コミュファ光の料金・価格は?月額や契約時の工事費用を徹底解説!

東海地方限定の光インターネット回線コミュファ光がオトクらしいけど、実際速度や料金はどうなってるの?CMでよく聞く「auスマートバリュー」っなに?そんな疑問をわかりやすくご説明していきます!

また、高そうなイメージのある工事費を実質無料にする方法や、キャッシュバックの活用する方法を知れば、初期費用などの負担は限りなくゼロで始めることができますよ。これから光回線を検討されてる方、コミュファ光と他社の違いを知りたい方もぜひ参考にしてみてください!

コミュファ光の料金プラン・サービス内容を解説!

コミュファ光はセット内容や速度などによって豊富な料金プランが用意されているのですが、逆に何を選べばよいのかわからなくなってしまうかもしれません。そこで各プランと内容を解説とともにまとめましたので、ご自身にあったプラン選びの参考にしてみてください!

プロバイダもコミュファ光にするか、別にするか

「プロバイダ」とはインターネット回線を実際にご自宅や会社につなげる業者のことをいいます。同じ回線でもこのプロバイダによって速度やサービス内容も変わってきますのでとても重要な存在です。

コミュファ光ではこのプロバイダも同じくコミュファ光にすることができます。そのため別途プロバイダ業者と契約する必要がなく、お支払い先もコミュファ光に一本化されるのでとてもわかりやすくできます。またネット回線とプロバイダの相性を考える必要がないので、回線スピードが安定していることもメリットといえるでしょう。

まずは戸建て住宅向けプランを見てみましょう。

・プロバイダ込みプラン(戸建て住宅向け)

 

  月額料金 

(光ネット+光電話)

ギガデビュー割適用料金
10ギガホーム 6,350円 4,740円
5ギガホーム 6,000円 3,940円
1ギガホーム 5,550円 3,940円
300メガホーム 5,050円 3,990円
30メガホーム 4,110円 適用なし

      

プロバイダを別にすることはどういう利点があるのでしょうか?
たとえば、いま契約しているプロバイダからもらっているメールアドレスを使っている場合、プロバイダを変えるとメールサービスも使えなってしまいます(メールだけを残せる業者もあります)。仕事などで使っている場合はメールアドレスの切り替えは大変ですよね。そういった方のためにプロバイダは今のまま継続し、回線だけをコミュファ光に切り替える「セレクト」というプランが用意されているわけです。

・プロバイダは別にする「セレクト」プラン(戸建て住宅向け)

 

 

 月額料金 

(光ネット+光電話)

ギガデビュー割適用料金
1ギガホーム・セレクト 4,130円 3,240円
300メガホーム・セレクト 3,600円 適用なし
30メガホーム・セレクト 3,060円 適用なし

 

この料金にプロバイダ料金は含まれておらず、別途契約したプロバイダの月額料金が加算されます。コミュファ光の提携プロバイダについてはこのあとご紹介します。

これらの料金表にある「ギガデビュー割」とはキャンペーン期間中にコミュファの戸建てプランに加入した場合に適用できる割引サービスで、「長トク割」と同時に申し込むことを条件に適用することができます。開通翌月から12カ月間格安で利用できるので非常にオトクになりますので、戸建てプラン加入の方は非常に魅力的なサービスとなっています。

「長トク割」は通常2年縛りであるコミュファ光をさらに3年契約にすることで受けられる割引で、使用年数に応じて割引率が上がっていきます。
3〜5年契約で年間5%の割引から始まり、9年目以降は10%も安く使うことができます。ただし3年以内に解約した場合、5,000円の違約金が発生しますので注意してください。

コミュファ光はこの2つの割引を適用することで、他の回線業者と比べて格安で光回線を利用できるというのが最大のメリットといえるでしょう。

では続いてマンションタイプの料金プランを見てみましょう。

・プロバイダ込みプラン(集合住宅向け)

 

 月額料金 

(光ネット+光電話)

10ギガマンションF 6,350円
5ギガマンションF 6,000円
1ギガマンションF 5,550円
300メガマンションF 5,050円
30メガマンションF 4,110円
100メガマンションV/L 3980円

 

・プロバイダは別にする「セレクト」プラン(集合住宅向け)

 

 月額料金 

(光ネット+光電話)

1ギガマンションF・セレクト 4,130円
300メガマンションF・セレクト 3,600円
100メガマンションV/L・セレクト 2,980円

 

戸建て向けプランに比べると、ギガデビュー割の適用がないので格安感はないのですが、次の章で解説する「スマートバリュー」(au利用者への割引サービス)は適用することができます。マンションタイプのコミュファ光に加入する際、auユーザーの方はスマートバリューを申し込むことで通信費にかかるトータル料金をお安く使うことができます。

ちなみにギガデビュー割とスマートバリューは併用することができないので、戸建て向けプランの方は、どちらが安くなるかを比較してよりオトクな方を選んでくださいね!

ここでコミュファ光と組合すことのできる提携プロバイダと料金について見てみましょう。

・コミュファ光提携プロバイダ料金
・au one net(1,200円~1,700円)
・エディオンネット(948円~1,300円)
・So-net(1,048円~1,300円)
・@nifty(1,560円)
・BIGLOBE(1,200円~1,600円)
・ODN(1,200円)
・TNC(1,020円~1,600円)
・hi-ho(1,600円)
・IIJ(2,000円)
・MediaCat(2,000円)

以上10社がコミュファ光提携プロバイダになっています。各プロバイダ料金を見てみると月額1500円前後となっていますので、特にこだわりがないのであれば、プロバイダ一体型を選んだほうがわかりやすくて料金的にもリーズナブルになるでしょう。
ただ、各プロバイダによってホームページやメールアドレスの提供など、独自のサービスがあり、地域によっては速度の相性に良し悪しもあるようなので、加入前に内容をチェックしておくことをおすすめします。

ここまではネット+電話のセット料金について見てきましたが、コミュファ光はさらに「光テレビ」も提供しており、ネット、電話、テレビをセットにすることで「ギガトリプル割」という割引サービスを受けることができます。

ギガトリプル割
1ギガ、5ギガ、10ギガのホームまたはセレクトプランで光ネット・光電話・光テレビの3つセットで加入した場合に、月額料金がずっと410円割引で利用できるというサービスです。

光テレビ
まだあまり認知されていないのでテレビを光にして何かよいことあるの…?と思われるかもれません。テレビを光回線にすることで、アンテナを設置することなくで地デジ・BS放送を見ることができます。そのため気候などに影響されず安定した映像を受信することができるんです。

ギガトリプル割とギガデビュー割をあわせることで、光テレビをセットにしてもほとんど料金に差がなくなるので、これを機にテレビも光にするのもよいかもしれませんね。

光ネット、光電話、光テレビのセット料金は以下のようになっています。

・プロバイダ込みプラン(戸建て住宅向け)

 

 

  月額料金 

(光ネット+光電話+光テレビ)

ギガトリプル割適用料金 ギガトリプル割+ギガデビュー割適用料金
10ギガホーム 6,350円 6,400円 4,740円
5ギガホーム 6,000円 6,050円 3,940円
1ギガホーム 5,550円 5,600円 3,940円
300メガホーム 5,050円 適用なし 3,990円

※ギガデビュー割のみ

30メガホーム 4,110円 適用なし 適用なし

 

・プロバイダは別にする「セレクト」プラン(戸建て住宅向け)

 

 月額料金 

(光ネット+光電話+光テレビ)

ギガトリプル割+ギガデビュー割適用料金
1ギガホーム・セレクト 4,180円

※ギガトリプル割適用

3,290円
300メガホーム・セレクト 3,600円 適用なし
30メガホーム・セレクト 3,060円 適用なし

ネットのみでも契約できる?

セットにするほどオトクになることはわかったけれど、ネットのみでコミュファ光を契約できないの?と思われた方もいるでしょう。 結論から言うとコミュファ光は7

ネットのみの契約も可能です。光電話の月額基本料金は300円ですので、単純にネットのみにすればその分お安くなります。

ただし、ここで注意が必要です!コミュファ光をネットだけで契約すると、後述する「スマートバリュー」の割引対象外になってしまうほか、コミュファ光公式キャッシュバックや代理店のキャッシュバックキャンペーンの対象からも外れることになってしまいます。結果、最大10万以上のキャッシュバックを受けられなくなることになるので、これはかなりデメリットになってしまいますね。

そういったわけで、基本的にはネットと合わせて光電話に変えることをおすすめします。ここで簡単に光電話のメリットなどについてご説明します。

光電話
最近は携帯があるからほとんど自宅の電話はつかっていない。という家も多いようです。固定電話の月額基本料はNTTの場合で約1700円ですが、これが光電話だと300円なので毎月1400円もオトクになります。
通話品質も固定電話と変わることはありませんし、今までの電話機・電話番号もそのまま変わらず使うことができます。
通話料金は全国一律3分8円なので、長距離電話をするという方は通話料も大きく変わってくるでしょう。さらにauケータイへの通話はなんと0円になります。

唯一のデメリットとされているのが、停電時に使えない。ということですが、実際は多くの方が停電時は固定電話ではなく携帯電話を使うのではないでしょうか。なので、環境も変わらず便利に安くできる光電話に関してはネットとセットでの加入が基本になっているのですね。

さきほどコミュファ光の光電話にすればauケータイへの通話が無料といいましたが、au利用者がコミュファ光を使うなら断然オトクになる「スマートバリュー」という割引サービスが用意されていますので、次章でくわしくご紹介していきます!

コミュファ光とauの関係は?auユーザーが割引になるの?

CMでよく聞く「スマートバリュー」とは?

auのスマホ・携帯電話・タブレットを使用しているなら、コミュファ光に加入することで「auスマートバリュー」というお得な割引サービスを受けることができます。これはコミュファ光が中部電力とKDDIが共同で出資している通信業者であるためで可能になったサービスです。
くわしくは後述しますが、家族の割引まで含めると年間で数万円の差額になってくるので、知らずにauやコミュファ光を使うのはもったいないのでぜひ活用してください!

割引額はいくら?

スマートバリューを適用するとauの月額料金を最大で2,000円割引(auでデータ定額30利用の場合)で利用できます。一般に使っている方が多いと思われるauの料金プラン、ISフラットやLTEフラットに加入している場合でも、毎月1,410円の割引を受けることができ非常にお得です。

スマートバリューの割引は申し込みの翌月から最大2年間受けられ、3年目以降はずっと月々934円の割引が適用されます。解約したり、プランを適用外のものに変えたりしない限りずっと割引してもらえるのは大きいですね!
たとえば1,410円の割引を2年受けた場合、33,840円もお得に使える計算になります。ちょうど2年経って機種を変えたくなったころ…その間の浮いたお金で新しいスマホが買えてしまいそうですね!

適用条件や申込み方法は?

スマートバリューの適用条件はauユーザー(対象プランで契約)かつ、コミュファ光に「ネット+電話」か「ネット+電話+テレビ」に加入していること。となっており、「ネットのみ」の場合は割引対象外になってしまうで注意してください。

また、スマートバリューは自動的に適用されるというわけではないので、ご自身での申込みが必要です。auショップに行き直接手続きをするか、auのウェブサイト「auお客さまサポート」から、または電話での申し込みでも申請可能です。ただし申し込む回線が「5回線以上」の場合はauショップでの申し込みのみとなっています。

少し面倒かもしれませんが、確実に申請するためにも、スマートバリューの条件に当てはまるプランに入っているか?など、auショップ直営店でしっかりと確認して申し込むほうが安心できそうですね。その際必要な持ち物は、印鑑、本人確認書類、au電話本体、の3点ですので、忘れず持っていきましょう。

家族に適用する条件は?

家族もみんなauを使っている、という方は多いのではないでしょうか?スマートバリューの割引は本人だけでなく家族の持っているauスマホにも適用することができますから、使用している家族が多いほどお得になるというわけです。

適用条件は、契約者と「同一住所」「同一性」かつ、auの定額プラン(LTEフラットなど)に加入していること。 が基本となっています。
ただし、50歳以上の場合は離れて暮らしていても、家族の証明書さえあれば適用できます。また別姓であっても同一住所であれば、住民票などで家族であることが認められれば適用してもらうことができます。

ガラケーでも大丈夫?

じつはスマホでなくガラケーでも「カケホ」や「データ定額」などの定額プランであればスマートバリュー対象プランになっています。遠くに住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんがau携帯を使っていて定額プランに入っていれば、スマートバリューを適用させて安くしてあげることもできるわけです。

コミュファ光の契約にかかる料金

費用一覧

コミュファ光の主な初期費用には以下の4つがあります。

①契約事務手数料 700円

②光回線工事費 25,000円 ※10ギガ・5ギガメニューは光ネット工事費無料

③光電話工事費 3,000円
現在の固定電話がNTTで番号を引継ぎたい場合(番号ポータビリティ)は、さらに工事費2,000円と休止工事2,000円がかかりますので総額7,000円となります。

光ネットと光電話の工事費だけで計28,000もかかってしまうので、すこし加入を踏みとどまってしまいそうですが・・・そこは心配いりません。コミュファ光契約時に5つのサポートがセットになった「安心サポート」に申し込むことで光ネット工事費25,000円は無料にすることができます。

「安心サポート」のセット内容
・パソコン診断ツール
・電話サポート
・リモートサポート
・訪問サポート割引
・ウィルスバスターマルチデバイス月額版

以上の5つのサポートは文字通り加入しておくと安心なサポートばかりなので、ネットやパソコンにあまり詳しくなくて心配な方には特におすすめです。
これらのサポートを3カ月間利用することで工事費を無料にすることができます。通常これらのサポートは月額700円の利用料がかかるのですが、この3カ月間は無料で使うことができるので必ず入っておいたほうがよいですね!

④光テレビ工事費 18,700円
こちらもすこし高額な印象ですが、長期利用を約束することでかなり減額することができます。ただし、約束期間内に光テレビを解約すると違約金が発生してしますので注意してください。
契約は以下のようになっています。

・3年間の利用約束で、工事費8,000円へ(10,700円割引)
ただし、2年以内に解約すると・・・10,700円の違約金
2年超3年以内に解約すると・・・ 6000円の違約金

・5年間の利用約束で、工事費3,000円へ(15,700円割引)
ただし、3年以内に解約すると・・・15,700円の違約金
3年超4年以内に解約すると・・・ 8000円の違約金
4年超5年以内に解約すると・・・ 4000円の違約金

光テレビの利用料自体は料金プランのところでお話ししたように、ほとんどネット+電話の時と変わらないのでオトクなのですが、違約金に関してはもやや高額なので、長期利用する環境にあるのかよく考えて加入する必要がありそうですね。

いつ請求される?

事務手数料、各種工事費などの初期費用は初月の料金とまとめて請求されることになっています。コミュファ光の締め日は毎月末日で、請求日は支払い方法により異なってきます。
クレジットカードの場合でしたら、カードの支払日。
口座振替にした場合は、毎月27日(休日の場合は翌営業日)が請求日となります。

割引を適用せず通常の工事費のまま加入した場合は、初月がすこし高額になるので口座振替の際は残高に注意しましょう。

どこで請求される?

コミュファ光の提供元は中部テレコミュニケーションとKDDIですが、請求は中部テレコミュニケーション(CTC)からになります。
コミュファ光でプロバイダも一本化した場合は請求が中部テレコミュニケーションからのみでまとまっているのでわかりやすいですが、コミュファ光以外のプロバイダで契約している場合は各プロバイダから別途請求が来るというかたちになります。

コミュファ光はどこから申し込むのが一番オトク?

コミュファ光への乗り換えを決めたら、あとはもっとも高額なキャッシュバックを受け取る方法を選ぶことがポイントです!

代理店から申し込むのが断然オトク!

コミュファ光の公式サイトで申し込んだ場合、最大55,000のキャッシュバックを受けることがきます(期間により内容は異なります)。これは他社からの乗り換え費用負担というかたちでの新規申し込みキャッシュバックなので、どこで申し込んでも適用されるものです。

これだけでもかなり高額な気はするのですが、代理店経由の申し込みであれば、 公式キャンペーン+代理店キャンペーンが合わさり、キャッシュバック金額がさらに30,000円も多くなります!

コミュファ光が高いと感じる場合の対処法

最後に現在すでにコミュファ光を利用している方へ、料金を見直すポイントをお話ししたいと思います。

コミュファ光の料金明細はどこで確認する?

まず現在どのようなプランに入っているか、料金はいくらかかっているか、などを確認しておきましょう。これらはコミュファ光のマイページである「Myコミュファ」から確認することができますので、申し込み時に送られてきた「登録内容通知書」に記載されている、「お客さID」と「お客さまパスワード」でログインしてください。

その際、不要な有料オプションに入っている場合は外しておくことがポイントです。 工事費を無料にするための条件として入った安心サポートが加入したままになっていると、月額700円が毎月加算されてしまっているはずです。

また光電話にせずに、固定電話はそのまま使用している場合は月額基本料金1,700円が加算されているので、とくにこだわりがなければ切り替えることで大幅に安くすることができます。

コミュファ光よりも月額が安いサービスは?

どうしてもコミュファ光の料金が負担に感じるので、もっと安く利用できるところはないの?と思われる方のために、コミュファ光より安い回線業者はないかを調べてみました。

比較対象としてはauひかり、NTTのフレッツ光、NURO光、の3社があげられます。

・auひかり
東海地方では戸建てタイプ未提供でマンションタイプのみの提供になっています(2018年12月現在)ので、戸建ての場合は比較対象からはずれます。ただ、マンションタイプの料金はコミュファ光よりも若干安く設定されています。また、コミュファ光と同じくスマートバリューの割引が適用できるので、auユーザーでマンションにお住まいの方は検討してみる価値はありそうです。

・フレッツ光
コミュファ光と真っ先に比較されるのがNTTのフレッツ光です。料金体系やサービス内容もかなり似ているのですが、フレッツ光は提供エリアの広く利用者が多いことから、サポートが充実していることなどがメリットとしてあげられます。ネット+電話のセットであればコミュファ光のほうがすこし安くなりますので、料金的にはコミュファ光に軍配が上がるでしょう。

・NURO光
NURO光はソニー系列の光回線サービスとして関東エリアからスタートしましたが、最近になって東海4県も提供エリアに入りました。月額料金に関してはコミュファ光とほぼ同じなのですが、「ネットのみ」の契約に関してはNURO光のほうが500円ほど安くなっています。これはギガデビュー割が適用できないためです。そのため、ネットのみの加入を考えているかたにとってはNURO光にするメリットはあるでしょう。

ただし、工事費に関してはコミュファ光が「安心サポート」加入により無料になるのに対し、NURO光は30カ月間の利用から毎月割引されることによって実質無料になる、というかたちをとっていますので注意が必要です。

安いサービスにしても速度に問題はない?

インターネットを使うとき一番気になるのは結局速度ですよね。ただ、地域や建物の環境によって同じプランでも速度にばらつきがあるためなかなか事前に判断しづらいというのが正直なところです。

コミュファ光は回線を使う利用者を東海地方限定することで、安定した速度を提供できるというのが強みです。プランによってコミュファ光より安いサービスはありますが、実際の速度が安定して出せるとは限りません。

同じKDDIグループのauひかりと速度を比較した場合、コミュファのほうが実際の速度計測が速かった。という口コミも見られますので、やはり地域密着型サービスの強みが生かされているといえるでしょう。

まとめ

・コミュファ光は東海地方限定の光インターネット業者です。光ネットと一緒に光電話や光テレビもセットにすることで他社よりかなりオトクに利用することができますので、特に戸建て住宅にお住いの方は断然オトクになります。

・auユーザーは「スマートバリュー」を適用することで月額料金の割引が受けられます。auをつかっている家族にも適用されるので、適用条件を確認してauショップなどで申請を行いましょう。

・光ネットの工事費は「安心サポート」というオプションに3カ月間加入することで無料にすることができます。この3カ月間はオプション利用料は無料ですが、それ以降は有料になるので必要がなければ、4カ月目以降は外しておくのを忘れないようにしましょう。

・加入の際はコミュファ光公式キャッシュバックだけでなく、代理店のキャッシュバックキャンペーンも併用するのがおすすめです。

  • アパート マンション インターネット
    アパート・マンション(賃貸)向けインターネット完全ガイド!大家に聞くこと
  • bnrスピードテスト
    bnrスピードテストの使い方・結果の見方を解説!快適なネットの目安は?
  • ビジネスコミュファ光
    ビジネスコミュファとは?コミュファ光との違いを担当者向けに解説!
  • auひかり マンションタイプ
    auひかりのマンションタイプ導入マニュアル!失敗しないための全知識
  • auひかり 料金
    auひかりの料金プランを徹底解説!契約して後悔しないために知るべきこと
  • auスマートバリュー
    auスマートバリュー(mine)を完全解説!5分で分かる通信費を安くする方法
おすすめの記事