wimaxの他社乗り換えに必要な全知識!はじめてでも5分で分かる解説

WiMAXのプロバイダを変更したい、このまま契約を継続するのがお得なのか不安、WiMAX以外のポケットWi-FiからWiMAXに乗り換えたいとお考えの方に向けて、WiMAX乗り換え方法の全知識を紹介します。この記事を読めばあなたは、迷うことなく他社の契約からWiMAXに乗り換えることができるようになります。WiMAXへの乗り換えを検討中の方は是非一読ください。

そもそも“乗り換え”とは?

乗り換えとは
WIMAX間での乗り換え

現在WiMAXを扱っているプロバイダでは各社同士で繋がりはなく、乗り換え向けのサービスやキャンペーンはBroad WiMAXを除きおこなっていません。

Broad WiMAXで用意されている乗換えキャンペーンは、解約時に支払った証拠書類(メールなど)をBroad WiMAXに提出することで、乗り換えた際に以前のプロバイダに支払った金額の一部を保証してくれるキャンペーンになっています。

一部例外がありますが、基本的にWiMAXのプロバイダに「乗り換え」という手続き方法は用意されておらず、契約しているプロバイダを「解約」して、新たに他のプロバイダで「新規契約」するのがWiMAXの乗り換え方法になっています。

他社から乗り換え

ネット通信が利用できるモバイルルーターにはWiMAXのほかに

・ワイモバイル
・Yahoo!Wi-Fi
・ドコモ・Softbank・auなどのスマホキャリア

で契約しているポケットWi-Fiもありますが、データ量上限が5GBや7GBといったプランのみしか契約できず、WiMAXのように無制限で利用できるプランは取り扱っていません。

 

 

WiMAXに乗り換えるメリット
他回線から乗り換える場合 ・データ通信量が無制限になる

・高速通信が利用できる

WiMAX内で乗り換える場合 ・新規契約キャンペーン利用で料金が安くなる

・利用する端末が新しくなる

 

どの契約からでもWiMAXに乗り換える場合は、現在の契約を解約して新たにWiMAXを新規契約するのが乗り換え方法となります。

まずは現状把握から

プラン選び 現状把握
モバイルWi-Fiの契約には月額料金、事務手数料、端末代金(多くのプロバイダでは実質無料)がかかり、2年間や3年間の契約期間が存在します。契約期間中にモバイルWi-Fiを乗り換える(解約する)場合は、違約金(契約解除料)が別に必要です。

更新月とは

違約金を払わずに解約するには、契約の更新を行う月「更新月」に解約する必要があります。UQ WiMAX以外のプロバイダでは、契約した端末が手元に届いた月を含めた24ヵ月間・36ヶ月間が契約期間になり、更新月は端末受取日から25ヶ月目・36ヶ月目です。

更新月の先月には、契約時に登録したメールアドレス宛に更新のお知らせメールが届きますので、見逃さずに解約手続きを終えるようにしましょう。

プロバイダごとの契約期間

 

 

 

プロバイダの更新月 一覧 (2年契約・3年契約)
プロバイダ名 更新月
UQ WiMAX 契約した月から26ヵ月目または38ヵ月目
GMO とくとく BB 契約した月から25ヵ月目または37ヵ月目
BIGLOBE
So-net
Broad WiMAX
カシモWiMAX 契約した月から25ヵ月目(2年契約のみ)
ワイモバイル 契約した月から37~38ヶ月目
Yahoo!Wi-Fi
ドコモ 契約した月から25~26ヶ月目
Softbank
au

 

UQ WiMAXでは支払いを開始した月が1ヶ月目になっていて、契約期間と更新月が1ヶ月間ずれますので、新規入会時のみ更新月が26ヵ月後になります。

例えば、GMO とくとく BBで2016年10月に契約したWiMAXの更新月は、2018年の11月になりますが、UQ WiMAXの場合は2018年の12月となっています。

現在契約中のプロバイダによって設定されている更新月は異なりますので、まずは契約中のモバイルWi-Fiの更新月を確認して、乗り換えのタイミングや必要経費を把握することから乗り換え準備を始めていきましょう。

1.現プロバイダの更新月を確認

 

 

プロバイダの更新月 確認方法一覧
プロバイダ名 確認方法
UQ WiMAX 会員ページ「My UQ」内「契約内容の変更・確認」から確認

ログインID・パスワードを忘れた場合「UQお客さまセンター」で照会

電話番号:0120-929-818 または メールお問い合わせ からも確認可能

GMO とくとく BB 会員ページ「BBnavi」内「サービス・オプションの削除・解除」から確認

ログインID・パスワードを忘れた場合「パスワードの再送信」から手続き

有料電話:0570-045-109 または メールお問い合わせ からも確認可能

BIGLOBE マイページ「モバイル契約情報」から確認

ログインID・パスワードを忘れた場合電話認証

So-net マイページ内「オプションサービス・コンテンツサービスご利用状況」で確認

ログインID・パスワードを忘れた場合

ユーザーIDの確認、ユーザーIDパスワード再設定」より手続き

Broad WiMAX 会員ページ内「ご契約内容の確認」から確認

電話番号:050-5212-732または公式ページ内チャットサービスからも確認可能

カシモWiMAX 公式ページ内「お問い合わせ」から確認
ワイモバイル 会員ページ「My Y!mobile」内「更新期間」より確認 

ログインID・パスワードを忘れた場合「パスワード設定・変更(会員登録)

固定電話などから:0120-921-156 ワイモバイル携帯から:151

Yahoo!Wi-Fi 会員ページ「Yahoo! Wi-Fiマイページ」から確認

ID・パスワードはYahooIDを兼用 電話確認も可能

固定電話などから:0120-736-020 IP電話から:044-330-3621

ドコモ 会員ページ「My docomo」内「ご契約内容確認・変更」から確認

ログインID・パスワードを忘れた場合「ID/パスワードを忘れた方」で手続き

固定電話などから:0120-800-000 ワイモバイル携帯から:116

Softbank 会員ページ「My SoftBank」内トップページ「更新期間」で確認

ログインID・パスワードを忘れた場合「My SoftBankパスワード確認

固定電話などから:0800-919-0157 Softbank携帯から:157

au 「auお客様サポート」内「契約確認・変更」から確認

ログインID・パスワードを忘れた場合「au ID・パスワードを忘れた方

固定電話などから:0077-7-111 au携帯から:157

 

現在契約しているプロバイダの更新月は

プロバイダの「会員専用ページ」から確認
電話やメールでプロバイダに問い合わせる

上記のいずれかの方法で確認できます。

各プロバイダの会員ページにログインするには、契約完了時に送られてくる「お申込み手続き完了のご案内」メールなどに記載されたIDとパスワードが必要になります。

更新月の詳細はプロバイダごとに記載されている場所が違いますので、上記の表を参考に記載されているページを確認しましょう。

もしもIDやパスワードを忘れてしまった場合は、専用ページから手続きしてID/パスワードを参照するかもしくは再発行します。

各プロバイダでは電話やメールでID/パスワードの再設定や更新月の確認もできますので、会員ページにログインできない方は電話やメールを利用しましょう。

2.解約する場合の違約金を計算

 

 

モバイルWi-Fiの違約金 一覧
  • ポケットWi-Fiの違約金
ワイモバイル

Yahoo!Wi-Fi

ドコモ ソフトバンク など

違約金9500円+端末分割払いの残金
  • WiMAXの違約金
一般的なプロバイダ 1年目 19,000円 2年目 14,000円 3年目以降 9,500円
GMO とくとく BB 1~2年目 24,800円 3年目以降 9,500円

 

モバイルWi-Fiの違約金は契約先の回線によって違いがあり、ポケットWi-Fiの場合は違約金以外に分割払いしている端末代金の未払い分もまとめて支払う必要があります。

WiMAXは契約からの年数によって解約時に支払う違約金が異なります。

WiMAXへの乗り換えを考え中の方は、現在の契約を解約する時に、違約金を含めて総額でいくらかかるのかをあらかじめ知っておくと、乗り換え先のトータル料金と現在の契約のトータル料金を比較しやすくなります。

乗り換え先の料金を知る前に、まずは現状把握をしましょう。

次のプロバイダを決めて安くなるか計算しよう

安くする プロバイダ選び
現在の契約に掛っている料金を把握した後は、乗り換え先のプロバイダを選んでいきましょう。WiMAXのプロバイダを決めて安くなるか計算する際に、注意しなければいけない点をご紹介していきます。

プロバイダはどう決める

実はWIMAXの回線は全て同じ

現在のwimaxは回線を保有しているUQ コミュニケーションズ(UQ WiMAX)がすべての通信を管理していて、どのプロバイダと契約しても回線品質(通信速度・速度の安定性・電波受信感度)は変わらない回線になっています。

利用者は単純に料金のみを参考にプロバイダを選択するのが賢い方法です。

WiMAX以外のモバイルWi-Fiでは、契約するプロバイダごとに回線の規模や利用者数に応じて通信速度が大幅に変化します。

これは回線業者(ドコモ、au、Softbankなど)が回線の一部を各プロバイダにレンタルしており、通信の管理は回線をレンタルしている各プロバイダが担当していることが原因です。

回線業者の提供しているサービスを契約すれば、他のプロバイダより高速で安定した通信が利用できるようになりますが、月額料金は他プロバイダよりも高額に設定されています。

WiMAXの場合は、回線を保有しているUQ WiMAXがすべての通信を管理しており、各プロバイダは単なる申込み窓口の違いにとどまっています。さらに、各プロバイダは回線を管理する必要が無いため経費が掛らず、UQよりも月額料金が安くなっているのが特徴です。

プロバイダを決める際は、契約期間全体で支払うトータル料金が安いプロバイダを選択しましょう。

最安プロバイダ「GMO とくとく BB」について

 

 

 

WiMAX 実質月額料金 比較 (2018年8月)
順位 プロバイダ名 契約年数 トータルコスト 実質月額料金 キャンペーン
1位 GMO とくとく BB 2年 70,004円 2,917円 キャッシュバック 34,000円
2位 BIGLOBE 2年 76,750円 3,198円 キャッシュバック 30,000円
3位 カシモWiMAX 2年 80,120円 3,338円 月額割引
4位 So-net 3年 121080円 3,363円 月額割引
5位 Broad WiMAX 3年 130,941円 3,637円 月額割引
本家 UQ WiMAX 2年 107,552円 4,481円 月額割引

 

 

2018年8月に開催されているWiMAX各プロバイダのキャンペーンを比較すると割引金額を適用した際の実質月額料金が最安なのは「GMO とくとく BB」になっています。

以前にGMO とくとく BBでWiMAXを契約したことがない方であれば、乗り換え先をGMO とくとく BBにしてキャッシュバックをもらうのがトータル料金を安くする方法です。

GMO とくとく BBをすでに契約されている方は、上記の表の上位から順に月額料金が安くなっていますので、他のプロバイダを選択しましょう。

 

キャッシュバックが受け取れるか確認

WiMAXのキャッシュバックは

・お一人様一回限り
・各プロバイダで開催されている時期が異なる
・プロバイダから届くメールに返信しないともらえない

という特徴があり、条件を満たさない場合は受取ることができませんので注意が必要です。

上記でご説明したWiMAXのプロバイダでは、キャッシュバックキャンペーンは初回入会時のみのキャンペーンとなっていて、同じプロバイダで複数回WiMAXを契約する時にはキャッシュバックは受取れません。
さらに、契約する時期によってはキャッシュバックキャンペーンが開催されていないプロバイダもあり、乗り換え先のプロバイダでキャッシュバックキャンペーンが開催されているかどうか確認する必要があります。

キャッシュバックは契約から約1年ほどたった後に、契約時に登録したメールアドレスに届くキャッシュバック申請メールに返信しない限り入金されない仕組みになっていますので、プロバイダから届くメールは忘れずに確認しましょう。

乗り換えのタイミングはいつにすべき?

乗り換え タイミング
現在の契約に支払った金額と解約する違約金などを考慮すると、初回契約には高額な違約金が設定されていたり、端末代金を分割払いしているため、どのプロバイダと契約してもはじめの2年間は乗り換えないほうがトータル料金は安くなります。

WiMAXへ乗り換えるタイミングはいつにすべきなのか、ベストなタイミングと考慮しなければいけない注意点について紹介していきます。

原則として更新月

WiMAXに限らずモバイルWi-Fiの乗り換えは、原則として更新月に行うのが一番費用がかからずに乗り換えられる方法です。更新月であれば違約金を払わずに乗り換えができるため、乗り換え費用を抑えることができます。

トータルで計算して安くなるならいつでもOK

 

 

WiMAXプロバイダの新規キャンペーンと継続契約の料金比較
プロバイダ名 契約年数 入会時の料金(実質月額) 更新時料金(実質月額) 月額料金の差
UQ WiMAX 3年 153,808円(4,272円) 157,680円(4,380円) 3,872円
GMO とくとく BB 2年 69,904円(2,913円) 102,312円(4,263円) 32,408円
BIGLOBE 2年 76,752円(3,198円) 105120円(4,380円) 28,368円
カシモWiMAX 2年 80,120円(3,338円) 97,896円(4,079円) 17,776円
So-net 3年 121,080円(3,363円) 133,020円(3,695円) 11,940円
Broad WiMAX 3年 130,941円(3,637円) 144,396円(4,011円) 13,455円
ワイモバイル 3年 136,056円(3,779円) 133,056円(3,696円) 3,000円
Yahoo!Wi-Fi 3年 159,288円(4,425円) 157,680円(4,380円) -1,608円

 

WiMAXの契約は、初回入会時のキャンペーンを利用することで契約を更新した時よりトータル料金が数万円ほど安くなります。

同じプロバイダで契約を更新している方は、途中で解約する違約金(9,500円)を支払ったとしても、トータル金額が安くなる初回入会キャンペーンがありますので、違約金を含めたトータル料金を計算して、それより安いプロバイダに乗り換えましょう。

ポケットWi-Fiの契約は初回キャンペーンを考慮しても高額です。ですが、端末代金を支払い終えるまでは違約金+端末代金の未払い分が高額になりますので、端末代金を支払い終えてから乗り換えましょう。

乗り換えはどこでする?

乗り換え 店舗 ネット
WiMAXを乗り換えるときは、現在利用している端末を解約した後に、改めてWiMAXを新規契約していきます。

現在利用している端末の解約は、各プロバイダごとに申し込み方法や申請する最終期限が異なりますので、サービス提供元に確認してください。

・まずは解約

 

 

WiMAX プロバイダ別 解約手続き一例
プロバイダ 期限 解約方法 電話番号
UQ WiMAX 31日まで 電話もしくは書面を郵送して即日解約 0120−929−818

(年中無休:9〜21時)

GMO

とくとく BB

20日まで オンラインサイトからか書面を郵送で

当月末日に解約(SIMカードも返却)

解約手続き

オンラインサイト

So-net 31日まで オンラインサイトから

解約日を即時から月末まで指定可能

解約手続き

オンラインサイト

Broad WiMAX 25日まで 電話から解約申請、当月末日に解約 0120−001−827

(月〜土:11〜18時)

BIGLOBE 25日まで オンラインサイトから解約申請

当月末日に解約

解約手続き

オンラインサイト

DDI 25日まで オンラインサイトからか

解約申請書を郵送 当月末日に解約

解約手続き

オンラインサイト

 

解約は各プロバイダごとに定められた手順に従い解約していきましょう。

WiMAXの乗り換え(新規契約)は、街中にある各プロバイダのショップや家電量販店といった実店舗でも行えますし、ネットから申込んで端末を郵送で受取る方法もあります。

基本的に新規でWiMAXを契約する時と同じ方法ですが、契約するショップや店舗、プロバイダによって開催されているキャンペーンが違いますので、実店舗、ネット申込み双方の特徴について紹介していきます。

実店舗で乗り換えをする場合

WiMAXを実店舗で乗り換える場合は、

・auショップ、UQスポット(UQ WiMAXショップ)などのキャリアショップ
・ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシといった家電量販店

などの店舗で乗り換えできます。

運転免許証などの身分証明書と支払いに利用するクレジットカードがあれば、店舗の専用窓口から申し込むだけで即日契約できて、対応機種がお店にある場合は持ち帰り可能、即日からネット開通できる申込み方法です。

WiMAXのサービス内容を店員さんから説明してもらえて、安心してWiMAXが契約できるメリットがありますが、お店のテナント料や人件費が掛っていますので、新規入会キャンペーンの割引はネット申込みよりも低額なことが特徴的です。

キャリアショップから申し込む場合

WiMAXはKDDIグループの商品ですので、スマホや携帯を販売している同じKDDIグループのauショップでも契約できますが、他プロバイダで行っているようなキャンペーンや割引は一切ありません。

WiMAXの販売は、UQ専門ショップ「UQスポット」と呼ばれる全国120箇所にある実店舗で精力的に行っていて、auショップでは取り扱っている機種もネット申込みよりも少なくなっています。

UQスポットでは、UQ WiMAXのネット申込みと同じ条件、キャンペーンを利用してWiMAXが契約できます。店員さんにWiMAXのサービス内容を詳しく聞くには最適の実店舗ですが、UQ WiMAXの料金自体はネット上の他プロバイダよりも高額です。

WiMAXの申込みは、必要書類(身分証明書、クレジットカード)や口座情報がわかるものを用意して店舗の窓口から申し込めます。

クレジット支払いの場合はそのまま支払い情報を登録するだけです。口座振替で料金を支払う場合は、キャッシュカードもしくは銀行通帳+銀行へのお届け印が必要になります。

家電量販店で申し込む場合

ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシなどの家電量販店は、各店舗で取り扱っている商品を同時購入することで、5,000~50,000円の割引があるキャンペーンが開催されていますが、WiMAXの月額料金自体が高額だったり、専用のオプションに加入するプランです。

50,000円割引などはどの店舗で契約しても、オプション(月額1,670円)を月額料金に追加しなければならず、2年間オプションに加入することが条件になっています。総額40,080円を分割で支払いつつ、9,920円割引された商品を同時購入する形です。

ネットから申し込めば約3万円ほどのキャッシュバックが受けられるプロバイダがありますので、実店舗で必要の無いオプションにわざわざ加入して9,920円の割引を受けるよりも、ネット申込みのほうがお得な契約です。

WiMAXの契約は、ほとんどのプロバイダでクレジットカード支払いのみに対応しており、家電量販店でも申し込み方法はクレジットカード支払いのみです。口座振替を希望する方は、実店舗ではauショップ、UQスポットなどで契約するしかありません。

家電量販店でWiMAXを申し込む場合は、身分証明書とクレジットカードを用意して各店舗の窓口から申込みを行いましょう。

ネットで乗り換えをする

 

 

 

月額料金とキャンペーン 実店舗・ネット申込み比較(ギガ放題プラン)
プロバイダ名 契約年数 トータル料金 CB適用前の月額 キャンペーン内容
GMO とくとく BB 2年 104004円 4334円 34100円キャッシュバック(CB)
BIGLOBE 2年 106752円 4448円 30000円キャッシュバック(CB)
カシモWiMAX 2年 80,120円 3338円 月額割引
So-net 3年 121080円 3363円 月額割引
Broad WiMAX 3年 130941円 3637円 月額割引
実店舗
auショップ 2年 108120 4505円 無し
ヤマダ電機 3年 159,312 4425円 店舗商品最大15,000円割引

商品券50,000円(実質9,920円割引)

ビックカメラ 2年 108,120円 4505円 店舗商品最大5,000円割引

商品券50,000円(実質9,920円割引)

ヨドバシ 3年 171802円 4772円 店舗商品最大20,000円割引

商品券50,000円(実質9,920円割引)

 

※CB = キャッシュバック

WiMAXをネットから乗り換える場合は、現在利用している回線を解約した後に、各プロバイダが開催しているキャンペーンの専用ぺージや公式サイトから必要情報を入力して申込みを行っていきます。

ネットからの申込みは実店舗の契約と比較すると、店舗のテナント料や人件費が掛っておらず、その分、契約者にキャッシュバックや割引料金で還元されているのが特徴的です。

上記の表で確認すると、ネット申込みはキャッシュバック金額を考慮する前の月額でさえ実店舗の月額より安く、キャッシュバックがあるプロバイダではキャンペーンの割引金額も実店舗のものより高額になっています。

ネットからの契約後は2~4日の内に郵便で端末が手元に届き、端末を設定してネット通信を開始できます。

すべてのプロバイダでクレジットカード支払いに対応しており、申込みにはクレジットカードのカード番号が必要になります。

口座振替を利用したい場合は

・UQ WiMAX
・BIGLOBE
・Broad WIMAX

が口座振替に対応しています。

口座振替で申込みを行う場合は、本人確認書類(運転免許証・パスポート・住民基本台帳カードなど)を撮影したデータが必要です。

唯一Broad WiMAXでは、違約金を最大19,000円まで負担してもらえるキャンペーンがあります。大半のプロバイダは1年目の違約金が19,000円になっていますので、契約してすぐにプロバイダを変更したい時はBroad WiMAXの違約金負担キャンペーンを利用しましょう。

→ Broad WiMAX 違約金負担キャンペーン

wimaxの乗り換えるべき最安プロバイダ

乗り換え プロバイダ

 

 

GMO とくとく BB プラン別 実質月額料金
キャッシュバック(W04 2年) 月額割引 キャッシュバック(W04 3年)
契約年数 2年 3年
契約後2ヶ月間

の月額

72,18円 =3,609×2 5,140円 =2,590×2 7,218円 =3,609×2
他月額 93,786円 =4,263×22 73,568円 =3,344×22 93,786円 =4,263×34
事務手数料 3,000円
キャンペーン 34,100円 月額割引 43,000円
実質総額 69,904円 81,748円 104,942
実質月額 2,913円 3,406円 2,915

 

ここでは代表してGMOとくとくを紹介します。他のプロバイダに契約することになっている人は、契約先のトータル料金と上記の金額を比較してみましょう。

GMO とくとく BBでは、契約から11ヵ月後に高額(29,300~43,000円)のキャッシュバックがもらえるプランと月額料金が割引になるプランの2種類が契約できます。

最安のプランはキャッシュバックがもらえるプランで、月額割引プランと比較すると実質月額で約500円ほど差が出ています。2年契約と3年契約のキャッシュバックプランを2018年8月のキャンペーン内容で比較すると実質料金は2円の違いです。

キャッシュバックの金額は契約する端末によって異なっていて、端末ごとのキャッシュバック金額は下記の表の通りです。

 

 

GMO とくとく BB 端末別キャッシュバック金額 (2018年8月)
W05

2018年1月発売

2年 32,300円
2年 クレードルセット 29,300円
3年 40,500円
3年クレードルセット 37,000円
WX04

2017年11月発売

2年 -
2年 クレードルセット -
3年 40,500円
3年クレードルセット 37,000円
W04

2017年2月発売

2年 34,100円
2年 クレードルセット 31,100円
3年 43,000円
3年クレードルセット 40,000円

 

最新機種のW05と最安のプランではキャッシュバック金額に約2,000円ほど差があり、WiMAXを最安で契約できるプランはW04を使用するプランです。

注意点など

GMO とくとく BBでもらえるキャッシュバック金額は契約する月によって多少変化します。現在の価格は上記の表の通りですが毎月変化しています。

GMO とくとく BBの特徴として、キャンペーンを適用するためには契約時に「安心サポート」と「公衆無線LAN」という有料オプションに加入する必要があります。ですが、2つの有料オプションは加入から2ヶ月間は無料となっていていつでもオプション解約できます。

有料オプションが不必要な方は、契約から2ヶ月以内にオプションを辞めればオプション料金は掛かりません。最安でwimaxを利用されたい方は契約から2ヶ月の間に有料オプションを解約しましょう。

wimaxで満足出来い人は最新機種を使ってみよう

WiMAXの契約は2年間や3年間になりますので、2年前に発売された当時の最新機種W02をご利用中の方もいらっしゃることと存じます。

WiMAXは2015年にサービスを開始した後に基地局の数が年々増加し、2016年の機種と最新機種の最大通信速度を比較すると3倍以上高速になっています。

以前に契約したWiMAXで満足されていない方やWiMAX以外のモバイルWi-FiからWiMAXに乗り換える方は、通信速度、利用できる機能などが充実している最新機種がおすすめです。

最新機種のW05がおすすめ

 

 

WiMAX機種 性能と最安契約 一覧
機種名 W05 W02 W03
発売日 2018年1月 2016年2月 2016年6月
WiMAX 2+回線

最大通信速度

下り558Mbps

上り30Mbps

下り220Mbps

上り10Mbps

下り220Mbps

上り15Mbps

最大通信速度

(オプション利用時)

下り708Mbps

上り75Mbps

未対応 下り370Mbps

上り25Mbps

連続使用時間 約540分 約420分 約610分
バッテリー容量 2,750mAh 2,300mAh 3,000mAh
サイズ 約W130×H55×D12.6mm 約W121xH59xD11.1mm 約W120×H62×D11.4mmm
重量 約131g 約119g 約127g

 

W05は最大通信速度が全wimax機種中最速で、LTE回線とWiMAX 2+回線を同時利用するオプションを利用した際に、W01、W02の3倍以上の速度708Mbpsになります。オプションを利用しない通常のWiMAX 2+回線の最大速度も558Mbpsと大変高速な機種です。

1世代前のW04も同じ最大通信速度になっていますが、W05は専用のクレードルを利用した時に、自動で通信モードをハイパフォーマンスモードに切り替えてくれる新機能が使える機種です。

wimaxには、ハイパフォーマンスモードとノーマルモード、バッテリーセーブモードという3つの通信方法を切り替える機能があります。

それぞれ、バッテリーの消費量と電波の受信感度・通信速度を比例させる機能で、ハイパフォーマンスモードはバッテリーの消費が大きくなる代わりに通信品質が向上します。

W05を最安で契約できるプロバイダ

 

 

GMO とくとく BB 2年間 W05とW04の料金比較
キャンペーン 高額キャッシュバックキャンペーン
利用端末 W04 W05
契約年数 2年
短期 月額 7,218円 =3,609×2 7,218円 =3,609×2
中期 月額 93,786円 =4,263×22 9,3786円 =4,263×22
事務手数料 3,000円
キャッシュバック 34,100円 クレードル付き

31,100円

32,200円 クレードル付き29,300円
実質総額 69,904円 72,904円 71,854円 74,704円
実質月額 2,913円 3,038円 2,992円 3,113円

 

 

WiMAXの最新機種W05を最安で契約できるプロバイダもGMO とくとく BBです。

GMO とくとく BBのW04を契約する場合と比較すると、若干キャッシュバック金額が減りますが、W05を利用できるプランも2年間キャッシュバックキャンペーンを利用したプランが全プロバイダの全プラン中最安の方法になっています。

トータル料金で1950円の誤差、月額料金に直すと79円しか差はありませんので、新機能が使えるW05のプランがおすすめです。

GMO とくとく BB「W05」2年間キャッシュバックキャンペーンは

【公式】GMOとくとくBBのキャンペーン申込みページにアクセス

「今すぐ簡単お申込み」ボタンをクリック

「ご希望端末」にてW05を選択してください。

端末を選択した後は「ご契約プラン(2年or3年)」「クレードル(充電台)希望・不要」を選択していき、ページ下部の「ご利用サービスの選択」から「ギガ放題 or 通常プラン」や有料オプションの選択画面に移行していきます。

まとめ

他社からWiMAXに乗り換える方法やWiMAXのプロバイダを乗り換えるときの全知識を分かりやすくご案内いたしました。

各プロバイダの解約方法や乗り換えの注意点、WiMAXのお得なプロバイダについてご紹介していますので、WiMAXに乗り換えをご検討中の方の参考になれば幸いです。

wimaxの乗り換えは違約金が必要になることもありますが、違約金を支払ったとしても安くなる乗り換え方法が記載されていますので、記事を読んでお得な乗り換えをしましょう。

  • Speed Wi-Fi HOME L02
    UQ「HOME L02」をレビュー!L01sとの比較や速度・使い方を徹底解説
  • 縛りなし ポケットWi-Fi
    しばりの無いWiMAX・ポケットWi-Fiはある?違約金を払いたくない人向け解説
  • Speed Wi-Fi NEXT W06
    WiMAXのW06をレビュー!速度・料金で失敗しない全知識【プロ直伝】
  • WiMAX クレジットカードなし
    クレジットカードなしのWiMAXの契約!5分でわかる解説|デビットカードも
  • wimax 口座引落
    WIMAXの口座引落・口座振替を徹底解説!プロバイダ選び~審査手順まで
  • wimax キャッシュバック 受け取り方
    WiMAXのキャッシュバックの受け取り方は?主要プロバイダまとめ
おすすめの記事