auひかりの料金プランを徹底解説!契約して後悔しないために知るべきこと

auひかり料金はサービス開始から評判がよいので知りたい人も多いと思います。
現代ではもはや必須といっても過言ではないインターネットですが、料金プランが複数あったり仕組みが難しかったりと、いまいち分かりにくいという方も多いのではないでしょうか?

人気のauひかりの場合も住居形態や、そのほかの条件によって料金プランが複数に分かれています。プラン変更する場合もあるかもしれません。今回はそんなauひかりの料金プランにフォーカスして、徹底的に解説していきます。

また、契約するにあたって必要となる費用についてや一番お得に申し込みができる窓口など、これから契約する方にも耳寄りな情報もまとめて解説していきます。

auひかりの料金プランを確認しよう

auひかり 料金プラン
auひかり料金は戸建てやマンションプランが導入されていない集合住宅を対象とした「ホームタイプ」と、集合住宅へ事前に設備を導入して提供される「マンションタイプ」の2種類があります。どちらのタイプも料金プランが複数に分かれているので、それぞれの料金プランを解説していきます。

アパート・マンションの場合

サービス概要
マンションタイプのプランは建物の構造や設備が導入されたタイミングなどで複数の種類に分かれていて、利用料金もそれぞれのプランごとに異なります。

どのプランが利用できるかは導入されている設備によって決まるため、自分で選択することはできません。
ただし、導入とための工事費は基本的にどのプランでも30,000円となっています。(基本的に分割払いです)
プランの変更には引越し手続きが必要です。
無線LANルーターの料金は含まれていないので注意しましょう。

導入の条件
auひかりマンションタイプの設備が導入されている物件であること。

料金プラン一覧

 

 

マンションプラン料金表
プラン 提供条件 速度 月額料金
タイプG

(VDSL方式)

16契約以上 下り最大664Mbps

上り最大166Mbps

3,800円
8契約以上 4,100円
タイプV

(VDSL方式)

16契約以上 下り上り

最大100Mbps

3,800円
8契約以上 4,100円
タイプE

(LAN方式)

16契約以上 3,400円
8契約以上 3,700円
タイプF

(光配線方式)

3,900円
マンション ギガ

(光配線方式)

下り上り最大1Gbps 4,050円
マンションミニ ギガ

(光配線方式)

3階建て以下総戸数8戸以上 5,000円
都市機構デラックス

(VDSL方式)

UR都市機構集合住宅向け 下り最大100Mbps

上り最大35Mbps

3,800円

 

 

※UR都市機構集合住宅とは独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が管理する賃貸住宅のことです。

上記のように大きく7つのプランに分かれているauひかりのマンションタイプには、「VDSL」「LAN方式」「光ファイバー」の3つの方式が使われています。どの方式が使われているかによって回線の速度に違いがでるのですが、一番多く導入されているのがVDSL方式で、逆にLAN方式はあまり多くはないので、実際のところはVDSL方式か光回線方式が一般的となっています。

VDSL方式は集合住宅の共用部まで光回線を引き込み、その先は各部屋に続いている既存の電話線設備を使ってインターネットを提供するため、電話線を通る際に通信速度の低下が起こります。

そのため速度はVDSLよりも光配線の方が速く、料金も光配線方が高くなる場合が多くなります。

戸建の場合

サービス概要
戸建てプランの場合はどのプランを選んだとしても工事費は37,500円と一律になっていますが、月額料金は契約期間のによって3つのプランに分かれています。(基本、分割払いです)
マンションプランと違い、契約者が契約期間を決めてプランを選択することができます。
無線LANルーターの料金は含まれていないので別途準備が必要です。

導入の条件
・戸建もしくは2階建てまでの集合住宅
戸建てプランの導入条件はプランによって違いはなく高さの制限のみとなります。
導入の条件は基本的に2階建てまでとなっていて、建物の高さによっては3階建てでも導入可能な場合があります。
また、賃貸物件の場合は導入工事の了承が建物の管理会社やオーナーから得られることが前提となります。

料金プラン一覧

 

 

戸建てプラン料金表
  工事費 契約期間 1年目 2年目 3年目以降
ずっとギガ得プラン 37,500円 3年 5,100円 5,000円 4,900円
ギガ得プラン 2年 5,200円
標準プラン なし 6,300円

 

 

・ずっとギガ得プラン
3年契約のプランで1年目、2年目、3年目以降で月額料金が段階的に割引になります。3年目で割引の変動は終わり、その後の料金は4,900円で固定となります。(解約時に内訳、違約金が請求されるので注意)

・ギガ得プラン
2年契約のプランで標準プランから月額料金の割引がありますが、ずっとギガ得プランよりも割高となります。(解約時に内訳、違約金が請求されるので注意)

・標準プラン
計画期間の定めがないかわりに、月額料金の割引もないプランです。解約時に違約金は発生(請求)することはありませんが、月額料金は最安のプランと比べて最大1,400円割高となります。

auひかりはauユーザーがお得になる

サービス開始から評判のよいauひかりは断然auユーザーがお得になる仕組みになっています。その理由は携帯電話とのセット割引です。

auユーザーがセットで割引を受けられるインターネット回線は、電力系光回線やケーブルテレビの光回線など複数ありますが、逆にauひかりを利用している人が割引を受けられる携帯電話はau携帯電話のみとなっているためです。

また、auひかり電話とau携帯電話間の通話料金が無料になるなどのメリットもあります。携帯から値引きができるとお得です。

関東限定!世界最速プランが開始

サービス概要
auひかりといえば、フレッツ光が最大200Mbpsの戸建て向け光回線サービスを提供する中、その速度を大きく上回る最大1Gbpsの戸建て向けの光回線を提供していましたが、現在では最大1Gbpsの光回線サービスは当たり前となりました。
そんな中、2018年3月よりKDDIが提供する世界最速回線『超ひかり』がスタートしました。
超ひかりの回線速度は最大5GbpsのVプランと最大10GbpsのXプランの2種類となっています。(無線LANルーターのは別で準備が必要です。)

導入の条件
・関東エリア
auひかりの高速プランに対応しているエリアは2019年1月現在関東のみとなっています。

・戸建のみ
auひかりの戸建プランはマンションタイプが導入されていない集合住宅でも導入することができますが、超ひかりの高速サービスは戸建のみの提供となっています。

・2階建てまでの建物
通常のauひかり同様、基本的に2階建ての建物で提供可能となります。

料金プラン一覧

 

超ひかり料金表
プラン 事務手数料 工事費 1年目 2年目 3年目 4年目以降
5Gプラン 3,000円 37,500円 6,100円 6,000円 5,900円 5,900円
10Gプラン 6,880円 6,780円 6,680円 6,680円
割引 超高速スタートプログラム ▲500円
auスマートバリュー ▲500円
5Gプラン 超高速スタートプログラム 5,600円 5,500円 5,400円 5,900円
auスマートバリュー 5,400円
10Gプラン 超高速スタートプログラム 6,380円 6,280円 6,180円 6,680円
auスマートバリュー 6,180円

 

 

※4年目以降のスマートバリューユーザー割引の条件としてひかり電話が必須となるため、上記の表はインターネット+ひかり電話の料金表記となっています。

超ひかりは通常の1Gプランの月額料金に5Gプランで+500円、10Gプランで+1,280円で利用ができます。
ただし、提供開始から3年間は「超高速スタートプログラム」というキャンペーンが適用され、毎月500円の割引が適用されるため5Gは+0円、10Gは+780円で利用することができます。

また、4年目以降もauユーザーはセット割引である「auスマートバリュー」を適用することで、超高速スタープログラムと同様の500円割引が継続されます。携帯料金から値引きです。1ヶ月目~24ヶ月目まで契約するのが前提となります。

auひかりのキャンペーンは以下に詳しくまとまっています。

auひかり キャンペーン
auひかりのキャッシュバック徹底比較!損しない注意点と受け取り方法
2019-02-07 21:44
auひかりのキャッシュバックやキャンペーンを比較して最安値で申し込むことは大切です。 回線速度の実測値の評判や、au携帯電話やタブレットとのセット割であるauスマートバリューで人気...

">

auひかり キャンペーン
auひかりのキャッシュバック徹底比較!損しない注意点と受け取り方法
2019-02-07 21:44
auひかりのキャッシュバックやキャンペーンを比較して最安値で申し込むことは大切です。 回線速度の実測値の評判や、au携帯電話やタブレットとのセット割であるauスマートバリューで人気...

auひかりを導入するためにかかる費用を全て解説

auひかり 導入費用
auひかりをこれから導入する場合、必要となる費用にはどういったものがあるのでしょうか?ネットの利用料金にはプロバイダ、機器のレンタル料金が含まれています。1ヶ月目~24ヶ月目まで2年間の契約にかかる費用を考えます。
新規の場合と他社から乗り換えの場合で発生する費用の種類と金額を解説してみましょう。

新規の場合

◼︎導入費用
・契約事務手数料:3,000円
・工事費用:戸建プラン37,500円、マンションプラン30,000円

新規で受けられるキャンペーンはある?
◼︎工事費実質無料(auスマートバリュー併用不可)
工事費相当分を月額料金から下記の割引が受けられます。(工事費は基本分割払いです)

戸建プラン【ネット125円+ひかり電話500円】×60ヵ月

マンションプラン【ネット+ひかり電話1,250円】×24ヵ月

他社から乗り換える場合

◼︎導入費用
・契約事務手数料:3,000円
・工事費用:戸建プラン37,500円、マンションプラン30,000円
・他社の解約費用

乗り換えで受け取れるキャンペーンはある?
他社のインターネット回線からauひかりへ乗り換える場合は上記の工事費無料キャンペーンに加えて下記のキャンペーンが対象となります。

◼︎auひかりスタートサポート
・キャンペーン概要
他社固定インターネットサービス、または他社モバイルデータ通信サービスからの乗り換えで発生する解約料金分をキャッシュバック。

・対象他社回線
KDDIグループ、KDDIと業務提携関係にあるケーブルテレビや電力系回線サービスを除く他社回線

・キャッシュバック金額

 

プロバイダ別キャッシュバック金額
@nifty、@T COM、au one net、BIGLOBE、So-net 最大30,000円
ASAHIネット、DTI 最大15,000円

 

・戸建プラン適用条件
①auひかり ホーム ずっとギガ得プランへ加入
②電話オプションパックEX(690円/月)へ加入
③36カ月以上の継続利用をお約束

・マンションプラン適用条件
①auひかり マンションへ加入
②電話オプションパック(500円/月)へ加入
③24カ月以上の継続利用をお約束

このようにauひかりでは他社から乗り換えの場合に発生する解約料金を最大30,000円までキャッシュバックしてるれるキャンペーンを実施しています。
「最大」となっているのは、キャッシュバック金額はあくまで解約に発生した料金の実費に対しての還元であるためです。

解約金が違約金の9,500円のみであった場合は、税込の10,260円のみがキャッシュバックされ、解約金が40,000円だった場合は上限の30,000円分がキャッシュバックされることとなります。

auひかりの公式キャンペーンにはどんなものがある?

auひかり 公式キャンペーン
様々なキャンペーンを展開するauひかりですが、公式で行われているキャンペーンにはどのようなものがあるのでしょう?。詳しく確認してみましょう。

ひかり電話同時加入キャンペーン

au公式ではauのプロバイダである「au one net」とひかり電話を同時加入することでキャッシュバックが受けられるキャンペーンを実施しています。

◼︎対象プラン
・戸建:ずっとギガ得プラン(3年契約)
・マンション:お得プラン、お得プランA(2年契約)

◼︎適用条件
・上記対象プランとひかり電話を同時に申し込み
・受付月を含む4ヵ月以内にauひかりを利用開始

◼︎特典
10,000円キャッシュバック

auスマートバリュー

auひかりでは条件を満たすことで、au携帯電話やauタブレットとのセット割引である「auスマートバリュー」の適用が受けられます。詳しい内容をまとめましたので、確認してみましょう。

◼︎適用条件
①ひかり電話の利用があること
②割引対象のプランに加入していること

◼︎対象プランと割引額
・4GLTE携帯、3G携帯

 

 

auピタットプラン~2GB 翌月から500円/月割引
auピタットプラン2GB~ 翌月から1,000円/月割引
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
データ定額30 翌月から最大2年間2,000円/月割引

(3年目以降ずっと934円/月割引)

データ定額5/20 翌月から最大2年間1,410円/月割引(税別)

(3年目以降ずっと934円/月割引)

データ定額5(ケータイ)
LTEフラット
ISフラット
データ定額2/3 翌月から934円/月割引(税別)
データ定額2/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
データ定額1 翌月から最大2年間934円/月割引(税別)

(3年目以降ずっと934円/月割引)

データ定額1(ケータイ)

 

・タブレット

 

 

LTEフラット for Tab/Tab(L) 翌月から最大2年間1,410円/月割引(税別)

(3年目以降ずっと934円/月割引)

LTEフラット for Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i) 翌月から1,000円/月割引(税別)

 

◼︎特典
・月額料金割引
上記の表のように利用しているプランによって毎月500円〜2,000円の割引が受けられます。

・通話料金割引
「auまとめトーク」が適用され、ひかり電話からauケータイやau固定電話宛てにかけた通話料金が、24時間無料になる割引が受けられます。

安心トータルサポート

定額で電話サポートや遠隔操作のサポートが受けられる「安心トータルサポート」の月額料金が無料で利用できるキャンペーンを実施・設置しています。

安心トータルサポートの特徴は、以下の通りです。
・月額500円の定額で何度でもサポートが受けられる

・年中無休で受付時間も9:00〜23:00までと長い

・出張訪問サポートの費用が毎回2,000円割引になる

◼︎適用条件
過去にキャンペーンを利用していない方

◼︎特典
月額料金500円が 最大2ヵ月間無料

安心ネットセキュリティ

Windows、Mac、AndroidのOSに対応していて最大3台まで利用できるインターネットセキュリティサービス「安心ネットセキュリティ」が無料でできるキャンペーンを実施しています。

◼︎適用条件
すべてのauひかり利用者

◼︎特典
月額料金300円が最大2ヵ月間無料

安心ネットフィルター

ネット接続時の不正サイトへのアクセスやフィッシング詐欺などをブロックしてくれるauが提供するフィルタリングサービスです。
インターネット利用者の年齢にあわせて、6種類制限のレベルを合わせてそれぞれの年代にあったアクセス制限が設定・設置できます。

◼︎提供条件
・auひかり戸建タイプの方
・auひかりマンションタイプGの方
上記のいずれかのプランでホームゲートウェイが「BL1000HW」の方

◼︎特典
月額料金190円が最大3ヵ月間無料

超高速スタートプログラム

料金一覧へも記載しましたが、超ひかり(5Gbps/10Gbps)限定で受けられる割引キャンペーンも実施しています。

◼︎対象プラン
・Vプラン
・Xプラン
※上記をずっとギガ得プランで申込みの方

◼︎特典
利用開始から3年間インターネット月額料金から毎月500円の割引

auひかりのキャッシュバックキャンペーンは以下に詳しくまとまっています。
https://saisoku-area.com/auhikari-campaign

auひかりは電話やテレビとセットで契約すべき?

auひかりではひかり電話サービスやテレビサービスを提供していますが、セットで申し込みを行うことでメリットなどはあるのでしょうか?
それぞれの概要とともに確認してみましょう。

ひかり電話
◼︎サービス概要
auひかり電話は通常のアナログ回線の代わりに光回線を利用した電話サービスです。

◼︎料金
・基本料金:500円
・通話料:国内固定電話へ一律で8円/3分

◼︎セット契約のメリット
・申し込み先によってはキャッシュバック金額がアップ
・auひかりスタートサポートが適用
・スマートバリューが適用
・工事費相当の割引

◼︎結論
固定電話が必要な方は料金面でもメリットが大きいため、セットでの契約がおおすすめです。
また、セット契約のメリットで紹介したように複数のキャンペーンの適用が受けられるため、セットで契約することで結果としてさらにauひかりがお得に利用できます。

テレビ
◼︎サービス概要
衛星放送などのアンテナの代わりに、光回線を使ったテレビサービスです。ドラマや映画、スポーツに加え、音楽やレンタルビデオまで多くのジャンルのサービスが利用できます。

◼︎料金
auひかりテレビでは、1,980円で42chの視聴ができるプラチナセレクトパックが多く選択されますが3つのプランが存在し、それぞれで下記のように料金に違いがあります。

 

 

プラン 月額料金 チャンネル数
プラチナセレクトパック 1,980円 42ch
ミュージックセレクトパック 634円 4ch
プレミアムチャンネル 1,000円〜 5ch

 

 

◼︎セット契約のメリット
申し込み先によってはキャッシュバック金額がアップ

◼︎結論
テレビサービスとしての料金は割安ですが、セットで契約するメリットとしてはあまり大きくないため、興味がある方のみ契約することをおすすめします。

【アパート・マンション向け】JCOMは導入すべきではない?

KDDI回線ならJCOMも導入できるけど

全国規模のケーブル回線サービスの提供を行なっているJCOMですが、基本的にその回線速度は最大320Mbpsとなっています。
これは1Gの光ファイバーを持っていないためなのですが、一部地域ではKDDIの光回線を借りて「J:COM NET 光 1Gコース on au ひかり」という最大1Gbpsの光回線サービスを提供しています。

ただし、このプランは戸建専用のプランとなっているため、アパートやマンションで導入できるサービスはあくまで最大320Mbpsとなっています。
そのため、回線速度を重視する方にはあまりおすすめできません。

また、料金もauひかりよりも割高となっているため、あまりおすすめとはいえません。

このように、auひかりの方がコストパフォーマンスにおいて優れているのですが、映像サービスについてはケーブルサービスということもあり、auひかりでは対応していない地デジサービスに対応していたり、視聴可能なコンテンツチャンネルもauひかりの2倍以上となっています。

JCOMの料金・プラン

JCOMのプランは1Mbps〜1Gbpsまでと幅広く提供されていて、回線速度により料金に違いがあります。

 

JCOM料金表
プラン 速度 料金
1Mコース 1Mbps 2,980円
12Mコース 12Mbps 3,980円
120Mコース 120Mbps 5,500円
320Mコース 320Mbps 6,000円
1Gbpsコース

(戸建てのみ)

1Gbps 6,500円

 

JCOMでは上記のように120Mコース以上はauひかりよりも高額となります。ただし一部の集合住宅では、インターネット料金が無料になる場合や割引が受けられる場合もあります。通常ネットの利用料金はプロバイダ、機器のレンタル料金が含まれています。

スマホへの割り引き

今や当たり前となっているインターネット(プロバイダ、機器のレンタル料込み)+携帯電話のセット割引ですが、JCOMの場合はどのようになっているのでしょうか?各キャリアごとに確認してみましょう。

au

・JCOM+au携帯電話
auひかり+au携帯電話と同様にauスマートバリューの適用が可能です。

・割引内容
月額料金の割引とauまとめトークの適用

docomo

・JCOM+ドコモ携帯電話
セット割引は適用になりません。

・docomoユーザー割引対象の回線
ドコモ光のみ

SoftBank

・JCOM+SoftBank携帯電話
セット割引は適用になりません。

・SoftBankユーザー割引対象の回線
SoftBank光、SoftBank Air、Yahoo!BB 光シティ、NURO光

このようにJCOMとセットで割引が受けられる携帯電話キャリアはauユーザーのみとなっています。ただし、割引額もauひかりの場合と同等となるため、やはり安くて速くて特典の大きいauひかりの方がおすすめとなります。

auひかりのキャンペーンを徹底比較

auひかりではKDDIの公式サイトやプロバイダ、代理店サイトなどさまざまな申し込み方法がありますが、どの窓口から申し込みを行うのが一番お得なのでしょうか?

公式サイト
プロバイダの中で一番お得なSo-net公式サイト
代理店サイトの中で一番お得なNNコミュニケーションズ
上記の3つのパターンを2019年1月時点の比較表で確認してみましょう。

 

 

  戸建てプラン
申し込み先 公式 プロバイダ 代理店サイト【おすすめ】
KDDI公式サイト So-net公式サイト NNコミュニケーションズサイト
プロバイダ au one net So-net BIGLOBE
事務手数料 3,000円
工事費 37,500円
特典 合計10,000円キャッシュバック 合計50,000円キャッシュバック 合計50,000円キャッシュバック
条件 ひかり電話 なし ひかり電話 
手続き 不要 必要 不要
タイミング 最短6ヵ月 最短3ヶ月 最短1ヵ月
 
  マンションプラン
申し込み先 au プロバイダ 代理店サイト【おすすめ】
KDDI公式サイト So-net公式サイト NNコミュニケーションズサイト
プロバイダ au one net So-net BIGLOBE
事務手数料 3,000円
工事費 30,000円
特典 10,000円キャッシュバック 30,000円キャッシュバック 45,000円キャッシュバック
条件 ひかり電話 なし ひかり電話 
手続き 不要 必要 不要
タイミング 最短6ヵ月 最短3ヶ月 最短1ヵ月

 

 

上記から複数の項目で代理店サイトのNNコミュニケーションから申し込みを行うのが一番お得であることがわかります。

最大のキャッシュバックを受け取るためには、ひかり電話の加入が条件となっていますが継続期間の定めもなく、最大合計50,000円のキャッシュバックも手続き不要で最短1ヵ月で自動的に振込みが行われるので安心です。

https://auひかりキャンペーン.biz/
(auひかり正規代理店NNコミュニケーションズホームページ参照)

【参考】auひかりから他社に乗り換える場合の費用

現在auひかりを利用している方や、これからauひかりの導入を検討している方は多くいると思いますが、もし今後auひかりから他社のインターネット回線に乗り換えることになった場合は、どれくらいの費用が必要となるのでしょう。

参考までにどういった費用が、どれくらい発生するのかを確認してみましょう。

解除料金
・戸建プラン
戸建てプランには『標準プラン』『ギガ得プラン』『ずっとギガ得プラン』の3種類があり、それぞれで契約期間と期間内の解約に伴う契約解除料金が以下のように決められています。

 

 

戸建てプラン解除料金
プラン 契約期間 期間内の解約
ずっとギガ得プラン 3年

(自動更新)

15,000円
ギガ得プラン 2年

(自動更新)

9,500円
標準プラン 契約期間なし なし

 

解除料金の解消となる解約の場合は、最後の利用料金と合わせて上記の料金を一括で支払う必要があるので注意しましょう。

また、一部地域で提供されている超ひかり(10Gbps・5Gbpsプラン)はずっとギガ特プランです。

・マンションプラン
auひかりのマンションプランは基本的に契約期間の定めはないため、解約に伴う契約解除料金などは発生しません。
ただし、auひかりのマンションプランにはサポート付きの「お得プランA」というプランがあり、このプランに加入している場合のみ2年契約となり期間内の解約には7,000円の解除料金が発生します。

工事費残債
auひかりでは導入の際に下記の工事費が発生します。その工事費はauひかりとひかり電話を利用している場合、同額の割引が受けられるため実質無料となっていますが分割期間中に解約する場合は、割引が受けられなくなるため残りの工事費を一括で支払う必要があります。

 

 

auひかり工事費
  戸建てプラン マンションプラン
工事費 37,500円 30,000円
分割払い 625円×60ヵ月 1,250円×24ヵ月

 

上記のようにauひかりの工事費は戸建てプランで60ヵ月、マンションプランで24ヵ月の分割となっているためこの期間内の解約については以下のように残債の負担が必要となります。

・戸建てプラン
625円×(60ヵ月‐利用した期間)=工事費残債

例:2年利用した場合
625円×(60ヵ月‐24ヵ月)=22,500円

・マンションプラン
1,250円×(24ヵ月‐利用した期間)=工事費残債

例:1年利用した場合
1,250円×(24ヵ月‐12ヵ月)=15,000円

撤去費用
auひかりでは戸建てプランを利用している場合は、解約にともない回線撤去工事が必須となっています。
回線撤去工事の費用は28,800円と高額ですが、2018年3月1日以降にauひかりを申し込んだ方はこの回線撤去が申し込み条件に組み込まれているため、撤去工事が必須となり一括で費用を支払う必要があります。

ただし、回線撤去に関しては2つの例外があります。

例外①移転する場合
auひかりを引越し先でも利用する場合は多くのプロバイダでこの撤去費用を割引やキャッシュバックを行っています。
また、移転先でauひかりがエリア外だった場合は救済としてBIGLOBE光などの同一プロバイダの光コラボに乗り換えることで、撤去費用をプロバイダがキャッシュバックしてくれるプランもあります。

例外②2018年2月28日以前の申し込み
上記で記載したとおり撤去工事が必須となったのは2018年3月1日以降なので、それ以前にauひかりの申し込みを行った方は回線撤去の義務はなく、あくまで任意での撤去となっていて費用も約10,000円と割安となります。

ただし、KDDI側では任意となっていますが賃貸物件で所有者が原状復帰を望む場合は回線撤去工事が必要となります。

まとめ

auひかりの料金形態と、おすすめの申し込み窓口とそのキャンペーンについ解説を行いましたが、大切なポイントをまとめると以下の通りになります。

料金
◾︎戸建プラン
・導入条件
戸建、基本的に2階建までの集合住宅

・初期費用(登録料)
事務手数料:3,000円
工事費用:37,500円(60ヵ月分割)

・月額料金
契約期間なし:6,300円
2年契約:5,200円
3年契約:4,900円〜5,100円

◾︎マンションプラン
・導入条件
マンションタイプの導入条件物件

・初期費用(登録料)
事務手数料:3,000円
工事費用:30,000円(24ヵ月分割)

・月額料金
導入設備によって3,700円〜5,000円

◾︎超ひかり
・導入条件
戸建のみ

・初期費用(登録料)
事務手数料:3,000円
工事費用:37,500円(60ヵ月分割)

・月額料金
5Gプラン:戸建プラン+500円
10Gプラン:戸建プラン+1,280円

セット割引
・auひかり電話+au携帯電話(タブレット)
→毎月1台あたり500円〜2,000円の割引

・ひかり電話通話料
au携帯電話、KDDI固定電話への通話料
→24時間無料

キャンペーン一覧
・新規キャッシュバック
・工事費実質無料キャンペーン
・auひかりスタートサポート(乗り換えのみ)
・超高速スタートプログラム(超光のみ)
・安心トータルサポート無料
・安心ネットセキュリティ無料
・安心ネットフィルター無料

解約費用
・違約金
ギガ得プラン:9,500円
ずっとギガ得プラン:15,000円
マンションお得プランA:7,000円

・工事費残債
戸建、マンションともに残債を一括支払い

・撤去費用
2018年3月1日以降に申し込みを行った場合は28,800円の撤去工事が必須。

おすすめのキャンペーン
・おすすめの窓口
auひかり正規代理店【NNコミュニケーションズ】

・キャッシュバック条件
ひかり電話の同時加入

・キャッシュバック金額
戸建プラン:最大50,000円
マンションプラン:45,000円

・キャッシュバック方法
手続き不要で最短1ヵ月後に振り込み

  • ビジネスコミュファ光
    ビジネスコミュファとは?コミュファ光との違いを担当者向けに解説!
  • auひかり マンションタイプ
    auひかりのマンションタイプ導入マニュアル!失敗しないための全知識
  • auひかり 料金
    auひかりの料金プランを徹底解説!契約して後悔しないために知るべきこと
  • auスマートバリュー
    auスマートバリュー(mine)を完全解説!5分で分かる通信費を安くする方法
  • auひかり キャンペーン
    auひかりのキャッシュバック徹底比較!損しない注意点と受け取り方法
  • ドコモ光 プロバイダ
    ドコモ光のプロバイダ26社比較!2019年のおすすめはどれ?