ドコモ光の「光電話」って何?5分でわかるサービス概要と導入の必要性

ドコモ光はインターネットのみでなく、ひかり電話というサービスも提供しています。ドコモショップで店員に勧められたけど、ひかり電話がなにかわからない。また、ひかり電話という名前は知っているけど、実際にはどのようなサービスなのか、アナログ電話と何が違うのかは分からないという人も多いと思います。この記事では、ひかり電話とは何か。ひかり電話のメリット・デメリット。サービスや料金の面で、アナログ電話とどう違うのかについて説明します。

ドコモひかり電話はどんなサービス?

ドコモ光 ひかり電話
ドコモひかり電話とは、ドコモ光回線を使った固定電話サービスです。国内のみでなく、海外への通話も可能です。アナログ電話が、アナログ回線を用いるのに対して、ひかり電話はインターネットを使用して電話をします。

ひかり電話はどんな仕組み?

光電話とアナログ電話はそれぞれ仕組みが違います。アナログ電話は、音声を各地域にあるNTTの基地局を中継させることで全国各地まで音声を伝えることができます。しかし、アナログ電話は通話先との距離が遠くなるほど信号が弱くなり音質が悪くなります。また、距離に応じて通話料が高くなります。アナログ電話とひかり電話の違いは、災害時でも繋がりやすいことです。アナログ電話は、電話線を通して電気の供給が行われているため、停電しても電話を使用できます。

光電話は、インターネット回線を利用して音声通話を行います。そのため、インターネット環境が整っていれば、世界中のどこでもネットワークを構築して通話することができます。また、インターネットを使用しているため、パソコンと電話番号を連動させ、音声録音をするといったことも可能です。ただし、ひかり電話用の電話機は電源から直接電気の供給を行うため、アナログ電話とは異なり、災害時に停電すると使用できなくなります。

ひかり電話の料金は?

東日本エリア

 

 

加入電話の通話料 ドコモ光電話の通話料
通話料金 市内/3分 8.5円 日本全国8円
県内市外/3分 20~40円
県外/3分 20~80円
国際電話 アメリカ合衆国宛て/1分

※グアム・サイパン等一部を除く

60円(免税) 9円(免税)
携帯電話 ドコモ宛て/1分 20円 16円
au宛て/1分 30円 17.5円
Softbank宛/1分 40円 17.5円

 

【NTTドコモ光電話公式HP参照:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/tell_service/
西日本エリア

 

 

加入電話の通話料 ドコモ光電話の通話料
通話料金 市内/3分 8.5円 日本全国8円
県内市外/3分 20~40円
県外/3分 20~80円
国際電話 アメリカ合衆国宛て/1分

※グアム・サイパン等一部を除く

60円(免税) 9円(免税)
携帯電話 ドコモ宛て/1分 17円 16円
au宛て/1分 18円 18円
Softbank(旧ワイモバイル)宛/1分 17円 16円
Softbank宛て/1分 20円 18円

 

【NTTドコモ光電話公式HP参照:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/tell_service/

ドコモひかり電話の料金について解説していきます。まずは、ひかり電話の基本料金についてです。ドコモひかり電話の基本料金は一律500円です。この500円はドコモ光の月額料金に加算されます。そして、この基本料金にプラス通話料として電話した分の料金が加算されて、毎月請求されます。

通話料は上記表の通り、ひかり電話と固定電話(アナログ電話)を比較してみると、NTT東日本・西日本ともに、半分以下の通話料に抑えることができます。市内のように近い距離だとそれほど価格差はありませんが、市外や県内、県外のように距離が離れる方と固定電話で通話をする場合は、価格差が大きくなります。そのため、料金の面でひかり電話はメリットが非常に大きくおすすめです。

光電話のメリット・デメリット

光電話のメリット

アナログ電話と比較し、ひかり電話のメリットを説明します。1つめは、電話加入権が不要ということです。電話加入権とは、NTT固定電話回線をNTT東日本・西日本と契約する際に必要になる権利のことです。アナログ電話を使用する場合は、電話加入権(現在は施設設置費単金と呼ばれている。)を36000円で購入しなければなりません。しかし、ひかり電話を契約する場合には電話加入権の購入は必要ありませんので、手軽に光電話を利用できます。

2つめは、アナログ電話からひかり電話に移行する場合に、2つの条件を満たすことで、同じ電話番号をひかり電話でも使うことができます。1つめは、NTTの加入権を購入して発番した電話番号であること。2つめは、ひかり電話への移行時に引っ越しなどで電話を使用する住所が変わらないことです。アナログ固定電話から払い出された電話番号はNTTフレッツ光の光電話のみでなく、他社auひかりやCATVなどでも基本的に同じ電話番号での継続が可能です。

3つめのメリットは、電話基本料・通話料が安いことです。アナログ電話から光電話に変更する場合、一番魅力的であると言えるのは、「電話基本料金・通話料金の安さ」です。

・アナログ固定電話の住宅用電話の基本料金約1700円
・アナログ固定電話の事務用電話の基本料金約2500円
・光電話の基本料金500円

上記のように、アナログ電話とひかり電話では基本料金に差があります。また、一律で通話料金も安くなります。ドコモひかり電話の料金については上記で既にふれていますが、ひかり電話同士の通話料金はアナログ電話の時と比べて、約半分の通話料です。アナログ電話では、電話をかける相手の距離との距離が遠ければ遠いほど、たくさんの「中継点」を通過しないと駄目であるため通話料金が高くなりがちでした。しかし、光電話は何か所も中継点を経由するのではなく、インターネットを通じて通信を行うため、アナログ電話よりも安くなります。

光電話のデメリット

光電話にもデメリットはあります。1つめは、一部電話番号が引き継げないということです。ひかり電話の新規契約時に発番した電話番号の場合、電話番号の引継ぎができない場合があります。NTTのひかり電話やKDDIのauひかり電話など、業者によっては番号の引継ぎ条件が変わってくる場合があります。ひかり電話を利用する際は、今使っている電話番号は引継ぎ可能であるかを業者に確認しましょう。

2つめは、一部繋がらない電話があります。日常的にはあまり使用しない電話であるため、日常生活に支障はあまり出ないです。

3つめは、ひかり電話が停電時に使用できなくなることです。アナログ電話の電話機は電話線を通じて電気を供給しているのに対して、ひかり電話の電話機は電源から直接電気を供給するため、停電時には光電話を使用することができなくなります。
そこで、停電時にひかり電話を動かす方法として、大手家電メーカーでは電池パックやバッテリーなどが販売されています。ひかり電話を利用している、または、利用を検討している方は、万一の時に備えて、電池パックやバッテリーを備蓄しておくといいでしょう。

光電話の申込みタイミングは?

ひかり電話の申し込みにはドコモ光の契約が必要です。そのため、ひかり電話単体での契約はできず、申し込み時には必ずドコモ光の契約をしていることが条件になります。では、ひかり電話を申し込むタイミングはいつなのか。ひかり電話を申し込めるタイミングは、ドコモ光の契約時に同時に申し込むことです。またはドコモ光を契約後に別途申し込むことができます。

申込みはどこから?

ドコモひかり電話の申し込みは、「全国のドコモショップ」・「インフォメーションセンター」・「全国の量販店」で受付をしております。量販店での申込は、携帯端末との同時契約かつ、料金明細サービスをしていない場合に限ります。

海外の電話にも対応しているか

ドコモ光のひかり電話は国内から海外への国際電話にも対応しています。アナログ回線ではアメリカ合衆国宛の国際電話(NTT東日本/NTT西日本の通話サービス)が60円/1分なのに対して、ドコモ光電話からの通話料は9円/1分と国際電話の通話料も固定電話より抑えることができます。

光電話の申込みに必要なもの

ドコモひかり電話の申し込みには、ドコモ光の契約が必要です。また、本人確認のためNW暗証番号と呼ばれるドコモ回線の契約時に作った4桁の番号が必要です。そして、契約手数料としてプラス2000円がかかります。この2000円は契約月の翌月末に携帯電話・ドコモ光の料金と合算して請求されます。

ドコモひかり電話で電話番号は変わる?

ドコモ光電話 電話番号
ひかり電話を新たに使用するにあたり、これまで使用していた電話番号をそのまま利用したいという人が多いかと思います。しかし、実際に契約する際に電話番号が変わってしまうのではないかと不安に思う人も少なくないです。実際にドコモひかり電話を契約すると電話番号が変わってしまうのかについて説明します。

携帯電話を利用している場合

携帯電話のみ所持しており、これまで固定電話を使用していない場合は、とくに携帯電話に対しての影響はございません。

固定電話を利用している場合

NTTの固定電話を使用していれば、基本的には今までの電話番号と同じものを使用することができます。そして、電話機も従来のものを使用することができます。反対に、電話番号を変更したいという場合もひかり電話に加入する際に手軽に新しく電話番号を発番することが可能です。

基本的には電話番号を引き継ぐことができると説明しましたが、引き継げない場合が2つあります。1つは、NTTの加入権を購入していない場合。2つめは、引っ越しにともない住所でのNTTの管轄エリアがNTT東日本(NTT西日本)からNTT西日本(NTT東日本)に変わる場合です。この場合は、今までの電話番号が変わる可能性があるので、ひかり電話の申し込み時にあらかじめ確認する必要があります。

光電話を解約した後に番号の引き継ぎはできる?

ひかり電話を解約すると電話番号を引き継ぐことができるのか、できないのかについて解説します。結論を言いますと、ひかり電話を解約しても同じ電話番号を使用することができます。しかし、同じ電話番号を使用するには条件があります。それは、残したい電話番号がNTT発番の電話番号であることです。ドコモ光の光電話を契約する前に、NTTで電話番号の加入権を購入して電話番号を使用しており、番号ポータビリティで電話番号を引き継いでからひかり電話を契約したのであれば、ひかり電話を解約しても、同じ電話番号で使用していくことができます。しかし、ひかり電話の契約時に電話番号を発番したのであれば、解約時に引き継ぐことはできないです。

上記のように、NTT発番の電話番号であれば、ひかり電話の解約後も電話番号を引き継ぐことはできます。ただし、ひかり電話の解約後も電話番号を引き継ぐのであれば、アナログ戻しという作業を事前にしておく必要があります。アナログ戻しは契約者自身で行わなければならず、このアナログ戻しを行わずにひかり電話を解約すると、電話番号の引継ぎができなくなりますので、ご注意ください。

アナログ戻しとは

まずは、アナログ戻しについて説明します。ひかり電話のアナログ戻しとは、ひかり電話で使用している電話番号を他社でも継続するために、一度アナログ回線に戻すことを指します。ひかり回線同士で電話番号の引継ぎができないため、一度アナログ回線を挟むことで、電話番号の移行を可能にしました。アナログ戻しを行わずとも番号を移行できる場合は、アナログ戻しは不要です。

アナログ戻しには、アナログ戻しをできる番号とできない番号があります。できる番号は上記でも説明した通りNTT発番の電話番号です。もともと、アナログ電話でNTTの電話番号を使用していれば、アナログ戻しを行えます。しかし、「ひかり電話で発番された電話番号」・「NTT以外のアナログで発番された番号」・「NTT以外のひかり電話発番の番号」では、アナログ戻しをできません。この場合は、今の電話番号を解約して、新しい電話番号を乗り換え先で取得する必要があります。

NTT発番の電話番号には加入権の購入が必要でした。アナログ戻しは、加入権を使って発番した電話番号じゃないとできないのかどうか説明します。結論は、加入権がなくてもアナログ戻しは可能です。NTT発番の電話番号には、加入権のないライトプランがあります。加入権のない電話番号をアナログ戻しするのであれば、もう一度ライトプランに加入し、アナログ戻しを行えば大丈夫です。

アナログ戻しの手順

アナログ戻しの手順について説明します。アナログ戻しに必要な手順は2つです。1つは、NTTにアナログ戻しの申し込みを行い、工事日を決めること。2つめは、工事に立ち会うことです。

1つめのNTTにアナログ戻しの申し込みを行い、工事日を決めるためには、NTT東日本/NTT西日本へ連絡を行い、アナログ戻しを行いたいことを伝えれば大丈夫です。ただし、アナログ戻しと同時にインターネット回線の解約も行いたい場合は、ドコモへの連絡が必要です。ドコモがNTTへの取次をしてくれるので、後日NTTの担当者から、アナログ戻しの費用や工事について調整の連絡が来ます。そして、1つめの手順で決めた工事日に立ち会うことで、アナログ電話に戻すことができます。アナログ戻しに必要な料金は、全国一律の2000~11000円で案内されることが多いです。工事の内容や派遣工事の有無で金額が変動します。

アナログ戻しの工事内容

アナログ戻しの工事内容は、電柱から電話線の引き込み保安器を設置、保安器から屋内配線し、モジュラージャック(電話の差込口)を設置するところまでとなります。
この工事を無派遣工事か派遣工事で行うかによりアナログ戻しの工事の金額が変わります。以前住んでいた人が使っていた設備や配線がそのまま使用できるのであれば、無派遣工事になります。設備や配線を設置しなおす必要がある場合は、派遣工事になります。

 

 

戸建ての場合 パターン 料金(税抜き)
基本工事費 無派遣工事 1000円
派遣工事 4500円
交換機工事費 1000円
屋内配線工事費 既設の屋内配線を使用 2400円
新規の屋内配線を使用 4800円
機器工事費 機器により異なる

 

 

集合住宅の場合 パターン 料金(税抜き)
基本工事費 無派遣工事 1000円
派遣工事 4500円
交換機工事費 1000円
屋内配線工事費 既設の屋内配線を使用 2400円
新規の屋内配線を使用 4800円
機器工事費

アナログ戻しにかかる期間

最後に、アナログ戻しの工事にかかる日数について説明します。無派遣工事でできる場合は、最短で3日ほどでアナログ戻しが終了します。しかし、派遣工事が必要な場合は、工事の空き次第になってしまうため、引っ越しなどが多い3月4月だと1か月以上かかる場合もあります。また、アナログ戻しの工事は、土日祝は行っておらず、平日のみの実施なので、アナログ戻しを検討される方で、平日は都合が悪いという方はご注意ください。

ドコモ光電話の導入手順や工事費用

ドコモひかり電話 導入手順
ドコモ光を導入する手順や工事費について説明します。ドコモひかり電話の申し込みには、ドコモ光と同時に申し込む場合とドコモ光とは別に申し込む場合の2パターンあるため、それぞれ解説します。

ドコモ光と同時に光電話を申し込む場合

ドコモ光の申し込みとドコモひかり電話を同時に申し込む場合は、通常のドコモ光の申し込みと同様です。まずドコモ光の契約を行います。ドコモ光の契約を行う中で、ドコモひかり電話を契約するかしないかを受け付け担当者に確認されるので、ひかり電話の契約を申し出ます。あとは、電話番号を引き継ぐ(番号ポータビリティ)か、新規発番をするか、加入権を持っているか、持っていないか、電話を使う住所などを聞かれます。幾つか質問に回答し工事日を設定すれば、あとは工事の立ち合いを行い、ドコモ光とひかり電話の契約が完了します。

注意点としましては、ドコモ光の契約後、ドコモ側からひかり電話の申し込みに関する確認のための連絡がくる場合があります。一定期間応答できなければ、ドコモ光電話の申し込みが取り消される可能性がありますので、ご注意ください。

すでにドコモ光を契約しており、ひかり電話のみ申し込みをする場合

次は、既にドコモ光の契約はしており、ひかり電話のみ申し込みをする場合です。手続きは、「ドコモショップ」または「インフォメーションセンター」で行います。量販店でも申し込みは可能ですが、上述の通り、携帯電話と同時に契約する必要がありますので、ひかり電話のみを申し込むのであれば、「ドコモショップ」または「インフォメーションセンタ―」での申込の2択です。「インフォメーションセンタ―」にドコモの電話番号から掛ける場合は、局番なしの「151」。一般電話から掛ける場合は、「0120-800-000」。午前9時~午後8時まで受付をしています。ひかり電話のみ申し込みの場合も、申込受付の担当者から質問を問われるので、聞かれたことに対して回答していけば大丈夫です。

まとめ

ひかり電話とアナログ電話の違い。ひかり電話のメリット・デメリット。ひかり電話の料金について説明してきました。ひかり電話とアナログ電話の違いは、アナログ電話は国内や海外など遠くに電話を掛けるには向いていませんが、光電話はインターネット回線を使用しているため手軽に世界中で内線を組み通話することができます。ひかり電話のメリットは料金がアナログ電話と比較して安いということ。デメリットは停電時に使用できなくなるため災害に弱いということです。ひかり電話の料金については、固定電話間の通話料金が約半分になるので非常にお得です。海外への通話料金も一律約10円/1分とアナログ電話の海外への通話料金の約1/6の料金で使用することができます。

このように光電話は、料金面や距離が離れていても安定して通話ができるので、アナログ電話と比べてメリットが大きいです。まだアナログ電話を使用している方は、光電話へ移行の検討をしてみてはいかがでしょうか。

  • メガエッグ光
    メガエッグ光の料金・評判まとめ!プロバイダとしての実力は?
  • wakwak光
    WAKWAK光の料金・評判まとめ!違約金や解約方法は?
  • ピカラ光
    ピカラ光の料金・評判まとめ!四国限定のプロバイダの実力は?
  • ドコモ光 ひかり電話
    ドコモ光の「光電話」って何?5分でわかるサービス概要と導入の必要性
  • ドコモ光 速度
    ドコモ光の速度はどれくらい?実測値・評判や遅い時の改善方法
  • ソフトバンク光とワイモバイルの「おうち割光セット」の料金や契約の注意点
おすすめの記事