Wi-Fiは切断せずに常時接続して大丈夫?手順&バッテリーの節約方法

Wi-Fiは、スマホやPC、モバイルWi-Fiルーターなどで常時接続設定していないと、起動するごとにいちいち何十秒か待って回線を繋ぎ直さなくてはいけません。

スマホなどがスリープモードになった時や電源がoffになった時に、Wi-Fi接続が切断されてしまい、再度利用するまでに時間がかかると感じたことはないでしょうか?

常時接続設定を一度してしまえば、いちいちWi-Fiを接続しなおす手間がなくなり、起動してすぐにインターネットができるようになります。

正しい設定方法であれば、バッテリーを節約して少ない電力で常時接続が利用できます。端末別に簡単な設定方法を解説していきますので、是非実地してみましょう。

Wi-Fi(無線インターネット)を常時接続するメリット・デメリット&危険性

常時接続 メリット デメリット
AndroidやパソコンのWi-Fi常時接続方法は「スリープモード」時にWi-Fi接続を持続させる設定をすることで常時接続します。

iPhone/iPadは、一部機種でスリープモードに移行しない設定をすることでWi-Fi接続を持続させます。モバイルWi-Fiルーターや据え置き型のWi-Fiルーターでは、端末電源のオンオフによってWi-Fi接続を管理します。

WiMAX 2+機種は機種によって設定方法が分かれていますので、次章で各端末の設定方法をさらに詳しくご紹介すると共に、バッテリーを長持ちさせるコツについても解説していきます。

せっかくWi-Fiを利用するなら、繋ぎなおす手間がない常時接続設定をしたほうが快適にインターネットが楽しめて便利なメリットがたくさんあります。

Wi-Fi常時接続するメリット・デメリットと共に、モバイルWi-Fiを常時接続しても問題はないのか?大丈夫なのかについて詳しく解説します。

Wi-Fi常時接続のメリット

Wi-Fiの常時接続には下記のようなメリットがあります。

・固定回線がなくても自宅でインターネットが楽しめる
・自宅以外でもWi-Fi電波がある場所でネットができる
・すぐにWi-Fi電波状況が確認できる
・いちいちWi-Fiを繋ぎなおす手間が無い
・スマホのデータ通信をする必要がなくなる

常時接続は、Wi-Fiを利用するたびに端末を操作してWi-Fiを繋ぎなおす手間がなくなりますし、いつでも端末画面でWi-Fiの電波状況が確認できます。固定回線とは違い、Wi-Fi電波がある場所ですぐにインターネットが楽しめるなど便利な事がたくさんあります。

Wi-Fi常時接続のデメリット

常時接続のデメリットとしては

・端末のバッテリーを消費しやすくなる
・通信量が増える

などのデメリットがありますが、バッテリーを長持ちさせるコツを理解して的確な設定をしたり、常時接続に向いている機種を選択することでデメリットは最小限になり、Wi-Fiルーターを常時接続する問題は限りなく少なくなります。

Wi-Fi常時接続の安全性

個人が有料で契約するWi-Fi回線は、「WPA2」という最新の暗号通信を利用していますので、個人で契約した有料回線で常時接続しておけば、個人情報漏洩などの危険性は少なく、外出時にも安心してインターネットが利用できます。

モバイルWi-Fiを契約せずに、街の無料Wi-FiスポットなどでもWi-Fi回線を利用できますが、無料Wi-Fi回線はどのような暗号回線を利用しているか不明で、個人情報を盗まれる危険性が不安です。

Wi-Fiの常時接続は、Wi-Fi電波のある場所ですぐにインターネットが利用できて、安全性に不安がある無料Wi-Fiスポットなどを利用する必要がなくなります。

メリットとデメリットを比較しても利点が多いWi-Fi常時接続の方法を、端末別に具体的に解説していきます。

常時接続させる方法

常時接続 手順
Androidで常時接続する方法

Androidは設定画面からWi-Fiを常時接続する設定に変更できます。設定変更後はスリープ状態、画面がoffでもWi-Fiが接続された状態になります。

「ホーム画面⇒メニュー⇒設定⇒Wi-Fi⇒Wi-Fi設定⇒スリープ時にWi-Fi接続を維持」と移動して「スリープ時にWi-Fi接続を維持」項目を「維持する」に変更することで、スリープモードに移行したり画面がoffになったときでも常時接続されるようになります。

iPhone/iPadで常時接続する方法

通常のiPhone/iPad設定では、Wi-Fi電波がある場所では常時接続された状態が維持されます。ですが、iPhone/iPadの機種によっては、Wi-Fiがスリープモードで切断される設定を解除できないものがあります。

ご使用中のiPhone/iPadでスリープモードでWi-Fiが切断されてしまう場合は、iPhone/iPadの設定をスリープモードにしない設定にすることで、Wi-Fiが常時接続される状態を維持することが可能です。

また、 無線LANルーターやモバイルWi-FiとiPhone/iPadの相性が合わないことでもWi-Fiが切断される場合があります。

iPhone/iPadでWi-Fi接続が切れた場合は、ディスプレイ画面の下端から上方向にスワイプしてコントロールセンターを呼び出し、Wi-Fiのオン/オフを操作してみたり、機内モードのオン/オフを切り替えてみたりしましょう。

その他、iPhone/iPadの再起動をしてみることでWi-Fi接続が回復します。

タブレットで常時接続する方法

Android、iPhone/iPad機種それぞれと同じ方法で常時接続されます。

パソコンで常時接続する方法

パソコンの「自動接続設定」から設定を操作してWi-Fiを常時接続します。パソコンの「自動接続設定」画面から設定しましょう。

PCの設定を常時接続するように変更しても、スリープ中などにWi-Fi接続が切れてしまう場合は、PCに「ゲスト」でログインしている可能性があります。PCへのログインアカウントを確認してみましょう。

WiMAXで常時接続する方法

WiMAX 2+機種の通常設定では、Wi-Fi通信をしないまましばらくすると通信が自動停止する設定になっています。

常時接続するためには、W05、W04などのW~機種では「クイックアクセスモード」をオンに設定する必要があります。WX04、WX03などのWX~機種では「省電力状態切り替え機能」を「使用しない」に設定する必要があります。

「クイックアクセスモード」の設定方法は、WiMAX 2+機種のディスプレイから「設定」を選択、その後「システム設定」→「クイック機能」→「クイックアクセスモードON」に設定すると常時接続になります。

WX~機種の「省電力状態切り替え機能」設定方法は、スマホまたはPCを操作して「クイック設定Web」にアクセスし設定する必要があります。

スマホやPCなどからブラウザを起動して、URL部分に「192.168.179.1」と入力します。

(設定画面の画像などを挿入)

その後表示された画面の「詳細設定TOPへ」をクリックすると、初回アクセス時はパスワードの設定画面になりますのでパスワードを設定します。

(パスワード設定画面の画像などを挿入)

パスワードを設定した後に「設定」をクリックするとユーザー名とパスワードを入力する画面になりますので、ユーザー名に「admin」と入力し、設定したパスワードを入力してログインしましょう。

(ログイン画面の画像などを挿入)

ログイン後の画面から「ECO設定」をクリックして表示される「省電力状態切り替え機能」を「休止状態」から「使用しない」に変更すれば、ご使用中のWi-Fiが常時接続される状態になります。

(「省電力状態切り替え機能」設定画面の画像などを挿入)

モバイルWi-Fiで常時接続する方法

WiMAXではないモバイルWi-Fiは、モバイルWi-Fi機種の電源オン/オフでWi-Fi接続を管理します。モバイルWi-Fiの電源を入れぱなしにすれば、Wi-Fiが常時接続されている状態になります。

ですが、LTE回線のモバイルWi-Fiは、Wi-Fiを常時接続するだけでも少量のデータ通信をしてしまいます。LTE回線のモバイルWi-Fiには、月のデータ通信量に最大7GBという上限がありますので、Wi-Fiを常時接続するような使い方はあまり向いていません。

モバイルWi-Fiの常時接続をご希望される方であれば、WiMAX 2+回線が速度的にも契約プラン(月に通信できる最大データ通信量)的にもおすすめの方法です。WiMAX 2+機種をおすすめいたします。

機種別のバッテリー持ち時間一覧

Wi-Fi バッテリー持ち時間
WiMAX 2+機種のバッテリー持ち時間一覧

 

 

WiMAX 2+機種の常接続設定と持続時間一覧
機種名 常時接続方法 バッテリー持続時間

(ハイスピードモード)

ハイスピードプラスエリアモード 連続待機時間
W05 クイックアクセスモード ハイパフォーマンス

:約390分

ハイパフォーマンス
:約260分
休止状態

:約850時間

ノーマル:約540分 ノーマル:約390分 ウェイティング

:約38時間

バッテリーセーブ

:約630分

バッテリーセーブ

:約550分

WX04 省電力状態切り替え機能で設定 ハイパフォーマンス

:約490分

ハイパフォーマンス

:約490分

休止状態

:約700時間

ノーマル:約690分 ノーマル:約630分 ウェイティング

:約50時間

バッテリーセーブ

:約828分

バッテリーセーブ

:約780分

W04 クイックアクセスモード ハイパフォーマンス

:約390分

ハイパフォーマンス

:約260分

休止状態

:約850時間

ノーマル:約540分 ノーマル:約390分 ウェイティング

:約38時間

バッテリーセーブ

:約630分

バッテリーセーブ

:約550分

WX03 省電力状態切り替え機能で設定 ハイパフォーマンス

:約440分

未対応 休止状態

:約1,100時間

ノーマル:約600分 ウェイティング

:約45時間

バッテリーセーブ

:約740分

W03 クイックアクセスモード ハイパフォーマンス

:約570分

ハイパフォーマンス

:約350分

休止状態

:約1,040時間

ノーマル:約610分 ノーマル:約430分 ウェイティング

:約45時間

バッテリーセーブ

:約730分

バッテリーセーブ

:約680分

HOME L01/L01s 常時接続 据え置き型のため電源があれば常時接続

 

WiMAX 2+機種には「ハイパフォーマンス・ノーマル・バッテリーセーブ」という3つの接続方法があり、それぞれの接続方法によって消費するバッテリー電力に差がでます。

その他、LTE回線とWiMAX 2+回線を同時使用できるエリアでは「ハイスピードプラスエリアモード」という接続方法を利用することもできます。WiMAX 2+回線のみの「ハイスピードモード」よりも高速通信できますが消費電力は高くなります。

大量のデータを通信したい時には「ハイパフォーマンス」モード、長時間接続したい場合は「バッテリーセーブ」モードでバッテリーを節約するなど、接続モードを変更することでバッテリーの消費電力をコントロールします。

さらに、WiMAX 2+機種は電源オン・オフ以外に待機モードを変更する方法もあります。

Wi-Fi回線を自動検知して自動的に機種本体が起動する「ウェイティングモード」と、Wi-Fi回線を繋げるために機種の手動操作が必要な「休止状態」の2つの待機モードがあります。それぞれの待機モードによってバッテリーの消費電力は変わります。

接続モード・待機モードの変更はWiMAX 2+機種のディスプレイ画面から変更可能です。

その他のモバイルWi-Fiのバッテリー持ち時間

WiMAX以外のモバイルWi-Fi機種バッテリー持続時間一覧
プロバイダ名 機種名 常時接続方法 連続通信時間 連続待機時間
Y!mobile

Yahoo!Wi-Fi

Softbank

603HW 電源オン・オフ 約6時間

(省電力設定OFF時)

約850時間
約8.5時間

(省電力設定ON時)

504HW 約9時間 約900時間
502HW 約10時間 約850時間
601ZT 約8.5時間

(省電力OFF)

約1,050時間
約10時間

(省電力ON)

506HW 約6時間 約440時間
ドコモ N-01J PREMIUM 4G:

約11時間

約970時間
LTE:約14時間
3G:約7時間
HW-01H PREMIUM 4G:

約18時間

約1810時間
LTE:約20時間
3G:約15時間
フリーモバイルWi-Fi

(格安SIM)

Aterm MR05LN 約14時間 約1,250時間
MF 855 約18.5時間 約1560時間

 

 

モバイルWi-Fiの連続待機時間とは、モバイルWi-Fiの電源は入っているがWi-Fi接続が無い状態のことです。連続待機時間はモバイルWi-Fiの使用状況や機種の仕様によって大きく変化し、表のスペックは理論値です。

実際の連続待機時間は、スペック表に表記されている時間の半分以下になる場合もありますので注意が必要です。

バッテリーを節約する方法

バッテリー 節約
使用する回線を低速回線にする

モバイルWi-Fiのバッテリーは、基本的に通信速度が遅い回線ほど長持ちします。長時間常時接続したい場合は、使用する回線を低速度の回線に切り替えるとバッテリーは長持ちします。

Wi-Fiを利用する端末で省エネ設定をする

Wi-Fiを利用する端末(スマホ・タブレット・ノートパソコンなど)のバッテリーを長持ちさせる設定をすることでバッテリーを節約できます。

・使用している端末で「バッテリー節約モード」を設定する
・ディスプレイ画面の光度を暗くする
・利用していないソフト・アプリをシャットダウンする
・利用していない回線(Bluetoothなど)を切断する

などの方法でバッテリーを節約できます。その他、こまめに電源オンオフを手動で切り替えたほうがバッテリーを節約できて接続時間は長持ちします。

上記の設定を活用すればWi-Fiを常時接続しても、バッテリーの持ち時間を延長できるようになります。

バッテリー消費が気になる場合はモバイルバッテリーを利用する

端末の設定や電源のオンオフを管理するのが大変とお考えの方は、別売りのモバイルバッテリーを持ち歩き、外出時にも端末を充電できるようにする方法がおすすめです。

仕事でWi-Fiを利用される方や都心などで長時間移動される方であれば、モバイルバッテリーは必須といえる今大人気のモバイルアイテムです。

バッテリーは消耗部品ですので、いつかは充電容量が減ってしまったりすぐに充電がなくなってしまうようになります。そんな時でも、端末とは別にモバイルバッテリーを持っていれば充電がなくなり困ることがなくなります。

長く利用したバッテリーは消耗しているので交換する

ご使用中の端末のバッテリーがすぐになくなってしまう場合は、バッテリーが経年劣化でへたってしまっている可能性があります。

新しい端末の購入やバッテリーの交換を検討すると共に、モバイルバッテリーの購入も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

Wi-Fiを常時接続する方法と、消費電力を節約してバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介しました。Wi-Fiを常時接続していれば、自宅以外でも電波のある場所ですぐにインターネットが楽しめて、端末画面でWi-Fi電波の強弱を一目で確認できます。

Wi-Fiを利用する側の端末設定方法と共に、モバイルWi-Fi機種ごとに常時接続する方法を詳しくご紹介しています。さらに、常時接続を長引かせるバッテリーの節約方法も解説していますので、正しい設定方法を実地して便利なWi-Fi常時接続を利用しましょう。

  • WiMAX ポケットWi-Fi 比較
    WiMAXとポケットWiFiは何が違う?エリア・料金・機種を徹底比較
  • w05 wx05 比較
    W05とWX05を徹底比較!評判・使い方・W06にない特徴とは
  • WiMAX エリア
    WIMAXのエリア完全ガイド!エリア判定と圏外の対処法
  • ギガ放題
    WIMAXのギガ放題とは?5分で分かる解説と失敗しない知識
  • au Wi-Fi
    auのWi-Fiルーターを完全解説!5分で分かるauユーザー向けWi-Fi戦略
  • WiMAX 即日
    WIMAXを即日受け取るには店頭が良い?配送が遅い場合の対処法
おすすめの記事