターな気もするけれど?

現在の流行は確実にモバイルルーターです。ネット通信はスマホやタブレットが普及したため、固定の場所より屋外で通信することが多くなっているからです。ですが、モバイルルーターの契約には速度制限があるため、毎日長時間ネット通信される方には向いていない契約です。固定の場所で長時間ネット通信される方であれば、流行っているからといってもモバイルWi-Fiルーターやめておいた方がいいというのが本音です。

固定でWi-Fiを引くべきか、モバイルルーターを契約すべきかは一概には決めれません

<有線と無線どちらが適しているか判断する材料>
・一人暮らしか二人暮らし・家族がいるか
・営業など外回りの仕事が多いか
・ゲームや株・FXなどを大容量の通信が必要になるか
・アパートやマンションなど不動産の関係

固定回線は工事費用+導入まで数週間かかることを忘れずに!

固定回線の料金相場は月額4000~6000円前後です。月額料金はマンションなどの集合住宅の場合に安くなり、戸建など一軒家になると料金が高くなります。
月額料金のほかにも回線を物理的に配線する工事費が必要になり、相場は18,000円~40,000円前後です。工事には日程調整や立会いが必要になるため「よし、インターネットを使おう!」と思ってもすぐには導入できず、数週間から1ヶ月程度の時間がかかります。例外として、新生活を始める方ですでに回線工事が済んでいるマンションなどに引っ越す場合は、訪問工事不要で工事費は大幅に安くなります。

光回線は自宅でしか使用できないので、外でネットを使用したければスマホのテザリングか無料のWi-Fiスポットを利用しなければいけません。

固定のWi-Fiでは厳しい人はWIMAXがおすすめ

もし、これら固定回線のデメリットを知ってモバイルWi-Fiルーターを契約したいと思った人はWIMAXがおすすめです。

モバイル(無線)VS固定(有線)!通信のスペックを徹底比較

無線VS固定
流行のモバイルWi-Fiルーターと固定Wi-Fi、固定回線を具体的に比較してご紹介します。

比較ポイント1:通信速度

通信速度は圧倒的に固定回線(光回線)が高速です。

固定回線が最大通信速度1~10Gbps(1,000~10,000Mbps)なのに対し、モバイルWi-FiのWiMAXで708Mbps、ポケットWi-Fiで788Mbpsと大きく最大通信速度は変わります。

それ以外のテザリングやSoftbank airは、モバイルルーターと同程度、もしくは遅い通信回線です。通信速度を一番に考慮するなら、Wi-Fiルーターやめとけといわざるを得ません。

比較ポイント2:通信制限

モバイルルーターは通信制限があります。WiMAXで短期制限(最大通信速度1Mbps)、ポケットWi-Fiは契約したデータ通信量を超えた場合、月末まで制限(最大通信速度128kbps)されます。スマホのテザリングも、契約したデータ通信量を超えた場合は月末まで制限(最大通信速度128kbps)です。一方、固定回線(光回線)は通常の契約でいくらネット通信しても速度制限はありません

比較ポイント3:エリア

モバイルWi-Fiルーターは、契約する回線によって通信できるエリアが変わります。WiMAXは独自に電波基地局を立てており、日本の人口カバー率90%以上の地域で通信可能です。

ポケットWi-Fiはスマホと同じ回線を利用していますので、スマホで通信できる場所であればモバイルWi-Fiルーターを使って通信可能です。

固定回線(光回線)は、ネット通信に利用する光ケーブルが近くに配線し終わっている場所であればどこでも通信できます。自宅に引いた有線ケーブルを無線Wi-Fi通信するためのルーターに接続すれば、Wi-Fi電波を使った通信も可能です。固定回線でも日本の一部地域でしかサービスを提供していない会社もあり、全国を網羅している通信事業者よりもよい条件の契約がありますが、対応エリア外の方は契約できません。

モバイルで代用できるなら無線でOK!絶対に固定でなければならない人とは?

固定回線 トレーダー
総合的には固定回線が優秀だという結論になります。モバイルWi-Fiルーターと比べると自宅のみの使用、月額が少し高額、工事が必要などのマイナスポイントがあるもののスペック面では光回線にはかないません。ただし、モバイルWi-Fiルーターも高速な通信が可能になりますから固定回線に劣ると言っても、普段のネットに支障が出ないようであれば契約してもOKです。

それでは、モバイルWi-Fiルーターで通信に支障が出てしまう人とはどんな人でしょうか?

一人暮らしの場合

一人暮らしで固定回線にすべき人は、

・Wi-Fi電波が届きにくい鉄筋コンクリート建などに住んでいる人
・大容量データを頻繁に送受信する人
・株・FX取引をしている人
・高性能なオンラインゲームをしている人

などが当てはまる方は固定回線にしましょう。

モバイルルーターは地下やビル街などの障害物が多い場所では電波が弱くなります。せっかく契約しても自宅で利用できなければ意味がありませんので、ネット通信する場所の周辺が何かの障害物で囲われているような場合は固定回線にしましょう。

また、モバイルWi-Fiの契約にはデータ通信量による速度制限が設けられています。毎日動画を大量に視聴される方や、ビジネスなどで大容量のデータ通信を頻繁にされる方は、簡単に制限容量を超えてしまいますので固定回線がオススメです。

モバイルルーターの回線は固定回線に比べ情報の更新速度が遅く、一瞬の判断が必要な株取引やFX、オンラインシューティングゲームなども向いていません。

逆に上記の条件には当てはまらず、一人暮らしでネット通信をあまりしない方や自宅にあまりいない方はモバイルルーターがオススメです。

二人暮らしの場合

二人暮らしの場合は、二人が利用するネット回線をモバイルルーター1台にまとめるのはオススメできません。モバイルルーターをどちらか片方が持ち出してしまえば、もう一人はネット通信ができない環境になってしまうからです。

さらに、WiMAXの3日で10GBというデータ通信量は、想像しているよりも少量です。一人では十分すぎる場合も多々ありますが、2人でネット通信を満足にするには少々心もとないデータ通信量になります。

家族3人以上の場合

家族3人でネット回線をまとめるなら間違いなく固定回線がオススメです。モバイルルーターの持ち運べるという最大の利点も3人以上のご家庭ではあまり役に立ちません。
固定回線なら、お昼、夕方、夜間といった利用者の多い時間帯でも爆速でネットが楽しめますし、月のデータ通信量も気にする必要がありません。3人以上の場合は圧倒的に固定回線をおすすめします。

固定回線しか引けない人のための導入に必要な知識

固定回線 Wi-Fi
上記に該当する人は、固定回線を引いたほうが良いです。ここからはそんなヘビーネットユーザーさんのために固定回線を導入するための知識を解説します。

固定回線にも種類がある

ここまで固定回線=光回線という前提のもとにお話をしてきましたが、実は固定回線にもいくつか種類があります。

固定回線には電話回線を利用するもの、ADSL回線を利用するもの、光ファイバーケーブルを利用する光回線の3種類があります。

電話回線は基本的にデータ通信した量によって利用料金が変化します。通信速度も非常に低速で現在のネット通信を満足に利用することは難しい回線です。

ADSL回線は2023年に終了がすでに予定されている回線です。電話回線を同じように利用しますが、データ通信量による利用料金の違いが無く、いくら使っても低額なことが特徴です。世界全体では一番普及率が高い回線で、通信速度は12Mbps程度となっています。

光回線は専用の光ファイバーケーブルを使った超高速通信ができます。ADSLと比較すると約83倍の速度1Gbps(1,000Mbps)が基準で、最近では2Gbps。5Gbps。10Gbpsというさらに高速な回線も契約できるようになっています。

契約するなら光回線一択!

ADSLはすでに終了が決定している回線で通信速度も十分ではなく、日々進化し続けるネット環境についていけるだけの回線ではありません。現在では固定回線なら光回線一拓です。

ADSLは電話回線を利用していて、回線基地局からの距離によって大幅に通信速度が変化します。光ファイバーケーブルは距離による通信速度の劣化が非常に少なく、誰にでもオススメできる回線です。

固定回線にする場合は大量のデータ通信が前提になりますので、通信速度の速さは重要です。新生活や引越しをされる際は、特にADSLを選択しなければいけない理由が無い限り、光回線を選択しましょう。

フレッツ光には別途プロバイダ契約が必要

固定の光回線は、物理的な回線を所有している回線事業者とは別に、ネット通信信号をコントロールするプロバイダと2つの契約をする必要があります。

例えば、NTTが所有するフレッツ光回線は回線事業者であり、それとは別に、OCNやBIGLOBEなどのプロバイダと契約して初めてネットが利用できるようになります。

プロバイダの契約方法

光回線はプロバイダを通して契約します。オススメの契約方法はネット上からの契約です。光回線は街中にあるショップや家電量販店でも契約できますが、不必要なオプションに加入しなくてすむお得なキャンペーンはネット上の契約だからです。

ネット上の契約の中には、プロバイダから回線契約促進を依頼されている代理店もあり、そのような代理店では独自の格安キャンペーンを開催していることもあります。

光回線を契約される際は、ネット上で調べて同じ回線でも利用料金が安くなる契約をしましょう。

工事費用や手順

光回線を新規で契約するには、利用する場所へ光回線を物理的に配線する工事が必要です。現在は、工事費がかかるプロバイダと無料のプロバイダに分かれていて、工事費無料の他にも割引料金で実質工事費無料などのキャンペーンをやっているところもあります。

工事費用は18,000円前後から40,000円ほどと契約するプロバイダ・工事内容によって大きく変わります。

工事の手順は、回線を申し込んだ時に回線工事の日時を指定して、当日は契約者立会いのもと1~2時間程度の配線工事になります。

配線が終了すれば、自宅や事務所の光回線コンセントに有線LAN接続してネットが利用できるようになります。

回線の開通までどれくらいかかる?

通常の配線工事は、契約してから3週間から1ヶ月程度で工事を行ないます。工事が終われば自宅内から設定をするだけでネット開通しますので、通常は1ヶ月程度あればネットが利用できるようになります。

ですが、配線工事は3~4月といった繁忙期に申し込むと1ヶ月~2ヶ月程度時間が空くこともありますので、光回線を新規で契約する場合は繁忙期を避けるようにしましょう。

2018年おすすめプロバイダ

2018年のおすすめプロバイダは、お住まいの場所、利用しているスマホ・携帯電話の種類などによって変わります。一番オススメのプロバイダとあわせてご紹介していきます。

世界最速のNURO光

 

 

NURO光G2Vプラン 料金詳細
プロバイダ名 So-net
プラン名 NURO 光G2V
月額料金 4,743円
工事費 40,000円(1,333円×30ヶ月)
キャンペーン 3~32ヶ月目まで1,333円割引
契約事務手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約

 

 

光回線は最大速度1Gbpsプランという契約が主ですが、NURO光には倍の最大速度2Gbpsプランというものがあります。月額料金も安く工事費は割引で相殺され実質無料です。

NURO光の2Gbpsプランは、有線LAN接続で1Gbps、無線接続で1Gbpsあわせて2Gbpsというプランです。

端末(パソコン、スマホ、タブレットなど)1台で最大速度2Gbps出せるプランではありませんが、複数台で最大2Gbpsまで出せる速い回線です。

関東光回線お客様満足度ランキング1位(価格.com)のオススメできるプロバイダです。

残念なことにNURO光は日本すべての地域で契約できる回線ではありません。現在契約できる地方は下記の表の通りです。

 

 

NURO光 契約できる地域一覧
関東1都6県 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県
関西2府3県 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
東海4県 愛知、静岡、岐阜、三重

 

上記の地域に含まれていても、場所によってはまだ回線が配線されていない地域もありますので、詳しい利用可能地域は公式ページからご確認ください。

→ NURO光 提供エリア検索

光回線をご検討中の方で、上記の地域に住んでいらっしゃる方であれば、通信速度が他より早いNURO光は大変おすすめな光回線です。

携帯キャリアと揃えてお得ドコモ光、au光、SoftBank光

 

 

光コラボ 携帯キャリアセットプラン 料金一覧
プロバイダ名 ドコモ光 auひかり Softbank光
月額料金

(戸建て)

5,200円/月 5,100円/月+500円/月 5,200円/月+540円/月
月額料金

(マンション)

4,000円/月 3,800円/月+500円/月 3,800円/月+540円/月
工事費 16,200~19,440円 30,000~37,500円前後 約24,000円前後
キャンペーン ルータープレゼント 最大55000円CB 最大54,000円CB
スマホ割引 800円~3000円

(シェアプラン)

500~2,000円

/スマホ1台

500円~2000円

/スマホ1台

契約事務手数料 3,000円
契約期間 2年自動更新 3年自動更新 2年自動更新

 

※CB = キャッシュバック

お使いのスマホ・携帯がdocomo、au、Softbankなどのキャリアの場合は、各キャリアが提供している光回線を同時に契約すると、月々の携帯代金が割引になりお得です。

キャリアの光回線セットで割引を適用するためには、au、Softbankではそれぞれオプションに加入する必要があります。その代わり、ドコモは1つのプランしか割引になりませんが、au、Softbankは家族全員の携帯代金プランすべてに割引が適用されます。

さらに、ドコモは工事費がかかるのに対し、au、Softbankはキャッシュバックキャンペーンで実質無料、ネット上の代理店を利用すると工事費以上にお金が返ってきます。

家族全員のスマホを同じキャリアでそろえているような方は、お使いのキャリアが提供している光回線で契約すると、他のプロバイダより安く契約できてオススメです。

関東限定!NUROを超えたau光の10GBプラン

 

 

auひかり ホーム10ギガプラン 料金詳細
1年目 2年目 3年目
月額料金(10GB ) 5,880円 5,780円 5,680円
月額料金(5GB ) 5,100円 5,000円 4,900円
参考:1GBプラン 5,100円 5,000円 4,900円
工事費 実質無料
キャンペーン 超高速スタートプログラム
契約事務手数料 3,000円
契約期間 3年自動更新(割引適用のため)

 

 

2018年3月よりauは関東の限定地域で最大速度10GBと5GBのプランを開始しました。

auひかり ホーム10ギガプラン・5ギガプランは、3年契約すると「超高速スタートプログラム」を利用することができ、月額料金から500円の割引が受けられます。

auひかり ホーム5ギガプランは通常の1GBプランに+500円ですので、3年契約なら通常プランと同じ金額で利用できます。

それ以外にも、auスマホを同時利用していればauスマートバリュー適用でさらに割引が受けられます。auひかり ホーム10ギガプランは世界最速の光回線プランですので、対応地域にお住まいの方にオススメの回線です。

auひかり ホーム10ギガプラン・5ギガプラン対応地域は下記のサイトでご確認ください。

→ auひかり ホーム10ギガプラン・5ギガプラン エリア判定

格安SIMとまとめてお得OCN光、IJJmio

 

 

格安SIMと光回線セットプラン 一例
プロバイダ名 OCN光 IJJmioひかり
月額料金(戸建て) 5,100円 4,960円
月額料金(マンション) 3,800円 3,960円
工事費 18,000円程度 15,000円程度
セット割 500円 600円
キャンペーン 最大30,000円CB なし
契約期間 2年自動更新

 

※CB = キャッシュバック

光回線とスマホのセット契約は、3大キャリア以外の格安SIMでも割引されるプランがあります。

OCN光は格安SIMのOCNモバイルONE、IJJmioひかりはIIJmio(みおふぉん)で格安SIMを契約するとそれぞれ割引料金が適用されます。

格安SIMの月額料金は、それぞれ音声SIM1,600円から、データSIM900円からのプランがあり、キャリア契約よりも安い金額でスマホが利用できます。

OCN光には実質工事費無料になるようなキャッシュバックが用意されていますが、IJJmioにはキャッシュバックのようなキャンペーンは用意されていませんので、格安SINの場合はOCN光がオススメです。

関西在住におすすめeo光の独自回線

 

 

ed光 料金詳細
1~2年目 3~5年目 6年目~
月額料金(戸建 ) 4,953円 4,795円 4,543円
月額料金(マンション ) 3,524 ~ 3,791円
工事費 無料
キャンペーン auスマートバリューでさらにお得に
契約事務手数料 3,000円
契約期間 3年自動更新(割引適用のため)

 

関西電力系会社のケイ・オプティコムが運営しているeo光は、電力会社が所有している独自の回線で通信するため、全国に普及しているフレッツ光よりも回線が込み合っておらず高速で通信できるメリットがあります。

高速なeo光ですが、回線が利用できるエリアは下記の県だけです。

・大阪府
・京都府
・兵庫県
・奈良県
・滋賀県
・和歌山県
・福井県

より詳しい対応エリアは下記のサイトでご確認ください。

→ eo光 サービス提供エリアの確認

eo光は月額料金も他のプロバイダより安く、同じ回線を使い続けるほど料金は割引されます。工事費は基本的に無料です。

auスマホと同時利用で料金が安くなる「auスマートバリュー」も使えますので、auスマホと同時契約でも安くなり、関西にお住まいの方に是非オススメしたい光回線です。

まとめ

固定回線をモバイルWi-Fi、固定Wi-Fiと比較して、性能、料金、メリット・デメリットをご紹介しました。

新生活を始める方やすでにポケットWi-Fiを契約していてデータ通信量に不満がある方には、是非読んでいただきたい内容になっています。

どんな人が固定回線に向いているか、お得な固定回線の契約方法、固定回線の種類や契約の詳細についても解説していますので、確認して自分に合った固定回線を選択しましょう。

  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • ギガ放題
    WIMAXのギガ放題とは?5分で分かる解説と失敗しない知識
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • WiMAX 即日
    WIMAXを即日受け取るには店頭が良い?配送が遅い場合の対処法
  • 出張 旅行 Wi-Fi
    出張(短期・長期)や旅行でネットに接続するWi-FiルーターTOP5
おすすめの記事