wimaxの乗り換えキャンペーン全比較!プロバイダ選びで損しない新常識

WiMAXの乗り換えキャンペーンを全比較して、乗り換えるべきプロバイダを紹介します。他の回線からwimaxに乗り換える際のお得な契約方法や、wimaxからwimaxに乗り換える際の便利なキャンペーンについて比較し、WiMAXを乗り換えるときのルールも説明していますので、この記事を読めば、違約金を負担してくれるプロバイダや乗り換えに使えるお得なキャンペーンが分かり、便利なwimaxに安心して乗り換えることができます。

【要確認】キャンペーン比較の前に知るべき乗り換えの常識!

wimaxの契約は月額料金割引やキャッシュバックキャンペーンなど分かりにくいものが多く、乗り換え時も何を基準に選択すればよいか迷ってしまうことがあります。

wimaxの通信回線は契約するプロバイダによって優劣がありません。どのプロバイダで契約しても製品の品質は一緒ですので、料金が安いプロバイダを選択しましょう。

その他に乗り換え時に考慮するべき点をご紹介していきます。

常識1.キャンペーン比較は二年間のトータルで計算すべし!

wimaxのキャンペーンは、広告などで多額のキャッシュバックや契約初期の月額料金の安さがアピールされていますが、消費者が一番考慮するべき点は、契約期間全体を通した利用料金の総額です。

例えば、ポケットWi-FiのYahoo!Wi-Fiでは、5GBプランが月額2,480円から使えるとの広告がありますが、実はポケットWi-Fiの契約とは別に、Yahooプレミアム会員になる必要があり月額462円がかかります。

WiMAXのカシモWiMAXでも、ギガ放題プランが月額1,380円との広告がありますが、契約期間2年間の平均月額は3,338円になっており最安プロバイダではありません。

WiMAXのキャンペーンを比較する際は、キャンペーンの内容だけではなく、割引金額を含めた契約期間中にかかる料金の総額によって安いプロバイダを選択するようにしましょう。

常識2.二年ごとに最安プロバイダで新規契約しよう

WiMAX 初回入会キャンペーンと更新契約の料金比較 一覧 (2018年8月)
プロバイダ名 実質月額料金

(入会時)

実質月額料金

(更新時)

キャンペーン

(入会時)

キャンペーン

(更新時)

GMOとくとく BB 2,917円 4,263円 キャッシュバック 34,000円 なし
BIGLOBE 3,198円 4,380円 キャッシュバック 30,000円
カシモWiMAX 3,338円 4,079円 月額割引
So-net 3,363円 4,179円 月額割引
Broad WiMAX 3,637円 4,011円 月額割引

 

 

WiMAXの月額料金は、初回入会時のキャンペーンを利用することで更新契約をするよりも上記の表の通りかなり安くなります。

例えばGMO とくとく BBの場合、初回入会時の月額料金は契約から2ヶ月間が3,609円、その後4,263円になります。GMO とくとく BBで更新する場合は、はじめから4,263円が2年間続く形になり、月額料金の差は初回2年間(101,004円)、更新(102,312円)です。

月額料金的には更新してもさほど違いはありませんが、初回入会キャンペーンのキャッシュバック金額34,000円分が契約を更新する際にはもらえません。

同じようにBIGLOBEでもキャッシュバック金額分、初回入会時のほうがお得になります。その他、キャッシュバックを行っていないプロバイダでも、契約を更新する際には月額割引が利用できないプロバイダもあり、初回入会のほうがトータル金額が安いです。

WiMAXを長期間利用される際には、二年ごとに最安プロバイダで新規契約する方法が、契約を更新するよりも利用期間のトータル料金は安くなります。

契約を更新するよりも、他のプロバイダに乗り換えて新たに初回入会キャンペーンを利用したほうが、契約期間中の実質月額料金は安くなります。WiMAXでは初回入会時に利用できるキャンペーンが充実しており、同じプロバイダで契約を更新する際にはキャンペーンは用意されていません。

キャッシュバックキャンペーンは、契約者一人に対し一回限りになっていますので、最安のプロバイダを利用した事がある人は、契約期間が終了する際にまだ利用したことのないプロバイダに乗り換えるのがおすすめです。

WiMAXの乗り換えキャンペーン一覧と全比較(実質月額で換算)

ここまでの内容をまとめると、固定回線、ポケットWi-Fiから乗り換える場合のwimaxのお得なプロバイダは、wimaxを新規契約するときにお得なプロバイダと同じです。

定期的な乗り換えが面倒な方は「Broad WiMAX」を選択すれば、面倒な乗り換え作業をせずに継続的な月額料金が4011円と他プロバイダよりも安くなっています。

それぞれどのような内容なのかご紹介していきます。

一番お得なのは「GMO とくとく BB 」(実質月額2,917円

gmoとくとくbb キャンペーン

プロバイダ名 GMO とくとく BB 最安値
利用端末 W04 W05
契約年数 2年
短期 月額 7218 =3,609×2 7218 =3,609×2
中期 月額 93786 =4,263×22 93786 =4,263×22
事務手数料 3000
キャンペーン キャッシュバック 34,100円 キャッシュバック 32,150円
実質総額 69,904円 71,854円
実質月額 2,913円 2,994円

 

GMO とくとく BBのwimaxのプランは、キャッシュバックがもらえるキャンペーンと、月額料金が割引になるキャンペーンの2種類がありますが、一番お得な契約は上記の表のキャッシュバックキャンペーンです。

さらに、利用する機種によってキャッシュバック金額が変わり、最新機種のW05は他の機種に比べてキャッシュバック金額が少なくなります。ですが、W05の契約金額でも、他のプロバイダと比較して安い金額ですので、どれを選択しても最安の契約方法です。

GMO とくとく BBでは契約時に「安心サポート」と「公衆無線LAN」という2つの有料オプションに加入する必要があります。ですが、契約から2ヶ月間はオプション料金が無料になります。

契約から2ヶ月間で有料オプションを解約すれば料金は実質0円ですので、最安でGMO とくとく BBを契約されたい方は、2ヶ月の間に有料オプションを解約してください。

11ヵ月後に届くメールに忘れずに返信すれば3万円前後の高額なキャッシュバックが受取れますので、wimaxを契約するならGMO とくとく BBが一番オススメです。

二番目にお得なのは「BIGLOBE」(実質月額3,198円

BIGLOBE WIMAX キャンペーン

プロバイダ名 So-net 最安値
利用端末 W04 WX03 L01
契約年数 2年
短期 月額 7390 =3695×2
中期 月額 96360 =4380×22
事務手数料 3,000円
キャンペーン 30,000円
実質総額 76,752円
実質月額 3,198円

 

すでにGMO とくとく BBを利用してしまった方は、BIGLOBEの2年契約キャッシュバックキャンペーンがオススメです。

BIGLOBEでは、支払い方法にクレジットカードと口座振替が選択できて、クレジットカード支払いを選択する際に最大30,000円のキャッシュバックキャンペーンが利用できます。

口座振替を選択する場合はキャッシュバック金額が15,000円になってしまいますので、BIGLOBEでWiMAXを最安で契約したい人はクレジットカードで支払うようにしましょう。

その他、2018年の7月ではSo-netでも最大30,000円キャッシュバックキャンペーンを開催しており、キャンペーンを考慮した実質月額がGMO とくとく BBの次に安くなっていましたが、8月にはキャッシュバックキャンペーンがなくなってしまいました。

同様に、開催されているキャンペーンの内容によって乗り換えるべきプロバイダは変化しますので、乗り換えの際に行われているキャッシュバックキャンペーンをチェックしてから乗り換え先を選択しましょう。

契約満了時の乗り換えが面倒な人は「Broad WiMAX」(実質月額3,637円

Broad WiMAX キャンペーン

プロバイダ名 Broad WiMAX 最安値
利用端末 W05 WX04 L01s
契約年数 3年
短期 月額 8178 =2,726×3
中期 月額 71631 =3411×21
長期 月額 48132 =4011×12
事務手数料 3,000円
キャンペーン 月額料金割引
実質総額 130,941円
実質月額 3,637円

 

Broad WiMAXは、キャンペーンを利用した際の実質月額料金は3,637円と他のプロバイダよりも数百円高額ですが、同じ名義人で何回でもキャンペーンが利用できる特徴があります。

さらに、契約更新時に再契約を忘れてしまい自動更新した場合でも、月額料金が4,011円になり他のプロバイダと比較して200円前後安い利用料金になります。

2~3年ごとにわざわざ契約変更しなくてもwimaxを最安で使い続けることができるプロバイダです。キャンペーンも月額割引ですので、いちいちメールを送ってキャッシュバックをもらう必要もありません。

契約が自動更新されるwimaxで、更新時期を逃すのが心配な方はBroad WiMAXが断然オススメです。
wimax契約期間中に乗り換える場合は「Broad WiMAX」

何かの理由で現在契約しているwimaxプロバイダを辞めたい場合は、「Broad WiMAX」で行なわれている「違約金負担キャンペーン」を利用すると、wimaxからwimaxに乗り換える場合に限り、違約金を「Broad WiMAX」が負担してくれます。

Broad WiMAXは契約を自動更新した場合の最安プロバイダですので、使い続けるほどお得になるプロバイダです。
すべてのお得な新規契約キャンペーンを利用した後は、皆さんBroad WiMAXを選択することが多くなりますので、はじめからBroad WiMAXを契約するのも賢い方法です。

上記プロバイダを過去に契約済みなら「カシモWIMAX」か「So-net」

「GMOとくとくBB」も「BIGLOBE」も既に契約済みであったり、キャッシュバックキャンペーンが受け取れなかったり事情がある場合は、第三の選択肢としてカシモWIMAXSo-netを検討すると良いでしょう。

カシモWIMAX(実質月額3,338円

カシモWIMAXは比較的新しいWIMAXのプロバイダで、実質月額が3,338円になります。ただし、利用できる端末は新品ではなく、"新古品"の場合もあるみたいなので機種にこだわりのある人には向いていないと言えます。

カシモWIMAX キャンペーン

So-net(実質月額3,363円

So-netは超有名企業のSONYの子会社であるソネット株式会社が運営するプロバイダです。サポートなども充実しているので優良プロバイダだと言えます。ただ、契約プランが3年プランしかないのでしばりを気にする人は他のプロバイダを探した方がいいかもしれません。So-net キャンペーン

WIMAXの乗り換えキャンペーン比較のまとめ&注意点

 

結論!乗り換えたほうがいい人はこんな人

WIMAXへ(の)乗り換えキャンペーンを比較する前に、乗り換えによってあなたにどんなメリットがあるのか明確にしておきましょう。
乗り換えを検討している人は以下のような人ではないでしょうか?

・光回線などの固定回線を利用している
・Pocket WiFiやスマモバなど他社回線を利用している
・WIMAXのプロバイダを利用しているが乗り換えを検討している

こうした中で、今よりも良い条件のプロバイダやプランに変更すると以下メリットのいずれかの恩恵を受けられます。

1.高額なプロバイダ・プランを契約してしまっている場合は料金やサービス内容を見直せる(料金見直し)
2.現プロバイダで二年契約が終了するので新プロバイダのキャッシュバックを受け取る(キャッシュバック制度)
3.月のデータ通信量を無制限プランに変更できる(他社の制限ありプランからの乗り換え)
4.新しい機種を実質無料で乗り換えられる(新機種)

WiMAX以外のモバイルWi-Fiの契約は、月に使えるデータ通信量に5GBや7GBなどの上限があるプランが一般的ですが、WiMAXには無制限プランがあり、WiMAXであれば利用するデータ通信量を気にすることなくネット通信し放題です。

WiMAXには、初回入会時のみ利用できるキャッシュバックキャンペーンや月額割引などがあり、同じプロバイダで契約を更新する料金よりも、初回契約を終えた時点で他プロバイダに乗り換えるほうがトータル料金は安くなります。

他プロバイダに乗り換える場合は、新しい機種を実質無料で手に入れられますので、2年・3年ごとに最新のWiMAX端末が利用できるメリットもあります。

乗り換えたほうが良い人

WiMAXに乗り換えたほうがよい人は

・固定回線を契約していてもあまりネット通信しない人
・ポケットWi-Fiで毎月速度制限を受けている人
・WiMAXのプロバイダで契約を更新している人

など、現在利用中の回線に料金面や通信データ量の面で不満がある人は、wimaxへ乗り換えを検討してみましょう。

固定回線を契約していても月のデータ通信量があまりない人、外出時にもWi-Fiでインターネットがしたい人は、固定回線からwimaxに乗り換えたほうが月額料金が安くなり、外出時でもネットができるようになりますので乗り換えがオススメです。

その他、ポケットWi-Fiの契約にはデータ通信量に上限がありますので、無制限で利用できるwimaxに乗り換えれば、通信量を気にすることなくネット通信できるようになります。

WiMAXを利用している人でも、同じプロバイダで契約を更新するよりも他プロバイダの初回入会キャンペーンに乗り換えたほうが契約期間のトータル料金が安くなりますので、WiMAXの契約を更新している人はプロバイダを乗り換えるべきです。

キャッシュバックはもらい忘れに注意!

○キャッシュバックをもらう仕組み

WiMAXの初回入会キャンペーンでもらえるキャッシュバックは、契約先のプロバイダによってもらえる時期が変わります。

○GMO とくとく BBでは

・契約月を含めた11ヵ月後にキャッシュバックを受取るためのメールが届く
・届いたメールに返信
・指定した口座にキャッシュバックが振り込まれる

という仕組みでキャッシュバックが手元に届きます。

○BIGLOBEでは

・契約月を含めた13ヵ月後(2日午後)に「口座指定案内メール」が届く
・公式マイページの「特典一覧(値引き・キャッシュバック)」で口座指定の手続き
・「振込先の金融機関情報」「受付番号」を入力
・手続き完了から数日後にキャッシュバックが振り込まれる

という仕組みになっています。

○Broad WiMAXでは

Broad WiMAXの初回入会キャンペーンは月額割引のみになっており、キャッシュバックは開催されていませんが、乗り換えの際に他社の違約金を肩代わり(キャッシュバック)してくれる「違約金負担キャンペーン」がBroad WiMAXにはあります。

Broad WiMAXの「違約金負担キャンペーン」は、最大19,000円までの他社に支払った違約金をBroad WiMAX契約後にキャッシュバックしてもらえます。

「違約金負担キャンペーン」の手順は

・違約金を支払い他社の契約を解約する
・Broad WiMAXでWiMAXを通常通り契約する
・「違約金負担キャンペーン」専用コールセンターに電話
・違約金負担を希望することを伝える
・振込先の銀行口座情報を伝える
・支払った違約金が分かる書類(領収書メールなど)をメールに添付して送信
・翌月末までに指定した口座にキャッシュバックが振り込まれる

一旦は利用者が違約金を辞めるプロバイダに支払いますが、19,000円までの同額がBroad WiMAXからキャッシュバックされる仕組みになっています。

その他のプロバイダでも時期によってキャッシュバックキャンペーンを開催していることがあり、キャッシュバックがもらえる時期はプロバイダによって異なっています。キャッシュバックをもらう方法もプロバイダによって違いますのでよく確認しましょう。

○注意点として

プロバイダの中にはキャッシュバックがもらえる期間中に申請をしないと、もらえるはずのキャッシュバックが無効になるプロバイダもありますので、各プロバイダごとに定められたキャッシュバックをもらうための申請は忘れずに行なうようにしてください。

 

具体的な乗り換え手順

ここまでは乗り換えキャンペーンについて解説して来たのでここからは具体的な乗り換え手順について解説します。
wimaxを乗り換える場合の具体的な方法を手順に従ってご紹介します。

1.プランを決める

wimaxの最大の利点は月のデータ通信量が無制限なことです。

wimaxのプランには

・無制限で利用できる「ギガ放題プラン」
・月のデータ通信量に制限がある「通常プラン」

の2種類がありますが、断然オススメなのは無制限の「ギガ放題プラン」です。

逆に、制限があるプランを契約するなら他のポケットWi-Fiでもまったく問題ありません。

制限があるプランは月のデータ通信量が7GBまでというプランが一般的です。月のデータ通信量が7GBというのは、メインで利用する回線の通信量ではありません。

何にwimaxを利用するのかをよく考えて、ギガ放題プランか他のプラン・回線かを選択してください。

2.機種を決める

 

 

WiMAX機種 性能一覧
機種名 W05 スペック一覧 WX04 W04 スペック一覧
発売日 2018年1月 2017年11月 2017年2月
WiMAX 2+回線

最大通信速度

下り558Mbps・上り30Mbps 下り440Mbps・上り30Mbps 下り440Mbps・上り30Mbps
最大通信速度

(オプション利用時)

下り708Mbps・上り75Mbps 下り440Mbps・上り50Mbps 下り708Mbps・上り37.5Mbps
連続使用時間 約540分 約690分 約540分
バッテリー容量 2,750mAh 3,200mAh 2,750mAh
サイズ 約W130×H55×D12.6mm 約111(W)× 62(H)× 13.3(D)mm 約H130×W53×D14.2mm
重量 約131g 約128g 約140g

 

wimaxの機種ごとの特徴は

・W05 = WiMAXの最新機種 最大通信速度が708Mbpsと高速
・WX04 = バッテリーがWシリーズよりも大容量
・W04 = W05の前機種 最大通信速度はW05と同じ

となっており、WX04は付属するクレードルにアンテナ拡張機能があり、クレードルと同時利用することで他の機種より多少電波状況が改善される特徴があります。

ですが、W05のクレードルにも独特な機能が付いていて、電波状況や通信速度が大幅に改善されるハイパフォーマンスモードに、モードを自動変更してくれる機能がクレードルに搭載されています。

ハイパフォーマンスモードは、通信品質が向上しますがその分バッテリーの消費が激しくなる通信モードです。W05はコンセント電源にクレードルを通して接続されている際に、自動的にハイパフォーマンスモードに切り替えてくれます。

基本的に使いやすい機種はW05ですので、特別な理由が無い限りは最新機種のW05を選択することをおすすめいたします。

3.現在のプロバイダを解約する

 

 

WiMAX プロバイダ別 解約手続き一例
プロバイダ 期限 解約方法 電話番号
UQ WiMAX 31日まで 電話もしくは書面を郵送して即日解約 0120−929−818

(年中無休:9〜21時)

GMO

とくとく BB

20日まで オンラインサイトからか書面を郵送で

当月末日に解約(SIMカードも返却)

解約手続き

オンラインサイト

So-net 31日まで オンラインサイトから

解約日を即時から月末まで指定可能

解約手続き

オンラインサイト

Broad WiMAX 25日まで 電話から解約申請、当月末日に解約 0120−001−827

(月〜土:11〜18時)

BIGLOBE 25日まで オンラインサイトから解約申請

当月末日に解約

解約手続き

オンラインサイト

DDI 25日まで オンラインサイトからか

解約申請書を郵送 当月末日に解約

解約手続き

オンラインサイト

 

契約するwimaxのプランと機種を決定したら、現在利用しているプロバイダで回線を解約しましょう。解約する方法は契約中のプロバイダによって申し込み方法が異なっています。

ご利用中プロバイダのヘルプページなどから解約申込み方法を検索できますが、分からなかった場合は、電話やメールでプロバイダに問い合わせれば解約方法の案内やそのまま解約手続きができます。

契約の更新期間に解約すれば違約金は必要ありませんが、契約変更期間でない時期に乗り換える場合は違約金が必要です。

4.次のプロバイダに契約する

wimaxのプロバイダは大量にあり、どれを選んでよいか迷ってしまうかもしれませんが、wimaxは他の回線と違いどのプロバイダを選択しても通信品質に違いがありません。

単純に料金でプロバイダを比較して契約するだけですので、他の回線のように通信速度の違いをプロバイダごとに調査する必要はありません。

今回ご紹介したGMO とくとく BBがwimaxでは最安のプロバイダですので、特別な理由が無い限りは、GMO とくとく BBをおすすめいたします。

5.違約金の証拠メールを次プロバイダ宛に送信する

違約金負担がある人は、Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンが利用できます。

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンは、一般利用客と同様にBroad WiMAXで契約を申し込んだ後に、違約金負担専用のコールセンターに電話して違約金負担を希望する旨とキャッシュバックを受取る口座情報を伝えます。

その後、他社プロバイダから届いた違約金の内容が分かる書類をBroad WiMAXにメールで送信すれば、翌月末に指定した口座に料金がキャッシュバックされます。

Broad WiMAXの違約金負担に関する詳細は下記の電話番号でお確かめください。

→ Broad WiMAX新規お申込み・お問合せ窓口 Tel:0120-680-382

【応用編】wimaxから乗り換える際の乗り換えキャンペーン

wimaxの乗り換えは新規契約キャンペーンを利用した方法が、一番お得にwimaxを契約できます。基本的に何も回線を契約していない人と同じ感覚でプロバイダを選択しましょう。

wimaxは契約するプロバイダによって通信回線の品質は変化しません。契約期間のトータル金額が低いプロバイダを比較して契約するのが賢い方法です。

固定からの乗り換えキャンペーン一覧

固定回線の最安キャンペーン 一覧
回線名 プロバイダ名 一戸建て マンション 工事費 キャンペーン
フレッツ光 GMO とくとく BB

(ドコモ光)

5,200円 4,000円 18,000円 最大15,000円キャッシュバック

工事費無料キャンペーン

Yahoo!BB

(ソフトバンク光)

5,200円 3,800円 24,000円

(実質無料)

最大32,000円
auひかり BIGLOBE 5,000円 3,800円 37,500円

(実質無料)

最大52,000円キャッシュバック
NURO光 So-net 4,743円 40,000円

(実質無料)

35,000円キャッシュバック

 

固定回線には3種類(フレッツ光・auひかり・NURO光)の違いがあり、契約先を違う回線に乗り換える場合は、新規に光回線を配線するための工事料金が必要になります。

フレッツ光回線を利用できるプロバイダは100社以上あり、その中でもお得なキャンペーンはスマホキャリアが開催しているキャンペーンになっています。

auひかり・NURO光でも同様に、使用中のスマホと光回線を同じプロバイダにあわせて月額料金が割引になるキャンペーンが光回線のプランでは安い契約です。

固定回線からWiMAXに乗り換える場合は、月額料金が1,000~3,000円程度安くなり、工事費用などの初期費用は事務手数料3000円のみです。WiMAXの人気プロバイダ別、実質月額料金の違いは下記の表の通りです。

WiMAX 実質月額料金 比較 (2018年8月)
順位 プロバイダ名 実質月額料金

(CB適用前)

実質月額料金

(CB適用後)

キャンペーン(CB)
1位 GMO とくとく BB 4334円 2,917円 キャッシュバック 34,000円
2位 BIGLOBE 4448円 3,198円 キャッシュバック 30,000円
3位 カシモWiMAX 3338円 3,338円 月額割引
4位 So-net 3363円 3,363円 月額割引
5位 Broad WiMAX 3637円 3,637円 月額割引

ポケットWi-Fiの他社乗り換え一覧

ポケットWi-Fi 実質月額料金 比較 (2018年8月)
順位 プロバイダ名 通信データ量/月 実質月額料金 キャンペーン
1位 ワイモバイル 7GB 2,917円 なし
2位 Yahoo!Wi-Fi 7GB 3,198円 Yahooプレミアム会員費3ヶ月無料

(実質不要1,500円程度)

3位 ドコモ 5GB 6,525円 月額割引

対象機種のみ(L-01G、HW02G)

4位 ソフトバンク 7GB 3,821円 月額割引
5位 スマモバ 無制限 3,759円 3000円ギフトカード(家族紹介)

 

wimax以外のポケットWi-Fiは、スマホと同じ通信方法で電波を拾いやすいメリットがありますが、月に利用できるデータ通信量が少ない契約という特徴があります。また、通信制限を受けた際にネット環境が利用できなくなるほど低速(128kbps)な通信速度になります。

開催されているキャンペーンも特徴的な物は無いといえるほど低額なもののみです。

Pocket WiFi、スマモバなど他社モバイルルーターから"WIMAX"に乗り換える場合のキャンペーンは開催されておらず、WiMAXへの乗り換えは現在契約中のモバイルWi-Fiを解約してWiMAXを新規契約する形になります。

スマモバではポケットWi-Fiの通信量が無制限のプランがありますが、格安SIMを利用した通信方法になっており、WiMAXやその他のポケットWi-Fiと比較すると通信速度が大幅に低速になっています。

wimaxは月のデータ通信量が無制限で、短期制限(3日で10GB以上利用)時の速度制限も最大通信速度1Mbps制限と大変ゆるい速度制限ですので、ポケットWi-Fiとは比べ物にならないほどネット通信が快適に利用できるようになります。

 

まとめ

wimaxの乗り換えキャンペーンについて、各プロバイダを比較してお得なキャンペーンをご紹介しました。

なぜwimaxを乗り換えたほうがよいのか、乗り換える場合と継続契約した時の料金の違いなども詳しく解説しています。

さらに、wimaxの最安プロバイダもランキングでご紹介していますので、wimaxを乗り換える際にはこの記事を参考に後悔しない最良のプロバイダを選択してください。

  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • ギガ放題
    WIMAXのギガ放題とは?5分で分かる解説と失敗しない知識
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • WiMAX 即日
    WIMAXを即日受け取るには店頭が良い?配送が遅い場合の対処法
  • 出張 旅行 Wi-Fi
    出張(短期・長期)や旅行でネットに接続するWi-FiルーターTOP5
おすすめの記事